シアターBRAVA!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シアターBRAVA!
Theater BRAVA!
THEATER BRAVA! (4).JPG
情報
正式名称 シアターBRAVA!
旧名称 大阪MBS劇場
開館 1999年4月18日
開館公演 劇団四季ライオンキング
閉館 2016年5月31日
最終公演 MBSアナウンサー室『ありがとうBRAVA!MBSアナウンサー大集合!』
客席数 1136席
用途 演劇ミュージカル
運営 株式会社毎日放送
所在地 540-0001
大阪府大阪市中央区城見1丁目3番2号
位置 北緯34度41分28.2秒 東経135度31分54.2秒 / 北緯34.691167度 東経135.531722度 / 34.691167; 135.531722座標: 北緯34度41分28.2秒 東経135度31分54.2秒 / 北緯34.691167度 東経135.531722度 / 34.691167; 135.531722
アクセス 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線大阪ビジネスパーク駅1番出口すぐ
JR西日本大阪環状線大阪城公園駅から徒歩5分
JR大阪環状線・東西線京橋駅西口から大阪ビジネスパーク連絡通路で徒歩10分
京阪京橋駅から徒歩10分
外部リンク シアターBRAVA!
テンプレートを表示

シアターBRAVA!(シアターブラバ!)は、毎日放送(MBS)が大阪市中央区城見の大阪ビジネスパーク(OBP)内で所有・運営していた劇場。劇場名のBRAVA!は、「Bravo!」の女性形に当たる。

建設の背景[編集]

毎日放送では、毎日大阪会館の南館(大阪市北区堂島)にあった毎日ホールを改装したうえで、1995年から1997年まで「堂島MBS劇場」を運営。毎日新聞大阪本社の社屋を西梅田(大阪市北区)へ移転することに伴う堂島地区の再開発によって、同会館の解体が決まったことから、竹中工務店が所有していた土地に「堂島MBS劇場」の代替施設として当劇場を建設した。建設に際しては、竹中工務店が設計から施工までを担当している。

竣工から閉館まで[編集]

1999年4月18日に、「大阪MBS劇場」(おおさかエムビーエスげきじょう)として竣工。こけら落とし公演は劇団四季の『ライオンキング』で、同日から2001年1月14日まで上演された。同年秋にはグッドデザイン賞を受賞。

開館当初は、劇団四季が大阪で公演する際のメインシアターとして使用していた。大阪四季劇場の開館(2005年1月)を機に、劇団四季が「大阪MBS劇場」での公演をすべて大阪四季劇場へ移行したため、同年4月に「大阪MBS劇場」をシアターBRAVA!と改称。ミュージカルを中心に、幅広いジャンルの演劇公演に対応した劇場として再スタートを切った。2006年から2013年4月30日までは、イオン化粧品が毎日放送との契約で命名権を取得したため、劇場名をイオン化粧品シアターBRAVA!に変更している。

MBSテレビでは、シアターBRAVA!への改称を機に、毎週水曜日の深夜(木曜日の未明)に5分間のPR番組『BRAVA!』を編成。当番組で上演予定の作品を紹介したほか、放送中にチケットの先行予約を実施することもあった。しかし、毎日放送は2014年6月30日に、当劇場を2016年春で閉館すると発表。同年秋に満了する敷地の賃貸契約の延長をめぐって、土地所有者との合意に至らなかったことや、施設の老朽化が進んでいることなどを閉館の理由に挙げた。

正式には、2016年5月31日で閉館。毎日放送では、当劇場のファイナルイベントとして、同月29日(日曜日)に「ありがとうBRAVA! MBSアナウンサー大集合!」(かつてMBSテレビで放送されていた同局アナウンサー総出演の深夜番組『あどりぶランド』の復活イベント)を開催した[1]

シアターBRAVA!時代の総公演数は554公演で、延べ2263ステージを開催。改称からの11年1ヶ月間で、延べ200万人もの観客を動員した。

閉館後[編集]

当劇場から北東約400メートルの場所に建つビル(第2代社屋)に本社と演奏所を置いていた讀賣テレビ放送(読売テレビ・ytv)が、およそ80メートルの高さを擁するビル(第3代社屋)を建設したうえで、第2代社屋にあった本社・演奏所の機能を移すべく敷地を取得。2016年10月から、第3代社屋の建設工事を進めた。当初は2019年の開局記念日(8月28日)に第3代社屋からの本放送を始めることを計画していた[2]が、実際には同年9月1日(日曜日)の5:00から本放送に使用している[3]

一方の毎日放送では、OBP内での営業を終了した後も、別の場所での劇場建設を検討。当劇場で定期的に上演していた公演の一部は、既存・新設の他劇場を借りながら、当劇場の閉館後も継続している[4]。同局代表取締役会長河内一友は、社長時代の2014年7月16日に開いた定例会見で、「(シアターBRAVA!は)一旦閉鎖するが、引き続き別の場所を探して劇場文化を支えていきたい」と語った[5]。閉館時点での劇場公式サイトでは、「現在地でのシアターBRAVA!の営業を終了」「別場所での劇場再開への準備を進めている状況」「正式に再開が決まれば、改めて皆様に発表する」というメッセージを通じて、当劇場を別の場所で再開する可能性に含みを残していた[6]

2019年12月11日には、日本郵便西日本旅客鉄道大阪ターミナルビルJTBの4社が、大阪市北区の大阪駅西地区(かつて大阪中央郵便局などが建っていた地区)の再開発計画(仮称「梅田3丁目計画」)を発表。この計画に沿って新たに建設される地上39階・地下3階の高層ビル(2024年3月竣工予定)のうち、5階から8階までのフロアに組み込まれる劇場(座席数約1,200席)の運営を、毎日放送グループの認定放送持株会社であるMBSメディアホールディングスに委託する予定であることも明らかにされた。ただし、劇場の名称などは未定[7]

なお、毎日放送が1975年3月31日から加盟しているJNN(TBS)系列局の直営劇場は、当劇場のほかに、TBSテレビ赤坂サカス東京都港区赤坂)に所有しているTBS赤坂ACTシアターマイナビBLITZ赤坂がある。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 5月閉館のシアターBRAVA!でMBS 「あどりぶランド」復活(『THE PAGE』2016年3月1日付記事)
  2. ^ OBPで本社ビルを移転建て替え/16年秋に着工/読売テレビ(『建設ニュース』2014年8月28日付記事)
  3. ^ “読売テレビ新社屋 放送開始について” (プレスリリース), 讀賣テレビ放送, (2019年8月28日), https://www.ytv.co.jp/fromytv/news/number/page_2002338.html 2019年9月1日閲覧。 
  4. ^ シアターBRAVA!、2016年春に閉館 大阪(『朝日新聞』2014年7月1日付記事)
  5. ^ シアターBRAVA!「いったん閉鎖」毎日放送社長定例会見(『スポーツニッポン』 2014年7月17日付記事)
  6. ^ 三村景一・毎日放送社長定例記者会見(毎日放送2017年8月30日付プレスリリース)
  7. ^ 大阪駅西地区の開発計画について~大阪駅直結の大型複合開発が始動します~(西日本旅客鉄道株式会社2019年12月11日付ニュースリリース)

関連項目[編集]

  • TBS赤坂ACTシアター - TBSテレビが運営する劇場。赤坂ミュージカル劇場が劇団四季との契約満了で赤坂ACTシアターと改名。東京放送旧社屋とともに取り壊しになり、赤坂サカスに赤坂BLITZとともにリニューアルオープンした。

外部リンク[編集]