南霧島信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南霧島信号場
みなみきりしま
Minami-Kirishima
霧島神宮 (4.5km)
(8.2km) 国分
所在地 鹿児島県霧島市床波
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 423.9km(小倉起点)
電報略号 ミキ
駅構造 地上
ホーム 2線
開業年月日 1966年(昭和41年)10月1日
テンプレートを表示

南霧島信号場(みなみきりしましんごうじょう)は、鹿児島県霧島市床波にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線信号場である。

門石信号場楠ヶ丘信号場より、1年遅れて腹付け線増して設置された。

構造[編集]

2線を有する単線行き違い型の信号場である。上下方共に両開き分岐器となっている。徳浦信号場と同様、分岐部の近くにはトンネルがある。

周辺[編集]

周辺は完全に山間に囲まれている。ちなみに最寄のバス停は霧島ふれあい循環バス上春山バス停であるが当バス停からは約1キロ以上離れている、さらに構内までは舗装はされているが完全な山道で道幅も狭い。数年前までは構内の広場に車両も乗り入れが可能だったが現在は入口は鎖で施錠されている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
霧島神宮駅 - 南霧島信号場 - 国分駅
※当信号場を挟む両駅間の距離(営業キロ)は 12.7km で、2013年12月1日現在、JR九州管内の在来線で最長となっている。

関連項目[編集]