矢吹駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
矢吹駅
駅舎(2015年10月25日)
駅舎(2015年10月25日)
やぶき
Yabuki
泉崎 (6.0km)
(5.4km) 鏡石
所在地 福島県西白河郡矢吹町中町235-4
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北本線
キロ程 203.4km(東京起点)
電報略号 ヤフ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,066人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1887年明治20年)7月16日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
東口
駅舎内

矢吹駅(やぶきえき)は、福島県西白河郡矢吹町中町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線である。

東北本線仙台エリアにおける「Suica」利用区域の南端であり、当駅以南はサービスエリア外で利用できない[注釈 1]

概要[編集]

当駅は矢吹町の中心駅であり、同町中心市街地、大池公園の最寄り駅である。

当駅における運行形態[編集]

  • 上り(白河新白河方面)
    • 日中は概ね1時間に1本の普通列車(新白河行)が停車する。当駅より、白坂黒磯方面を利用する場合は新白河で黒磯行に乗り換える必要がある[1]
  • 下り(須賀川郡山福島方面)
    • 日中は上り同様、概ね1時間に1本の普通列車(郡山行)が停車する。朝と夕方の一部列車には、郡山以北の福島行と仙台行も設定されていて、当駅始発の列車も設定されている[1]

歴史[編集]

10月12日線路名称制定により東北本線の所属となる。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅エレベーターが設置された橋上駅舎を有している。駅舎は正面が特徴的なもので、福島県建築文化賞を受賞している。

郡山駅管理の業務委託駅JR東日本東北総合サービス委託)。みどりの窓口Suica対応自動券売機・簡易Suica改札機設置駅。

夜間滞泊の設定はなく、当駅止まりの最終列車は、到着後郡山駅まで回送される。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 東北本線 下り 郡山福島方面[3]
2 当駅始発
上り 黒磯宇都宮方面[3] 一部の列車
3  

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は1,066人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,427 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,395 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,374 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,340 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,306 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,230 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,188 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,178 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,200 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,174 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,119 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 1,097 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 1,161 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 1,174 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 1,134 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 1,137 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 1,134 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 1,077 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 1,066 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

西口[編集]

東口[編集]

路線バス[編集]

西口に乗り場がある。バス停名は「矢吹駅前」。

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
    大信庁舎前 旧たいしん保育園 大信地域自主運行バス 平日朝1本
  赤坂集会所前、大信庁舎前、田園町府、大屋小学校前 老人福祉センター 火・木曜昼1本
  大信庁舎前、大屋小学校前 老人福祉センター 平日夕1本
    光南高校 平日朝1本
    矢吹メガステージ 火・木曜昼1本
    矢吹しらうめ荘 平日夕1本

その他[編集]

  • 直営駅でお買い求めの場合は、「ヤフ」では出てこないので、「センヤフ」と検索をかけてもらえば矢吹駅までの乗車券を買うことが出来る。
  • 町内に御料場が存在したため、昭和初期まで、駅内に貴賓室が設けられていた。
  • 2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災では、駅南方の線路上で普通列車脱線、乗客に対し、地元の住民が避難所の提供、暖房器具や寝具の貸与といった支援活動を行った。これに伴い、町と地元の住民に対し、JR東日本から感謝状が贈られた。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
東北本線
泉崎駅 - 矢吹駅 - 鏡石駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当駅以南黒磯駅以北はSuicaサービスエリア外である。この区間を交通系ICカードで利用することはできない。

出典[編集]

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月11日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年7月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]