宮崎神宮駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮崎神宮駅*
鳥居を模した駅入口(2009年5月5日)
鳥居を模した駅入口(2009年5月5日)
みやざきじんぐう
Miyazakijingū
蓮ヶ池 (2.7km)
(2.5km) 宮崎
所在地 宮崎県宮崎市花ケ島町[1]
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 337.4km(小倉起点)
電報略号 ミウ
ハナ(花ヶ島駅時代)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
507人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1913年大正2年)12月15日[1]
備考 無人駅[1](自動券売機 有)
* 1954年に花ヶ島駅から改称[1]
テンプレートを表示
ホーム全景(2011年8月24日)
ホームから見た待避線(3番線、4番線)
ホームから宮崎駅方面を望む

宮崎神宮駅(みやざきじんぐうえき)は、宮崎県宮崎市花ケ島町にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である[1]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線と留置線2線を有する地上駅[1]で、留置線は海側に設置されており、宮崎駅発着の列車が折返し整備を行うために使用されている。跨線橋は無く、1番線のレールを踏み越える構内踏切式である。

1925年に竣工した2代目駅舎は、宮崎神宮を模した木造建築で、赤の銅版屋根と朱に塗られた柱などの神宮との調和が考慮されたデザインだった。この風情ある駅舎は、2007年2月末より解体工事が開始され、3月上旬には完了。跡地には鳥居を模した駅名表示板[1]と自転車置き場が設置され、待合室と自動券売機がホーム上屋に設置された。

無人駅[1]だが、自動券売機(ICカード非対応)が設置されている。

IC乗車カードSUGOCA」の利用が可能(相互利用可能ICカードはSUGOCAの項を参照)で(相互利用可能ICカードはSUGOCAの項を参照)、簡易SUGOCA改札機が設置されている。SUGOCAの販売、およびチャージの取り扱いは行っていない。

利用状況[編集]

  • 2014年度の1日平均乗車人員は507人である。
年度 1日平均
乗車人数
1999年 248
2000年 246
2001年 249
2002年 242
2003年 306
2004年 345
2005年 349
2006年 328
2007年 344
2008年 387
2009年 402
2010年 420
2011年 476
2012年 495
2013年 528
2014年 507

駅周辺[編集]

文化[編集]

公共[編集]

教育[編集]

小中学校
高等学校
大学

その他[編集]

歴史[編集]

旧駅舎(2003年9月7日)
ホームから見た旧駅舎(2007年1月29日)

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
蓮ヶ池駅 - 宮崎神宮駅 - 宮崎駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『週刊 JR全駅・全車両基地』44号 宮崎駅・都城駅・志布志駅ほか80駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年6月23日、24頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]