国鉄8620形蒸気機関車58654号機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄8620形蒸気機関車 > 国鉄8620形蒸気機関車58654号機
SL人吉に使用される58654号機(2009年4月29日)

58654(8620形蒸気機関車58654号機)は、九州旅客鉄道(JR九州)が動態保存する蒸気機関車で、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道院が製造した8620形蒸気機関車の1両である。

経歴[編集]

現役時代から保存まで[編集]

1922年(大正11年)日立製作所笠戸工場製(製造番号 62)で、同年12月26日に浦上機関庫に配置され、長崎本線で使用された。その後、九州各地を転々としたのち、1949年(昭和24年)6月21日付けで西唐津機関区に転属し、唐津線で使用された。1961年(昭和36年)4月20日には唐津線でお召し列車を牽引している。

1964年(昭和39年)に若松機関区に転属し、筑豊各路線で使用され、1968年(昭和43年)6月1日付けで人吉機関区に転属した。湯前線での使用を最後に1975年(昭和50年)3月31日付けで廃車され、肥薩線矢岳駅前の人吉鉄道記念館人吉市のSL展示館)に展示されることになった。新製から廃車までに走行した距離は300万km余りであった。

保存機からの復元[編集]

九州での蒸気機関車の復活は1987年(昭和62年)7月4日に「1989年の門司港開港100年と九州鉄道100年の記念イベントとして蒸気機関車を復活させよう」という北九州市末吉興一と、JR九州社長石井幸孝との約束に始まったという。同年7月20日に復活が決定し、プロジェクトチームが発足した。

九州に静態保存してある蒸気機関車は当時50両以上あったが、多くは野ざらしで、屋根付で手入れされているものはほとんどなかった。しかし人吉鉄道記念館に保存されていた当機とD51 170は小屋付でボランティアによってきれいに手入れされ、保存状態がきわめてよかった。このうち、少ない経費で復元できる、運転線区に制限を受けない形式である、経済的な性能で取り扱いが容易、という理由で58654が選ばれた。

1987年8月1日の返還要請に対して人吉市の了承が12月11日であったのは、ボランティアへの説得に時間がかかったためだという[1]。58654はそのままでは運べないので、ボイラー、台枠、炭水車に3分し、矢岳駅から小倉工場までトレーラーで搬送し、工場には翌朝到着した。

小倉工場では大がかりな修復が実施されることになる。ボイラーは使用できなくなっていたので新日本製鐵に依頼し、新製された[2]。運転室は鋼板が衰弱していたため新製した。ランボードも劣化が進んでいたため交換されたが、本来使用されていた網目板[3]は製造中止されていたため縞鋼板で代用された。焚き口は煤煙対策と性能向上のため重油併燃装置をとりつけた。炭水車の炭庫下部に重油タンクを取り付けたため、炭水車上部を30cmかさ上げし、水タンク容量も2t増となった。輪軸はそのまま使用した(後に交換)。動輪は摩耗限度に近かったので住友金属工業で新たに製作し交換した。車輪の焼きバメは、1600mmの車輪の焼きバメ装置が小倉工場にはなく、住友金属工業小倉製鉄所で車輪を焼き、保温して小倉工場に持ち込み焼きバメした。除煙板は現役末期・静態保存時は下部切り取り形のいわゆる「門鉄デフ」の中でも板部分の面積の広い特徴ある形態であったが、修復の際に板部分の面積が標準サイズのものと交換された。

新製車両としての法的手続きの確認申請も必要だった。火入れ式は翌1988年(昭和63年)7月2日に行われて構内走行試験をし、21日に小倉工場を出場した。回送は主連棒を取り外し、夜間に無動力回送を行った。翌22日に熊本運転所に到着して整備され、26日に熊本駅 - 吉松駅間の本線試運転を行い、28日から客車を牽引して訓練運転を行った。8月20日にお披露目運転、28日から豊肥本線の「SLあそBOY」、肥薩線の「SL人吉号」として、アメリカ風(ウェスタン調)に改装された50系客車とともに運転開始された。

SLあそBOY」として運用されていたころの58654

再登場当時はほぼ原型であったが、1992年(平成4年)に「SLあそBOY」運転開始5周年を迎え、客車のイメージに合わせて、JR九州のデザイン関係を一手に受け持つ水戸岡鋭治の監修下に濃緑色に塗装され、炭水車の側面にロゴが大書きされるようになった。その後除煙板が取り外され、カウキャッチャーが取り付けられたこともあった。沿線の山林で列車通過後に火災が起きたことから、1994年(平成6年)からは回転火の粉止めを装備し、体裁を整えるためダイヤモンドスタック型の煙突カバーが常用されるようになった。また、ATSもATS-SK形に換装された。(のちに、SK形を強化した、ATS-DK形に再換装されている。)1999年(平成11年)7月18日 - 8月31日の間は特別に「銀河鉄道999号」として運転され、999ヘッドマークが取り付けられたほか、炭水車に「銀河鉄道999」のメーテル・星野鉄郎のイラストが掲示された。2000年(平成12年)からは塗装が黒に戻され、真鍮飾り帯を除く各種装飾や炭水車のロゴが消された。

運用離脱から再復活まで[編集]

しかし、元々古い車両だったために老朽化が進んでいた。2005年(平成17年)の運転開始直前の試運転で軸受に異常発熱が生じ、3月から4月にかけての列車を急遽DE10形ディーゼル機関車牽引として修理を行ったが解消できず、5月から8月の間は後部補機としてディーゼル機関車を連結した状態で運転された。台枠の歪みにより機体のバランスが崩れたために車軸などに負担がかかり、車軸焼けなどを起こすようになっていた。単独での牽引運転が困難となり、修復不可能と判断されたため、8月28日をもってSLあそBOYの運転が休止された。

SLあそBOYの休止に伴う運用離脱後、機関車も一旦静態保存されることとなったが、JR九州としては動態保存の可能性を模索し、除籍を行わなかった。その後の調査により奇跡的にも日立製作所に製造時の図面があることが判明し、また九州新幹線の延伸開業などもあり観光資源として有効活用できるとの判断から、2007年(平成19年)2月21日よりJR九州小倉工場にて修復を実施した[4]。台枠を日本車両で新製、ボイラをサッパボイラで修繕する[5]など約4億円を投じて蒸気機関車や客車等を修復した。

2009年(平成21年)4月25日より熊本駅 - 人吉駅間で運転が開始された。列車名は運転休止前に同区間を運行していた際の名称から「号」を省いた「SL人吉」とされた。

2010年(平成22年)時点において、車籍を有し、営業路線上を営業運行できる蒸気機関車では、日本で最も古い[6][7]

臨時列車としての運転記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ボランティアがかつて自ら乗務をしかつ廃車後も手入れをし愛着があった為であったとされている
  2. ^ 現在動態保存されているSLのボイラとしては一番新しい
  3. ^ 初期の8620形のランボードは平板。中期から滑り防止として網目板を採用した。
  4. ^ 九州旅客鉄道のニュースリリース・平成19年1月22日より
  5. ^ 読売新聞の平成19年7月13日記事より
  6. ^ 車籍なしであれば博物館明治村12号機は本機よりさらに車齢で50年近く上回る。
  7. ^ もっとも58654の場合、機関車の主体を為すボイラーが1988年、台枠が2008年にそれぞれ新規に作り直された特異な事例で、1922年製機関車としての履歴を維持し続けた結果「テセウスの船」状態になっているとも言える。

外部リンク[編集]