相模原市立博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 相模原市立博物館
SAGAMIHARA CITY MUSEUM
Hayabusa-5.jpg
相模原市立博物館
(2010年7月30日撮影)
施設情報
事業主体 相模原市
延床面積 9,510.24m2[1]
開館 1995年11月20日[1]
所在地 252-0221
神奈川県相模原市中央区高根3-1-15
位置 北緯35度33分33.37秒 東経139度23分35.02秒 / 北緯35.5592694度 東経139.3930611度 / 35.5592694; 139.3930611座標: 北緯35度33分33.37秒 東経139度23分35.02秒 / 北緯35.5592694度 東経139.3930611度 / 35.5592694; 139.3930611
外部リンク 相模原市立博物館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

相模原市立博物館(さがみはらしりつはくぶつかん)は、神奈川県相模原市中央区にある市立博物館である。

概要[編集]

1995年(平成7年)11月20日に開館した。建物内に常設展示室、特別展示室、天文展示室、プラネタリウム、会議室、売店などがある。入館は無料、プラネタリウムのみ有料、駐車場約100台分は無料である。

常設展示では、相模野台地の成り立ちに始まり、旧石器時代から現代にいたる郷土の歴史や自然・文化を、地質学資料考古資料歴史資料民俗資料自然史資料ジオラマを豊富に駆使して解説する[2]

通りを挟んで博物館の南東隣にはJAXA相模原キャンパス宇宙科学研究所があり、例年7月下旬に行われる特別公開は、JAXA相模原キャンパスと連携している[3]2010年(平成22年)7月30日と31日は、小惑星探査機はやぶさのカプセルを公開して、プラネタリウム番組「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」を上映した。

2021年(令和3年)3月12日から16日には、はやぶさ2が小惑星リュウグウからサンプルリターンした資料を格納したカプセルを公開した[4]。また2021年(令和3年)12月6日から12日には、カプセル内から回収されたリュウグウのサンプルを一般公開した[5]

交通[編集]

ギャラリー[編集]

キャラクター[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 相模原市立博物館年報 平成30年度 (PDF)”. 相模原市立博物館. 2019年8月30日閲覧。
  2. ^ 展示・施設案内”. 相模原市立博物館. 2022年2月16日閲覧。
  3. ^ 博物館概要”. 相模原市立博物館. 2022年2月16日閲覧。
  4. ^ 「はやぶさ2」帰還カプセルを世界初公開します(相模原市発表資料)”. 相模原市 (2021年2月22日). 2022年2月16日閲覧。
  5. ^ 小惑星リュウグウのサンプルを市内で一般公開しました(小惑星探査機「はやぶさ2」特設ページ)”. 相模原市 (2021年12月28日). 2022年2月16日閲覧。
  6. ^ おびのっち”. 相模原市立博物館. 2022年2月16日閲覧。
  7. ^ What’s さがぽん?”. 相模原市立博物館の職員ブログ (2012年1月21日). 2022年2月16日閲覧。
  8. ^ 相模原市立博物館ツイッター”. 相模原市立博物館. 2022年2月16日閲覧。

外部リンク[編集]