プロロジス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プロロジス
Prologis, Inc.
Prologis logo.svg
種類 公開会社
市場情報 NYSEPLD
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンフランシスコ
設立 1983年 (39年前) (1983)
業種 REIT
事業内容 不動産業、投資運用業
代表者 CEO:Hamid Moghadam
従業員数 1,712人(2019年)
外部リンク 公式ウェブサイト(英語)
テンプレートを表示

プロロジスPrologis, Inc.)は、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置き、主に物流施設に投資、開発、管理、運営しているアメリカ合衆国不動産会社REIT)である。2011年6月にAMBプロパティコーポレーションとプロロジスが合併して設立された。

物流プロバイダーの先駆けであると共に、物流プロバイダーのGLPと双璧をなす大手の物流会社であり、物流不動産業界では世界第一位である[1][2]

会社概要[編集]

ドイツで建設されたプロロジスの倉庫群

2011年に同業2位のAMBプロパティコーポレーション(NYSE:AMB)と合併、世界22か国に延べ5,570万平方メートル、3500棟を超える物流施設を保有、総資産は460億米ドル(約3兆7720億円)におよぶ。AMBは1989年に最初のプライベートエクイティファンドを立ち上げ、物流不動産を始めた。

2009年にプロロジスの業績悪化により、保有資産の一部をシンガポール政府投資公社(GIC)に売却し、GLPが設立された。日本においては、プロロジスが保有する物流施設の大半をGLPが引き継いだ。

沿革[編集]

日本における事業[編集]

株式会社プロロジス
Prologis
Prologis logo.svg
東京ビルディング
東京ビルディング
本社所在地 日本の旗 日本
東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルディング21F
設立 1999年(平成11年)
業種 不動産業
法人番号 9010001140067
事業内容 物流施設の開発、所有及び運営管理
代表者 代表取締役社長 山田御酒
外部リンク 公式ウェブサイト(日本語)
テンプレートを表示

株式会社プロロジスはプロロジスの日本法人として1999年に設立された。先進的物流施設「プロロジスパーク」と、都市部のラストワンマイル圏用の「プロロジスアーバン」を開発している。

2009年には、プロロジスの業績悪化により、保有資産をシンガポール政府投資公社(GIC)に売却され、日本においては「日本GLP」が設立され引き継がれた。

2012年にはプロロジス・リート・マネジメント株式会社を設立し、2013年には日本プロロジスリート投資法人が上場した。物流特化型REITとしては、日本ロジスティクスファンド投資法人GLP投資法人、に次ぐ3番目の上場であった。

物流プロバイダーの先駆け[編集]

2010年時点で、物流大手の日本GLPとプロロジス(AMB含む)において、日本の物流不動産市場の床面積の51%の供給を行っていた。大手デベロッパーの三井不動産のシェア1%、ハウスメーカー大和ハウス工業のシェアは2%など、シェアに圧倒的な差がある。

日本の物流不動産市場の主要プレーヤーと床面積シェア(2010)[3]

順位 物件名称 シェア
1 GLP(日本GLP) 26%
2 プロロジス 15%
3 AMB 10%
4 ラサール 10%
5 オリックス 7%
6 日ロジファンド投資法人 6%
7 日本レップ(グッドマン) 3%
8 野村不動産 3%
9 大和ハウス工業 2%
10 メープルツリー 2%
11 産業ファンド投資法人 2%
12 三井不動産 1%

事業所[編集]

日本の物流施設[編集]

日本国内の施設の例:プロロジスパーク市川II

脚注[編集]

  1. ^ プロロジスとAMBが合併に最終合意、総資産3.7兆円に”. Logistics Today (2011年2月1日). 2021年9月16日閲覧。
  2. ^ プロロジス/先進的物流施設は今後も伸張”. Lnews (2016年10月12日). 2022年4月9日閲覧。
  3. ^ 物流不動産第1部 ファンドバブルは復活するか[特集:ロジスティクス・ビジネス[LOGI-BIZ]バックナンバー]”. magazine.logi-biz.com. 2021年7月24日閲覧。
  4. ^ プロロジス/マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク大阪3」開発計画に着手 | LNEWSバックナンバー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]