豊後豊岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊後豊岡駅*
Kyushu Railway - Bungo-Toyooka Station - 01.JPG
駅舎(2008年8月)
ぶんごとよおか
Bungo-Toyooka
暘谷 (2.9 km)
(3.6 km) 亀川
所在地 大分県速見郡日出町大字豊岡[1]
北緯33度21分43.04秒 東経131度30分4.85秒 / 北緯33.3619556度 東経131.5013472度 / 33.3619556; 131.5013472
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 111.3 km(小倉起点)
電報略号 フト
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
329人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 1911年明治44年)7月16日[2]
備考 簡易委託駅
* 1940年に頭成駅から改称[3][4]。同時に現在地に移転[1]
テンプレートを表示

豊後豊岡駅(ぶんごとよおかえき)は、大分県速見郡日出町大字豊岡にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅[1]。互いのホームは跨線橋で連絡している[1]別府湾に近くホームや跨線橋から海を眺めることができる[10]2020年には、当駅のホームと海を収めた写真が「青春18きっぷ」のポスターに採用されている[11][12]

かつてはJR九州鉄道営業(現在のJR九州サービスサポート)が駅業務を行う業務委託駅であったが、2014年7月1日をもって駅員の配置がなくなり無人駅となった[13]。しかし、2016年4月1日より日出町が駅出札・改札の一部業務を行う形で、平日7時-13時のみ再度有人化された[9]

ICカードSUGOCAは出入場とチャージのみ対応[14]

のりば
のりば 路線 方向 行先
1 日豊本線 上り 中津小倉方面
2 日豊本線 下り 別府大分方面

利用状況[編集]

1965年度(昭和40年度)には乗車人員が157,905人(定期外:18,657人、定期:139,248人)、降車人員が151,633人で、手荷物(発送:261個、到着:84個)や小荷物(発送:2,998個、到着:750個)も取り扱っていた[15]

2015年度(平成27年度)の乗車人員は157,787人(定期外:36,464人、定期:121,323人)、降車人員は154,029人である[16]

周辺には日出、辻間団地があり、特に朝は送迎の車でひしめき合う。

※1日平均乗車人員の数値は各年度版「大分県統計年鑑」による年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。

年度 年間
乗車人員
定期外
乗車人員
定期
乗車人員
一日平均
乗車人員
年間
降車人員
出典
1965年(昭和40年) 157,905 18,657 139,248 - 151,633 [15]
- - - - - - -
1990年(平成2年) 184,305 55,351 128,954 - 194,492 [17]
1991年(平成3年) 207,868 69,676 138,192 - 211,544 [18]
1992年(平成4年) 207,994 68,107 139,887 - 215,689 [19]
1993年(平成5年) 214,350 71,426 142,924 - 219,984 [20]
1994年(平成6年) 220,074 71,217 148,857 - 225,501 [21]
1995年(平成7年) 225,049 69,548 155,501 - 231,772 [22]
1996年(平成8年) 220,928 66,852 154,076 - 229,209 [23]
1997年(平成9年) 209,123 60,507 148,616 - 213,916 [24]
1998年(平成10年) 211,120 59,387 151,733 - 214,669 [25]
1999年(平成11年) 204,560 57,741 146,819 - 208,544 [26]
2000年(平成12年) 191,162 54,010 137,152 524 196,189 [27]
2001年(平成13年) 181,898 54,348 127,550 498 182,843 [28]
2002年(平成14年) 181,424 50,522 130,902 497 182,450 [29]
2003年(平成15年) 175,806 48,171 127,635 482 177,034 [30]
2004年(平成16年) 174,849 46,980 127,869 479 175,559 [31]
2005年(平成17年) 175,167 45,058 130,109 480 178,155 [32]
2006年(平成18年) 168,657 44,978 123,679 462 171,967 [33]
2007年(平成19年) 163,390 44,727 118,663 446 166,003 [34]
2008年(平成20年) 157,617 44,147 113,470 432 157,921 [35]
2009年(平成21年) 155,218 40,166 115,052 425 155,970 [36][注釈 1]
2010年(平成22年) 153,189 38,544 114,645 420 153,697 [38][注釈 1]
2011年(平成23年) 157,278 39,765 117,513 430 157,165 [39][注釈 1]
2012年(平成24年) 158,093 39,358 118,735 433 158,959 [40][注釈 1]
2013年(平成25年) 159,121 37,510 121,611 436 160,688 [41][注釈 1]
2014年(平成26年) 156,119 34,661 121,458 428 153,364 [42][注釈 1]
2015年(平成27年) 157,787 36,464 121,323 431 154,029 [16][注釈 1]
2016年(平成28年) - - - 418 - [43]
2017年(平成29年) - - - 401 - [44]
2018年(平成30年) - - - 397 - [45]
2019年(令和元年) - - - 374 - [46]
2020年(令和02年) - - - 329 - [47]

駅周辺[編集]

(大分交通豊岡駅口バス停)

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道(JR九州)
日豊本線
暘谷駅 - 豊後豊岡駅 - 亀川駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g 大分県統計協会が廃止されてウェブ上で公開[37]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『週刊 JR全駅・全車両基地』38号 大分駅・由布院駅・田主丸駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年5月12日、27頁。
  2. ^ a b 『大分県史 近代編 2』 大分県、1986年。
  3. ^ a b 『九州の鉄道100年記念誌 鉄輪の轟き』 九州鉄道百年祭実行委員会・百年史編纂部会、九州旅客鉄道、1988年、初版、220頁。
  4. ^ a b 「鉄道省告示第199号」「運輸省告示第161号」『官報』1940年7月20日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ a b 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  6. ^ 運輸政策研究機構 『日本国有鉄道民営化に至る15年』 成山堂書店、2000年7月28日。ISBN 978-4-425-30181-2
  7. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  8. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2012年12月4日) 
  9. ^ a b c JR日出駅、豊後豊岡駅の運営体制が変わります (PDF) 」 『広報ひじ』2016年4月号No.503、日出町役場、2016年4月、 15頁。
  10. ^ “別府湾の夕暮れと木造駅舎のノスタルジア 大分県・豊後豊岡駅”. 朝日新聞デジタルマガジン&[and]. (2021年9月20日). オリジナルの2021年9月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210920095010/https://www.asahi.com/and/article/20210920/408957855/ 
  11. ^ “日出町のJR豊後豊岡駅、青春18きっぷのポスターに”. 大分合同新聞. (2020年12月7日). オリジナルの2020年12月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201207091420/https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/12/07/JD0059805328 
  12. ^ 青春18きっぷのポスターに豊後豊岡駅が採用されました!”. 日出町 (2021年1月5日). 2021年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月23日閲覧。
  13. ^ JR九州大分支社”. JR九州大分支社. 2014年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月3日閲覧。
  14. ^ SUGOCA 利用可能エリア 九州旅客鉄道、平成28年3月26日時点(2016年10月5日閲覧)。
  15. ^ a b 大分県総務部統計課 『昭和41年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1966年3月。
  16. ^ a b 平成28年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物)”. 大分県総務部統計課 (2017年3月30日). 2017年8月3日閲覧。
  17. ^ 大分県総務部統計課 『平成3年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1991年12月31日。
  18. ^ 大分県総務部統計課 『平成4年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1992年12月31日。
  19. ^ 大分県総務部統計課 『平成5年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1994年3月31日。
  20. ^ 大分県総務部統計課 『平成6年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1995年3月31日。
  21. ^ 大分県総務部統計課 『平成7年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1996年3月31日。
  22. ^ 大分県総務部統計課 『平成8年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1997年3月31日。
  23. ^ 大分県総務部統計課 『平成9年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1998年3月31日。
  24. ^ 大分県総務部統計課 『平成10年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1999年3月31日。
  25. ^ 大分県総務部統計課 『平成11年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2000年3月31日。
  26. ^ 大分県総務部統計課 『平成12年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2001年3月31日。
  27. ^ 大分県総務部統計課 『平成13年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2002年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  28. ^ 大分県総務部統計課 『平成14年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2003年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  29. ^ 大分県総務部統計課 『平成15年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2004年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  30. ^ 大分県総務部統計課 『平成16年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2005年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  31. ^ 大分県総務部統計課 『平成17年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2006年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  32. ^ 大分県総務部統計課 『平成18年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  33. ^ 大分県総務部統計課 『平成19年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 130 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  34. ^ 大分県総務部統計課 『平成20年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2009年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  35. ^ 大分県総務部統計課 『平成21年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2010年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  36. ^ 平成22年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 129.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年2月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  37. ^ 池端真理「全国都道府県統計協会刊行の統計資料調査について」『地域総合研究』第38巻第2号、鹿児島国際大学地域総合研究所、2011年3月、 67-69頁。
  38. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  39. ^ 平成24年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2013年8月5日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  40. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  41. ^ 平成26年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2015年3月10日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  42. ^ 平成27年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2016年3月29日”. 大分県総務部統計課. 2017年8月3日閲覧。
  43. ^ 駅別乗車人員上位300駅(平成28年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道 (2017年7月31日). 2017年8月2日閲覧。
  44. ^ 駅別乗車人員上位300駅(平成29年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2019年6月8日閲覧。
  45. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2018年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2019年7月28日閲覧。
  46. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2019年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2020年12月25日閲覧。
  47. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2020年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2021年9月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]