三菱倉庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三菱倉庫株式会社
Mitsubishi Logistics Corporation
Mitsubishi logo.svg
Nihonbashi dia building.jpg
日本橋ダイヤビルディング
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9301
1949年5月16日上場
大証1部(廃止) 9301
1949年5月14日上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-8630
東京都中央区日本橋一丁目19番1号
(日本橋ダイヤビルディング)
設立 1887年(明治20年)4月15日
(有限責任東京倉庫会社)
業種 倉庫・運輸関連業
法人番号 8010001034947
事業内容 倉庫事業
陸上運送事業
港湾運送事業
国際運送取扱事業
ビル賃貸業を中心とした不動産事業
代表者 松井明生(取締役社長)
資本金 223億9,398万6,000円
売上高 連結:2,036億9,700万円
単独:1,459億8,000万円
2012年3月期)
純資産 連結:2,115億3,600万円
単独:1,987億4,100万円
(2012年3月期)
総資産 連結:3,532億6,900万円
単独:3,145億7,200万円
(2012年3月期)
従業員数 連結:4,386人 単独:830人
(2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 8.61%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 7.11%
明治安田生命保険相互会社 5.52%
三菱地所株式会社 4.17%
キリンホールディングス株式会社 3.37%
(2016年3月31日現在)
主要子会社 菱倉運輸(株) 100%
ダイヤビルテック(株) 100%
米国三菱倉庫 100%
外部リンク 三菱倉庫株式会社
テンプレートを表示
三菱倉庫旧本社(江戸橋倉庫ビル)

三菱倉庫株式会社(みつびしそうこ)は、東京都中央区日本橋に本社を置く、物流を主な事業とする企業三菱グループに属しており、三菱金曜会と三菱広報委員会に加盟している[1][2]

歴史[編集]

三菱倉庫の前身である東京倉庫が1887年明治20年)に創設されてから、1918年大正7年)に今の「三菱倉庫」への社名変更を経て、2007年平成19年)で創設120周年を迎えた。

三菱財閥の中では、日本郵船三菱商事三菱重工三菱UFJ銀行に次いで創設された伝統と歴史のある企業である。

1930年昭和5年)に竣工し本店があった江戸橋倉庫ビルは、船体を連想させる特徴的な外観を持ち、表現派風建築の代表的作品として東京都選定歴史的建造物の選定を受けている。本店は同ビルの建て替えのため中央区新川に一時移転したものの、平成26年9月に竣工した日本橋ダイヤビルディングに再び戻った。日本橋ダイヤビルディングは旧江戸橋倉庫ビルの外壁を随所に保存した高層建築であり、東京都選定歴史的建造物に選定されている。

事業内容[編集]

大きく分けると「物流」と「不動産業」の2つに分類される。 「倉庫事業」をはじめ「港湾運送」「国際輸送」、そして「不動産事業」が主な事業内容である。

物流事業は、120年の伝統を誇り世界中に関連会社を持ち、実績は日本の倉庫業界では首位である。日本最大の倉庫も保有している。 各国子会社との連携も強く、医薬品・化学品取り扱いでは実績が高い。神戸・六甲アイランド、東京大井と、東西2箇所で合計訳63千冷蔵トンの冷蔵倉庫を持つ。

また不動産事業での収益も大きく、ビル・商業施設・住宅と活発に展開している。ビル事業では、東京ダイヤビルディング[3]をはじめとする“データセンタ対応ビル”を多く手がけており、賃貸ビルでありながら、非常用発電機や高い耐震性能、マルチキャリア等を兼ね備えたビルの分野では、パイオニアであり、日本最大規模のシェアを持っている(ちなみに東京ダイヤビルディングは日本最大の免震ビルである)。

商業施設は、関西で複合商業施設である神戸ハーバーランド等がある。また、関東では2006年8月24日に横浜駅東口に横浜ベイクォーターが開業した。

住宅事業としては、ナビューレ横浜タワーレジデンスやM.M.TOWERS FORESISをはじめとする分譲マンションの開発も手掛けている。

横浜駅東口の同社敷地の再開発のしめくくりとして、同駅周辺では最大規模であり、統一された意匠とガラスカーテンウォールの外装が特徴の横浜ダイヤビルディング[4]を2009年12月16日に竣工させた。

横浜ダイヤビルディングは、地上31階・地下2階・塔屋2階、高さ157.7m(横浜ではランドマークタワー、クィーンズタワーA棟に次ぐ、3番目に高い)、延床面積69,977㎡であり、3~6階までは商業施設として隣接する横浜ベイクォーターと各フロアで接続して一体化、7~30階の低・中・高層部は賃貸オフィスで構成される。

横浜ダイヤビルディングは、1990年代以降、大規模オフィスビルの開発が滞っていた横浜において、久々に建設された大規模オフィスビルであり、東京都内にて相次いで建設されている2000年代のオフィスビルに伍する高品質なオフィスビルである。同時に建設されたペデストリアンデッキ(ベイクォーターウォーク)にて横浜駅と直結し、雨に濡れずに駅まで行くことができる。

三菱倉庫の所有ビルには、「横浜ダイヤビルディング 港北館」[5]も存在するので、注意が必要である。なおポートサイド地区にある「ポートサイドダイヤビル」の所有者は、三菱重工業(株)系列企業の菱重ファシリティー&プロパティーズ(株)である。

日本国外拠点リスト[編集]

  • 欧州三菱倉庫会社 Mitsubishi Logistics Europe B.V. 
  • 米国三菱倉庫会社 Mitsubishi Logistics America Corp.[6]
  • 加州三菱倉庫会社 Mitsubishi Warehouse California Corp.[7]
  • 香港三菱倉庫会社 Mitsubishi Logistics Hong Kong Ltd. 
  • 上海菱華倉庫運輸有限公司 Shanghai Linghua Logistics Co., Ltd.
  • 上海菱運国際貨運有限公司 Shanghai Lingyun Global Forwarding Co.,Ltd.
  • 菱陽国際貨運代理(深セン)有限公司 Shenzen Lingyang Global Forwarding co.,ltd 
  • 泰国三菱倉庫会社 Mitsubishi Logistics (Thailand) Co.,Ltd.
  • ダイヤロジスティクスマレーシア社マスタームーバーズ社気付 Dia Logistics (M) Sdn. Bhd. in care of Master Movers Sdn. Bhd. 
  • シンガポール三菱倉庫会社 Mitsubishi Logistics Singapore Pte. Ltd. 
  • インドネシア三菱倉庫会社 P.T. Mitsubishi Logistics Indonesia、P.T. DIA-JAYA FORWARDING INDONESIA 
  • インド駐在員事務所

グループ企業[編集]

物流部門

不動産部門

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]