安善駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安善駅*
駅舎(2005年11月)
駅舎(2005年11月)
あんぜん
Anzen
所在地 横浜市鶴見区安善町一丁目
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
日本貨物鉄道(JR貨物)
電報略号 アセ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
1,625人/日(降車客含まず)
-2008年-
開業年月日 1930年昭和5年)10月28日[1]
乗入路線 2 路線
所属路線 JI 鶴見線(本線)
キロ程 3.5km(鶴見起点)
浅野 (0.5km)
(0.6km) 武蔵白石
所属路線 JI 鶴見線(大川支線)
キロ程 0.0km(安善***起点)
**(浅野) (-km)
(1.6km) 大川
備考 無人駅(自動券売機 有)
浜 横浜市内
* 1943年に安善通駅から改称[1]
** 全列車が鶴見駅まで乗り入れ[1]
*** 正式な起点は武蔵白石駅
テンプレートを表示
安善駅
あんぜん
Anzen
(1.1km) 浜安善
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 鶴見線(貨物支線)
キロ程 0.0kmkm(安善起点)
開業年月日 1926年大正15年)4月10日
廃止年月日 1986年昭和61年)11月1日*
備考 * 安善駅構内に併合。
テンプレートを表示
ホーム
貨物取扱・専用線(ホーム横 一番手前は鶴見線の線路)(2009年8月)

安善駅(あんぜんえき)は、神奈川県横浜市鶴見区安善町一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)鶴見線である。

概要[編集]

当駅は路線名称上では鶴見線本線のみの駅であるが、1996年平成8年)3月に隣の武蔵白石駅から分岐する大川支線の車両を更新する際に武蔵白石駅の大川支線ホームが撤去されたため、大川支線の列車は当駅で本線から分岐することになった。そのため、運行上では当駅が本線と大川支線の分岐駅となっている。なお大川支線の列車は全て本線に乗り入れて鶴見駅発着で運行される。

大川支線の正式な起点は2016年現在も武蔵白石駅であるため、武蔵白石駅以遠(浜川崎駅方面)と大川駅の間の運賃計算においては当駅 - 武蔵白石駅間は含めないで計算する。

JRの特定都区市内制度における「横浜市内」の駅である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅である。駅舎側からのりばは順番に1番線、2番線となっており、ホームと駅舎との間は構内踏切で連絡している。無人駅自動券売機Suica対応)、簡易Suica改札機設置駅。トイレが設置されている、トイレについては以前まで撤去されていたが、自治体の意見もあり2015年に新しく設置された。貨車入換作業用の側線が数本あり、構内は広い。

のりば[編集]

JR安善駅プラットホーム
番線 路線 方向 行先
1 JI 鶴見線 下り 浜川崎大川扇町方面
2 上り 浅野鶴見方面

貨物取扱・専用線[編集]

当駅では、専用線発着車扱貨物を取り扱っている。

旧・浜安善駅へ続く側線があり、この側線から、当駅に隣接する在日米軍鶴見貯油施設エリアllへ続く専用線と、浜安善駅付近にあるエリアlへ続く専用線がそれぞれ分岐している。専用線はジェット燃料輸送に使用されており、拝島駅まで貨物列車(通称「米タン」)が運行されている。

1980年代まで、かつて駅西側に存在した東京瓦斯鶴見工場へ専用線が続き都市ガス石炭ガス)製造用の石炭輸送に使用されていた。また隣駅の武蔵白石駅旅客駅である関係から、同駅周辺にある日本鋳造工場や富士電機システムズ川崎工場へ続く専用線も、当駅分岐扱いとなっていた。

旧・浜安善駅から分岐しエクソンモービル潤滑油工場へ続く専用線も2002年頃まで存在し、清水駅から潤滑油が輸送されていた。

利用状況[編集]

旅客[編集]

2008年度の1日平均乗車人員は1,625人である。無人駅のため、2009年度以降の乗車人員は公表していない。

近年の1日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[2]
年度 1日平均
乗車人員
1991年(平成03年) 1,645
1992年(平成04年) 1,664
1993年(平成05年) 1,663
1994年(平成06年) 1,617
1995年(平成07年) 1,545
1996年(平成08年) 1,527
1997年(平成09年) 1,313
1998年(平成10年) 1,199
1999年(平成11年) 1,140
2000年(平成12年) 1,112
2001年(平成13年) 1,024
2002年(平成14年) 1,009
2003年(平成15年) 976
2004年(平成16年) 771
2005年(平成17年) 812
2006年(平成18年) 955
2007年(平成19年) 1,132
2008年(平成20年) 1,625

貨物[編集]

近年の年間発着トン数は下記の通り。

年度 年間貨物取扱量[3]
発送(トン) 到着(トン)
1998年 137,456 26,576
1999年 129,196 24,696
2000年 133,286 22,324
2001年 73,030 9,518
2002年 76,930 8,748
2003年 105,160 12,040
2004年 93,056 10,448
2005年 95,418 10,864
2006年 78,200 8,944
2007年 64,616 7,280
2008年 62,981 9,684
2009年 55,838 11,768
2010年 41,235 8,432
2011年 46,391 9,236
2012年 38,203 7,212
2013年 46,088 8,600
2014年 69,136 13,208

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

安善駅前バス停(徒歩すぐ)

駅名の由来[編集]

安田財閥創業者であり、鶴見線の前身である鶴見臨港鉄道を支援した安田善次郎にちなんで付けられた。

その他[編集]

一時期、安善駅の「あんぜん」→「安全」にちなみ、若者を中心に切符が大量に売れたことがある。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
JI 鶴見線(本線)
浅野駅 - 安善駅 - 武蔵白石駅
JI 鶴見線(大川支線)
安善駅 - (武蔵白石駅) - 大川駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』38号 青梅線・鶴見線・南武線・五日市線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年4月11日、16-17頁。
  2. ^ 横浜市統計ポータル - 横浜市
  3. ^ 横浜市統計ポータル(運輸) http://www.city.yokohama.lg.jp/ex/stat/index2.html#46

関連項目[編集]

外部リンク[編集]