平成29年台風第18号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
台風第18号
(Talim、タリム)
カテゴリー4の タイフーンSSHWS
テラによる衛星画像(9月14日)
テラによる衛星画像(9月14日)
発生期間 2017年9月9日 - 2017年9月18日
寿命 216時間
最低気圧 935 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
50 m/s(95 kt
最大風速
米海軍解析)
120 kt
平均速度 25.6 km/時
614 km/日
移動距離 5529 km
死傷者数 死者6人
重傷者4人
被害地域 台湾中華民国)、中国日本ロシア
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示
台風の経路

平成29年台風第18号(へいせい29ねん たいふうだい18ごう、アジア名: タリム/Talim、命名: フィリピン、意味: 鋭い刃先)は、2017年(平成29年)9月9日に発生し9月18日温帯低気圧に変化した台風マリアナ諸島で発生し、北上して鹿児島県に上陸した。その後も高知県兵庫県、そして北海道には2度上陸し、さらにサハリンに上陸した18日の21時に温帯低気圧へと変化した。観測史上初めて九州四国本州北海道の本土4島全てに上陸した台風である。また、この台風により、台風第18号が6年連続日本の領土に接近または、上陸した。

台風の動き[編集]

9月7日21時にマリアナ諸島の東で熱帯低気圧が発生し[1]、合同台風警報センター(JTWC)は熱帯低気圧番号20Wを付番した。20Wは9日21時に北緯15度25分、東経143度10分で台風となり[2][3]フィリピンが命名したアジア名タリムTalim)がつけられた[3]。11日午後にはフィリピンの監視領域に進入し、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名ラニーLannie)と命名した。

フィリピンの東の海上を進む18号は11日に「強い」勢力となり、暴風域も伴った[4]。13日の午前には先島諸島に接近し、宮古島を暴風域に巻き込んだ後[5]、「非常に強い」勢力となった18号は東シナ海を北上し[6]ブーメランのように北東方向へ急カーブして進路を九州地方に向けた[7]。秋は太平洋高気圧の勢力が弱まった影響で偏西風が本州付近まで南下する。18号がその偏西風に乗ったため急カーブした[7]

17日11時半頃、18号は中心気圧975hPa、最大風速30m/sの勢力で鹿児島県南九州市付近に上陸した[8]。(その後、気象庁は再上陸したと認めていないものの、一度鹿児島湾に出た後、垂水市付近に再上陸した[9]。)17日13時ごろには九州と四国の一部を暴風域に巻き込み、高知県内の複数個所では20m/sを超える最大瞬間風速が観測された[10]。17日17時ごろに高知県宿毛市付近に再上陸し[11]、四国のほぼ全域が暴風域に入り室戸岬では17日17時42分に最大瞬間風速47.8 m/sを観測した[12]。その後、四国地方・瀬戸内海を横断し、17日22時ごろに兵庫県明石市付近に再上陸(3度目の上陸)した[13][14]。18日3時に暴風域がなくなったものの、日本海に抜けたのち再発達し、18日6時に暴風域が再度出現した[15]。18日10時過ぎに暴風域を伴ったまま北海道檜山地方に再上陸(4度目の上陸)した[16]渡島半島を通過し、内浦湾に出たのち、18日12時過ぎに胆振地方西部に再上陸(5度目の上陸)した[15]。その後北海道を縦断して稚内市付近で宗谷海峡に抜け、ロシアサハリンに再上陸(6度目の上陸)し、18日21時に同島の北緯47度、東経143度で温帯低気圧に変わった[17]

18号は、観測史上初めて九州四国本州北海道の本土4島全てに上陸した台風となった[18]

気象状況[編集]

大雨[編集]

台風の接近に伴い、北海道や西日本、南西諸島を中心に大雨となり、降り始めからの雨量が沖縄県宮古島や宮崎県で500ミリを超えたところがあった[16][19][20]。気象庁は14日未明、宮古島で「50年に1度の記録的な大雨」になっていると発表し[20]、17日には大分県で4回の記録的短時間大雨情報を発表した[21]

以下の地点では、観測史上1位の記録を更新している。

1時間雨量
北海道大樹町(大樹):85.0ミリ(18日10時34分まで)[22][23]
大分県佐伯市(宇目):89.5ミリ(17日14時17分まで)[21]
大分県佐伯市(佐伯):84.5ミリ(17日9時6分まで)[21]
宮崎県国富町(国富):81.5ミリ(17日4時52分まで)[16]
24時間雨量
北海道登別市(カルルス):316.0ミリ(18日20時30分まで)[23]
愛媛県東温市(上林):260.5ミリ(18日10時50分まで)[16]
大分県大分市(佐賀関):335.0ミリ(17日19時10分まで)[16]
宮崎県宮崎市(赤江):386.0ミリ(16日11時50分まで)[16]
沖縄県宮古島市(城辺):533.0ミリ(14日6時まで。同市の他2か所でも観測史上1位を更新した)[16]
72時間雨量
大分県大分市(佐賀関):374.5ミリ(18日4時まで)[16]
宮崎県宮崎市(赤江):512.0ミリ(17日23時30分まで)[16]
沖縄県宮古島市(城辺):567.0ミリ(16日1時40分まで。同市の他2か所でも観測史上1位を更新した)[16]

暴風[編集]

北海道から沖縄県までの広い範囲で風速20メートル以上の非常に強い風が観測された[16]

最大瞬間風速
青森県八戸市(八戸):41.7メートル(18日12時4分。観測史上1位を更新)[22][24]

被害・影響[編集]

大分県では17日、大分県中部から県南部の川が多数氾濫した[25]臼杵市では市街地で冠水し、水防活動の面目で大分県知事から陸上自衛隊第41普通科連隊長へ災害派遣要請が出された[26](災害派遣は翌18日13時に撤収要請[27])。津久見市では津久見川と徳浦川で氾濫し[28]、津久見市役所を含め広範囲で浸水した[29]。このほか、大分市豊後大野市大野川佐伯市番匠川水系井崎川で氾濫が発生し[30]、臼杵市の風成川や佐伯市の門前川でも、氾濫が発生したとみられる[31]

宮崎県では、宮崎市国富町日向市延岡市で突風被害が発生した[32][33]。また鹿児島県十島村でも突風被害が発生した[33]

香川県三豊市では、住宅の裏山が崩れ住人の80代女性が巻き込まれ死亡[34][35]。高知県四万十町では川に沈んだ車の中で60代の男性が死亡しているのが発見された[36]。高知県四万十市では60代と80代の男性が外出したまま行方不明となり[36]、後日、川岸で2人の遺体が発見された[37]。大分県豊後大野市では70代男性1名が行方不明となり、[31][33][36]、後日、遺体が発見された[38]。北海道森町では砂浜で80代の男性の死亡が確認された[39]。高知県、兵庫県、大阪府、京都府、青森県でいずれも風にあおられたことにより転倒、宮崎県では梯子から転落、和歌山県では越波により転倒し、それぞれ骨折する重傷の被害が発生した[35]。大分県の佐伯市や津久見市では一時、住民が孤立した[31]

住家への被害は全壊3棟、半壊11棟、一部破損531棟、床上浸水1970棟、床下浸水4653棟、非住家への被害は60棟が27日までに確認されている[40]東京都品川区では18日14時25分頃、7階建てビルの外壁に設置されていた工事用の足場が倒壊し、電線に接触し、周辺の約2700戸が一時停電した[41]

18号の接近のため、17日に予定されていたJ2リーグ第33節2試合、ロアッソ熊本アビスパ福岡えがお健康スタジアム)、愛媛FC京都サンガF.C.ニンジニアスタジアム)、およびJ3リーグ第23節1試合、セレッソ大阪U-23ギラヴァンツ北九州紀三井寺運動公園陸上競技場。代替試合はヤンマースタジアム長居に変更)が中止、延期となった[42]プロ野球では、17日に阪神甲子園球場で開催予定だった阪神タイガース(リーグ2位)対中日ドラゴンズの試合とマツダスタジアムで開催予定だった広島東洋カープ(リーグ1位)対東京ヤクルトスワローズの試合が中止となった。これにより、マジックを「1」としていた広島のリーグ優勝は18日の対阪神戦(甲子園)に持ち越しとなった[43]

鉄道の被害としては、JR日豊本線佐伯駅津久見駅臼杵駅 で線路が冠水し[44]、このうち津久見駅では線路等が泥で埋まり、道床が流出した[44]。また、徳浦信号場(臼杵駅 - 津久見駅間)で大規模な土砂崩れが発生したほか、3箇所で土砂流入が確認された[44][45]。また、JR豊肥本線でも三重町駅 - 菅尾駅間での土砂流入、菅尾駅 - 犬飼駅間での路盤流出などが確認された[44][46]。このうち、日豊本線の臼杵駅 - 佐伯駅間の復旧には数か月かかるとしている[47]。この影響で、特急「九州横断特急」・特急「あそぼーい!」が9月17日から10月1日まで運休となったほか[48]、特急「にちりん」「にちりんシーガイア」の大分 - 延岡間、特急「ソニック」の大分 - 佐伯間が10月2日以降も運休となっている[48]。また、豪華周遊列車「ななつ星in九州」が、日豊本線を経由しないルートに変更となった[49]

また、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線海岸寺駅 - 詫間駅間で海岸の堤防が損傷した[50] ほか、高松琴平電気鉄道(ことでん)志度線八栗駅 - 琴電志度駅間でバラスト崩壊が発生した[51]

WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)では宮津線栗田駅 - 宮津駅間で土砂流入、網野駅 - 夕日ヶ浦木津温泉駅間で路盤流出が発生した[44]

17日23時すぎに愛知県知多郡美浜町を対象に土砂災害警戒情報の緊急速報メールを配信したが、土砂災害警戒情報が出されていたのは福井県三方郡美浜町であったと愛知県が発表した。愛知県により配信されたメールの題名は「土砂災害警戒情報 福井県 福井地方気象台共同発表」であったという[52]

脚注[編集]

  1. ^ 気象庁”. 気象庁 (2017年9月7日). 2017年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月7日閲覧。
  2. ^ 平成29年 台風第18号に関する情報”. 気象庁 (2017年9月9日). 2017年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月9日閲覧。
  3. ^ a b 台風18号『タリム』発生”. 日本気象協会 (2017年9月9日). 2017年9月16日閲覧。
  4. ^ 強い台風18号「非常に強い」勢力へ”. 日本気象協会 (2017年9月11日). 2017年9月17日閲覧。
  5. ^ 強い台風18号 宮古島が暴風域に”. 日本気象協会 (2017年9月13日). 2017年9月17日閲覧。
  6. ^ 【東北】台風北上、日曜から大荒れ!”. 日本気象協会 (2017年9月15日). 2017年9月17日閲覧。
  7. ^ a b 台風18号、偏西風で急カーブ 上陸後は速度上げ移動”. 日本経済新聞 (2017年9月16日). 2017年9月20日閲覧。
  8. ^ 台風18号 鹿児島県に上陸”. 日本気象協会 (2017年9月17日). 2017年9月17日閲覧。
  9. ^ デジタル台風:台風201718号 (TALIM) - 詳細経路情報(Google Maps版)”. デジタル台風. 2017年9月20日閲覧。
  10. ^ 台風18号 四国の一部も暴風域に”. 日本気象協会 (2017年9月17日). 2017年9月17日閲覧。
  11. ^ 台風18号、高知・宿毛市付近に再上陸 - TBS NEWS
  12. ^ 台風18号 四国のほぼ全域が暴風域に”. 日本気象協会 (2017年9月17日). 2017年9月18日閲覧。
  13. ^ 平成29年 台風第18号に関する情報 第124号 - 気象庁予報部(2017年9月17日発表、2017年9月18日閲覧)
  14. ^ 台風18号 兵庫県明石市付近に再上陸 - NHK NEWS(2017年9月17日配信、2017年9月18日閲覧)
  15. ^ a b 【台風18号】5度目の上陸 北海道は暴風雨に要警戒 - ウェザーニュース(2017年9月18日発表、同日閲覧)
  16. ^ a b c d e f g h i j k 台風第18号及び前線による大雨・暴風等 (PDF)”. 気象庁 (2017年9月22日). 2017年9月23日閲覧。
  17. ^ 台風18号は温帯低気圧に変わりました”. 日本気象協会 (2017年9月18日). 2017年9月19日閲覧。
  18. ^ 【台風18号】九州、四国、本州、北海道の全てに上陸した初の台風に ウェザーニューズ、2017年9月18日、2017年9月18日時点の オリジナル からアーカイブ、2017年9月18日閲覧
  19. ^ 平成29年9月16日から18日にかけての台風第18号と前線による大雨と暴風について”. 大阪管区気象台 (2017年9月18日). 2017年9月20日閲覧。
  20. ^ a b 平成29年台風第18号について”. 沖縄地方気象台 (2017年9月14日). 2017年9月20日閲覧。
  21. ^ a b c 災害時気象資料‐平成29年台風第18号による9月16日から17日にかけての大分県の気象状況について‐”. 大分地方気象台 (2017年9月19日). 2017年9月20日閲覧。
  22. ^ a b 台風18号による大雨や暴風のまとめ”. 日本気象協会 (2017年9月19日). 2017年9月20日閲覧。
  23. ^ a b 平成29年台⾵第18号に関する気象速報”. 札幌管区気象台 (2017年9月21日). 2017年9月21日閲覧。
  24. ^ 青森県災害時気象資料 平成29年台風第18号による暴風と大雨”. 青森地方気象台 (2017年9月21日). 2017年9月21日閲覧。
  25. ^ 台風18号、大分で4回の記録的短時間大雨情報 - TBS NEWS(2017年9月17日配信、同日閲覧)
  26. ^ 大分県臼杵市における水防活動等に係る災害派遣について(21時30分現在) (PDF) - 防衛省(2017年9月17日、同日閲覧)
  27. ^ 大分県臼杵市における水防等活動に係る災害派遣について(最終報) (PDF) - 防衛省(2017年9月18日発表、19日閲覧)
  28. ^ 津久見市で大雨 津久見川と徳浦川が氾濫 - 日テレニュース24(2017年9月17日配信、2017年9月18日閲覧)
  29. ^ 大分 津久見 広範囲で浸水も被害全容つかめず - NHKニュース(2017年9月17日配信、2017年9月18日閲覧)
  30. ^ 台風18号に関する九州地方整備局の取り組み(第2報) - 国土交通省九州地方整備局
  31. ^ a b c 河川が氾濫、浸水 豊後大野の71歳不明 台風18号 - 大分合同新聞社GATE(2017年9月18日付朝刊、2017年9月18日閲覧)
  32. ^ 正午)台風18号 各地で突風被害相次ぐ - MRT宮崎放送(2017年9月17日、同日閲覧)
  33. ^ a b c 台風18号 九州の被害 大分で1人行方不明(午前0時)- NHK NEWS(2017年9月18日、同日閲覧)
  34. ^ 住宅の裏山崩れ86歳の女性死亡 - NHK NEWS(2017年9月18日、同日閲覧)
  35. ^ a b 平成29年台風第18号による被害及び消防機関等の対応状況等について(第9報) (PDF)”. 総務省消防庁 (2017年9月20日). 2017年9月21日閲覧。
  36. ^ a b c 台風18号 2人死亡 3人行方不明(午後7時)”. NHK (2017年9月19日). 2017年9月19日閲覧。
  37. ^ 高知 四万十 川岸に遺体 台風のとき不明の男性か - NHK NEWS(2017年9月21日、9月22日閲覧)
  38. ^ 台風で不明の男性か、大野川で遺体発見 - 大分合同新聞GATE(2017年9月21日、9月22日閲覧)
  39. ^ <台風18号>3人死亡3人不明 土砂崩れや冠水が相次ぐ”. EXCITE NEWS (2017年9月19日). 2017年9月19日閲覧。
  40. ^ 平成29年台風第18号による被害及び消防機関等の対応状況等について(第12報) (PDF)”. 総務省消防庁 (2017年9月20日). 2017年9月22日閲覧。
  41. ^ 台風通過、関東などで真夏日…死者2人不明3人”. 読売新聞 (2017年9月18日). 2017年9月19日閲覧。
  42. ^ “Jリーグ 17日に予定3試合が台風で中止”. デイリースポーツ. (2017年9月17日). https://www.daily.co.jp/soccer/2017/09/17/0010561419.shtml 2017年9月17日閲覧。 
  43. ^ “プロ野球 広島のリーグ優勝あす以降に 台風で試合中止”. NHK NEWS WEB. (2017年9月17日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170917/k10011142951000.html 2017年9月17日閲覧。 
  44. ^ a b c d e 台風第18号による被害状況について(第3報) (PDF) - 国土交通省災害情報(平成29年9月19日6時30分現在)(2017年9月19日、同日閲覧)
  45. ^ 大分 JR日豊線の線路脇で土砂崩れ 一部で運転見合わせ - NHK NEWS(2017年9月18日、同日閲覧)
  46. ^ 台風18号に伴う、9月19日(火)の運転状況について 【9月18日23:40現在】 (PDF) - 九州旅客鉄道(2017年9月18日、9月19日閲覧)
  47. ^ 日豊線臼杵ー市棚間、復旧までに数ヵ月か 土砂崩れ深刻 - 大分合同新聞(2017年9月22日付朝刊1面)・大分合同新聞GATE(2017年9月22日配信、10月2日現在のオリジナルをアーカイブ化)
  48. ^ a b 10 月2日(月)からの日豊本線・豊肥本線の運転計画について(お知らせ) - 九州旅客鉄道(2017年9月29日、10月1日現在のオリジナル (PDF) をアーカイブ化)
  49. ^ 「ななつ星 in 九州」3泊4日コースの一部ルート変更について - 九州旅客鉄道(クルーズトレイン「ななつ星in九州」ホームページより)(2017年9月26日、2017年10月6日現在のオリジナル (PDF) をアーカイブ化)
  50. ^ JR予讃線 一部運転見合わせ - NHK NEWS 香川(2017年9月18日、同日閲覧)
  51. ^ ことでん志度線 運転再開 - NHK NEWS香川(2017年9月18日、同日閲覧)
  52. ^ 台風18号 「美浜町」違いでした 福井の災害情報、愛知に誤送信”. 毎日新聞 (2017年9月19日). 2017年9月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]