この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

にちりん (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
にちりん
にちりんシーガイア
JR kyushu type783 nichirin-seagaia beppu 1.jpg
783系「にちりんシーガイア」(2007年3月 別府駅)
概要
種類 特別急行列車
現況 運行中
地域 福岡県の旗 福岡県大分県の旗 大分県宮崎県の旗 宮崎県
運行開始 1968年10月1日
運営者 JR logo (kyushu).svg 九州旅客鉄道(JR九州)
旧運営者 Japanese National Railway logo.svg 日本国有鉄道(国鉄)
路線
起点 にちりん小倉駅大分駅中津駅
にちりんシーガイア博多駅
終点 にちりん宮崎駅南宮崎駅宮崎空港駅中津駅
にちりんシーガイア宮崎空港駅
※宮崎駅 - 宮崎空港駅間は乗車券のみで普通車自由席に乗車可能。ただし種別上はこの区間も特急として扱われる。
使用路線 JR九州:鹿児島本線日豊本線日南線宮崎空港線
技術
車両 787系電車大分車両センター南福岡車両区
783系電車(南福岡車両区)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 交流20,000 V・60 Hz
テンプレートを表示


にちりんは、九州旅客鉄道(JR九州)が小倉駅大分駅 - 宮崎駅南宮崎駅宮崎空港駅間および中津駅 - 大分駅間を、日豊本線日南線宮崎空港線経由で運行する特急列車である。

本項では「にちりん」の派生系統で、博多駅 - 宮崎空港駅間を鹿児島本線・日豊本線・日南線・宮崎空港線経由で運行する特急「にちりんシーガイア」、および同じく「にちりん」の派生系統でかつて運行されていた夜行特急「ドリームにちりん」を含めた日豊本線で運行されていた優等列車の沿革についても記述する。

概要

特急「にちりん」は、1968年10月1日に博多駅 - 西鹿児島駅(現在の鹿児島中央駅)間を日豊本線経由で運行していた同名の急行列車を特急に格上げする形で運行を開始した。当時の日豊本線は幸崎駅以南が非電化であったためキハ80系気動車が使用された。その後、1972年に博多駅 - 大分駅間に485系電車を充当して1往復増発され、1974年4月25日に南宮崎駅まで電化が延長されたのを受けて485系充当の列車は宮崎駅まで延長された。

1975年3月10日のダイヤ改正では、「にちりん」は同日全線開業した山陽新幹線と小倉駅で接続する列車として位置づけられ、従来関西方面と日豊本線を直通していた特急「みどり」の九州内区間を編入する(「みどり」は翌年佐世保線の特急として列車名復活)などして8往復に増発され、同時にエル特急の指定を受けた。1979年に日豊本線の電化が完了し、翌年には気動車による運転を終了した。1982年11月15日のダイヤ改正では、夜行列車を除く日豊本線の優等列車が「にちりん」に統一された。

国鉄分割民営化以降は増発と大分駅発着列車を中心に新型車両の投入が進み、1993年頃までに博多駅 - 大分駅間と博多駅 - 南宮崎駅(西鹿児島駅)間がそれぞれ1時間あたり1本ずつの運行にほぼ統一された。この間下関駅門司港駅発着の列車が設定された時期もあったが、博多駅発着への統一化に伴い前者は1992年3月13日、後者は1997年3月21日をもってそれぞれ廃止された。

1995年4月20日に宮崎駅 - 西鹿児島駅間が「きりしま」として、1997年3月18日に博多駅 - 大分駅間の列車が「ソニック」として系統分割され、「にちりん」は博多駅 - 南宮崎駅・宮崎空港駅間の列車となったが、この頃から九州自動車道の全通により福岡市宮崎市を結ぶ高速バスフェニックス号」が大幅に時間短縮された影響で「にちりん」は特に大分駅 - 延岡駅間での利用不振が目立つようになっていた。そのため、2000年3月11日に「にちりん」は大分駅 - 延岡駅を廃止、博多駅 - 大分駅間は「ソニック」に編入、延岡駅 - 宮崎駅間は「ひゅうが」として系統分割する形で大幅に本数が削減された。

その後、「にちりん」の本数自体は2000年3月10日以前の水準に回復していったが、2001年3月3日に小倉駅発着、2003年3月15日・2004年3月13日に別府駅発着に短縮された。2009年以降はさらに別府駅から大分駅発着への変更が進み、2012年3月17日に大分駅発着に統一された。このようにして、「にちりん」は従来の福岡県大分県宮崎県間の輸送、および山陽新幹線接続の役割から、大分県・宮崎県間の輸送、および宮崎空港へのアクセスへと役割を移していった(ただし「ソニック」と大分駅での接続の利便性を図ることで、従来の役割も一部残されている)。

特急「にちりんシーガイア」は1993年3月18日に「にちりん」の南宮崎駅発着列車のうち2往復に787系電車を投入した際に与えられた別愛称であるが、当初から「にちりん」と共通の号数が与えられている。列車名は、同年に開業した宮崎市のリゾート施設、シーガイアに因んでいる。2000年3月11日に783系電車での運行となり、翌2001年3月3日には「にちりん」が小倉駅発着に変更されて一部列車が783系での運行になったことから(このとき「にちりんシーガイア」は1往復に削減されたが、2011年3月12日に上り1本が増発された)、以降は博多駅に乗り入れる「にちりん」としての意味合いが強くなっている。

なお、「にちりんシーガイア」の設定と同時に夜行急行「日南」を特急に格上げした列車が「ドリームにちりん」である。2009年3月14日以降はJR九州管内を運行する唯一の定期夜行列車となっていたが、利用率低迷もあって2011年3月10日の出発分をもって廃止された。これをもって、座席車のみを連結した定期夜行列車は全廃された。

2016年3月26日のダイヤ改正に伴い、中央本線特急しなの」運行区間の内、利用が低迷していた大阪駅発着の列車が廃止され、「にちりんシーガイア」が在来線定期昼行特急列車最長距離となった[1][2][3]

2017年3月4日より、4両編成のうち5往復がワンマン運転に変更された[4]

列車名の由来

列車名の由来は、太陽を表す「日輪」を平仮名にしたものである。

「にちりん」の名称自体は、博多駅・門司港駅 - 西鹿児島駅間(日豊本線経由)および博多駅 - 熊本駅間(日豊本線・豊肥本線経由)で運行していた急行「ひかり」が、「ひかり」の愛称を東海道新幹線超特急に使用するのに伴い列車名の変更を余儀なくされ、1964年10月1日から西鹿児島駅発着編成を「にちりん」とした列車が最初である。この「にちりん」は翌年の9月30日に廃止されるが、1965年3月25日に博多駅 - 西鹿児島駅間を運行する急行列車として列車名が復活し、上記の通り1968年に特急に昇格した。

運行概況

「にちりん」は下り13本・上り12本、「にちりんシーガイア」は下り1本・上り2本が運行され、中津駅 - 大分駅間の「にちりん101・102号」を除いて「にちりん」「にちりんシーガイア」に通しの番号が振られ、1 - 26号が与えられている。列車番号は+5000され、5001M-5026Mになる。なお、101・102号については5091M・5092Mとなる。

1 - 26号については、「にちりん」は3号が小倉発宮崎空港行き、6号が宮崎発大分行き、2・4・21・23・25号が大分駅 - 南宮崎駅間、その他の列車は大分駅 - 宮崎空港駅間で運行されている。「にちりんシーガイア」には7・20・24号が与えられ、全列車博多駅 - 宮崎空港駅間で運行されている。このうち3・24号は2003年3月15日・2004年3月13日に「にちりん」が別府駅発着に短縮されてからも2008年3月14日まで1往復のみ小倉駅発着で残っていた列車で(この時点では上りは26号が該当)、翌15日のダイヤ改正で小倉駅 - 大分駅間がいったん「ソニック」として分割された後、2011年3月12日のダイヤ改正で再統合したものである。その際、上りは「ソニック」への分割時に博多行きに延長していたのをそのまま引き継いだため列車名が「にちりんシーガイア」に変更され、「にちりん」・「にちりんシーガイア」とも上下の本数に差異が生じることになった。「にちりん」のうち1・3・26・101・102号以外の列車は、大分駅で「ソニック」と接続し、博多・小倉方面からの直通需要にも配慮されている。特急料金の乗り継ぎ料金制度により、別府駅または大分駅で改札を出ないで「にちりん」と「ソニック」を乗り継ぐ場合は、通しの料金で乗車することができるため、駅や車内での案内も「ソニック&にちりん」(あるいはその逆)と記されている。(制度については後述)

繁忙期には小倉駅 - 大分駅間で臨時特急が運行されるが、このうち783系・787系で運行される場合は「にちりん8X号・9X号」として、臨時増発されるソニックと通し番号で運行される。2011年度ダイヤまでは別府駅・大分駅発着の定期列車を延長する形でも運行されていた。2015年まで運行されていた485系が充当された場合は、グリーン車なしの編成であった。また、福岡市周辺で大規模コンサートが実施された場合にも、博多駅 - 大分駅で臨時特急が運転されるが、このときも783系・787系で運行される場合は「にちりん19X号」として運行される。2013年には佐伯駅まで「にちりん」として運転するパターンもあった。

2017年3月4日よりワンマン運転が開始され、4両編成のうち、5往復(下り5・11・15・21・25号/上り6・10・16・18・26号)がワンマン運転になった[4]

停車駅

にちりん

小倉駅[注 1] - 行橋駅 - 宇島駅 - 中津駅 - 柳ケ浦駅 - 宇佐駅 - 杵築駅 - 亀川駅 - 別府駅 - 大分駅 - 鶴崎駅 - (幸崎駅) - 臼杵駅 - 津久見駅 - 佐伯駅 - 延岡駅 - 南延岡駅 - (門川駅) - 日向市駅 - (都農駅) - 高鍋駅 - 佐土原駅 - (宮崎神宮駅) - 宮崎駅 - 南宮崎駅 - 宮崎空港駅

  • 小倉駅 - 中津駅間は下り3号のみ、中津駅 - 大分駅間は下り3・101号/上り102号のみ運行。
  • 宮崎駅 - 南宮崎駅間は上り6号、南宮崎駅 - 宮崎空港駅間は21号以降の下り列車、6号までの上り列車は運行しない。
  • ()の駅は一部列車のみ停車。
    • 幸崎駅は下り1・3・23・25号/上り26号が停車。
    • 門川駅は下り17号/上り4・26号が停車。
    • 都農駅は上り26号が停車。
    • 宮崎神宮駅は下り17・19号/上り4号が停車。

にちりん(繁茂期増発)

小倉駅 - 行橋駅 - (宇島駅) - 中津駅 - (柳ケ浦駅) - (宇佐駅) - (杵築駅) - (亀川駅) - 別府駅 - 大分駅

  • 8X号・9X号として、ソニックと同じ通し番号で運転[注 2]
  • ( )内の駅は一部列車のみ停車。停車パターンは列車によって異なる。
にちりんシーガイア

博多駅 - (吉塚駅) - 香椎駅 - (赤間駅) - 折尾駅 - 黒崎駅 - (戸畑駅) - 小倉駅 - 行橋駅 - (宇島駅) - 中津駅 - (柳ケ浦駅) - (宇佐駅) - (杵築駅) - 別府駅 - 大分駅 - 鶴崎駅 - 臼杵駅 - 津久見駅 - 佐伯駅 - 延岡駅 - 南延岡駅 - (門川駅) - 日向市駅 - (都農駅) - 高鍋駅 - 佐土原駅 - 宮崎駅 - 南宮崎駅 - 宮崎空港駅

  • ( )の駅は一部列車のみ停車。
    • 吉塚駅・赤間駅・杵築駅は下り7号/上り24号が停車。
    • 戸畑駅・宇島駅・柳ケ浦駅・宇佐駅・門川駅・都農駅は上り24号が停車。
  • 小倉駅でスイッチバックをするため、小倉駅到着時には座席の向きを変えるようにとの車内放送が流れる。また西小倉駅 - 小倉駅間は重複運転となるが、小倉駅で途中下車しなければこの区間は運賃・料金計算には含めない。(後述参照)

にちりん・にちりんシーガイア共に臨時停車を行う場合があり、上記以外の駅に臨時停車を行う場合がある。例として、沿線イベント開催に伴い、築城駅(航空自衛隊・築城基地航空祭開催のため)、中山香駅浅海井駅(JR九州ウォーキング(歩こう会)開催のため)に停車することがある。

また、繁忙期増発以外にも、臨時列車の例として、大分発宮崎空港行きにちりん91号(後述)[5]、大分発南延岡行きにちりん92号(延岡での東京ガールズコレクション開催に伴う)が設定されたことがある。

使用車両・編成

2014年3月15日現在の編成図
にちりん・にちりんシーガイア
← 宮崎空港/博多
大分・小倉 →
1・5・11・15・21・23・101号
2・6・10・16・18・26・102号
1 2 3 4
G
3・13・19号
8・14・24号
1 2 3 4 5 6
DX,G G個4 指・b
7・9・17・25号
4・12・20・22号
1 2 3 4 5
G
  • 全車禁煙
  • 7・20・24号は「にちりんシーガイア」として運転、小倉駅で進行方向を変える
  • 座席種別は変更される場合がある
凡例
G=グリーン車座席指定席
DX=DXグリーン席(座席指定席)
G個4=グリーン車4人個室(座席指定席)
指=普通車座席指定席
b=普通車ボックスシート(4人用×6室、座席指定席)
自=普通車自由席

大分鉄道事業部大分車両センター南福岡車両区に所属する787系電車、南福岡車両区に所属する783系電車(ハイパーサルーン)が充当されている。787系は大分車両センターに所属する車両が4両編成、南福岡車両区に所属する車両が6両編成(グリーン個室・デラックスグリーン車連結)、783系は5両編成で運転される。

787系は4両編成が「にちりん」8往復(下り1・5・11・15・21・23・25・101号/上り2・6・10・16・18・22・26・102号)に、6両編成が「にちりん」下り3本/上り2本(下り3・13・19号/上り8・14号)と「にちりんシーガイア」上り1本(24号)に充当されている。2011年3月12日の九州新幹線鹿児島ルート全線開通に伴い余剰となった車両で485系電車を置き換えるために日豊本線系統の特急列車に転用したもので、特急「きりしま」「ひゅうが」にも充当されている(ただし6両編成は「ひゅうが」のみで運用)。なお、「にちりんシーガイア」には1993年 - 2000年にも充当されたことがあり、当時連結していたビュッフェも営業していた。現在、ビュッフェは改造されており、半分が4人掛けボックスシート、半分が座席になっている。ボックスシートは3人以上の利用で発券される指定席であるが、にちりん3号・にちりんシーガイア24号では自由席となっている。また、6両編成車にはDXグリーンおよびグリーン車個室が設定されている。

783系は「にちりん」2往復(下り9・17号/上り4・12号)と「にちりんシーガイア」1往復(下り7号/上り20号)に充当され、各車両中央の乗降口を境に宮崎空港/博多寄りのA室と大分・小倉寄りのB室に分かれている。車両自体は「にちりん」には2001年から、「にちりんシーガイア」には2000年からそれぞれ充当されているが、2011年3月12日のダイヤ改正で「にちりん」系統に使われていた車両は博多駅近郊のホームライナーの性格を持つ特急列車に転用され、代わって「かもめ」系統で使用されていた車両で運行されるようになった。なお、両数は新旧の編成とも5両編成だが、乗車定員は現在の車両の方がやや多くなっている[6]。783系は1990年 - 1996年にも「にちりん」に充当されていたが、1995年までは783系の「にちりん」は車両の愛称にちなんだ「ハイパーにちりん」の列車名で運行されていた。


過去の使用車両

「にちりん」に関する乗車券等の特例

特急「にちりん」号が関与する乗車券等の特例は以下のとおり。

  1. 別府駅または大分駅で改札を出ないで「にちりん」と「ソニック」を乗り継ぐ場合は、特急料金の乗り継ぎ料金制度により、通しの料金で乗車することができる。この特例は2003年に「にちりん」が一部別府駅発着になった際に設定されたもので、2012年3月17日に「にちりん」の別府駅発着列車がなくなったため事実上大分駅のみでの接続となったが、規則上は引き続き別府駅における特例も残されている。なお、グリーン車券については適用されない。
  2. にちりんシーガイアに対しては「小倉駅から博多方面と大分方面を引き続き乗車する場合は、西小倉駅 - 小倉駅間は重複乗車となるが、特例により小倉駅 - 西小倉駅間のキロ数は含めないで運賃計算を行う」特例がソニックと同様に適用されている。ただし、小倉駅で途中下車はできない。また特急料金等についても、同様に西小倉駅 - 小倉駅間のキロ数を含めないで計算する。そのため、実際の運行距離から1.6km(小倉-西小倉間0.8kmの往復分)が引かれて運賃計算・特急料金等の計算が行われる。
  3. 宮崎駅 - 宮崎空港駅間に関しては乗車券のみで普通車自由席に乗車可能で、この区間のみで普通車指定席またはグリーン車に乗車する際には、指定席券あるいは普通列車用自由席グリーン券を車内で車掌から購入する形となる。また宮崎駅を跨いで乗車する場合、特急料金は宮崎駅以北の区間のみで計算される。

過去に運行されていた列車

ドリームにちりん

1993年3月18日のダイヤ改正で、門司港駅(後に博多駅) - 西鹿児島駅間(宮崎駅 - 西鹿児島駅間は普通列車)を運行していた夜行急行列車「日南」が、787系投入に伴い博多駅 - 南宮崎駅間の特急「ドリームにちりん」に変更された(寝台は廃止)[8]。「日南」時代に続いて1日1往復の運行で、1996年7月18日に下りのみ宮崎空港駅まで延長され、2000年3月11日に783系での運行となり、以後廃止までこの体制で運行していた。夜行列車としての役割と同時に、博多駅 - 小倉駅・大分駅間や延岡駅 - 南宮崎駅・宮崎空港駅間の始発・最終列車としての役割を兼ねており、時間調整を行うため大分駅で長時間停車していた。

本州から九州に乗り入れる夜行列車が全廃されたことにより、2009年3月14日以降はJR九州管内を運行する唯一の定期夜行列車となり、2010年3月13日以降は急行能登」が臨時列車とされたため、JRでは最後の座席車のみの定期夜行列車であったが、2011年3月12日のダイヤ改正で、博多駅 - 大分駅間は「ソニック61号」、延岡駅 - 宮崎空港駅間は「ひゅうが1号」となり、それぞれ編入(大分駅 - 延岡駅間は廃止)し、廃止された[9](運転最終日は始発駅基準で同年3月10日[10])。

停車駅

以下の停車駅は廃止時点のものである。

博多駅 - 赤間駅 - 折尾駅 - 黒崎駅 - 八幡駅 - 戸畑駅 - 小倉駅 - 行橋駅 - 宇島駅 - 中津駅 - 柳ヶ浦駅 - 宇佐駅 - (杵築駅) - 別府駅 - 大分駅 - 臼杵駅 - 津久見駅 - 佐伯駅 - 延岡駅 - 南延岡駅 - 門川駅 - 日向市駅 - 都農駅 - 高鍋駅 - 佐土原駅 - 宮崎駅 - 南宮崎駅 - 宮崎空港駅

  • ( )は宮崎空港行きのみ停車

使用車両・編成

廃止時点の編成図
ドリームにちりん
← 宮崎空港/博多
小倉 →
1 2 3 4 5
G F
  • 全車両禁煙
  • 博多駅 - 小倉駅間は逆向き
  • 宮崎駅 - 宮崎空港駅間はグリーン車の指定席が自由席に変更
座席種別凡例
G=グリーン車座席指定席
指=普通車座席指定席
F=普通車座席指定席(女性専用席
自=普通車自由席

南福岡車両区に所属する783系が使用された。

編成は783系「にちりん」や「にちりんシーガイア」と同様であるが、指定席の一部は女性専用席とされた。車種が783系に変更されて以降、女性専用席は1号車B室に設けられていたが、グリーン車(1号車A室)の乗客がトイレを利用する際に女性専用席を通らなければならなかったこともあり、2008年10月1日から2号車A室に変更された。

臨時特急「にちりん91号」

年に1日、臨時列車として大分発宮崎空港行き下り臨時特急「にちりん91号」が、同区間のドリームにちりんと、ほぼ同時間帯に運行されている[5]。これは、沿線の日向新富駅周辺にある航空自衛隊・新田原基地での航空祭開催に伴う臨時特急である。ドリームにちりんと同じ時間帯を走る「ひゅうが1号」を大分駅 - 延岡駅間の実質的延長扱いで運転(ひゅうが1号は同日運休)している。また、この時に限り、同じくドリームにちりんと同じ時間帯を走る「ソニック61号」が大分駅に到着後、「にちりん91号」に接続する形となる。「にちりん91号」に充当される783系列車はソニック到着後から発車までの間、ドアが開放されている[5]。そのため、列車系統は分断されているが、長時間停車を含めれば「ドリームにちりんを彷彿ほうふつさせる臨時特急」とファンの間では呼ばれている。(なお、最寄り駅である日向新富駅に臨時停車する年としない年がある。)

日豊本線優等列車沿革

観光列車「ひかり」→「にちりん」と周辺列車群

  • 1958年昭和33年)
  • 1959年(昭和34年)
    • 4月1日:「ひかり」の一部編成の運転区間を博多駅・門司港駅 - 都城駅間に変更。
    • 9月22日:「ひかり」の博多駅・門司港駅 - 都城駅間の系統が、宮崎駅 - 都城駅間において宮崎駅 - 西鹿児島駅間(現在の鹿児島中央駅)を運転する編成の併結開始。
  • 1960年(昭和35年)
    • 3月10日:大分駅 - 別府駅間(小倉駅・熊本駅・大分駅経由)において「第2ひかり」運行開始、従来の「ひかり」は愛称を「第1ひかり」に変更。
    • 6月1日:ダイヤ改正に伴い以下のように変更をする。
    1. 「ひかり」、博多駅・門司港駅 - 都城駅間の系統および宮崎駅 - 西鹿児島駅間を統合し、運行区間を博多駅・門司港駅 - 熊本駅・西鹿児島駅に変更する。
    2. 別府駅 - 西鹿児島駅間を運行する準急列車「日南にちなん」運行開始。
    3. 従来、博多駅 - 別府駅間を久大本線経由で運行していた臨時快速列車ゆのか」の運行区間を延長し、定期列車化。博多駅 - 由布院駅 - 別府駅 - 博多駅間運行の循環準急列車となる。
  • 1961年(昭和36年)10月1日サンロクトオのダイヤ改正に伴い、以下のように変更する。
    1. 従来、門司港駅 - 宮崎駅間を運行していた準急列車に「青島あおしま」の名称を与える。
    2. 新たに広島駅 - 別府駅間運行の「べっぷ」の運行を開始。
  • 1962年(昭和37年)10月1日:ダイヤ改正に伴い以下のように変更する。
    1. 「第1ひかり」、急行列車に昇格。「第2ひかり」は愛称を「ひまわり」に変更。
    2. 西鹿児島駅 - 博多駅 - 宮崎駅間を運行する急行列車「フェニックス」の運行を開始。これに伴い、「青島」名称を廃止する。
  • 1963年(昭和38年)7月15日:博多駅 - 大分駅間を運行する準急列車「きじま」運行開始。
  • 1964年(昭和39年)10月1日:東海道新幹線開業に伴うダイヤ改正に伴い、以下のように変更をする。
    1. 「ひかり」の名称を東海道新幹線超特急の名称としたことから、運行系統を以下のように分割。
      1. 西鹿児島駅発着編成を「にちりん」に変更。
      2. 豊肥本線経由熊本駅発着編成を「くさせんり」に変更。
    2. 別府発宮崎行きの準急列車「つるみ」、大分発門司港行きの「しいば」運行開始。
      • これら片方向のみの準急列車はいわゆる送り込み運用の側面が大であったとされる。
  • 1965年(昭和40年)10月1日:このときのダイヤ改正に伴い、以下のように変更する。
    1. 「にちりん」と広島駅 - 別府駅間運行の「べっぷ」を統合し広島駅・門司港駅 - 西鹿児島駅間に「青島」運行開始。これにより「にちりん」の名称一時廃止。
    2. 「くさせんり」の運行区間を三角駅 - 別府駅 - 小倉駅 - 長崎駅・佐世保駅間とし、「九重くじゅう」に名称を変更。
  • 1966年(昭和41年)
    • 3月5日:準急列車制度の改変に伴い、「しいば」・「ゆのか」・「つるみ」・「きじま」が急行列車に昇格。
    • 3月25日:博多駅 - 西鹿児島駅間を運行する急行列車として「にちりん」運行開始(「にちりん」の名称復活)。
  • 1967年(昭和42年)10月1日:「九重」を別府駅 - 小倉駅 - 長崎駅・佐世保駅間に変更し、「べっぷ」の名称を与える。

特急「にちりん」の登場とその周辺列車群

  • 1968年(昭和43年)10月1日ヨンサントオのダイヤ改正により、以下のように変更する。
    1. 「にちりん」をキハ80系気動車を使用した特急に昇格。
    2. 「日南」の列車名が京阪神対日豊本線夜行急行に用いられる。これにより列車名を「南風なんぷう」に変更する。
    3. 「しいば」が「南風」に統合。
    4. 「ゆのか」が博多駅 - 大分駅間を運行する急行列車の総称名となる。これにより、「きじま」名称廃止。また、前1967年に幸崎駅まで電化したことから、一部列車に475系電車を用いるようになる。
    5. 「べっぷ」が博多駅を境に運行系統を分割。博多駅以東を「ゆのか」に統合。
  • 1972年(昭和47年)
    • 3月15日このときのダイヤ改正に伴い、以下のように変更する。
      1. 「南風」の列車名称を土讃本線特急列車の名称に用いることから、列車名称を「しいば」に変更する。
      2. 従来門司港駅 - 西鹿児島駅間を運行していた夜行普通列車を急行列車に格上げし、「みやざき」の愛称を与える。
    • 4月27日:「にちりん」の博多駅 - 大分駅間(鹿児島本線・日豊本線経由)において485系電車を使用し1往復増発し2往復(電車1往復・気動車1往復)となるが、増発分の大分発着「にちりん」の食堂車は営業休止のまま連結。
  • 1973年(昭和48年)10月1日:「フェニックス」の宮崎駅発列車の終着駅を西鹿児島駅から博多駅に変更。
  • 1974年(昭和49年)
    • 4月25日:日豊本線幸崎駅 - 南宮崎駅間電化に伴い、「にちりん」の博多駅 - 大分駅系統の運行区間を宮崎駅まで延長。運行区間を博多駅 - 宮崎駅間に変更。延長前に営業休止の食堂車が営業を開始。気動車特急「おおよど」新設により編成を共通運用化させる為に西鹿児島発着「にちりん」の食堂車が編成から外れる。
    • 11月1日:新幹線「ひかり」食堂車従業員確保で宮崎駅発着の「にちりん」の食堂車営業を終了。
  • 1975年(昭和50年)3月10日山陽新幹線岡山駅 - 博多駅開通にともなうダイヤ改正に伴い、以下のように変更する。
    1. 「にちりん」がエル特急に指定される。6往復増発し8往復(電車7往復・気動車1往復)となる。同時に山陽新幹線岡山駅 - 博多駅開業にともない、小倉駅にて新幹線に接続する列車となる。
      • 運行区間:博多駅・小倉駅 - 大分駅・宮崎駅間(485系)、博多駅 - 西鹿児島駅間(キハ80系)
    2. 「ゆのか」を博多駅 - 小倉駅 - 大分駅間の急行列車に統一。熊本駅乗り入れを廃止し、山陽線直通の「べっぷ」の日豊本線内の系統も吸収する。
    3. 門司港駅・小倉駅・別府駅 - 宮崎駅・西鹿児島間運行の急行として「日南」を設定。(改正前は、京都駅大阪駅 - 宮崎駅・都城駅間で運行していた夜行急行の愛称。日豊本線内で一部立て替え)これにより、「フェニックス」「青島」「高千穂」「みやざき」として運行されていた日豊本線内急行の名称は廃止。
    4. 宮崎駅 - 西鹿児島駅間の急行列車は、「しいば」を除き、「錦江」に統一。山陽線直通の「青島」は「日南」と「錦江」に分割される。
  • 1978年(昭和53年)10月2日ゴーサントオのダイヤ改正により、以下のように変更する。
    1. 「にちりん」使用のクハ481形200番台の列車名幕に太陽を図案化したイラストマークが採用される。
    2. 「しいば」の列車名称を「日南」に変更。
  • 1979年(昭和54年)10月1日:日豊本線全線電化。「錦江」1往復を格上げし西鹿児島駅発着系統を1往復電車列車で増発。ただし従前より運行の西鹿児島駅発着系統の「にちりん」の1往復は肥薩線経由の特急「おおよど」と車両を共通運用するためキハ80系気動車のままで運行。
  • 1980年(昭和55年)10月1日:「にちりん」の一部においてキハ80系気動車の使用を終了すると同時に「彗星」の間合い運用583系電車の使用を開始。これにより全列車が電車化される。また、別府発西鹿児島行きの「にちりん」1号を運行開始。
    • このとき、昼行急行「日南」・「ゆのか」は大幅削減されたが、特急への統一を前提に一部が残された(このため「日南」の一部は博多駅に乗り入れた)。その際、それらを格上げして運転されると想定した「にちりん」と実際に運転される「にちりん」を通しで付番したため、「にちりん」の号数に欠番が生じた。

総特急化とその後の進展

  • 1982年(昭和57年)11月15日東北新幹線上越新幹線開業に伴うこの時のダイヤ改正により九州各線での昼行電車急行列車を廃止し、東北新幹線開業により余剰となった485系電車を用いて特急列車化がなされる。これにより「日南」は夜行列車1往復を残し、すべて「にちりん」に格上げされる。
  • 1984年(昭和59年)2月1日:583系による「にちりん」を終了し、全列車485系電車による運転となる。
  • 1985年(昭和60年)3月14日:小倉-大分間最高速度120km/h引き上げによりスピードアップ。また485系ボンネット形先頭車にもイラストマーク採用。イラストの濃さが特に濃いものも有り、太陽の赤い部分が目立って大きく見えたマークも存在した。
  • 1986年(昭和61年)11月1日:「にちりん」が下関駅 - 大分駅間の運行開始。
  • 1988年(昭和63年)3月13日一本列島のダイヤ改正により、以下のように変更。
    1. 「にちりん」を26往復に大増発。小倉-大分間の運転間隔が30分間隔に。また、博多乗り入れも列車も1時間間隔となる。
    2. 「にちりん」の宮崎駅発着系統の一部を南宮崎駅まで運行区間延長。
    3. 「にちりん」が門司港駅 - 大分駅間で運行開始。
    4. 「日南」の運行区間を博多駅 - 西鹿児島駅に変更。
  • 1989年平成元年)3月11日:「にちりん」の大分駅発着系統の一部を佐伯駅まで運行区間延長。
  • 1990年(平成2年)3月10日:このときのダイヤ改正に伴い、「にちりん」の運行系統を以下のように変更。
    1. 大分駅発着系統の一部において783系電車「ハイパーサルーン」の使用を開始し[8]、当該列車の愛称を「ハイパーにちりん」とする。
    2. 宮崎駅発着系統をすべて南宮崎駅発着とする。
  • 1991年(平成3年)3月16日:「にちりん」のうち、佐伯駅発着系統の一部列車を南延岡駅発着に運行区間延長。
  • 1992年(平成4年)7月15日:このときのダイヤ改正に伴い、以下のように変更する。
    1. 下関駅 - 大分駅間の「にちりん」を廃止。
    2. 別府発西鹿児島行き「にちりん」を小倉発とし運行区間延長。
1993年3月18日時点の編成図
にちりんシーガイア・ドリームにちりん
← 南宮崎/博多
小倉 →
1 2 3 4 5 6 7 8 9
Rauchen Verboten.svg Rauchen Verboten.svg Rauchen Verboten.svg Rauchen Verboten.svg Rauchen Verboten.svg
G G個4 F B・b
  • 7両編成で運行する場合がある(この場合、5・6号車は自由席禁煙車、7号車は自由席喫煙車に変更)
  • 小倉駅で進行方向を変える
凡例
G=グリーン車座席指定席
G個4=グリーン車4人個室(座席指定席)
指・F=普通車座席指定席(Fはドリームにちりんのみ女性専用車
b=普通車ボックスシート(4人用×6室、座席指定席)
自=普通車自由席
B=ビュッフェ(にちりんシーガイアのみ営業)
Rauchen Verboten.svg=禁煙
  • 1993年(平成5年)3月18日:このときのダイヤ改正に伴い、以下のように変更。
    1. 「にちりん」の南宮崎駅発着系統のうち2往復において787系電車を使用し、当該列車の愛称を「にちりんシーガイア」に変更[8]、ビュッフェ営業も行われたので19年ぶりに「にちりん」に供食設備が復活する。
    2. 「日南」に787系電車を投入し、博多駅 - 南宮崎駅間の特急「ドリームにちりん」に変更[8]
      • なお、改正後も「日南」は臨時列車として1年余り運行した。
  • 1995年(平成7年)4月20日:このときのダイヤ改正に伴い、以下のように変更。
    1. 「にちりん」の西鹿児島駅発着系統を宮崎駅・南宮崎駅で分割、同じ区間を運行していた快速「錦江」を統合する形で、宮崎駅 - 西鹿児島駅間に「きりしま」を新設。
    2. 883系電車を「にちりん」の大分駅発着列車の一部に使用し、「ソニックにちりん」に変更[8]
    3. 「ハイパーにちりん」の愛称を廃止し「にちりん」に統合(783系自体は引き続き充当)。
    4. 門司港発「つばめ」の時刻を繰り下げ、門司港駅 - 博多駅間にこれまで「つばめ」のダイヤを踏襲する形で「にちりん」101号を設定。
    • この改正から翌年3月のダイヤ改正までの1年弱、「にちりん」には485系・783系・787系・883系と4系統の車両が用いられていた。JR九州の在来線特急列車で定期ダイヤで1愛称に4系統の車両が用いられたのはこれが唯一の事例である。
  • 1996年(平成8年)
    • 3月16日:「にちりん」の783系電車は一旦運用を終了。
    • 7月18日:「にちりん」・「にちりんシーガイア」が宮崎空港線開業に伴い、南宮崎駅発着系統の一部を宮崎空港駅発着に変更。
  • 1997年(平成9年)
    • 3月22日:「にちりん」・「ソニックにちりん」のうち、大分駅発着系統の列車を「ソニック」に変更。これにより「にちりん」の門司港駅 - 大分駅系統を廃止。
    • 11月29日:「にちりん」101号を長崎行き「かもめ」5号に統合。

2000年代の動き

  • 2000年(平成12年)3月11日:このときのダイヤ改正に伴い、以下のように変更。
    1. 大分駅 - 延岡駅間での利用低迷により、「にちりん」の南宮崎駅・宮崎空港駅発着系統を削減、南延岡駅発着系統を廃止。「にちりん」全体としては11往復から6往復に削減。
    2. 「ソニック」を増発し、佐伯駅発着系統を新設。
    3. 削減された「にちりん」を補うのと、快速「ひむか」を統合する形で、延岡駅 - 南宮崎駅・宮崎空港駅間に「ひゅうが」を新設。
    4. 「にちりんシーガイア」・「ドリームにちりん」の使用車両を783系電車に変更。同系列は本列車に復帰するが、ビュッフェ営業が廃止。
  • 2001年(平成13年)3月3日:このときのダイヤ改正により、以下のように変更。
    1. 「にちりん」の全列車の運行区間を小倉駅 - 南宮崎駅・宮崎空港駅間に短縮し、一部列車において783系電車による運転開始。これにより、485系電車は臨時列車を除き博多駅への乗り入れがなくなる。
    2. 「にちりんシーガイア」1往復削減。
  • 2003年(平成15年)3月15日:「にちりん」を6往復から8往復に増発するが、このうち4往復は別府駅発着になり、「ソニック」と「にちりん」を別府駅・大分駅で接続させるダイヤに変更。別府駅・大分駅での特急料金の通算を設定[11]
  • 2004年(平成16年)
    • 3月13日:「にちりん」を8往復から11往復に増発するが、小倉駅発着の1往復を除いてすべて別府駅発着とする。
    • 7月1日:平日のみ運転の、中津駅 - 大分駅間に「にちりん」101号・102号新設(現在は毎日運転)。
  • 2005年(平成17年)
    • 4月1日:「にちりん」・「にちりんシーガイア」車内販売を中止。
    • 10月1日:寝台特急「彗星」の廃止により、別府駅 - 宮崎空港駅間に「にちりん」を1往復増発(小倉駅・別府駅 - 南宮崎駅・宮崎空港駅間は計12往復)。以後、本数面では現在までこの体制が続いている。
  • 2006年(平成18年)9月17日:14時5分頃、「にちりん」9号が南延岡駅手前1km付近で、台風13号の影響による突風で先頭から2両が脱線し、横転する列車脱線事故JR日豊本線脱線転覆事故)が発生。6人が負傷。
  • 2008年(平成20年
    • 3月15日:「にちりん」の全列車の運転区間を別府駅・大分駅 - 南宮崎駅・宮崎空港駅間に統一(101・102号をのぞく)。これにより、485系電車は臨時列車を除き小倉駅への乗り入れがなくなる。
    • 6月:エル特急の呼称を廃止。
  • 2009年(平成21年)3月14日:ダイヤ改正により以下のように変更。
    1. 別府駅発着列車のうち、朝・夕方の列車を中心に約半数の列車を大分駅発着に変更。
    2. 全車禁煙となる[12]

2010年代の動き

  • 2010年(平成22年)
    • 8月28日29日の2日間、EXILE LIVE TOUR 2010 "FANTASY"の九州公演が大分市大分銀行ドームで開催され、485系で運行されている「にちりん」102号が博多駅まで延長運転。臨時列車として787系による「にちりん」92号博多行きを運転。
    • 9月11日:宮崎応援企画の一環として、「がんばれ宮崎!」ラッピング装飾を施した885系「ソニック」用一編成を9月11日から26日までの土日祝に「にちりんシーガイア」として運行。デザインは、885系のデザイナーである水戸岡鋭治が同じく関わっている和歌山電鐵のスーパー駅長・たまをモチーフにしている[7]
  • 2011年(平成23年)3月12日:ダイヤ改正により以下のように変更[9]
    1. 「にちりん」の使用車両を787系・783系に変更。
    2. 「にちりん」の宮崎空港駅発着の1往復を下りは小倉発、上りは博多行きに延長の上、上りに関しては「にちりんシーガイア」に列車名変更。これにより「にちりん」は中津駅発着列車も含めて下り13本・上り12本、「にちりんシーガイア」は下り1本・上り2本の運行となる。「にちりんシーガイア」の使用車両は従来からの1往復が783系、増発分の上り1本は787系。
      • これにより「にちりん」の小倉駅乗り入れが3年ぶりに、「にちりんシーガイア」への787系充当が11年ぶりに復活。
    3. 「ドリームにちりん」は廃止。これにより、JR九州管内から定期夜行列車が消滅。
    4. 別府駅発着列車は午前中の2往復を除いて大分駅発着に変更。
    5. 「にちりん」「にちりんシーガイア」での車内販売が復活。
  • 2012年(平成24年)3月17日:このときのダイヤ改正により、残った別府駅発着列車もすべて大分駅発着に変更[13]
  • 2014年(平成26年)10月1日:車内販売を廃止[14]
  • 2016年(平成28年)3月26日:ダイヤ改正。「しなの」の大阪駅発着列車が廃止され「にちりんシーガイア」が在来線定期昼行特急列車最長距離となった[1][2][3]。また、にちりん26号の運転ダイヤが変わり、大分駅でソニック62号との接続ができなくなった。
  • 2017年(平成29年)3月4日:ダイヤ改正。787系4両編成で運転される一部の「にちりん」「ひゅうが」と普通列車で、車掌が乗車せずに運転士のみが乗務するワンマン運転を実施。[15]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 運行上は門司港駅に留置している車両を始発前に小倉駅まで回送運転して送り込んでいる。
  2. ^ 列車番号は号数から50を引いて、+9000されており、904XM - 905XMとなる。

出典

  1. ^ a b 草町義和 (2015年12月18日). “JR各社、来年3月ダイヤ改正の概要を発表…東京〜函館間は約50分短縮”. Response.. 株式会社イード. 2015年12月18日閲覧。
  2. ^ a b 黒木貴啓 (2015年12月18日). “長野と大阪結ぶ「大阪しなの」無くなる 来春ダイヤ改正から「しなの」が長野〜名古屋間のみの運行に”. ねとらぼ. http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1512/18/news134.html 2017年2月13日閲覧。 
  3. ^ a b “特急「しなの」大阪発着、ダイヤ改正で廃止へ”. 読売新聞. (2015年12月20日). オリジナル2015年12月21日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/3lEfG 2015年12月21日閲覧。 
  4. ^ a b 平成29年3月4日(土)から、一部の特急にちりん号、ひゅうが号等においてワンマン運転を実施します。 - JR九州鹿児島支社
  5. ^ a b c 安藤永也 (2013年12月3日). “【JR九】〈にちりん91号〉運転される”. 鉄道ホビダス RM NEWS. ネコ・パブリッシング. 2017年2月13日閲覧。
  6. ^ 『列車編成席番表』'09冬春、ジェー・アール・アール 編、ジェー・アール・アール、2009年[要ページ番号]ISBN 978-4882833284
  7. ^ a b “特急「がんばれ宮崎!」運行-JR九州”. 夕刊デイリー: p. 1. (2010年9月10日). http://www.yukan-daily.co.jp/news.php?id=17741 2012年10月24日閲覧。 
  8. ^ a b c d e “JR7社14年のあゆみ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 9. (2001年4月2日) 
  9. ^ a b “平成23年春ダイヤ改正” (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2010年12月17日), オリジナル2011年10月3日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20111003180228/http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/9dd28b8cb8f46cee49256a7d0030d2e6/f2f9ef466d20f836492577fc002daa73/$FILE/H23%E6%98%A5%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E6%94%B9%E6%AD%A3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%EF%BC%88P8%EF%BD%9E19%EF%BC%89.pdf 2017年2月13日閲覧。 
  10. ^ 『JR時刻表』2011年2月号、交通新聞社[要ページ番号]
  11. ^ 「鉄道記録帳2003年3月」、『RAIL FAN』第50巻第6号、鉄道友の会2003年6月1日、 21頁。
  12. ^ 特急列車全車禁煙のお知らせ”. 九州旅客鉄道. 2009年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月24日閲覧。
  13. ^ “平成24年春ダイヤ改正” (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2011年12月16日), http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/9dd28b8cb8f46cee49256a7d0030d2e6/27400941315dee8349257968002e6795/$FILE/%E3%80%90%E5%88%A5%E7%B4%99%E3%80%91%E5%B9%B3%E6%88%9024%E5%B9%B4%E6%98%A5%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E6%94%B9%E6%AD%A3.pdf [リンク切れ]
  14. ^ 一部特急列車の車内販売等の終了について(お知らせ) (PDF)”. 九州旅客鉄道 (2014年9月2日). 2014年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月13日閲覧。
  15. ^ 平成29年3月4日(土)から、一部の特急にちりん号、ひゅうが号等においてワンマン運転を実施します。 (PDF)”. 九州旅客鉄道 (2017年2月5日). 2017年2月18日閲覧。

関連項目

外部リンク