新三郷ららシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 埼玉県 > 三郷市 > 新三郷ららシティ
新三郷ららシティ
—  町丁  —
ららぽーと新三郷の店舗正面
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 埼玉県
市町村 三郷市
標高 6m (20ft)
人口 (2016年(平成28年)3月1日現在)
 - 計 1,511人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 341-0009 
市外局番 048
ナンバープレート 春日部
IKEA新三郷
新三郷駅南口(新三郷ららシティ二丁目)
ファインコートららシティ(新三郷ららシティ一丁目)

新三郷ららシティ(しんみさとららシティ)は、埼玉県三郷市町名である。現行行政地名は新三郷ららシティ一丁目から新三郷ららシティ三丁目。郵便番号は341-0009。

地理[編集]

三郷市北部に位置する。北で采女新田半田、北東辺で彦成仁蔵、南東で大場川を跨いで早稲田三郷、南西辺で仁蔵・大広戸・彦成・半田(飛地)・采女、北西で吉川市道庭と隣接する。東日本旅客鉄道(JR東日本)武蔵野線新三郷駅の南側一帯に当たり、かつては全域が約51.1haに及ぶ武蔵野操車場となっていた。町域内は、三井不動産を中心とする民間5社によって開発されている区域となっており、全268戸の一戸建住宅からなる「ファインコートららシティ」(一丁目)を中心に、ららぽーと新三郷コストコ新三郷倉庫店、IKEA新三郷など、大型商業施設が集積する。住宅地区(ファインコートららシティ)では、天然石を敷き詰めた遊歩道「悠久の道」を中心に、高木の植えられた敷地60坪以上の住宅が建設されている。また、ファインコートららシティ内を「ゲートアベニュー」(12街区)、「セントラルアベニュー」(11街区)に分け、ゲートアベニュー(12街区)ではシンボルツリーやゲートスクエアが設けられている。地区全体が高台となっているため両街区共に南端は隣接道路と最大約5mの高低差を持ち、壁をアートで彩られた「安らぎの壁」とするなどの試みが行われているほか、数ヶ所にクルドサック構造とするなどの試みが行われている[1]

一丁目にららシティくすのき公園、ららシティポケットパーク、二丁目にJR武蔵野線新三郷駅、IKEA新三郷、三丁目にららぽーと新三郷、コストコ新三郷倉庫店がある。

河川[編集]

地価[編集]

住宅地の地価は2017年平成29年)1月1日公示地価によれば新三郷ららシティ1-8-2の地点で13万9000円/m2となっている。

歴史[編集]

かつては全域が約51.1haに及ぶ武蔵野操車場となっていた。

地名の由来[編集]

新町名の案がいくつか出されたが、商業系グループの地権者からは「ららシティ」が、三郷市及び物流系グループの地権者からは「新三郷」が提示され、両案を合わせた「新三郷ららシティ」が2008年6月の市議会定例会に上程され、賛成多数で可決された[2]

沿革[編集]

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前(各大字ともその一部)
新三郷ららシティ一丁目 2008年10月1日 大広戸・仁蔵・彦成
新三郷ららシティ二丁目 半田・彦成
新三郷ららシティ三丁目 半田・彦成・采女新田

交通[編集]

地域内に東日本旅客鉄道(JR東日本)武蔵野線新三郷駅があるほか、一丁目東部(ファインコートららシティ11・12街区)からは同線三郷駅が徒歩圏となっている。

施設[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ファインコートららシティ”. 三井不動産レジデンシャル. 2010年5月9日閲覧。
  2. ^ 議案第34号 町の区域を新たに画することについて(PDF) みさと市議会だより 2008年8月15日