日本オイルターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本オイルターミナル株式会社
JAPAN OIL TERMINAL CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 OT
本社所在地 日本の旗 日本
100-0006
東京都千代田区有楽町一丁目10番1号
有楽町ビル
設立 1966年昭和41年)10月14日
業種 陸運業
法人番号 1010001092019
事業内容 石油の輸送、油槽所の管理
代表者 代表取締役社長 河野春樹
資本金 8億円
主要株主 日本貨物鉄道株式会社
日本石油輸送株式会社
JXTGエネルギー株式会社
株式会社ニヤクコーポレーション
出光興産株式会社
キグナス石油株式会社
コスモ石油株式会社
昭和シェル石油株式会社
株式会社日陸
外部リンク http://www.oil-terminal.co.jp/
テンプレートを表示
日本オイルターミナル郡山営業所タンク群と専用線上を走る貨車
日本オイルターミナルが所有するタキ1000形貨車。タンク体に社名と社紋が標記されている。
郡山駅構内で待機するタキ1000形

日本オイルターミナル株式会社(にほんオイルターミナル 英称:JAPAN OIL TERMINAL CO.,LTD.)は、鉄道船舶タンクローリーを用いる石油製品輸送や、油槽所の管理を行う企業である。日本貨物鉄道(JR貨物)の関連会社。

略称はOT。英称のJapan Oil Terminalを素直に略すとJOTであるが、この略称を使っているのは同じく石油製品輸送を広く手がけている日本石油輸送(Japan Oil Transportation)である。

沿革[編集]

  • 1966年昭和41年)10月 - 石油元売業各社と日本国有鉄道の共同出資により設立。
  • 1967年(昭和42年)10月 - 高崎・上田営業所営業開始。
  • 1968年(昭和43年)12月 - 札幌・郡山営業所営業開始。
  • 1971年(昭和46年)10月 - 松本営業所営業開始。
  • 1971年(昭和46年)12月 - 宇都宮・八王子営業所営業開始。
  • 1981年(昭和56年)1月 - 盛岡営業所営業開始。
  • 1993年平成5年)10月 - オー・エル・エス(OLS)設立。
  • 1997年(平成9年)12月 - 高知営業所営業開始。
  • 2003年(平成15年)1月 - 累計取扱数量2億キロリットル達成。
  • 2004年(平成16年)4月 - ISO9001認証取得。
  • 2004年(平成16年)7月 - 北海道カンパニー発足。旭川、帯広営業所営業開始。
  • 2005年(平成17年)2月 - 東京都有楽町に本社を移転。
  • 2018年(平成30年)1月 - 株式会社オー・エル・エスを吸収合併 [1]

事業所(油槽所)[編集]

関係会社[編集]

  • 株式会社サポートオーティー - 石油製品関連物資の輸送、OT保有機械類の修理
  • 日本オイルデリバリー株式会社 - タンクローリー輸送
  • 宇都宮ターミナル運輸株式会社 - 宇都宮貨物ターミナル駅の業務受託

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ JR貨物グループの石油・物流2社が合併 2018年1月1日レスポンス 2017年11月29日

外部リンク[編集]