別府駅 (大分県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
別府駅
東口(海岸口)広場(2007年3月)
東口(海岸口)広場(2007年3月)
べっぷ - Beppu
別府大学 (3.8km)
(2.0km) 東別府
所在地 大分県別府市駅前町12-13
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 120.8km(小倉起点)
電報略号 ヘフ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
人/年[1]人/日(降車客含まず)
-2013年[1]-
乗降人員
-統計年度-
降車人員:人/年[1]人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1911年明治44年)7月16日[2][3]
備考 直営駅
みどりの窓口
中央改札口
構内

別府駅(べっぷえき)は、大分県別府市駅前町にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である。

概要[編集]

別府温泉として全国的に知られる別府市の代表駅で全列車が停車する。特急「ゆふ」、「ゆふいんの森」、「九州横断特急」が当駅始発・終着で運転されている。

2003年2004年に「ソニック」と「にちりん」の系統分割が行われた際、「にちりん」はほとんどの列車が当駅始発・終着となり、当駅は大分駅と共に「ソニック」と「にちりん」の接続駅として位置づけられたが、2009年以降「にちりん」は大分駅発着への変更が進み、2012年3月17日のダイヤ改正によって当駅始発・終着の「にちりん」の設定はなくなった。

直営駅であるが、南改札口はJR九州子会社の別府ステーションセンターへの業務委託である。みどりの窓口が設置されており、中央口のみ自動改札機が導入されている。自動放送・楽チャリ設置駅である。駅構内に別府外国人観光客案内所ビジット・ジャパン案内所)がある。

ICカードSUGOCAの発売も行っており、各ホーム1か所ずつにICカードチャージ機とICカード専用自由席特急券売機が設置されている[要出典]

歴史[編集]

別府駅開業記念式典

なお、1929年(昭和4年)5月に北浜から別府駅前まで大分交通別大線路面電車が開通したが[9]1956年(昭和31年)10月から軌道撤去工事を行った[10]

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線と留置線2線を有する高架駅である。留置線2線は2本の島式ホームの間に設置されており、亀川駅まで回送される一部の間合いの長い列車を除く当駅発着列車の留置に主に使用される。現ホーム完工時は日豊本線の無煙化前であり、また夜行列車も数多く運転されていたため、2013年にホームの嵩上げを伴う大規模改装が実施されるまでホームに洗面台や鏡が設置されていた[要出典]

駅本屋は1966年(昭和41年)に高架化とともに完工した2代目のものである。数度のリニューアル工事が行われており、2005年(平成17年)4月に構内外と北側専門店街が改装され、現在の外観となっている[要出典]

2001年からしばらくの間、415系2編成が保留されていた[要出典]

のりば[編集]

のりば
1 特急「ソニック 大分行(一部、佐伯行)
特急「にちりん・にちりんシーガイア 大分延岡宮崎方面
日豊本線 大分・臼杵・佐伯方面
2 特急「ゆふいんの森 由布院日田博多方面
日豊本線(特急待避する列車) 大分・臼杵・佐伯方面
3 特急「九州横断特急 豊後竹田熊本人吉方面
特急「ゆふ」 由布院・日田・博多方面
日豊本線(特急待避する列車) 杵築柳ヶ浦方面
4 特急「ソニック」「にちりん・にちりんシーガイア」 小倉博多方面
日豊本線 杵築・柳ヶ浦・中津方面

改札口[編集]

  • 中央改札口 - 片方専用が2列、両方が2列の計4列の自動改札機と精算所を兼ねた有人通路が1列ある。駅営業時間中は常時利用できる[要出典]
  • 南改札口 - 有人通路とIC乗車券のカードリーダー及び自動発券機1台がある。駅ナカのBIS南館の営業時間(10時 - 20時)中に利用できる[要出典]

商業施設など[編集]

駅内高架下中央改札横に観光案内所がある。また商業施設としては、南側にマルミヤストア別府駅店[注釈 1]明林堂書店JR別府駅店を核店舗とする南名店街「BIS南館」および「別府駅市場」、北側にはヤマダ電機別府駅前店が核店舗の北名店街「B-Passage」という商店街があり、食料品店や衣料品店の他に土産物屋やペット温泉なども存在する。 なお南名店街については、南改札口と直結している他に構内と接続する通路がないため、中央改札付近から南名店街へ移動する際には一度駅コンコースから出る必要がある。また、ヤマダ電機別府駅前店は別府駅に隣接する別の建物である[要出典]

ヤマダ電機、駐車場、駐輪場が入居する北駅ビルのみJR九州の直接管理であるが[要出典]、商業床のB-Passage, 北名店街、BIS南館専門店街、駅市場商店街、駅ビル駐車場などはJR九州の子会社で亀の井バスなども出資する「別府ステーションセンター」が管理・運営をしている。1967年(昭和42年)の開業時には「日本一の長さの高架下商店街」と言われていた[14]現在でも営業店舗数は100店以上、延べ売場面積は1万m²を超えており、1988年、2005年、2012年など複数回に亘って駐車場や駐輪場が増設・再整備されたこともあり多くの買い物客で賑わう[要出典]

駅名案内[編集]

以前は、到着放送での駅名案内のアクセントが特徴的であった。「ぷ」にアクセントが付き、「別府〜 別府〜 別府〜 ご乗車ありがとうございました。別府、別府です」と、歌っているように聞こえていた。現在の新しいタイプの放送でも、駅名を通常より1回多く言う。[要出典]

駅弁[編集]

  • 山海三昧 (寿し由) - 湯布院牛や豊後水道産の魚をネタにした握りずし弁当で[15]2015年(平成27年)3月6日の「第11回九州駅弁グランプリ決勝大会」で第1位になった[16]
  • たみこの夢弁当 (TAKEYA)
  • 豊後山香牛めし(山香の郷竜笑顔)
  • 豊後赤どり弁当(由府両築)
  • 黒毛和牛弁当(由府両築)
  • ふるさと弁当大分づくし(寿本舗)
  • かあちゃんのまくべんとう(寿本舗)
  • 杜里物語(学食)
  • おおいた古里弁当(学食)
  • とり天弁当(学食)
  • とりめしおにぎり(学食)

ほか

一部時間帯は学食によるホーム立ち売りがある。なお、以前からの駅弁業者「梅の家」は2007年(平成19年)11月に撤退している[要出典]

利用状況[編集]

1965年(昭和40年)度には乗車人員が2,302,967人(定期外:1,458,849人、定期:844,118人)、降車人員が2,415,141人で、手荷物(発送:22,002個、到着:22,964個)や小荷物(発送:92,500個、到着:169,880個)も取り扱っていた[17]

2013年(平成25年)度の乗車人員は2,047,372人(定期外:972,968人、定期:1,074,404人)、降車人員は2,040,305人である[1]

※1日平均乗車人員の数値は各年度版「大分県統計年鑑」による年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。


年度 年間
乗車人員
定期外
乗車人員
定期
乗車人員
一日平均
乗車人員*
年間
降車人員
出典
1965年(昭和40年) 2,302,967 1,458,849 844,118 - 2,415,141 [17]
- - - - - - -
1990年(平成2年) 2,439,104 1,490,342 948,762 - 2,326,617 [18]
1991年(平成3年) 2,575,691 1,583,846 991,845 - 2,516,200 [19]
1992年(平成4年) 2,612,235 1,601,583 1,010,652 - 2,541,730 [20]
1993年(平成5年) 2,523,667 1,540,676 982,991 - 2,499,238 [21]
1994年(平成6年) 2,469,533 1,494,677 974,856 - 2,468,071 [22]
1995年(平成7年) 2,450,133 1,475,266 974,867 - 2,483,343 [23]
1996年(平成8年) 2,387,410 1,398,989 988,421 - 2,391,932 [24]
1997年(平成9年) 2,239,754 1,301,193 938,561 - 2,237,013 [25]
1998年(平成10年) 2,170,652 1,248,845 921,807 - 2,164,506 [26]
1999年(平成11年) 2,072,479 1,167,955 904,524 - 2,069,014 [27]
2000年(平成12年) 2,031,542 1,145,323 886,219 5,566 2,007,136 [28]
2001年(平成13年) 2,025,172 1,120,060 905,112 5,548 2,021,230 [29]
2002年(平成14年) 2,004,093 1,102,418 901,675 5,491 1,992,486 [30]
2003年(平成15年) 1,993,394 1,063,271 930,123 5,461 1,986,477 [31]
2004年(平成16年) 1,964,405 1,042,823 921,582 5,382 1,952,738 [32]
2005年(平成17年) 1,989,672 1,057,083 932,589 5,451 1,980,321 [33]
2006年(平成18年) 2,017,287 1,043,206 974,081 5,527 2,017,667 [34]
2007年(平成19年) 2,013,228 1,036,482 976,746 5,501 2,016,071 [35]
2008年(平成20年) 2,029,630 1,025,710 1,003,920 5,561 2,034,517 [36]
2009年(平成21年) 1,909,772 930,979 978,793 5,232 1,909,964 [37][注釈 2]
2010年(平成22年) 1,921,558 924,627 996,931 5,265 1,911,753 [39][注釈 2]
2011年(平成23年) 1,964,919 939,275 1,025,644 5,369 1,948,374 [40][注釈 2]
2012年(平成24年) 1,986,444 933,519 1,052,925 5,442 1,972,411 [41][注釈 2]
2013年(平成25年) 2,047,372 972,968 1,074,404 2,040,305 [1][注釈 2]
  • * 一日平均乗車人員は年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。

駅周辺[編集]

別府駅周辺を俯瞰。中央左に駅西口(山手口)が見える
別府ステーションセンター (B-Passage)
東口(海岸口)

駅周辺は別府温泉を中心に数々の温泉施設が存在する。旅館ホテルなどの宿泊施設も多い。また、別府市の中心部で各行政機関などが集中する。

別府ステーションセンター[編集]

東口[編集]

駅前[編集]

駅前通り周辺[編集]

  • 別府ステーションホテル
  • 駅前高等温泉
  • 別府駅前クリニックビル
  • ホテルアーサー
  • ホテルアークイン松美
  • 伊予銀行別府支店
  • 大分みらい信用金庫本店
  • 弥生銀天街(ほっとストリートやよい天狗通り)
  • 春日温泉
  • 海門寺温泉、海門寺、海門寺公園
  • 国際通りソルパセオ銀座商店街

国道10号周辺[編集]

  • 別府タワー
  • 野上本館
  • 波止場神社
  • 平野資料館
  • 竹瓦温泉
  • ホテルニューツルタ
  • ホテルエール
  • 北浜公園
  • 北浜マリーナ
  • 北浜ヨットハーバー
  • 花菱ホテル
  • ホテル大福
  • ホテル雄飛
  • 西鉄リゾートイン別府
  • 別府ホテル清風
  • 天空湯房清海荘
  • ホテル好楽
  • ホテルニュー松実
  • ホテル白鷺
  • ゆわいの宿竹乃井
  • 夢ホテルかくすい苑
  • ホテル三泉閣
  • 別府本願寺
  • くつろぎの宿山田別荘
  • ホテル臨海
  • シーサイドホテル美松
  • 悠彩の宿望海
  • ホテルふじ
  • 的ヶ浜公園
  • 別府国際観光港(約2 km北。バス約10分)

流川通り周辺[編集]

西口[編集]

西口(山手口)駅舎
西口(山手口)

駅前周辺[編集]

  • フジヨシホテル
  • 別府第一ホテル
  • ビジネスホテルスター
  • ビジネスホテル花月
  • 旅館ほり井
  • 田の湯温泉
  • 天理教大分教務支庁

青山通り周辺[編集]

  • 陶板レリーフ(岡本太郎作)
  • 別府松本記念児童図書館
  • 日本ナザレン教会別府キリスト教会
  • 別府年金事務所
  • つるみ荘
  • JR九州の宿べっぷ荘
  • ホテル白菊
  • ハローワーク別府
  • 別府公園
  • 別府市役所南部出張所
  • 宮地嶽神社
  • 別府市営青山団地
  • 別府市立青山小学校

流川通り周辺[編集]

その他[編集]

かつての「新別府駅」構想[編集]

1952年(昭和27年)に市内新港町に別府駅を全面移転させる構想が発表されたが、現・別府駅周辺住民の反対などから立ち消えになった。

その後は規模を縮小して新別府駅(仮称)を作る計画も存在したが、1987年(昭和62年)には約1.5 kmほど小倉寄りに別府大学駅が開業したため、現在は駅を設置する可能性は極めて低いと思われる[誰によって?]

「新別府駅」の名前は、旧・新駅の予定地附近を走る市道「新別府駅明礬線」(通称:観光港大通り)にも見ることができる。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
普通
別府大学駅 - 別府駅 - 東別府駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2012年(平成24年)11月にダイエー別府店跡に出店[11]。ダイエー別府店は1967年(昭和42年)9月に丸栄別府店として開業し[12]、ユニード別府店となった後[13]、ユニードとダイエーの合併により1994年(平成6年)からダイエー別府店となった[13]
  2. ^ a b c d e 大分県統計協会が廃止されてウェブ上で公開[38]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 平成26年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2015年3月10日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  2. ^ a b 『大分県史 近代編 3』 大分県、1987年。
  3. ^ a b 『別府市誌 市制施行六十周年記念』 別府市、1989年3月。
  4. ^ 『朝日年鑑 1967年版』 朝日新聞社、1967年2月15日。
  5. ^ 富来隆 『大分の歴史 第9巻 戦争から繁栄へ』 大分合同新聞社、1979年4月20日。
  6. ^ 『都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC都道府県別・政令指定都市別・市町村SC一覧 2013年12月末時点』 日本ショッピングセンター協会. (2014年1月)
  7. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  8. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  9. ^ 平凡社 地方資料センター 『日本歴史地名大系 45 大分県の地名』 平凡社、1995年2月。
  10. ^ 『大分交通 40年のあゆみ 前身会社より通算89周年』 大分交通、1985年4月。
  11. ^ “ダイエー別府店跡、マルミヤストアが出店”. 大分合同新聞 (大分合同新聞社). (2012年7月20日)
  12. ^ “ダイエー別府店が来年3月末閉店へ、跡地利用は白紙”. 読売新聞 (読売新聞社). (2011年11月12日)
  13. ^ a b “ダイエー 別府店を来春閉店”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2011年11月12日)
  14. ^ 朝日新聞社編『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線36 日豊本線』朝日新聞出版、2010年。
  15. ^ 中村清雅(2015年2月27日). “九州駅弁グランプリ:地区予選 県代表に「盆地物語」 都城・せとやま弁当製造”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  16. ^ 遠山和宏(2015年3月7日). “九州駅弁グランプリ:九州一うまい駅弁は? 大分の「山海三昧」に 地産地消、評価され”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  17. ^ a b 大分県総務部統計課 『昭和41年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1966年3月。
  18. ^ 大分県総務部統計課 『平成3年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1991年12月31日。
  19. ^ 大分県総務部統計課 『平成4年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1992年12月31日。
  20. ^ 大分県総務部統計課 『平成5年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1994年3月31日。
  21. ^ 大分県総務部統計課 『平成6年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1995年3月31日。
  22. ^ 大分県総務部統計課 『平成7年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1996年3月31日。
  23. ^ 大分県総務部統計課 『平成8年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1997年3月31日。
  24. ^ 大分県総務部統計課 『平成9年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1998年3月31日。
  25. ^ 大分県総務部統計課 『平成10年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1999年3月31日。
  26. ^ 大分県総務部統計課 『平成11年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2000年3月31日。
  27. ^ 大分県総務部統計課 『平成12年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2001年3月31日。
  28. ^ 大分県総務部統計課 『平成13年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2002年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  29. ^ 大分県総務部統計課 『平成14年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2003年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  30. ^ 大分県総務部統計課 『平成15年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2004年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  31. ^ 大分県総務部統計課 『平成16年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2005年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  32. ^ 大分県総務部統計課 『平成17年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2006年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  33. ^ 大分県総務部統計課 『平成18年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  34. ^ 大分県総務部統計課 『平成19年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 130 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  35. ^ 大分県総務部統計課 『平成20年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2009年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  36. ^ 大分県総務部統計課 『平成21年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2010年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  37. ^ 平成22年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 129.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年2月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  38. ^ 池端真理 『全国都道府県統計協会刊行の統計資料調査について』 地域総合研究 第38巻 第2号 (鹿児島国際大学地域総合研究所) (2011年)
  39. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  40. ^ 平成24年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2013年8月5日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  41. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]