川南駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川南駅
駅舎
駅舎
かわみなみ
Kawaminami
都農 (6.9km)
(8.0km) 高鍋
所在地 宮崎県児湯郡川南町大字平田[1]
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 305.6km(小倉起点)
電報略号 ワミ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
291人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1921年大正10年)6月11日[2]
備考 簡易委託駅[3]
テンプレートを表示
駅舎内

川南駅(かわみなみえき)は、宮崎県児湯郡川南町大字平田にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅[1]。コミュニティーセンターとの合築駅舎をもつ[1]

児湯鉄道サービス[注釈 1]という地元企業に切符販売を委託する簡易委託駅となっている[3]

2012年2月に跨線橋が撤去され、遮断機付き構内踏切(車いす対応スロープ付き)が新設された[7]

かつては当駅で寝台特急富士の上下列車交換が行われていた。

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員は以下の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1996年 268
1997年 250
1998年 272
1999年 277
2000年 271
2001年 257
2002年 234
2003年 249
2004年 243
2005年 224
2006年 224
2007年 242
2008年 262
2009年 243
2010年 240
2011年 259
2012年 278
2013年 319
2014年 311
2015年 291

駅周辺[編集]

川南町内唯一の駅だが川南の市街からは3km離れており、連絡バスが発着している[1]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
都農駅 - 川南駅 - 高鍋駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 児湯郡川南町平田4603-3の児湯鉄道サービスは2013年平成25年)4月1日付で社会保険の全喪事業所となった[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『週刊 JR全駅・全車両基地』44号 宮崎駅・都城駅・志布志駅ほか80駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年6月23日、23頁。
  2. ^ a b c d 『川南町史』 川南町、1983年11月。
  3. ^ a b “車窓の風景花満開/JR川南駅”. 宮崎日日新聞 (宮崎日日新聞社): p. 21(朝刊). (2007年4月27日) 
  4. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  5. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  6. ^ 『全喪事業所一覧表(厚生年金保険と協会けんぽ管掌の健康保険)』 日本年金機構、2013年12月24日 。
  7. ^ 川南町の玄関口「川南駅」 - 川南町役場 公式Facebook

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 川南駅(駅情報) - 九州旅客鉄道