唐津鉄道事業部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
唐津鉄道事業部
基本情報
鉄道事業者 九州旅客鉄道
帰属組織 本社鉄道事業本部
所属略号 本カラ
配置両数
電車 72両
気動車 17両
合計 89両
備考 2018年4月現在のデータ
テンプレートを表示

唐津鉄道事業部(からつてつどうじぎょうぶ)は、佐賀県唐津市西唐津駅構内にある九州旅客鉄道(JR九州)の事業部の一つであり、本社鉄道事業本部の直轄[1]

管轄路線[編集]

※管轄境界駅については、唐津鉄道事業部が管理を担当する駅を記載している。

歴史[編集]

唐津運輸センター[編集]

唐津鉄道事業部唐津運輸センター(からつてつどうじぎょうぶからつうんゆセンター)は、唐津線西唐津駅付近にある九州旅客鉄道(JR九州)本社管轄の乗務員基地である。佐賀県唐津市西唐津1丁目6162番2号に所在する。

唐津車両センター[編集]

唐津鉄道事業部唐津車両センター(からつてつどうじぎょうぶからつしゃりょうセンター)は、唐津線西唐津駅付近にある九州旅客鉄道(JR九州)本社管轄の車両基地である。

配置車両の車体に記される略号[編集]

本カラ」:本社を意味する「本」と、唐津の電報略号「カラ」から構成される。なお、北部九州地域本社管轄時代は「北カラ」(「北」は北部九州地域本社を意味する)であった。

配置車両[編集]

以下は、2018年4月1日現在の配置車両である[4][5]

電車[編集]

福岡市地下鉄空港線筑肥線姪浜 - 唐津間)、唐津線(唐津 - 西唐津間)の快速普通列車で運用されている。全車両が当センターにのみ配置されており、編成番号には他区所のような区所略号はない。

  • 103系電車(E編成)
    • 1500番台の3両編成6本(E11 - 14, 17, 18)の計18両が配置されている。3両編成のうち1本は保留車。
  • 303系電車(K編成)
    • 6両編成3本(K01 - 03)、計18両が配置されている。
  • 305系電車(W編成)
    • 6両編成6本(W1 - 6)、計36両が配置されている[6]

気動車[編集]

唐津線筑肥線山本 - 伊万里間)の普通列車で運用される車両が配置されている。

  • キハ47形気動車
    • 0番台の2両(128・136)、1000番台の1両(1127)、8000番台の5両(8062・8121・8132・8134・8157)と、9000番台の1両(9126)の計9両が配置されている。このうち、8000・9000番台車は機関換装施工済み車両である。
  • キハ125形気動車
    • 0番台の8両(2-9)が配置されている。


脚注[編集]

  1. ^ KYUSHU RAILWAY COMPANY 2011 会社案内 - 組織図 - 九州旅客鉄道公式サイト、2011年12月23日閲覧。
  2. ^ “JR7社14年のあゆみ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 9. (2001年4月2日) 
  3. ^ a b 『JR気動車客車編成表2012』 交通新聞社 2012年
  4. ^ 交友社鉄道ファン』2018年7月号 「JR旅客会社の車両配置表」
  5. ^ ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2018夏 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2018年、p.222-223。ISBN 9784330884189
  6. ^ “JR九州、筑肥線の新型305系電車を公開”. 佐賀新聞. (2015年1月9日). http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/143591 2015年2月15日閲覧。 

関連項目[編集]