鶴見駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鶴見駅
JRE Tokaidoline TsurumiStation Eastoutlet CIAL.jpg
東口(2018年5月)
つるみ
Tsurumi
右下は乗換駅の京急鶴見駅
所在地 横浜市鶴見区鶴見中央一丁目1-1
北緯35度30分30.8秒 東経139度40分33.6秒 / 北緯35.508556度 東経139.676000度 / 35.508556; 139.676000座標: 北緯35度30分30.8秒 東経139度40分33.6秒 / 北緯35.508556度 東経139.676000度 / 35.508556; 139.676000
所属事業者 東日本旅客鉄道
(JR東日本)
電報略号 ツミ
駅構造 地上駅高架駅
ホーム 1面2線(地上)
2面2線(高架)
乗車人員
-統計年度-
60,903人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 明治5年9月12日
1872年10月14日
乗入路線 旅客線2路線 合計8 路線
所属路線 京浜東北線
(正式には東海道本線
駅番号 JK15
キロ程 21.7km(東京起点)
大宮から52.0 km
JK 16 川崎 (3.5 km)
(3.1 km) 新子安 JK 14
所属路線 鶴見線
駅番号 JI01
キロ程 0.0 km(鶴見起点)
(0.9 km) 国道 JI 02
所属路線 東海道本線貨物支線
高島線
キロ程 0.0 km(鶴見起点)
(5.6 km) 東高島
所属路線 東海道本線貨物支線
鶴塩線[1][注釈 1]
キロ程 0.0 km(鶴見起点)
(2.3 km) 八丁畷
所属路線 東海道本線貨物支線
(羽沢線[2]
キロ程 0.0 km(鶴見起点)
(8.8km) 横浜羽沢
(8.8km) 羽沢横浜国大 SO51►
所属路線 東海道本線貨物支線
品鶴線)**
キロ程 17.8 km(品川起点)
新鶴見信号場)(3.9km)
◄◄JO 14 JS 14 新川崎 (5.1km)
所属路線 武蔵野線(武蔵野南線)**
キロ程 0.0 km(鶴見起点)
(3.9km)(新鶴見信号場)►
(12.7km) 梶ヶ谷貨物ターミナル
所属路線 南武線貨物支線
(尻手短絡線)**
キロ程 5.4 km(尻手起点)
(新鶴見信号場)(3.9km)
◄◄尻手 (5.4km)
乗換 京急鶴見駅京急本線
備考 みどりの窓口
浜 横浜市内
** 新鶴見信号場 - 鶴見間は同一路線を共用。
テンプレートを表示

鶴見駅(つるみえき)は、神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

当駅周辺地区は横浜市における主要な生活拠点(旧:副都心)に指定されている[3][4]

乗り入れ路線[編集]

列車の運行上、当駅は重要なジャンクション(結節駅)である。乗り入れている路線は、旅客営業を行っていない路線を含めると、線路名称上は東海道本線鶴見線武蔵野線南武線(支線)の4路線である。そのうち東海道本線を当駅の所属線とし[5]、また鶴見線と武蔵野線は当駅が起点となっている。東海道本線に関しては本線のほかに4つの支線(後述)が分岐している。

このうち、旅客駅に停車するのは、東海道本線の電車線で運行される京浜東北線と鶴見線の電車のみであり、「東海道(本)線」の名称は旅客案内では使用されていない。また、特定都区市内制度における「横浜市内」駅に属する。

  • JK 京浜東北線:電車線を走行する東海道本線・東北本線の近距離電車。横浜駅から根岸線への直通運転も実施している。 - 駅番号JK 15
  • JI 鶴見線:当駅を起点として横浜・川崎市内の京浜工業地帯へ走行する路線。 - 駅番号「JI 01

以下の各路線は旅客用ホームは設置されていないが、当駅を運転上の接続駅としており、品鶴線以外は基本的に貨物列車専用である。(リスト内の「 」内の路線名は通称)

なお、当駅 - 新鶴見信号場間は品鶴線・武蔵野線・尻手短絡線の三重所属区間となっており、この3路線の線路は新鶴見信号場構内で分岐している。

東海道本線については本線と品鶴線の分岐点となっているため、品鶴線の新川崎駅から本線の川崎駅蒲田駅方面に向かう場合の旅客運賃は当駅接続で計算される。ただし、品鶴線を走行する旅客列車は当駅に停車しないため、当駅から新川崎方面(上り)に行く旅客は一旦横浜駅まで行って戻る必要がある。この場合、運賃は当駅から横浜駅までの往復分を加算しないという特例がある[8](新川崎駅周辺へ行く場合は川崎駅から南武線で鹿島田駅へ行くという方法もある)。

鶴見駅 - 羽沢横浜国大駅間の駅間キロ程は8.8 kmで、これは首都圏の電車特定区間内の隣接駅では最長である。ただし、両駅を直接行き来することはできないため、乗車経路としては以下の2通りとなる。

  • 鶴見駅 - 【京浜東北線南行】 - 横浜駅 - 【横須賀線上り あるいは 湘南新宿ライン北行】 - (鶴見駅) - 武蔵小杉駅 - 【相鉄直通線下り】 - (鶴見駅) - 羽沢横浜国大駅[注釈 5]
  • 鶴見駅 - 【京浜東北線北行】 - 川崎駅 - 【南武線下り】 - 武蔵小杉駅 - 【相鉄直通線下り】 - (鶴見駅) - 羽沢横浜国大駅[注釈 6]

横浜市や鶴見区では「相鉄・JR直通線」の整備などに合わせ、当駅への中距離列車ホーム新設をJR側に働き掛けている(鶴見駅中距離電車停車等推進期成会[9]

鶴見駅から分岐するJR路線

歴史[編集]

駅構造[編集]

京浜東北線は島式ホーム1面2線の地上駅、鶴見線はその西側にある頭端式ホーム2面2線の高架駅である。京浜東北線ホームの東側には、ホーム側から順に東海道線旅客列車線の上下線、東海道貨物線の上り線、着発線3本、東海道貨物線下り線があり、いずれもホームは設けられていない。武蔵野南線・東海道線列車線・横須賀線を経由する臨時旅客列車「ホリデー快速鎌倉号」は当駅で運転停車し(列車番号も変わる)、ホームのない線路で乗務員が交代して貨物線と東海道線列車線(横浜方面)間の転線を行う。なお、東海道線と横須賀線間の転線は戸塚駅で行っている。

京浜東北線と鶴見線の間には中間改札口が設けられているが、これは鶴見線が当初鶴見臨港鉄道の路線であった名残りである。この結果、鶴見線利用者は多くが当駅を経由するため、1971年に鶴見線の当駅以外の駅を無人化し、改札業務を当駅で集約する合理化に役立っている[16]。そのため、浜川崎駅の南武支線側を除き鶴見線の各駅は当駅が管理している。

みどりの窓口自動改札機が設置されている。また、京浜東北線ホームには改札内コンコースとを結ぶエスカレーターエレベーターも設置されている。トイレは改札内コンコース(東口改札横)に設置されているが、鶴見線の中間改札内には設置されていない。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
地上ホーム
1 JK 京浜東北線 南行 横浜桜木町洋光台方面
2 北行 東京上野大宮方面
高架ホーム
3・4 JI 鶴見線 下り 弁天橋海芝浦大川浜川崎扇町方面

(出典:JR東日本:駅構内図

京浜東北線は、朝夕ラッシュ時に当駅始発(東京方面行き)の電車があり、新子安寄りの引き上げ線2線を使って折り返す。折り返し列車は事故・各種トラブルや、大雨・落雷などによる輸送障害でダイヤが乱れた場合にも臨時で設定されることもある。

鶴見線は主に3番線を使用し、4番線は朝ラッシュ時のみ使用する[16]。また、車両の夜間留置が設定されている。

発車メロディ[編集]

京浜東北線ホームでは東洋メディアリンクス、鶴見線ホームではテイチク制作の発車メロディを使用している[17]

1 JK Verde Rayo
2 JK Water Crown
3 JI twilight
4 JI スプリングボックス

配線図[編集]

駅構内設備[編集]

  • 売店など
    • NewDays 鶴見西口 - 西口改札外1F(階段下)
    • NewDays 鶴見店 - 改札内コンコース、鶴見線改札横
    • 崎陽軒 鶴見駅西口店 - 西口改札外1F(階段下)
  • スーパーマーケット
    • 京急ストア 鶴見西店 - 西口改札外1F(鶴見線ホーム高架下)

かつては東口に駅ビル「つるみカミン」が営業していたが、2008年9月30日をもって閉店となり、南隣の敷地と合わせて再開発が行われた。2010年に先行して建設が進んでいた南側に「シークレイン」が開業。2012年11月1日に「シァル鶴見」が開業した。

利用状況[編集]

2020年(令和2年)度の1日平均乗車人員60,903人である。JR東日本管内の駅では仙台駅に次いで第52位だった。

近年の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1991年(平成03年) 74,630
1992年(平成04年) 76,695
1993年(平成05年) 77,591
1994年(平成06年) 77,593
1995年(平成07年) 77,653 [統計 2]
1996年(平成08年) 77,629
1997年(平成09年) 76,958
1998年(平成10年) 76,178 [* 1]
1999年(平成11年) [JR 1]75,431 [* 2]
2000年(平成12年) [JR 2]75,234 [* 2]
2001年(平成13年) [JR 3]75,838 [* 3]
2002年(平成14年) [JR 4]76,007 [* 4]
2003年(平成15年) [JR 5]76,360 [* 5]
2004年(平成16年) [JR 6]76,212 [* 6]
2005年(平成17年) [JR 7]76,197 [* 7]
2006年(平成18年) [JR 8]77,290 [* 8]
2007年(平成19年) [JR 9]78,108 [* 9]
2008年(平成20年) [JR 10]77,851 [* 10]
2009年(平成21年) [JR 11]76,850 [* 11]
2010年(平成22年) [JR 12]76,665 [* 12]
2011年(平成23年) [JR 13]76,445 [* 13]
2012年(平成24年) [JR 14]76,583 [* 14]
2013年(平成25年) [JR 15]78,272 [* 15]
2014年(平成26年) [JR 16]77,755 [* 16]
2015年(平成27年) [JR 17]79,672 [* 17]
2016年(平成28年) [JR 18]80,182 [* 18]
2017年(平成29年) [JR 19]80,904 [* 19]
2018年(平成30年) [JR 20]81,056
2019年(令和元年) [JR 21]80,794
2020年(令和02年) [JR 22]60,903

駅周辺[編集]

東口[編集]

西口[編集]

バス路線[編集]

以下の路線バスが運行されている。

西口[編集]

『鶴見駅西口』停留所(1 - 10番のりば)および『鶴見駅入口』停留所(11番のりば)が設置されており、川崎鶴見臨港バス横浜市営バスの路線が発着する。なお、1・2番のりばはバスロータリー外の京急ストア横に、11番のりば(『鶴見駅入口』停留所)はバスロータリー外の豊岡商店街上に設置されている。

1番のりば
  • 川崎鶴見臨港バス
    • <鶴12> 馬場七丁目行
  • 横浜市営バス
2番のりば
  • 降車専用
3番のりば(横浜市営バス)
  • <38> 鶴見駅西口行【荒立循環】【白幡循環】、東神奈川駅西口行、横浜駅西口行
4番のりば(横浜市営バス)
5番のりば(川崎鶴見臨港バス)
6番のりば(川崎鶴見臨港バス)
7番のりば(川崎鶴見臨港バス)
  • <鶴05> 鶴見駅西口行【東寺尾循環】
  • <川50> 川崎駅西口行
8番のりば
  • 降車専用
9番のりば(川崎鶴見臨港バス)
  • <鶴02> 新横浜駅行、駒岡車庫行
  • <鶴04> 新川崎交通広場行
10番のりば(川崎鶴見臨港バス)
11番のりば(横浜市営バス)
  • <6>・<104> 新横浜駅行
  • <14>・<67> 梶山行

東口[編集]

東口バスターミナルと京急鶴見駅を鶴見駅側から望む(2019年10月)

川崎鶴見臨港バス・横浜市営バスの路線が発着し、停留所名は、川崎鶴見臨港バスが『鶴見駅東口』、横浜市営バスが『鶴見駅前』である。

1番のりば
  • 川崎鶴見臨港バス
    • <鶴11> 江ヶ崎行
  • 横浜市営バス
    • <13> 網島駅行、一の瀬行、新横浜駅行
2番のりば(横浜市営バス)
  • <16> 鶴見駅行【循環】
  • <29> 横浜駅前行
  • <155> 鶴見駅行【循環】、東部病院
3番のりば(横浜市営バス)
4番のりば(横浜市営バス)
  • <15> 鶴見駅行【循環】
  • <27> 安善町行
5番のりば(横浜市営バス)
6番のりば(横浜市営バス)
7番のりば(横浜市営バス)
8番のりば(川崎鶴見臨港バス)
  • <鶴08> ふれーゆ行
9番のりば(川崎鶴見臨港バス)
  • <川30> 川崎駅行
  • <鶴09> ヨコハマアイランドガーデン行
10・11番のりば
  • 降車専用

その他[編集]

  • 横浜市営地下鉄グリーンライン日吉駅から当駅まで延伸される計画があるが、着工には至っていない。
  • 戦時中、在日朝鮮人が鶴見区には多く住んでいたことから、在日朝鮮人の帰還事業では多くの人々が当駅から旅立っている。4番ホームには時計が設置されており、その下には「贈 皆さんお元気で 朝鮮民主主義人民共和國 鶴見地区帰國者一同」の銘板が飾られている。これは、帰還事業が始まった1959年に帰国者たちが感謝をこめて当駅に寄贈したものである[19]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
JK 京浜東北線
快速・各駅停車
川崎駅 (JK 16) - 鶴見駅 (JK 15) - 新子安駅 (JK 14)
JI 鶴見線
鶴見駅 (JI 01) - *本山停留場 - 国道駅 (JI 02)
*打消線は廃駅
東海道本線貨物支線
(鶴塩線[注釈 1]、定期旅客列車運行なし)
鶴見駅 - 八丁畷駅
(品鶴線)
新川崎駅 - (新鶴見信号場) - 鶴見駅
(羽沢線)
鶴見駅 - 横浜羽沢駅羽沢横浜国大駅 (SO51)
(高島線、定期旅客列車運行なし)
鶴見駅 - 東高島駅
武蔵野線(武蔵野南線、定期旅客列車運行なし)
鶴見駅 - (新鶴見信号場) - 梶ヶ谷貨物ターミナル駅
南武線貨物支線(尻手短絡線、定期旅客列車運行なし)
尻手駅 - (新鶴見信号場) - 鶴見駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 鶴塩線とは、1964年3月25日の浜川崎駅 - 塩浜操車場(現・川崎貨物駅)間の開通および1976年3月1日に浜川崎駅 - 当駅間が開業した時に付けられた通称名で、「」は鶴見駅が由来で、「」は川崎貨物駅の旧称塩浜操車場が由来である[1]。ただし、鶴塩線という通称は、塩浜操車場が川崎貨物駅に改称して以降、あまり使用されなくなった。
  2. ^ a b 東京貨物ターミナル支線とは、東海道貨物線の浜松町駅 - 東京貨物ターミナル駅 - 浜川崎駅 - 八丁畷駅 - 当駅間の総称で、このうち前述の「鶴塩線」と浜松町駅 - 東京貨物ターミナル駅間には「大汐線」(おおしおせん)[1]という通称名もあり、大汐線の「」は、東京貨物ターミナル駅の計画時の名称である「大井貨物駅」(大井埠頭からという説もある)が由来で、「」は当路線のかつての起点駅であった汐留駅が由来である[1]
  3. ^ a b 大人かつきっぷで購入した場合。
  4. ^ 経路上では羽沢横浜国大駅の隣駅にあたる。
  5. ^ 運賃計算の特例の「鶴見、新子安、東神奈川または川崎以遠(蒲田または尻手方面)、国道以遠(鶴見小野方面)もしくは大口以遠(菊名方面)の各駅と羽沢横浜国大駅との各駅相互間[鶴見~横浜、新子安~横浜、東神奈川~横浜、鶴見~武蔵小杉]」に当たり、鶴見 - 横浜間と武蔵小杉 - 鶴見間が往復(重複)乗車となるが、重複分の距離を計算しない特例がある。
  6. ^ 運賃計算の特例には記載がない。鶴見 - 川崎 - 武蔵小杉 - 鶴見間が1周乗車となる。規定上の扱いは不明。
  7. ^ 曜日や時間帯により急行便の運行や経由地の変更などがある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 岩成政和「変貌間近!? 東海道貨物線のあゆみ」『Rail Magazin2018.5 特集 東海道貨物線』第35巻第5号 №416、ネコ・パブリッシング、2021年5月1日、 21 - 22頁。
  2. ^ a b 草町義和「朝ラッシュの「エアボート成田」でたどる 横須賀線-総武線」『鉄道ジャーナル2015年1月号 特集● 関東・関西 快速電車 実力をチェック』第49巻第1号(通巻第579号)、鉄道ジャーナル社、2015年1月1日、 48頁。
  3. ^ 横浜市都市計画マスタープラン(全体構想) (PDF) 平成25年3月発行。編集・発行、横浜市都市整備局企画部企画課。
  4. ^ 上大岡が副都心に選ばれた理由、そして副都心の定義とは?(はまれぽ.com 2012年8月19日)
  5. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  6. ^ 2019年11月 ダイヤ改正について (PDF) (JR東日本)
  7. ^ 「遠い駅」の方が安い? 相鉄・JR直通線の運賃のナゾ”. 鉄道コム・朝日インタラクティブ(2019年11月30日作成). 2019年11月30日閲覧。
  8. ^ 運賃計算の特例:JR東日本” (日本語). JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社. 2020年11月22日閲覧。
  9. ^ 鶴見駅に中距離電車を停めよう!~JR東日本本社へ要望活動に行ってきました~(横浜市)
  10. ^ 明治35年2月5日付官報(第5574号) 逓信省告示第六十一号
  11. ^ 明治43年6月22日付官報(第8099号) 鉄道院告示第五十九号
  12. ^ 大正6年6月16日付官報(第1462号) 鉄道院告示第三十四号
  13. ^ 昭和4年8月16日付官報(第790号) 鉄道省告示第百六十二号
  14. ^ a b c d 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』38号 青梅線・鶴見線・南武線・五日市線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年4月11日、16-17頁。
  15. ^ “京浜東北線 鶴見駅のホームドア使用開始日について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), JR東日本横浜支社, (2018年2月16日), http://www.jreast.co.jp/press/2017/yokohama/20180216_y01.pdf 2018年2月20日閲覧。 
  16. ^ a b ローカルなJR鶴見線の改札とホームが謎の構造だって本当? - [はまれぽ.com 横浜 川崎 湘南 神奈川県の地域情報サイト]”. web.archive.org (2020年7月7日). 2020年7月7日閲覧。
  17. ^ カテゴリから探す|鉄道モバイル” (日本語). www.te2do.jp. 2020年2月11日閲覧。
  18. ^ “駅近ホテルの「JR東日本ホテルメッツ」があなたのオフィス空間に ~STATION WORK会員限定 特別キャンペーン料金1,150 円(税抜)より利用可能~” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道/日本ホテル, (2020年6月15日), https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200615_ho01.pdf 2020年6月15日閲覧。 
  19. ^ 2010年8月18日読売新聞神奈川版

利用状況[編集]

JR東日本の1999年度以降の乗車人員
神奈川県県勢要覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]