杵築駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
杵築駅
駅舎
駅舎
きつき - Kitsuki
中山香 (8.8km)
(4.1km) 大神
所在地 大分県杵築市大字八坂野添1987
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 99.2km(小倉起点)
電報略号 ツキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
286,379人/年[1]人/日(降車客含まず)
-2013年[1]-
乗降人員
-統計年度-
降車人員:292,687人/年[1]人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1911年明治44年)3月22日</ref>[注釈 1]
備考 直営駅
みどりの窓口

杵築駅(きつきえき)は、大分県杵築市大字八坂野添にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線

当駅から日出駅までが単線区間である。特急は「にちりん」「にちりんシーガイア」と「ソニック」のそれぞれ一部が停車する。また、大分方面からの一部普通列車が当駅で折返す。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。かつて大分交通国東線が接続されていた時代、跨線橋で国東線ホームとつながっており、運ばれてきたみかんを当駅で積み替えていたので多数の貨車が停留していた。

2009年(平成21年)3月14日のダイヤ改正まで運転されていた寝台特急「富士」が特急「ソニック」通過待ちのため停車(ただし、ドアは開けず乗客の乗り降りは扱わない)していた。

2011年(平成23年)3月11日まで運転されていた夜行列車の「ドリームにちりん」のうち下りのみ停車していた。

直営駅みどりの窓口があり、待合室にはキヨスクもある。
ICカードSUGOCAを自動券売機、窓口にて購入できる
[要出典]

のりば[編集]

1・2 日豊本線 (上り) 宇佐中津行橋小倉博多方面
(下り) 別府大分方面
3 日豊本線 (下り) 別府・大分・宮崎方面

なお、便宜上1・2番のりばを同じ枠で表記しているが、1・2番のりばは同一ホームではないので注意されたい。

利用状況[編集]

1965年(昭和40年)度には乗車人員が554,363人(定期外:135,180人、定期:419,183人)、降車人員が561,785人で、手荷物(発送:2,246個、到着:1,610個)や小荷物(発送:10,162個、到着:3,677個)も取り扱っていた[9]

2013年(平成25年)度の乗車人員は286,379人(定期外:89,502人、定期:196,877人)、降車人員は292,687人である[1]

※1日平均乗車人員の数値は各年度版「大分県統計年鑑」による年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。


年度 年間
乗車人員
定期外
乗車人員
定期
乗車人員
一日平均
乗車人員*
年間
降車人員
出典
1965年(昭和40年) 554,363 135,180 419,183 - 561,785 [9]
- - - - - - -
1990年(平成2年) 357,407 162,293 195,114 - 346,532 [10]
1991年(平成3年) 388,089 191,785 196,304 - 378,529 [11]
1992年(平成4年) 385,408 178,927 206,481 - 393,884 [12]
1993年(平成5年) 385,984 176,766 209,218 - 396,147 [13]
1994年(平成6年) 404,874 177,566 227,308 - 417,752 [14]
1995年(平成7年) 382,204 160,625 221,579 - 390,970 [15]
1996年(平成8年) 384,843 156,903 227,940 - 387,018 [16]
1997年(平成9年) 358,162 150,334 207,828 - 365,136 [17]
1998年(平成10年) 351,025 147,558 203,467 - 356,515 [18]
1999年(平成11年) 338,049 139,312 198,737 - 348,404 [19]
2000年(平成12年) 348,016 134,425 213,591 953 359,609 [20]
2001年(平成13年) 350,589 124,442 226,147 961 360,068 [21]
2002年(平成14年) 352,218 114,908 237,310 965 358,770 [22]
2003年(平成15年) 344,413 114,443 229,970 941 351,993 [23]
2004年(平成16年) 320,421 109,661 210,760 878 325,305 [24]
2005年(平成17年) 315,138 104,086 211,052 863 323,956 [25]
2006年(平成18年) 310,223 97,089 213,134 850 324,232 [26]
2007年(平成19年) 306,078 103,451 202,627 836 311,460 [27]
2008年(平成20年) 308,968 102,080 206,888 846 318,162 [28]
2009年(平成21年) 299,806 88,420 211,386 821 307,881 [29][注釈 3]
2010年(平成22年) 280,975 85,646 195,329 770 287,221 [31][注釈 3]
2011年(平成23年) 279,938 86,894 193,044 765 284,968 [32][注釈 3]
2012年(平成24年) 271,997 87,088 184,909 745 279,242 [33][注釈 3]
2013年(平成25年) 286,379 89,502 196,877 292,687 [1][注釈 3]
  • * 一日平均乗車人員は年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。

駅周辺[編集]

  • 大分空港道路
  • 八坂郵便局
  • 阿蘇神社(蘇の字は、魚と禾の位置が入れ替わった異体字を用いることが多い)
  • 大分県立杵築高等学校
  • 杵築市立八坂小学校
  • 八坂幼稚園
  • JA杵築市八坂支所
  • ジェイエイフーズおおいた

バス路線[編集]

杵築市中心部へは大分交通国東観光バスが路線バスを運行している。

  • 中平・杵築バスターミナル・大分空港・国東方面
  • 新道・杵築市役所・杵築バスターミナル方面
  • 赤松・ハーモニーランド・日出方面

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
中山香駅 - 杵築駅 - 大神駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 豊州線の中山香駅-日出駅間が1911年明治44年)3月22日に開通し[2]、開業[3]
  2. ^ 日豊本線の中山香駅 - 大川司信号場間の複線化は1977年(昭和52年)10月19日に完成している[6]
  3. ^ a b c d e 大分県統計協会が廃止されてウェブ上で公開[30]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 平成26年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2015年3月10日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  2. ^ a b c 大木孝 『土木社会史年表』 日刊工業新聞社、1988年11月。ISBN 978-4526024443
  3. ^ 『大分県史 近代編 3』 大分県、1987年。
  4. ^ 渡辺澄夫 『大分の歴史(10) 地誌・民俗・年表』 大分合同新聞社、1977年11月15日。
  5. ^ 『交通年鑑 昭和42年版』 交通協力会、1967年。
  6. ^ a b 運輸政策研究機構 『日本国有鉄道民営化に至る15年』 成山堂書店、2000年7月28日。ISBN 978-4-425-30181-2
  7. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  8. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  9. ^ a b 大分県総務部統計課 『昭和41年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1966年3月。
  10. ^ 大分県総務部統計課 『平成3年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1991年12月31日。
  11. ^ 大分県総務部統計課 『平成4年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1992年12月31日。
  12. ^ 大分県総務部統計課 『平成5年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1994年3月31日。
  13. ^ 大分県総務部統計課 『平成6年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1995年3月31日。
  14. ^ 大分県総務部統計課 『平成7年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1996年3月31日。
  15. ^ 大分県総務部統計課 『平成8年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1997年3月31日。
  16. ^ 大分県総務部統計課 『平成9年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1998年3月31日。
  17. ^ 大分県総務部統計課 『平成10年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1999年3月31日。
  18. ^ 大分県総務部統計課 『平成11年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2000年3月31日。
  19. ^ 大分県総務部統計課 『平成12年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2001年3月31日。
  20. ^ 大分県総務部統計課 『平成13年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2002年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  21. ^ 大分県総務部統計課 『平成14年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2003年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  22. ^ 大分県総務部統計課 『平成15年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2004年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  23. ^ 大分県総務部統計課 『平成16年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2005年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  24. ^ 大分県総務部統計課 『平成17年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2006年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  25. ^ 大分県総務部統計課 『平成18年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  26. ^ 大分県総務部統計課 『平成19年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 130 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  27. ^ 大分県総務部統計課 『平成20年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2009年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  28. ^ 大分県総務部統計課 『平成21年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2010年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  29. ^ 平成22年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 129.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年2月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  30. ^ 池端真理 『全国都道府県統計協会刊行の統計資料調査について』 地域総合研究 第38巻 第2号 (鹿児島国際大学地域総合研究所) (2011年)
  31. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  32. ^ 平成24年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2013年8月5日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  33. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 杵築駅(駅情報) - 九州旅客鉄道