郡山貨物ターミナル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
郡山貨物ターミナル駅
全景
全景
こおりやまかもつターミナル
Kōriyama Kamotsu Terminal
安積永盛 (1.6km)
(3.3km) 郡山
所在地 福島県郡山市安積町荒井字猫田
所属事業者 JR logo (freight).svg日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 東北本線
キロ程 223.4km(東京起点)
電報略号 コタ
駅構造 地上駅
開業年月日 1977年(昭和52年)3月1日
備考 貨物専用駅
テンプレートを表示

郡山貨物ターミナル駅(こおりやまかもつターミナルえき)は、福島県郡山市安積町荒井字猫田1番地2にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅東北本線所属。

福島県中通りの鉄道貨物輸送の拠点で、着発線荷役方式(E&S方式)を導入している。

駅構造[編集]

203,000m2の敷地面積を持つ地上駅。線路は南北方向に通っており、コンテナホームなどはすべて本線の東側に設置されている。

上下本線の間には上下4本ずつの着発線がある。名称は、西側から下り本線、下り1-4番線、上り4-1番線、上り本線の順。上り本線の東隣にも着発線2本(東1・東2番線)と側線6本(東3-8番線)がある。側線隣の線路(東9番線)が着発線荷役方式 (E&S) を採用する着発線兼荷役線であり、コンテナホームが接する。コンテナホームは島式で、反対側にも2本の荷役線(これらは側線)が敷設されている。

構内の南側にはコンテナ車の検修庫と検修線(検1-4番線)がある。かつては構内北側に検修庫があったが、検修庫下を横切る南川の河川工事のため移転した。

また、検修庫の南側にはセメントターミナル郡山営業所があり、ここへ伸びる荷役線も存在する。この営業所は、かつては貨車によるセメント輸送が行われていたが、2000年3月の大越駅からの到着便をもって廃止された。

構内は着発線を除いて電化されていない。そのため、構内の入換作業は仙台総合鉄道部に所属するDE10形ディーゼル機関車が担当している。

駅事務室が入る駅舎には、営業窓口のJR貨物郡山営業支店や郡山総合鉄道部などが入居する。

取扱う貨物の種類[編集]

当駅は、コンテナ貨物と臨時の車扱貨物の取扱駅である。コンテナ貨物は、JR規格で12ft・20ft・30ftの鉄道コンテナと、ISO規格で20ftの海上コンテナを取り扱う。

取扱品目は、発送貨物では酒類、積合せ貨物、医薬品自動車部品などで、到着貨物ではガラス製品、化学工業品清涼飲料水、工業薬品などである。また産業廃棄物・特別管理産業廃棄物の取扱許可を得ており、これらが入ったコンテナの取扱いも可能。

貨物列車・トラック便[編集]

(2014年3月15日改正時点)

高速貨物列車
仙台貨物ターミナル駅方面行きの下り列車が1日7本、宇都宮貨物ターミナル駅方面行きの上り列車が11本停車する。そのうち、上り2本が当駅を終点とし、下り1本が当駅を起点とする。
列車の行き先は、下り列車は仙台貨物ターミナル駅(1日5本)や、盛岡貨物ターミナル駅札幌貨物ターミナル駅(各1本ずつ)があり、上り列車では、隅田川駅(1日2本)や新座貨物ターミナル駅名古屋貨物ターミナル駅大阪貨物ターミナル駅安治川口駅広島貨物ターミナル駅福岡貨物ターミナル駅(各1本ずつ)などがある[1]
このほか、臨時列車も設定されている。
専用貨物列車
臨時列車が設定されているのみである。
トラック便
会津若松オフレールステーションとの間に1日2往復、東福島オフレールステーションとの間に1日3往復運行されている[2]

利用状況[編集]

2004年度の発送貨物は233,783トン、到着貨物は220,750トンであった。

歴史[編集]

郡山操車場として開設され、東北本線の貨物輸送の要だった。郡山操車場は東洋一と言われた規模を有し、1970年代初頭にはヤード内入換作業がコンピューター化された。1977年に郡山駅の機能を移し、駅に昇格した。

駅周辺[編集]

手前が郡山貨物ターミナル駅。中央はビッグパレットふくしま

その他[編集]

長らく東京貨物ターミナル駅宇都宮貨物ターミナル駅と並び、駅名の長さではJRトップ(13文字)であったが、2002年に北九州貨物ターミナル駅にその座を譲った。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
東北本線
安積永盛駅 - 郡山貨物ターミナル駅 - 郡山駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『貨物時刻表 平成26年3月ダイヤ改正』、鉄道貨物協会、2014年、 119-128頁。
  2. ^ 『貨物時刻表 平成26年3月ダイヤ改正』、鉄道貨物協会、2014年、 144頁。

外部リンク[編集]