広島機関区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
広島機関区

広島機関区(ひろしまきかんく)は、広島県広島市南区にある日本貨物鉄道(JR貨物)の乗務員区所である。

概要[編集]

関西支社が管轄し、運転士が所属している。日本国有鉄道時代は広島鉄道管理局に所属していた。

かつては東海道山陽本線の貨物列車牽引に当たる機関車が所属していたが、現在は広島車両所に所属する形となっている。

所在地[編集]

広島県広島市南区東駅町1-10

かつての所属車両[編集]

EF59形
もともと瀬野機関区所属車両であったが、当機関区の派出所となった1985年から配置された。EF67形0番台に置き換えられる形で1986年までに運用を離脱した。
EF60形
1966年から配置されていたが、EF65形に置き換えられる形で1987年に配置が消滅した。
EF61形
0番台は1968年のダイヤ改正に伴い宮原機関区から転属し、1984年までに全車運用を離脱、1985年には廃車となった。200番台はもともと瀬野機関区所属車両であり、当機関区の派出所となった1985年から配置されたが、EF67形100番台に置き換えられる形で1991年までに全車廃車となった[1]
EF65形
1969年には新鶴見機関区から500番台F形が転入し、1970年には0番台・1000番台が新製配置されたが[2]、1979年に一旦配置がなくなった。1989年には車籍復活車の配置によって再びEF65形の配置区となったが、EF66形増備に伴い1991年に配置が消滅した[3]
EF66形
1978年に下関運転所から0番台22両が転属してきたが、1984年に全車が吹田機関区に転属した。1989年からは100番台が新製配置されたが、1996年3月に全車吹田機関区に転属した。
EF67形
もともと瀬野機関区所属車両であったが、当機関区の派出所となった1985年から配置された。1990年には100番台が追加され、全車が1996年3月に広島車両所に転属した。

歴史[編集]

  • 1906年(明治39年)12月1日 - 山陽鉄道の国有化に伴い、官設鉄道の広島機関庫として継承。
  • 1923年大正12年)4月 - 広島機関庫瀬野駐泊所を同庫瀬野分庫に昇格。
  • 1936年昭和11年)9月 - 広島機関庫を広島機関区に、同庫瀬野分庫を同区瀬野支区にそれぞれ改称。
  • 1944年(昭和19年)4月 - 広島機関区を広島第一機関区広島第二機関区に分割し、広島区瀬野支区は広島第一区瀬野支区に変更。当初の構想では第一機関区(山陽鉄道時代からのもの宇品線・貨車操車場側)を主に貨物運用、第二機関区(芸備線・客車操車場側)を旅客運用とする予定だったが実態は中途半端なものに終わる。
  • 1946年(昭和21年)4月 - 広島第一機関区瀬野支区を瀬野機関区に昇格。
  • 1962年(昭和37年)5月7日 - 広島第一機関区を広島機関区に改称、広島第二機関区を広島客貨車区と統合して広島運転所に組織変更。
  • 1985年(昭和60年)3月14日 - 瀬野機関区を広島機関区瀬野派出所とする[4]
  • 1986年(昭和61年)11月1日 - 瀬野派出所を統合[5]
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化に伴い日本貨物鉄道に継承。
  • 1996年平成8年)3月16日 - 当機関区に所属する車両が広島車両所に転属となり、乗務員の配置のみとなる[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 交友社鉄道ファン』1999年4月号、No.456 p.24 - 25
  2. ^ 『直流電気機関車 EF65』 イカロス出版、2008年、p.146。ISBN 9784863200746
  3. ^ 『直流電気機関車 EF65』 イカロス出版、2008年、p.149。ISBN 9784863200746
  4. ^ 『復刻版国鉄電車編成表1986.11ダイヤ改正』、ジェー・アール・アール 、交通新聞社、p.249 ISBN 9784330106090
  5. ^ 『復刻版国鉄電車編成表1986.11ダイヤ改正』、ジェー・アール・アール 、交通新聞社、p.252 ISBN 9784330106090
  6. ^ 『JR気動車客車編成表』'02年版、ジェー・アール・アール、2002年、p.231 ISBN 4-88283-123-6