新田原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新田原駅
Shindenbaru Station 2006.jpg
駅舎(2006年8月)
しんでんばる
Shindembaru
南行橋 (3.4 km)
(3.7 km) 築城
所在地 福岡県行橋市大字道場寺[1]1589
北緯33度41分43.91秒 東経131度0分29.38秒 / 北緯33.6955306度 東経131.0081611度 / 33.6955306; 131.0081611
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 30.2 km(小倉起点)
電報略号 シル
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線[1]
乗車人員
-統計年度-
670人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 1897年明治30年)9月25日[1][2]
備考 無人駅
テンプレートを表示

新田原駅(しんでんばるえき)は、福岡県行橋市大字道場寺にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である[1]

行橋市南部の住宅地域に存在し、北九州の通勤通学圏内にあり[1]、ラッシュ時を中心に小倉方面への利用客が多い。当駅発着の列車もある。また、隣接するみやこ町豊津地区の最寄駅でもあるため、この地域の住民も利用する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

ホーム(奥は築城方面)

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

2番乗り場からは日中毎時1本小倉方面への折返し列車があり朝夕を含め多数運行されている[1]。駅本屋は鉄筋コンクリート[1]

無人駅。かつてはJR九州鉄道営業が駅業務を遂行する業務委託駅で、みどりの窓口が設置されていた[1]。2011年に利用停止となったJR九州のプリペイドカードワイワイカードは当駅まで利用可能であった。自動改札機が設置されており、2009年導入のSUGOCA利用可能駅である。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1 日豊本線 下り 中津柳ケ浦宇佐方面[11]  
2・3 上り 行橋小倉門司港方面 / 下関方面[11] 2番のりばは待避・始発

利用状況[編集]

2020年度の乗車人員は670人/日である[12]

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
2010年 2,820
2016年 982
2017年 963[13]
2018年 909[14]
2019年 874[15]
2020年 670[12]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

太陽交通JR新田原駅バス停(駅前の国道10号上)

その他[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道(JR九州)
日豊本線
快速
通過
普通
南行橋駅 - 新田原駅 - 築城駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 『週刊JR全駅・全車両基地』第07号、朝日新聞出版、2012年9月23日、 24頁。
  2. ^ a b c d 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、750頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  3. ^ a b 弓削信夫 『福岡県JR全駅』葦書房、1993年10月15日、197-198頁。ISBN 4751205293 
  4. ^ 鉄輪、p.57。
  5. ^ 鉄輪、p.65。
  6. ^ “日豊本線新田原駅の改築が完成”. 交通新聞 (交通協力会): p. 1. (1980年4月11日) 
  7. ^ 鉄輪、p.181。
  8. ^ “10駅に「みどりの窓口」設置へ JR九州”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1989年3月5日) 
  9. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2009年3月3日) 
  10. ^ a b “駅体制の見直しについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2021年12月23日), オリジナルの2021年12月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20211223064144/https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2021/12/23/211223_ekitaisei_minaoshi.pdf 2021年12月24日閲覧。 
  11. ^ a b 新田原駅 時刻表(JR九州)”. 九州旅客鉄道. 2022年12月28日閲覧。
  12. ^ a b 駅別乗車人員上位300駅(2020年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2021年9月8日閲覧。
  13. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2017年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2019年3月10日閲覧。
  14. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2018年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2019年7月27日閲覧。
  15. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2019年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2020年12月24日閲覧。
  16. ^ 新田原駅の駅名標のローマ字が訂正される”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2019年1月18日). 2019年1月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • 九州鉄道百年祭実行委員会・百年史編纂部会 編(日本語) 『九州の鉄道100年記念誌 鉄輪の轟き』(初版)九州旅客鉄道、1988年。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]