投資法人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

投資法人(とうしほうじん)は、資産を主として一定の資産(特定資産)に対する投資として運用することを目的として、投信法に基づき設立された社団をいう。

概要[編集]

投資法人は、法人とされ、また、その事業としてする行為及びその事業のためにする行為は、商行為とされる。その名称は商号とされ、「投資法人」をその中に含むことを要する。会社法のうち株式会社に関する規定が準用されており、株式会社を元にした会社型投資信託のためのSPVであるということができる。株式株券)に相当するものは「投資口」(「投資証券」)、株主株主総会)に相当するものは「投資主」(投資主総会)、社債社債券)に相当するものは「投資法人債」(「投資法人債券)、取締役に相当するものは「執行役員」、監査役に相当するものは「監督役員」、会計監査人に相当するものは「会計監査人」と呼ばれる。 実務上は、ほとんどの場合には不動産投資信託(いわゆるJ-REIT)のために用いられる。