暘谷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
暘谷駅
駅舎(2016年6月)
駅舎(2016年6月)
ようこく
Yōkoku
日出 (1.2km)
(2.9km) 豊後豊岡
所在地 大分県速見郡日出町字佐尾[1]
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 108.4km(小倉起点)
電報略号 コク
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
794人/日(降車客含まず)
-2013年[2]-
開業年月日 1987年昭和62年)3月9日[3]
備考 業務委託駅[4]
テンプレートを表示
旧駅舎(2008年7月18日)

暘谷駅(ようこくえき)は、大分県速見郡日出町字佐尾にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の設備を有する地上駅[1]JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅[4]

日出町の暘谷駅周辺地区都市再生整備計画により、2016年に暘谷駅は東側へ約100m移設された。移設に伴い、ホームのかさ上げを行って車両との段差を解消、南北自由通路を併設した駅舎と駅前広場、駅前駐車場などが整備され、駅南北にロータリーが建設された[11]。また、これに合わせてケーズデンキ横の旧大分県立日出高等学校のグラウンド跡地[12]に複合商業施設が建設され、2015年6月1日BiVi日出としてオープンした。

駅舎には、日出町内にあるハーモニーランドに因んで、サンリオキャラクターがデザインされている[13]

利用状況[編集]

1986年(昭和61年)度には乗車人員が2,991人(定期外:325人、定期:2,666人)で降車人員が3,204人[14]1987年(昭和62年)度には乗車人員が177,645人(定期外:15,124人、定期:162,521人)で降車人員が171,777人であった[15]。2013年(平成25年)度の乗車人員は289,656人(定期外:77,512人、定期:212,144人)、降車人員は290,227人である[2]

特急列車は全て通過するが、1日約半数の特急が停車する宇佐駅柳ヶ浦駅より乗降客数は多い。

年度 年間
乗車人員
定期外
乗車人員
定期
乗車人員
一日平均
乗車人員*
年間
降車人員
出典
1986年(昭和61年) 2,991 325 2,666 - 3,204 [14]
1987年(昭和62年) 177,645 15,124 162,521 - 171,777 [15]
- - - - - - -
1990年(平成2年) 233,750 19,381 214,369 - 238,636 [16]
1991年(平成3年) 284,685 61,626 223,059 - 264,848 [17]
1992年(平成4年) 323,842 84,793 239,049 - 321,399 [18]
1993年(平成5年) 334,807 95,344 239,463 - 333,903 [19]
1994年(平成6年) 340,498 94,621 245,877 - 344,064 [20]
1995年(平成7年) 362,110 103,764 258,346 - 367,453 [21]
1996年(平成8年) 353,909 101,489 252,420 - 358,769 [22]
1997年(平成9年) 286,632 94,336 192,296 - 292,032 [23]
1998年(平成10年) 246,651 89,274 157,377 - 251,433 [24]
1999年(平成11年) 251,000 91,046 159,954 - 249,511 [25]
2000年(平成12年) 263,477 91,065 172,412 722 265,782 [26]
2001年(平成13年) 274,439 92,647 181,792 752 274,186 [27]
2002年(平成14年) 270,315 90,616 179,699 741 273,165 [28]
2003年(平成15年) 280,655 89,578 191,077 769 281,643 [29]
2004年(平成16年) 274,494 87,074 187,420 752 275,186 [30]
2005年(平成17年) 280,474 85,386 195,088 768 282,306 [31]
2006年(平成18年) 284,254 84,638 199,616 779 285,031 [32]
2007年(平成19年) 282,960 82,919 200,041 773 284,837 [33]
2008年(平成20年) 294,870 82,089 212,781 808 296,129 [34]
2009年(平成21年) 293,980 75,090 218,890 805 297,288 [35][注釈 2]
2010年(平成22年) 288,695 73,408 215,287 791 290,831 [37][注釈 2]
2011年(平成23年) 282,394 73,417 208,977 772 284,468 [38][注釈 2]
2012年(平成24年) 281,996 76,266 205,730 773 281,952 [39][注釈 2]
2013年(平成25年) 289,656 77,512 212,144 794 290,227 [2][注釈 2]

※1日平均乗車人員の数値は各年度版「大分県統計年鑑」による年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。

駅周辺[編集]

駅前は日出町の中心地で金融機関も概ね揃う。

官公庁・公共施設[編集]

  • 日出町役場
  • 日出郵便局
  • 日出町営体育館
  • 日出町柔剣道場

教育機関[編集]

商業施設・ホテル[編集]

名所・旧跡[編集]

交通[編集]

バス路線[編集]

2016年10月1日に、暘谷駅前停留所が暘谷駅構内に移設されるとともに、ハーモニーランド線の起終点が日出駅から暘谷駅に変更された[40]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
日出駅 - 暘谷駅 - 豊後豊岡駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 開業時1,300人ほどだった乗降客数が1,800人に増加したため有人駅とした[6]
  2. ^ a b c d e 大分県統計協会が廃止されてウェブ上で公開[36]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『週刊 JR全駅・全車両基地』38号 大分駅・由布院駅・田主丸駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年5月12日、27頁。
  2. ^ a b c 平成26年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2015年3月10日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  3. ^ a b c 『交通年鑑 昭和63年版』交通協力会、1988年3月。
  4. ^ a b 大分支店内各駅”. JR九州鉄道営業. 2016年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月17日閲覧。
  5. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  6. ^ a b “暘谷駅舎が完成、駅員も配置 乗降客の増加で”. 大分合同新聞(朝刊) (大分合同新聞社): p. 21. (1992年5月2日) 
  7. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2012年12月4日) 
  8. ^ 暘谷駅が移転 新駅舎完成 読売新聞(YOMIURI ONLINE)、2016年5月18日
  9. ^ 踏切通らず移動 暘谷駅の自由通路と駅舎完成 - ウェイバックマシン(2016年4月22日アーカイブ分) 大分合同新聞、2016年4月18日
  10. ^ 日出町:暘谷駅と城址の整備完成 記念式典/大分 毎日新聞、2016年8月20日
  11. ^ 社会資本総合整備計画について 日出町
  12. ^ 校舎は北側ケーズデンキの敷地部分。
  13. ^ ハーモニーランドがある大分県日出町のJR暘谷駅がキュートにリニューアル! ハローキティが一日駅長に就任しました! ハーモニーランドのプレスリリース(PR TIMES)、2016年8月22日
  14. ^ a b 大分県総務部統計課『昭和62年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、1988年12月28日。
  15. ^ a b 大分県総務部統計課『平成元年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、1989年12月28日。
  16. ^ 大分県総務部統計課『平成3年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、1991年12月31日。
  17. ^ 大分県総務部統計課『平成4年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、1992年12月31日。
  18. ^ 大分県総務部統計課『平成5年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、1994年3月31日。
  19. ^ 大分県総務部統計課『平成6年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、1995年3月31日。
  20. ^ 大分県総務部統計課『平成7年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、1996年3月31日。
  21. ^ 大分県総務部統計課『平成8年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、1997年3月31日。
  22. ^ 大分県総務部統計課『平成9年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、1998年3月31日。
  23. ^ 大分県総務部統計課『平成10年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、1999年3月31日。
  24. ^ 大分県総務部統計課『平成11年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、2000年3月31日。
  25. ^ 大分県総務部統計課『平成12年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、2001年3月31日。
  26. ^ 大分県総務部統計課『平成13年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、2002年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物)(ウェブ版XLS
  27. ^ 大分県総務部統計課『平成14年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、2003年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物)(ウェブ版XLS
  28. ^ 大分県総務部統計課『平成15年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、2004年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物)(ウェブ版XLS
  29. ^ 大分県総務部統計課『平成16年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、2005年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物)(ウェブ版XLS
  30. ^ 大分県総務部統計課『平成17年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、2006年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物)(ウェブ版XLS
  31. ^ 大分県総務部統計課『平成18年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物)(ウェブ版XLS
  32. ^ 大分県総務部統計課『平成19年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 130 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物)(ウェブ版XLS
  33. ^ 大分県総務部統計課『平成20年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、2009年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物)(ウェブ版XLS
  34. ^ 大分県総務部統計課『平成21年版 大分県統計年鑑』大分県統計協会、2010年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物)(ウェブ版XLS
  35. ^ 平成22年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 129.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年2月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  36. ^ 池端真理『全国都道府県統計協会刊行の統計資料調査について』地域総合研究 第38巻 第2号(鹿児島国際大学地域総合研究所)2011年
  37. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  38. ^ 平成24年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2013年8月5日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  39. ^ 平成25年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2014年3月10日”. 大分県総務部統計課. 2016年8月20日閲覧。
  40. ^ ダイヤ改正の実施、及び一部バス停の移設について (PDF) 大分交通、2016年9月27日
  41. ^ a b c 路線図 暘谷駅起点 (PDF) 大分交通

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 暘谷駅(駅情報) - 九州旅客鉄道