小倉運転区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小倉運転区(こくらうんてんく)は、福岡県北九州市小倉北区にある九州旅客鉄道(JR九州)本社鉄道事業本部所属の運転士が所属する組織である。

1977年(昭和52年)8月に門司港運転区小倉支区として発足したのが始まりで[1]、1984年(昭和54年)2月に門司港機関区と統合されて小倉運転区となった[1]

2001年に一旦は北部九州地域本社の管轄となったが、2010年より再度本社直轄に戻っている。

2013年に門司港運転区廃止により、同区の運転士が小倉運転区に配置替えとなっている。

乗務範囲[編集]

国鉄分割民営化時の乗務範囲は以下の通り[1]

電気機関車[編集]

電車[編集]

気動車[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 鉄道ジャーナル』第21巻第14号、鉄道ジャーナル社、1987年12月、 56頁。