鹿児島新幹線運輸センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鹿児島新幹線運輸センター(かごしましんかんせんうんゆセンター)は、かつて鹿児島県鹿児島市武にあった九州旅客鉄道(JR九州)新幹線鉄道事業部運転士車掌が所属していた乗務員区所である。

2004年に九州新幹線が新八代〜鹿児島中央で部分開業した際は、運転士・車掌はここで到着・出場点呼を受けていた。2011年3月12日に博多〜新八代の開通により全線開業してからは、のちに設立された博多新幹線乗務所に統合され、当センターは廃止となった。

乗務範囲[編集]

歴史[編集]

  • 2004年平成16年):鹿児島新幹線運輸センターとして発足。
  • 2011年(平成23年):全線開業に伴い博多新幹線乗務所に統合され廃止。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]