鈴木精二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 精二(すずき せいじ、1922年5月25日 - 2000年6月1日)は日本実業家三菱化成(現三菱ケミカル代表取締役社長や、同社取締役会長経団連副会長、石油化学工業協会会長、日本化学工業協会会長などを務めた。勲一等瑞宝章受章。

来歴・人物[編集]

東京出身。旧制京北中学校を経て、旧制東京商科大学(現一橋大学)卒業。陸上競技部出身[1][2]三菱化成(のちの三菱化学、現三菱ケミカル代表取締役社長[1]、同社取締役会長[3]、同社相談役[4]経済団体連合会(現日本経済団体連合会)副会長[1]石油化学工業協会会長[5]日本化学工業協会会長[6]などを務めた。1993年ダイヤ高齢社会研究財団初代理事長[3]阪神・淡路大震災では震災対策会議座長として対応にあたった[1][4]。1995年勲一等瑞宝章受章。2000年急性心不全のため国立国際医療センターで死去。三菱化学によりホテルオークラで社葬が行われた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
鈴木永二
三菱化成社長
1982年 - 1990年
次代:
古川昌彦
先代:
岸本泰延
石油化学工業協会会長
1986年 - 1988年
次代:
森英雄