玉来駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
玉来駅
駅舎
駅舎
たまらい - Tamarai
豊後荻 (9.7km)
(3.1km) 豊後竹田
所在地 大分県竹田市大字玉来[1]
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 豊肥本線
キロ程 84.9km(熊本起点)
電報略号 ライ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
17人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1925年大正14年)11月30日[2]
備考 無人駅[1]
テンプレートを表示

玉来駅
配線図

豊後荻駅

STR
STR+BSl
STR+BSl BUILDING
STR+BSl
STR+BSl
STR
STR

豊後竹田駅

玉来駅(たまらいえき)は、大分県竹田市大字玉来にある、九州旅客鉄道(JR九州)豊肥本線である[1]

歴史[編集]

昭和30年代までは貨物の取り扱いで栄え[4]3番線まであったが、1962年(昭和37年)1月に営林署が閉鎖されると貨物取扱量が急減した[3]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅無人駅である[1]。駅舎は1993年の移転時に新築したもので、日本10大稲荷である扇森稲荷神社をモチーフに社務所風にした木造平屋建てのものとなっており、駅舎には待合室とトイレが併設されている[5]

利用状況[編集]

  • 2012年度の1日平均乗車人員は17人(前年度比-3人)である。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 17
2001 14
2002 15
2003 10
2004 8
2005 7
2006 14
2007 17
2008 17
2009 17
2010 13
2011 20
2012 17

駅周辺[編集]

駅前には僅かな民家があり、駅前の県道を400mほど進むと市街地(玉来地区)が広がっている[1]

周辺施設[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
豊肥本線
特急「九州横断特急
通過
普通
豊後荻駅 - 玉来駅 - 豊後竹田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『週刊 JR全駅・全車両基地』38号 大分駅・由布院駅・田主丸駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年5月12日、25頁。
  2. ^ a b c d e f 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』27号・豊肥本線/久大本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月24日、14-15頁。
  3. ^ a b c 荘田啓介 『豊肥線物語』 大分合同新聞社1987年2月、264-265・314頁。
  4. ^ 昭和26年の営業収入は旅客497万円に対して、貨物1250万円であった[3]
  5. ^ a b c “玉来駅 県道改良に伴い隣接地に移転”. 大分合同新聞 (大分合同新聞社): p. 12(朝刊)<県南・豊肥>. (1993年3月2日) 
  6. ^ “豊肥線388日ぶり全線運転再開”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (2013年8月14日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 玉来駅(駅情報) - 九州旅客鉄道