JR貨物DD200形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
DD200形ディーゼル機関車
DD200形ディーゼル機関車901号機 (2019年7月 石巻駅)
DD200形ディーゼル機関車901号機
(2019年7月 石巻駅)
基本情報
運用者 日本貨物鉄道
水島臨海鉄道
京葉臨海鉄道
九州旅客鉄道
製造所 川崎重工業
製造年 2017年 -
製造数 20両(2021年6月現在)
主要諸元
軸配置 Bo-Bo
軌間 1,067 mm
全長 15,900 mm
全幅 2,974 mm
全高 4,079 mm
空車重量 58.6 t
運転整備重量 58.8 t
台車 FDT103 (No.1 end)
FDT103A (No.2 end)
軸重 14.7 t
動力伝達方式 電気式
機関 水冷4サイクルV型12気筒ディーゼル機関 FDML30Z(コマツ製SAA12V140E-3)
機関出力 895 kW (1,217 PS) / 1,900 rpm
発電機 回転界磁式ブラシレス同期発電機 FDM303
主電動機 三相かご形誘導電動機 FMT102
主電動機出力 160 kW × 4基
駆動方式 一段歯車減速式吊り掛け式
歯車比 19:81 = 1:4.26
制御方式 機関回転数制御・回転界磁気式主電力電圧制御
制御装置 パルス幅変調方式電圧形インバータ装置(電圧,電流,周波数制御でも用いられる)
制動装置 電気指令式空気ブレーキ・ばね作動式留置ブレーキ
保安装置 ATS-PFATS-DFATS-SFATS-Ps
最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 120 km/h
最大引張力 20,000 kgf
備考

JR貨物プレスリリース[1]
鉄道ファン2017年9月号[2]
レスポンス記事[3]
Rail Magazine2017年9月号[4]

に基づく。
テンプレートを表示

DD200形ディーゼル機関車(DD200がたディーゼルきかんしゃ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が2017年平成29年)から製作している電気式ディーゼル機関車である[1][5]

なお本項では京葉臨海鉄道水島臨海鉄道九州旅客鉄道(JR九州)の保有するDD200形についても記述する。

概要[編集]

非電化区間の貨物列車牽引と、貨物駅構内の入換作業の双方に使用しているDE10形DE11形などの液体式ディーゼル機関車の老朽化に伴い、両形式の置き換えを目的に開発された[1][3][5]DF200形EF210形の技術を応用しており[2]、各種搭載機材を極力共通化することにより、開発および維持コスト削減を狙っている。

構造[編集]

車体構造はDE10形と同様の前後非対称ボンネット形機関車であるが、メンテナンス面で問題のあった3軸台車を廃し、通常の2軸台車でB-B形配置とし、保守面に配慮した。車軸数を減らしながらも軸重はDE10形等とほぼ同等の14.7 t(DE10形は13 t、DE11形は14 t)としたことで、従来DE10形が投入されていたローカル線でも運用できることをねらった車両となっている。最高速度も110 km/hとローカル線での多様な用途に応えられる仕様としている[4]

駆動系はDF200形で経験を積んだディーゼル・エレクトリック方式とし保守の容易化を目指している。発電用機関はV型12気筒で排気量30.48リットルのコマツ製SAA12V140E-3型[6]ディーゼルエンジンをFDML30Zとして採用した(国鉄時代のDML30系エンジンとは無関係)。主発電機(FDM303、出力1,112 kVA)を直結している。

車体の1エンド側には内燃機関及び主発電機、主電動機送風機並びに冷却水熱交換器を搭載し、2エンド側には補助電源装置及び主変換装置を搭載する。

運転室内構造はDE10形やHD300形と同様に、運転台が横向きに対面式で配置されたレイアウトを採用している。

配置・運用[編集]

2017年(平成29年)試作機である901号機が2017年6月29日に新鶴見機関区甲種輸送された[7]。そして、新鶴見機関区へ901号機が正式配置されたのちに報道公開がなされた[4]

2017年8月21日・同年8月25日未明に東京貨物ターミナル駅 - 西湘貨物駅間での本線での試運転が実施され、同年10月から11月の数日にわたり東京貨物ターミナル駅 - 相模貨物駅間で電気機関車とコキ車を使用した性能試験が実施された。東北地区においては、東北本線石巻線仙石線での2017年11月18日に性能試験が行われている[8][9]

2019年8月27日に量産型の1号機となるDD200-1が兵庫駅から稲沢駅まで甲種輸送され[10]、順次DE10を置き換える形で運用を開始している。

2020年2月1日現在、愛知機関区に901・1 - 8号機の計9両が配置されている[11]

2020年3月16日ダイヤ改正時点での運用範囲は以下の通りである。

また、故障車両救援のためえちごトキめき鉄道線糸魚川までの入線実績がある。

JR貨物以外での導入[編集]

京葉臨海鉄道では、当初2021年5月に同社向け車両が完成予定と報じられていたが[12]、その後同年6月に到着し、「RED MARINE」の愛称が発表された[13]。形式は800番台となっている。

水島臨海鉄道では、2021年5月19日に兵庫駅から水島臨海鉄道・倉敷貨物ターミナル駅まで600番台1両が甲種輸送された[14][15][16]

九州旅客鉄道(JR九州)では、2021年6月に熊本車両センターまで700番台1両が甲種輸送された。これまでと異なり、塗装は同所のDE10形に準じた黒塗装となっている[17]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “新型ディーゼル機関車の製作について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 日本貨物鉄道, (2017年6月15日), https://www.jrfreight.co.jp/storage/upload/9575e9cb287bdea8244aa25e7cb5f43d.pdf 2018年8月26日閲覧。 
  2. ^ a b 鉄道ファン・JR貨物、2017、「新車速報 JR貨物 DD200形試作車」、『鉄道ファン』57巻(通巻677号(2017年9月号))、交友社 pp. 62-63
  3. ^ a b 草町義和 (2017年6月16日). “JR貨物、新型ディーゼル機関車「DD200形」開発…電気式を採用”. レスポンス. イード. 2017年7月23日閲覧。
  4. ^ a b c Rail Magazine編集部:作成 資料提供:日本貨物鉄道、2017、『Rail Magazine』(通巻408号(2017年9月号))、ネコ・パブリッシング pp. pp.120-123
  5. ^ a b JR貨物,DD200形を導入”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2017年6月15日). 2017年6月15日閲覧。
  6. ^ 「コマツの鉄道用ディーゼルエンジン」 - 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル』2020年10月号 No.648 p35
  7. ^ DD200-901が甲種輸送される”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2017年6月30日). 2017年7月18日閲覧。
  8. ^ DD200-901が本線試運転を実施”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2017年8月25日). 2017年9月7日閲覧。
  9. ^ DD200 901が東北本線・石巻線で性能試験”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2017年11月19日). 2018年1月7日閲覧。
  10. ^ DD200-1が甲種輸送される”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2019年8月29日). 2019年9月1日閲覧。
  11. ^ 2020年貨物時刻表. 公益社団法人鉄道貨物協会. p. 221 
  12. ^ “安全報告書令和元年度” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京葉臨海鉄道, (2020年7月1日), http://www.rintetu.co.jp/company/img/anzen0v1.pdf 2020年9月7日閲覧。 
  13. ^ “新型機関車の導入について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京葉臨海鉄道, (2021年6月10日), オリジナルの2021年6月10日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210610093735/http://www.rintetu.co.jp/new.pdf 2021年6月12日閲覧。 
  14. ^ 新車両導入計画?で注目度アップ JR西381系と水島臨鉄機関車」『山陽新聞デジタル』山陽新聞社、2021年5月7日。2021年5月7日閲覧。
  15. ^ 水島臨海鉄道 DD200形 甲種輸送”. 鉄道コム. 朝日インタラクティブ (2021年5月19日). 2021年5月19日閲覧。
  16. ^ JRの電気式DLを岡山県の私鉄が初導入…水島臨海鉄道のDD200-601”. Response.. Response. (2021年6月4日). 2021年6月6日閲覧。
  17. ^ 黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター”. 鉄道チャンネル. 鉄道チャンネル (2021年6月19日). 2021年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]