大宮車両所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大宮車両所
JR貨物 大宮車両所 手前:事務所、奥:主棟 (ニューシャトルより撮影)
JR貨物 大宮車両所 手前:事務所、奥:主棟
(ニューシャトルより撮影)
基本情報
所在地 埼玉県さいたま市大宮区錦町
鉄道事業者 日本貨物鉄道
帰属組織 関東支社
整備済み車両略号 大宮車、OM
併設区所 JR東日本
大宮総合車両センター
最寄駅 大宮駅
管轄車両 JR貨物東北支社、関東支社、東海支社の配置車両
旧称 国鉄大宮工場
開設 1987年(昭和62年)4月1日
車両基地概要
敷地面積 26,488 m2
検査線本数 7本
備考 毎年5月の第4土曜日に、一般公開イベント「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」がJR東日本とさいたま市との共催で開催。
テンプレートを表示

大宮車両所(おおみやしゃりょうじょ)は、埼玉県さいたま市大宮区にある日本貨物鉄道(JR貨物)関東支社管轄の車両工場である。東日本旅客鉄道(JR東日本)の車両工場大宮総合車両センターに併設されている。

概要[編集]

当車両所は、1987年4月1日に同じ施設であった日本国有鉄道(国鉄)大宮工場(現・JR東日本大宮総合車両センター)が、国鉄の分割民営化で同工場の機関車部門がJR貨物に継承、大宮車両所となって発足した。主に、仙台総合鉄道部高崎機関区新鶴見機関区愛知機関区配置の電気機関車ディーゼル機関車検査・修繕及び更新などを受け持つ。また、この他の機関区の車両整備も受け持っている。

付近には、2007年10月14日に鉄道博物館が開館し、また、毎年5月の第4土曜日に、一般公開イベント「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」がJR東日本とさいたま市との共催[注 1]で開催され、開催日には毎年多くの人々が訪れている。

大宮車両所の外観(左:正門と中:名称板は大宮総合車両センターと共通。右:東側から見た主棟) 大宮車両所の外観(左:正門と中:名称板は大宮総合車両センターと共通。右:東側から見た主棟) 大宮車両所の外観(左:正門と中:名称板は大宮総合車両センターと共通。右:東側から見た主棟)
大宮車両所の外観(左:正門と中:名称板は大宮総合車両センターと共通。右:東側から見た主棟)


歴史[編集]

当車両所は、大宮総合車両センター同様に日本鉄道が1894年(明治27年)現地に設立した工場を前身に、開設から120年以上経過した現在も、現地で操業している長い歴史を持つ車両工場で、鉄道の街・大宮の中心となる施設である。
1987年4月1日の国鉄分割民営化により、JR貨物が機関車職場を継承し、大宮車両所として発足した。[注 2]

開設当初は、JR東日本の蒸気機関車、電気機関車、ディーゼル機関車の整備を受け持ち、JR東日本へは、自社の機関車の電気部品、空制(空気ブレーキ)部品、連結器などを委託した。[注 3]2002年度に、JR東日本へ委託を当所で施工する方針に変更し、JR東日本も電気・ディーゼル機関車の整備は土崎工場(現・秋田総合車両センター)に集約、蒸気機関車も自社(大宮総合車両センター)内で整備するとの方針から、それらの受け持ちも解消した。

1988年度に、JR貨物が日本国有鉄道清算事業団から購入したEF65形16両(2 - 6・8 - 10・14・17・18・20・21・38・46・52・66・69・70号機)の内10両を、当所にて全般検査を施工し、車籍を復活させた。
1989年度には、機関車の更新修繕を、1995年には、EF200形の重要部検査を施工し、これ以降は、経年車両の更新延命と最新車両の検査技術の確立に力を注いでいる。

沿革[編集]

大宮工場時代については、大宮総合車両センター#センター本所の歴史##センター本所の沿革###日本鉄道時代〜鉄道院(鉄道省)・国鉄時代の項目を参照

所内の組織体系と業務[編集]

当車両所の業務内容について[5]
班名 業務内容
1組 台車 車体上げ、車体載せ、車体移動、自動連結器など下回り機器の脱着
台車、走り装置の艤装、クレーン運転など
輪軸 車軸超音波探傷、磁粉探傷、輪軸検修、車軸受金の削正など
回転機 主電動機及び補助電動機検修(解体、整備・調整、組立、試験)など
仕上げ 輪軸、基礎ブレーキ、減速機、推進軸、軸箱車軸受金などの車両からの取り外し
部品の分解、仕上げ、組立、ばね検修など
鉄工 車体外板修繕、溶接、改良工事、ブレーキ部品の盛金、EH500形ユニットブレーキ検修など
2組 電気 電気配線、電気機器解艤装
艤装 空制機器の解艤装、運転室、機械室、各室内上回り機器、部品の解艤装、クレーン運転など
高圧弱電 弱電部品(ATS車上子など)、継電器、遮断機検修、弱電部品の各種試験など
空制 空制部品検修

1987年4月1日に発足した当車両所は、旧・大宮工場の機関車職場をJR貨物が継承し、主に、関東支社、東海支社の所属機関車の重要部検査・全般検査、更新修繕などを担っている。
実際に検査・修繕業務を行う組織は、

  1. 車体外装などを受け持つ1組→台車班・輪軸班・回転機班・仕上げ班・鉄工班
  2. 電気機器などを受け持つ2組→電気班・艤装班・高圧弱電班・空制班

と2組に分かれ、その下に「○○班」と呼ばれる担当グループが置かれている。各組、各班の業務内容については、右表を参照。

全般検査で入場した車両は、まず解体から始まり、車体、装置、機器、走り装置などに分類され、

  • 車体は修繕→塗装→艤装→車体載せ
  • 装置・機器は部品検査・修繕→艤装→車体載せ
  • 走り装置は台車検査・修繕→台車部品組立→車入れ→車体載せ

と上記のような具合で、業務は分業が進んでいる。
なお、ディーゼルエンジンなどの一部の検査・修繕や、塗装については、他社委託となっている。

検査体系と周期[編集]

下記に、各機関車別の検査体系と周期を示す。[6]

電気機関車[編集]

新系式車(EF210、EH200、EH500)は以下の周期で行う。

  1. 重要部検査:新製または前回の全般検査から48ヶ月または60万㎞以内毎
  2. 全般検査:新製または前回の全般検査から96ヶ月以内毎

従来形式車(EF64、EF65)は以下の周期で行う。

  1. 台車検査(B):前回の全検から36ヶ月または40万㎞以内毎
  2. 全般検査:上記の台車検査(B)から36ヶ月または前回の全般検査から72ヶ月毎

新形式の重要部検査及び従来形式の台車検査(B)は、所属区所でも行える為、実際に入場する車両は全般検査の車両が主である。[7]

ディーゼル機関車[編集]

新系式車(HD300)は以下の周期で行う。

  1. 重要部検査:新製または前回の全般検査から48ヶ月または50万㎞以内毎
  2. 全般検査:新製または前回の全般検査から96ヶ月または100万㎞以内毎

従来形式車(グループ会社の機関車)は以下の周期で行う。

  1. 第2交番検査(B):前回の全般検査から36ヶ月または25万㎞以内毎
  2. 全般検査:上記の第2交番検査(B)から36ヶ月または前回の全般検査から72ヶ月毎または50万㎞以内毎

新形式の重要部検査及び従来形式の第2交番検査(B)は、所属区所でも行える為、実際に入場する車両は全般検査の車両が主である。[7]
なお、ディーゼル機関車の従来形式車は、2017年6月5日以降自社所有機については検査を終了した。詳細は後述の#過去の検査担当形式の項を参照。

整備済み車両の車体に記される略号[編集]

大宮車」または「OM

検査担当形式[編集]

関東支社の所属車両中心に検査を実施している。下記に車種別に示す。

電車[編集]

電気機関車[編集]

ディーゼル機関車[編集]

過去の検査担当形式[編集]

  • ED75形電気機関車
    • 仙台総合鉄道部に配属されていたが、2012年3月17日のダイヤ改正をもって全機が運用終了し[11]、同年6月までには全て廃車となった為[12]
  • DE10形ディーゼル機関車DE11形ディーゼル機関車
    • 2017年時点では現存中だが、老朽化したDE10・DE11形を新型の機関車へ置き換えていく方針の為、検査を終了した。以前はHD300形へ置き換える方針[13][14][15][16]だったが、2017年より新たに開発したDD200形に置き換えると発表した。[17][18]
    • なお、同年の一般公開時にDE10 1557(愛知機関区所属)が「最終全検」という寝台特急〈あけぼの〉仕様のヘッドマークが掲出され、展示された。[19]
  • DD51形ディーゼル機関車
    • 2017年時点では現存中だが、老朽化した同形式をDF200形などに置き換えていく方針[13][20]の為、2015年の一般公開時に展示された愛知機関区所属のDD51 1801[21]をもって検査終了となった。[注 8]
  • JR東日本所有(高崎車両センター高崎支所など)の電気機関車・ディーゼル機関車・蒸気機関車
    • 電気機関車・ディーゼル機関車は車体の検修を、蒸気機関車は中間検査(B)及び全般検査の一部を委託されて実施してきたが、電気機関車・ディーゼル機関車は秋田総合車両センターに集約、蒸気機関車は大宮総合車両センター側で検査を全面的に実施している。

保存車両[編集]

2017年4月1日現在における、所内に保存されている車両を示す。[22]
なお、併設所である大宮総合車両センターの保存車両については、大宮総合車両センター#保存車両の項を参照。

ED62 17

ED62 17 (2008年一般公開時)
  • 保存までの流れ:1996年9月飯田線北部貨物牽引運用廃止→同年11月所内にて一般公開[注 9][23]→車籍を残し保留機扱いで所内で保管→2002年3月29日除籍(最終配置区:篠ノ井総合鉄道部(現・塩尻機関区篠ノ井派出))→除籍以降当所で保存
  • ED61形にTR109形1軸中間台車の追加改造を行って誕生した直流電気機関車。主に、飯田線北部の貨物輸送で活躍した。
  • この17号機は、1996年9月の離脱後、次々と同機が廃車されていく中で、最後まで上記所属で残った2両[注 10]内の1両である。
  • 1996年11月の一般公開後から、所内北に留置されている。
  • 佐久間レールパークの閉園に伴い、展示されていた14号機 が2010年7月に現地で、長野総合車両センターで保存されていたトップナンバーの1号機 が2016年2月に解体[24]された為、2017年4月1日時点でのED62形唯一の保存機となっている。

過去の保存車両[編集]

過去に、所内のみに保存された車両を下記に示す。
なお、併設所である大宮総合車両センターの過去の保存車両については、大宮総合車両センター#過去に保存・留置された車両の項を参照

EF65 59

  • 1998年12月2日除籍。最終配置区:高崎機関区(JR貨物)
  • 2004年5月の一般公開時に所内で展示。前面のナンバーが赤色で、塗装が前面1エンド側下部が黄色、2エンド側がクリーム色とそれぞれ違っていた。[25]
  • それ以降に解体[注 11]されて現存していない。[26]

EF65 535

  • 高崎機関区配属の直流電気機関車。2008年3月末より運用を離脱し保留機となった。2011年の一般公開ののち、高崎へ回送されず、所内で保管されていた。[27]
  • 翌年2月12日に所内で「EF65 535生誕45周年 ふれあい展示会」が開催された[28]のち、同年の一般公開イベントで展示された。
  • 再び同所で保管後、2013年3月11日~12日にかけて東芝府中事業所へ譲渡された。[29]

EF81 24 

  • 2007年6月1日廃車。最終配置区:富山機関区(JR貨物)
  • 同機関区に保留車扱いで在籍中、所内の車庫に留置されていた。[30]
  • 解体[注 11]されて現存していない。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ JR東日本とは1995年から。さいたま市は2014年から。
  2. ^ 大宮工場新小岩貨車職場もJR貨物が継承し、新小岩車両所(現・川崎車両所)として発足した。
  3. ^ 後にJR貨物からの委託は、土崎工場(現・秋田総合車両センター)の担当となった。
  4. ^ 電車及び客車の部門はJR東日本に継承され、大宮工場を経て2004年6月1日から大宮総合車両センターとなっている。
  5. ^ 2000年(平成12年)までは、10月14日の鉄道の日前後、翌年より5月の第4土曜日に開催。
  6. ^ これをもって、愛知機関区所属機の検査が全面的に終了した。
  7. ^ これをもって、仙台総合鉄道部、新鶴見機関区川崎派出、東新潟機関区所属の同形ディーゼル機関車の検査が全面的に終了した。
  8. ^ 「最終全検落成車」という記念のヘッドマークを付けて展示された。
  9. ^ 貨物更新色から標準色に塗り直された。
  10. ^ もう1両は16号機、17号機と同日に廃車。
  11. ^ a b 解体時期不明。

出典[編集]

  1. ^ 『鉄道ジャーナル』1996年2月号 MINI TOPICS P98
  2. ^ 「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」開催 - 『鉄道ファン railf.jp』鉄道ニュース 交友社 2015年5月24日掲載
  3. ^ 「鉄道のまち大宮『鉄道ふれあいフェア2016』」開催 - 『鉄道ホビタス』RM NEWS ネコ・パブリッシング 2016年5月30日掲載
  4. ^ 「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」開催 - 『鉄道ファン railf.jp』鉄道ニュース 交友社 2017年5月28日掲載
  5. ^ 『鉄道ファン』2012年6月号 交友社 「編集部が訪問 日本貨物鉄道株式会社大宮車両所」 p.112
  6. ^ 菅野崇『鉄道ピクトリアル』2010年3月号 【特集】機関区 電気車研究会 「JR貨物の機関車検修基地」 p.21
  7. ^ a b 菅野崇『鉄道ピクトリアル』2010年3月号 【特集】機関区 電気車研究会 「JR貨物の機関車検修基地」 p.22.23
  8. ^ JR貨物について(JR貨物グループ) - 日本貨物鉄道HP
  9. ^ (京葉臨海鉄道の記事)京葉臨海鉄道KD603が大宮へ - 『鉄道ファン railf.jp』鉄道ニュース 交友社 2012年3月13日掲載
  10. ^ (衣浦臨海鉄道の記事)KE65 3の甲種輸送 - 『鉄道ホビタス』RM NEWS ネコ・パブリッシング 2007年7月27日掲載
  11. ^ JR貨物所属のED75が運用を終える - 『鉄道ファン railf.jp』鉄道ニュース 交友社 2012年3月20日掲載
  12. ^ ED75 1015が郡山へ - 『鉄道ファン railf.jp』鉄道ニュース 交友社 2012年6月4日掲載
  13. ^ a b 鉄道貨物輸送サービスのご案内 日本貨物鉄道 HPより
  14. ^ 平成22年度事業計画 (PDF) 日本貨物鉄道 HP 事業計画
  15. ^ HD300形式ハイブリッド機関車の営業開始について (PDF) 日本貨物鉄道プレスリリース 2011年7月13日付
  16. ^ HD300形式ハイブリッド機関車「量産車」の運転開始について (PDF) 日本貨物鉄道プレスリリース 2012年2月16日付
  17. ^ 新型ディーゼル機関車の製作について (PDF) 日本貨物鉄道ニュースリリース 2017年6月15日付
  18. ^ 平成29年度事業計画 (PDF) 日本貨物鉄道 HP 事業計画
  19. ^ 「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2017」開催 - 『鉄道ホビタス』RM NEWS ネコ・パブリッシング 2017年5月30日掲載
  20. ^ 平成28年度事業計画 (PDF) 日本貨物鉄道 HP 事業計画
  21. ^ 「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア2015」開催 - 『鉄道ホビタス』RM NEWS ネコ・パブリッシング 2015年5月25日掲載
  22. ^ 笹田昌弘 イカロスMOOK『保存車大全コンプリート 3000両超の保存車両を完全網羅』 イカロス出版 「全カテゴリー保存車リスト」 P28、P219
  23. ^ 『鉄道ファン』 1997年2月号 交友社 POST P105
  24. ^ 笹田昌弘 イカロスMOOK『保存車大全コンプリート 3000両超の保存車両を完全網羅』 イカロス出版 「全カテゴリー保存車リスト:撤去情報」 P249
  25. ^ 『鉄道ファン』2004年8月号 交友社 POST P189
  26. ^ 笹田昌弘 『鉄道ピクトリアル』2015年1月号 特集:電気機関車 電気車研究会 「電気機関車の保存機をめぐる」 P101
  27. ^ 笹田昌弘 イカロスMOOK『国鉄&JR保存車大全 日本全国全カテゴリー1312両』 イカロス出版 「保存車リスト2012」 P125
  28. ^ EF65 535生誕45周年 ふれあい展示会 - 『鉄道ホビタス』RM NEWS ネコ・パブリッシング 2012年2月13日掲載
  29. ^ EF65 535が東芝府中事業所へ - 『鉄道ホビタス』RM NEWS ネコ・パブリッシング 2013年3月12日掲載
  30. ^ j train編集部編 イカロスMOOK『交直流電気機関車 EF81 国鉄新性能電機の軌跡』 イカロス出版 石堂亮太 「EF81移動史をたどる」 P123

参考文献[編集]

  • 編集部「JR各社の車両工場 JR大宮車両所/JR貨物」、『鉄道ピクトリアル 【特集】JRの車両工場』第50巻9号(通巻690号)、電気車研究会、2000年9月、 32頁。
  • 石本勇吉「電気機関車の保守・検修を見る-JR貨物・大宮車両所見学記-」、『鉄道ピクトリアル 【特集】電気機関車』第52巻1号(通巻721号)、電気車研究会、2002年1月、 66-69頁。
  • 菅野崇「JR貨物の機関車検修基地」、『鉄道ピクトリアル 【特集】機関区』第60巻3号(通巻831号)、電気車研究会、2010年3月、 21-23頁。
  • 鉄道ファン編集部「開業115周年を迎えるJR東日本大宮総合車両センターをめぐって」、『鉄道ファン』第49巻7号(通巻579号)、交友社、2009年7月、 110-111頁。
  • 鉄道ファン編集部「編集部が訪問 日本貨物鉄道株式会社大宮車両所」、『鉄道ファン』第52巻6号(通巻614号)、交友社、2012年6月、 110-113頁。
  • ジェー・アール・アール編 『JR気動車客車編成表』 各年号 交通新聞社 「JR貨物 機関車配置表」、「JR工場一覧表」 各頁

関連項目[編集]