横浜金沢ハイテクセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横浜金沢ハイテクセンター

横浜金沢ハイテクセンター(よこはまかなざわハイテクセンター)は、横浜市金沢区にある施設。21世紀におけるイノベーションの創造と発信、および新産業の集積をめざし、1994年2月にオープンした。

施設[編集]

横浜のインキュベート支援施設は複数あるが、SOHO横浜インキュベーションセンター(中区)のように新しく建設したものではなく、横浜開港百周年記念事業で建設されたシルクセンターにあった旧シルクホテルの跡地を使用している。横浜市金沢産業振興センター、金沢工業団地、金沢流通団地が隣接している。

財団法人横浜企業経営支援財団が運営するテクノコア(公共棟)、住友生命保険が運営するテクノタワー(一般棟)があり、両棟はアトリウムにより接続されている。

地上6階、地下1階建てのテクノコアは、創業期の企業活動支援や企業等の新分野進出支援や、大学との共同研究等の実施を目的とし、R&Dスタートアップラボラトリー、産学共同研究ラボラトリー、研究開発支援ラボラトリー、技術相談室、資料室、展示室、特別会議室、会議室、交流サロン等が設置されている。また横浜市工業技術支援センターがあり、技術相談や各種公的支援に対応している。

地上22階地下1階建てのテクノタワーには、、住友生命保険の研修施設やその他企業のオフィス、R&D対応オフィス、横浜テクノタワーホテルファミール、レストラン、コンビニエンスストア等が入居している。

  • 延床面積 50,801,879m²
    • テクノコア(公共棟) 12,700,469m²
    • テクノタワー(一般棟) 38,101,410m²
  • 標準賃貸面積
    • テクノコア 約65m²
  • 駐車場 227台(自走式107台、機械式120台)

沿革[編集]

  • 1994年1月 竣工
  • 1994年2月 オープン

所在地[編集]

〒236-0004 横浜市金沢区福浦一丁目1番地1

交通アクセス[編集]

インキュベーションを行っている主な大学、省庁大学校[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度21分15秒 東経139度38分43秒 / 北緯35.35417度 東経139.64528度 / 35.35417; 139.64528