日鉄住金物流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日鉄住金物流株式会社
Nippon Steel & Sumikin Logistics Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 日物
本社所在地 日本の旗 日本
104-0033
東京都中央区新川1-23-4
設立 2006年平成18年)4月1日
業種 海運業
法人番号 1010001098619
事業内容 内航・外航海運業
港湾運送業
貨物自動車運送業
貨物利用運送業
代表者 髙橋逸夫(代表取締役社長
資本金 40億円
売上高 連結:1,182億52百万円
単独:715億85百万円
営業利益 連結:23億85百万円
単独:7億63百万円
純利益 連結:11億38百万円
単独:4億78百万円
純資産 連結:305億85百万円
単独:232億67百万円
総資産 連結:773億91百万円
単独:465億56百万円
従業員数 5,012人(グループ計)
決算期 3月31日
主要株主 新日鐵住金(株) 100%
主要子会社 日鉄住金物流君津(株)ほか
外部リンク http://www.log.nssmc.com/
特記事項:経営指標は2012年3月期。ただし日鐵運輸及びその子会社は売上高・利益には含めず。
テンプレートを表示

日鉄住金物流株式会社(にってつすみきんぶつりゅう、英文社名 Nippon Steel & Sumikin Logistics Co., Ltd.)は、新日鐵住金グループ物流業者である。

概要[編集]

日本国内や東アジア地域における海運業(内航海運・外航海運)と、日本国内における貨物自動車による陸運業港湾運送業を行う。輸送品は鉄鋼製品やその原材料を中心とする。事業持株会社であり、陸運業者や新日鐵住金の各製鉄所の構内物流を行う子会社を傘下に持つ。

新日鐵住金が資本金の全額を出資する、同社の完全子会社である。現法人は2006年に、(旧)日鐵物流と製鐵運輸の統合・再編に伴う両社の持株会社として設立された。なお、旧日鐵物流は日鐵物流名古屋(現・日鉄住金物流名古屋)に、製鐵運輸は日鐵物流君津(現・日鉄住金物流君津)に社名を変更している。

本社東京都中央区新川一丁目にある。日本国内の計6都市(宮城県仙台市千葉県君津市愛知県名古屋市大阪府大阪市和歌山県和歌山市福岡県福岡市)に支店を構える。

2012年10月の新日鐵・住友金属工業の経営統合(新日鐵住金)に伴い、住金の物流子会社「住友金属物流」と2013年4月1日経営統合し「日鉄住金物流」となった。

沿革[編集]

  • 1942年昭和17年)12月28日 - 飾磨郡広畑町(現・姫路市)で広畑港運株式会社として創業。
  • 1949年(昭和24年)7月 - 広畑海運株式会社に社名変更。
  • 1952年(昭和27年)5月 - 富士製鐵(新日鉄の前身)の子会社となる。
  • 1967年(昭和42年)7月19日 - 君津製鐵所関連の物流を目的に、八幡製鐵(新日鉄の前身)や提携先でもあった三井物産らの出資で製鐵運輸株式会社設立。
  • 1987年(昭和62年)10月 - 広畑海運が日鐵物流株式会社(初代)に社名変更。
  • 1996年平成8年)9月 - 日鐵物流が東証2部に株式を上場。
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)
    • 4月1日 - 日鐵物流・製鐵運輸が共同株式移転により、持株会社日鐵物流ホールディングス株式会社を設立。製鐵運輸は日鐵物流君津株式会社に社名変更。
    • 10月1日 - 事業再編。会社分割により、日鐵物流(初代)・日鐵物流君津の一般営業を日鐵物流ホールディングスが統合し日鐵物流株式会社(2代目)に社名変更。日鐵物流(初代)は日鐵物流名古屋株式会社に社名変更し、会社分割により日鐵物流広畑株式会社と日鐵物流大分株式会社を設立。
  • 2012年(平成24年)4月1日 - 日鐵運輸と経営統合。日鐵運輸は「日鐵物流八幡」に社名変更。
  • 2013年(平成25年)4月1日 - 住友金属物流と吸収分割を行い、同社の鹿島事業部・九州事業部に関する事業を除く事業を継承(同社の2事業部に関する事業は新設子会社2社が継承)。社名を日鉄住金物流株式会社に変更。

主なグループ会社[編集]

外部リンク[編集]