宮地駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮地駅
駅舎(2007年2月4日)
駅舎(2007年2月4日)
みやじ - Miyaji
いこいの村 (2.2km)
(10.7km) 波野
所在地 熊本県阿蘇市一の宮町宮地[1]
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 豊肥本線
キロ程 53.4km(熊本起点)
電報略号 ミヤ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
414人/日(降車客含まず)
-2005年-
開業年月日 1918年大正7年)1月25日[2]
備考 直営駅
テンプレートを表示

宮地駅(みやじえき)は、熊本県阿蘇市一の宮町宮地にある、九州旅客鉄道(JR九州)豊肥本線である[1]

概要[ソースを編集]

豊肥本線の運行上の拠点となる駅で、当駅を経由する旅客全列車が停車する。

普通列車は双方向とも大半の列車が当駅で折り返しとなる。特急列車は「あそぼーい!」が当駅始発・終着で運行される。肥後大津駅熊本駅方面の列車は比較的多いが、当駅 - 豊後竹田駅間の普通列車は県境の山間地帯を挟むこともあり、1日5往復と本数が極端に少なくなる[3]

歴史[ソースを編集]

駅と阿蘇五岳(仙酔峡方角)(1928年以前に撮影)


かつては構内に宮地機関区が存在しており、現存する転車台がその遺構である。

駅構造[ソースを編集]


宮地駅
配線図

いこいの村駅

2 1


STR
STRrg ABZrf
STR+BSl BUE BUILDING
←構内踏切/駅舎
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr
STRlf ABZlg
STR

波野駅

島式ホーム1面2線を有する地上駅[1]。駅舎とホームは構内踏切で連絡している。自動券売機が設置されている。車両基地所在駅で夜間滞泊が設定されている[1]。構内には引込み線のほか転車台があり当駅折返しの「SLあそBOY」牽引の蒸気機関車が方向転換の為に使用されていた[1]1943年(昭和18年)11月竣工の駅舎は当駅至近に存在する阿蘇神社に因み社を模したものとなっている[1]。駅舎内には待合エリアや事務室のほか、熊本寄りの部屋に「豊肥本線災害復旧資料館」が設けられ、平成24年7月九州北部豪雨で被災した坂の上トンネル(当駅~波野駅間)の流出レールや崩落擁壁の実物、復旧工事の記録写真、説明用パネルやポスターが展示されている。

直営駅。かつてはマルスを有していたが、現在はPOS端末を有する。当駅では直接指定券の発売はできないが、「九州横断特急」程度の指定券であればPOS端末を通して発売される。

のりば[ソースを編集]

1・2 豊肥本線 (上り) 肥後大津熊本方面
(下り) 豊後竹田大分方面

駅周辺[ソースを編集]

駅前風景

駅前駐車場脇には産交バスの宮地駅前バス停がある。

道路
官公庁
教育施設
その他

隣の駅[ソースを編集]

九州旅客鉄道
豊肥本線
特急「九州横断特急
阿蘇駅 - 宮地駅 - 豊後荻駅
普通
いこいの村駅 - 宮地駅 - 波野駅

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 『週刊 JR全駅・全車両基地』38号 大分駅・由布院駅・田主丸駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年5月12日、24頁。
  2. ^ a b c d e f g 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』27号・豊肥本線/久大本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月24日、14-15頁。
  3. ^ これとは別に、早朝に豊後荻駅発豊後竹田駅行きの普通列車が1本あるが、当駅からは豊後荻駅までタクシーや自動車を使わなければ利用は事実上不可能である。
  4. ^ 『「SL甲組」の肖像 vol.2 p.94』ネコ・パブリッシング
  5. ^ 『「SL甲組」の肖像 vol.2 p.86』ネコ・パブリッシング

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

  • 宮地駅(駅情報) - 九州旅客鉄道