高鍋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高鍋駅
駅舎(2005年)バスは宮崎交通
駅舎(2005年)バスは宮崎交通
たかなべ
Takanabe
川南 (8.0km)
(6.4km) 日向新富
所在地 宮崎県児湯郡高鍋町大字蚊口浦6211[1][2]
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 313.6km(小倉起点)
電報略号 ナへ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
799人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1920年大正9年)9月11日[1]
備考 業務委託駅
みどりの窓口[1]
テンプレートを表示

高鍋駅(たかなべえき)は、宮崎県児湯郡高鍋町大字蚊口浦にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である[1][2]事務管コードは▲920565[3]

高鍋町の中心駅で全列車が停車する。早朝・夜間に普通列車の一部が当駅で宮崎方面に折り返す。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅[1]で、跨線橋を備える。1947年に建てられた木造モルタル造りの駅舎を有する[1]。ホームには『彗星』や『富士』の号車表示が残る。以前は近くの酒造会社(宝酒造)への引き込み線が存在した。

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、みどりの窓口が設置されている[1][2]

利用状況[編集]

2016年(平成28年)度の1日平均乗車人員799人である[4]

年度 1日平均
乗車人員
1997年 1,041
1998年 1,021
1999年 1,043
2000年 1,033
2001年 974
2002年 909
2003年 889
2004年 926
2005年 954
2006年 936
2007年 921
2008年 896
2009年 868
2010年 842
2011年 857
2012年 866
2013年 909
2014年 860
2015年 844
2016年 799

駅周辺[編集]

町域東端部の海岸近くに位置する。町の中心市街地からは約2km離れており、当駅と中心市街地を結ぶ道路として県道311号線が西側に延びる。駅前に宮崎交通の高鍋駅前バス停があるが本数は少ない。

  • 小丸川 - 当駅の北側に河口があり、日豊本線は河口の近くを橋梁で越える。小丸川橋梁は撮影名所として有名。
  • 蚊口浜
  • 高鍋古墳
  • 南九州化学工業
  • 高鍋駅前郵便局
  • 高鍋保健所
  • 高鍋年金事務所
  • 宮崎県立高鍋高等学校 - 当駅から1km以上離れている国道10号の西側。

バス[編集]

  • 高鍋駅
    • 高鍋バスセンター行
    • 西都バスセンター行
    • 都農行
    • 茶臼原方面 西都バスセンター行

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
川南駅 - 高鍋駅 - 日向新富駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 『週刊 JR全駅・全車両基地』44号 宮崎駅・都城駅・志布志駅ほか80駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年6月23日、23頁。
  2. ^ a b c 鹿児島支店内各駅”. JR九州鉄道営業. 2016年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月24日閲覧。
  3. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  4. ^ 駅別乗車人員上位300駅(平成28年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道 (2017年7月31日). 2017年8月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 高鍋駅(駅情報) - 九州旅客鉄道