国鉄583系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄583系電車
快速「あいづライナー」
快速「あいづライナー」
営業最高速度 120km/h
起動加速度 1.3km/h/s(MT比1:1)
減速度

3.5km/h/s (常用最大)

5.0km/h/s (非常)
全長 21000mm
全幅 2950mm
全高 4240mm
車体材質 普通鋼
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500 V
交流20,000 V・60Hz(581系)
交流20,000 V・50/60Hz(583系)
出力 120kW
主電動機 直流直巻電動機 MT54形
(120kW / 基)
定格速度 72.0km/h(全界磁)・116.0km/h(40%界磁)
歯車比 22:77 (1:3.50)
駆動装置 中空軸平行カルダン駆動方式
制御装置 CS15系制御器
抵抗制御・直並列組合せ・弱め界磁
台車 DT32系/TR69系
インダイレクトマウント空気バネ台車
制動方式 発電ブレーキ併用電磁直通ブレーキ
勾配抑速ブレーキ
保安装置 ATS-S(登場時)
ATS-SNATS-PATS-Ps(JR東日本所属車)
ATS-SW・ATS-P・ATS-Ps(JR西日本所属車)
製造メーカー 川崎車両→川崎重工業日立製作所日本車輌製造東急車輛製造汽車製造近畿車輛
備考
Wikipedia blueribbon W.PNG
第11回(1968年

国鉄583系電車(こくてつ583けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した動力分散方式寝台電車交直両用特急形電車。最初に使用された列車にちなんで「月光形電車」とも呼ばれる。

登場の背景[ソースを編集]

寝台設備を持つ動力車は、20世紀初頭にアメリカインターアーバン(都市間電車)や1950年代中頃に西ドイツの寝台気動車VT10.5形など数例が見られ営業運転も行われていたが、静粛性の問題や昼夜兼行とする経済的メリットが存在しなかったことから、いずれも少数・短期間にとどまった。本格的な寝台電車は本系列が世界で最初のものである。

本系列の開発の経緯は、以下に示す日本の鉄道の特異性が関係していた。

  • 地形が複雑で勾配や曲線の多い日本においては、1960年代初頭より昼行列車は加・減速性能や上り勾配での速度に優れている電車ないしは気動車による動力分散方式が一般化してきた一方で、夜行列車は一部が動力分散方式に切り替えられたものの寝台車については静粛性の観点から従来どおり機関車牽引の客車で運行される動力集中方式が一般的であり、高速化には限界があった[1]
  • 1960年代に入ると好景気による輸送需要増大に伴い全国的に優等列車の増発が進められた。この過程で運転本数が多くなった急行特急列車に対し、運行する車両を留置する車両基地の容量問題が浮上してきた[2]
  • さらに車両の新規製造コスト捻出が問題化していた[3]

これらの解決策として、昼夜兼行で使用可能な寝台兼用電車を設計することになったものである。

当初は寝台車の接客設備水準から昼行列車では急行列車の運用が想定されていたが[4]、昼行運用が平均時速が遅い急行列車で使用する場合十分な転換時間が得られないことや居住性を考慮すると「Bロネ[5]の3段化」が望ましいが大幅な定員減[6]であり収入減となるなどの理由から、特急形電車として設計された[7]。その結果として以下のメリットが発生した。

  • 寝台列車としては当時の日本国内在来線では最速となる120km/h[8]での走行が可能。
  • 朝夕ラッシュ時に通勤用車両がフル稼働して余裕のある車両基地で寝台設備の解体・組立を行うことにより新規の地上設備投資を抑制。
  • 昼夜兼行形車両とすることで1日により多くの車両運用が可能になり投資に対する費用対効果を向上。
  • 主に首都圏・近畿圏での早朝到着列車を電車化することでダイヤカット(列車運転間隔の短縮)に寄与。

こうして1967年昭和42年)に電動車が直流・交流60Hz対応の581系電車が登場。翌1968年(昭和43年)には電動車が直流・交流50/60Hz対応となり、これを機にそれまでの581系グループも含めて583系電車となった。

構造[ソースを編集]

外観[ソースを編集]

それ以前の国鉄特急形電車がボンネット形の先頭形状と低い屋根による速度感の強い外観だったのに対し、本系列は寝台スペースの確保のためにほぼ車両限界いっぱいまで広げられており車高が高く、車体側面を垂直[9]とし国鉄特急形電車としては初めて前面貫通路が設置された。

従来の特急形電車では静粛性から電動発電機(MG)と空気圧縮機(CP)を客室から遠ざけるため車両先端のボンネットに搭載していたが、本系列は先頭車の貫通構造と寝台列車では昼行列車以上の静粛性を要求されることから機器類とを客室の分離は必須であるためクハネ581形では容量150kVAのMGおよび容量2,000L/minのC2000形CP[10]を搭載する側通路構造の機器室を運転台後位に設置した。

クハネ581形側面
クハネ581形側面
運転台前窓周辺の処理
運転台前窓周辺の処理

運転台窓配置は従来の特急型から設計変更され、前窓は151系481系などの曲面ガラスを使わず、新幹線0系電車と同じく平面ガラスで構成された。側窓は0系同様に傾斜させることで屋根部との面変化を少なくした。ただし、0系は流線型であるため側窓の1枚は正面と側面を繋ぐ形で斜めに配置しているが、本系列では側窓を同表面で構成し在来線の車両限界の制約から0系よりも傾斜が強い[11]。このため側窓後部から屋根へのデザイン処理は独特となり後に新幹線100系電車でも採用された。

正面愛称表示器は、183系以降の貫通型・非貫通型先頭車のそれと比べ横長かつ天地の寸法が小さい。

  • 文字のみで列車愛称を表示していた時代は、他系列とは異なり書体は切紙風で黄色または黄緑色に黒色の細い縁取り付きとした[12]

塗色は在来特急車の窓周り色(赤2号)に代わって窓周り色(青15号)とした。この色は20系客車などの寝台車に使われているものと同じであるほか、当初は新大阪で東海道新幹線に接続するため新幹線と共通するイメージを持たせることも考慮された[11]。地色のクリーム色も青15号との相性から、在来特急車のクリーム4号からクリーム1号として落ち着いたイメージを持たせた。塗り分けは「こだま形」のものを踏襲したが、窓周りの青は寝台車としての性格を強調するため幅広となった[11]。また、運転台前面上部は反射防止のため青15号で塗装された。

客扉は戸袋ができるのを避けるため折戸とし、腐食防止のためステンレス製とした。また、側面出入口付近に本系列独自の正方形とした20コマ対応電動巻取式方向幕が装備され新製時より使用された[13]

貫通形デザインと波及[ソースを編集]

貫通扉のスタイリングは、開発担当する車両メーカー設計陣のほか鉄道車両工業会に当時設けられていた鉄道工業デザイン委員会のメンバーが加わって検討が行われ、貫通扉と幌を覆う構造・運転台の窓構成・大きな車体断面から先頭部にかけての形の変化などが議論された[11]

貫通路方式は将来の列車分割・併合を見越したもので連結器もボンネット形で採用された自動連結器とカバーの構成から密着連結器に変更された。当時の特急列車は長距離輸送の主役であり、優等列車の先頭形状には優雅さが求められたことから、貫通扉・幌・さん板を隠す左右2分割式外扉を設置し、表面の特急マークも外扉の左右2分割式である[11]

クハネ581-27
クハネ581-27
クハネ581-7非貫通改造車
クハネ581-7
非貫通改造車

デザインも含めてこれらは後年の国鉄特急形電車に影響を与えた[14]

しかし、当時の電車特急は長編成での運行が基本であり分割・併合が実施されることはなく、後に正面デザインは前面貫通型をベースとしつつも貫通扉路を省略した先頭車(クハ481形300番台など)が登場することとなった[15]。なお、本系列は非貫通型先頭車登場前に製造が終了したため落成した先頭車はすべて貫通型である。

また腐食寒冷地での隙間風防止の観点から外扉の溶接を実施した車両が存在し、中にはクハネ581-7(→クハ715-3)のような事故復旧時に非貫通型に改造された車両もある。

  • JR東日本秋田車両センター配置のクハネ583形は修繕に際し完全に貫通路が埋められ非貫通型となった。同編成は青森所属時に外扉を溶接しているが、外見上はオリジナルに近く切れ目が入っている。

国鉄時代末期からJR化後にかけ特急列車の短編成化と分割・併合運転が増加し、本系列も含め従来は使用することがなかった貫通型先頭車を活用する例がでてきた(詳細は後述)。また681系285系のように設計当初から分割・併合を視野に入れ本系列に類似した外見・構造を持つ貫通型先頭車が登場している。

主要機器[ソースを編集]


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

Mn車(モハネ581・583形)には山岳区間での使用も考慮した抑速ブレーキを搭載した自動ノッチ戻し機構付きのCS15系制御装置を搭載し、ユニットを組むM'n車(モハネ580・582形)も含む8基の定格出力120kWのMT54系主電動機を制御するMM'ユニット方式を採用した。

交流電化区間では交流を直流に整流して用いる401系・421系電車から一貫した手堅い間接式の機器構成が踏襲されており、M'n車には主変圧器主整流器などの機器とPS16B形菱形パンタグラフに降雪対策として押上げ力の強化や構造の簡素化を施工したPS16D形を搭載する。

台車は車重の増加に伴い、DT32系台車の板厚を増して軸受等を強化した上で枕ばねをベローズ式からダイアフラム式に変更したDT32D形(動力車)・TR69D形(付随車)を採用した。

485系MM'ユニットを組み込んだ「シュプール号」

これらの構成は前後して登場した485系グループと同等である。したがって本系列ともども485系グループとの併結も可能であり、営業運転では分割民営化後に京都総合運転所所属車を充当した「シュプール号」において以下の実績がある。

  • 485系側6両編成[16]のクハ481形200番台と本系列8両編成[17]のクハネ581形を向い合わせで連結(10M4T)[18]。もしくは485系側7両編成[19]のクハ481形200番台と本系列7両編成[20]のクハネ581形を向い合わせで連結(8M6T)[21]
  • 本系列10両編成からサロネ581形を抜き485系MM'ユニットを組込んだ11両編成(8M3T)[22]

どちらも加速力補強という観点から電動車比率が高められた。

動力車を寝台車に用いるという特殊事情から遮音・防振の対策は非常に徹底されており、その後に登場した寝台客車と比較しても遜色のない水準にある。

車内設備[ソースを編集]

座席状態の普通車車内
座席状態の普通車車内
片方の座席を引き出した状態
片方の座席を引き出した状態
B寝台車内急行「きたぐに」
B寝台車内
急行「きたぐに」
食堂車 車内サシ581-19
食堂車 車内
サシ581-19

当初はB寝台車兼普通車(1969年までは2等座席・寝台)モハネ581形・モハネ580形・クハネ581形・サハネ581形と食堂車サシ581形のみが製造された。これはA寝台車(1969年までは1等寝台)については昼間に使用する際に特急列車用グリーン車(1969年までは1等車)に必要な居住性を確保する方策がなかったためである。食堂車についても車体断面形状・側窓・冷房装置等を他形式と同一とした。

B寝台車の内装については、20系までの寝台客車で標準とされた片側通路式をやめ座席車としての運用時に4人掛ボックスシートとして使用できる中央通路式の「プルマンスタイル」が採用された。そのため、上段・中段寝台用にプルマン式A寝台車と同様の明かり窓が備えられている。パンタグラフ取付部は、屋根高さの関係から中段・下段の2段とした。この部分は中段寝台の寝台舟および荷物棚の方式が一般部と異なっている。

  • 構造上の都合により[23]原則として営業列車の走行中における転換作業は行わないとされたが、約1000kmの長距離を走った「きりしま」や臨時「日本海」等で走行中に転換作業を行った実績がある[24][25][26]

寝台幅は従来の52cmから居住性改善のため、上段・中段寝台については70cmとし、下段については座席幅2人分を確保するため1等開放寝台並の106cmとなった[27]

昼間使用時の4人掛ボックスシートについても、人間工学に基づいて設計された深い背ずりと1,970mmのシートピッチにより、その居住性は客車における一般型1等車(並ロ)に匹敵するものであり[28]、同時期の181系や485系グループなどの回転式クロスシートに対しても決して劣るものでなかった。ただしボックスシートの構造上リクライニング機能は搭載されていない。

サハネ581形 側面

食堂車を除く各車両では寝台使用時を考慮し、車端部にトイレは2基、洗面台は3基設置としたほか、開閉可能窓による外開式非常口を備えた乗務員室が設置された。これにより車体外観を含めて本系列の独特のスタイルが形成されている。

窓の日よけは、通常のカーテンや布製ブラインドでは寝台セット時に邪魔になるため、2枚のガラスの間に回転式ブラインド(通称:ベネシャンブラインド)を仕込む方式とした[29][30]。ブラインドの上下は窓上部に設けたハンドルの手動操作による[31][32]。この回転式ブラインドはその形状・色彩から内装だけではなく外見上も良く目立つものとなった。これ以外にも、サシ581形から採用されたFRP製座席や、折りたたみ可能な片持式テーブルなどは、同時期以降における他形式の食堂車に波及した。

冷房装置は、の吹出方向および車両限界の関係から新設計した小型のAU15形分散式冷房装置を寝台区画ごとに設置し、クハネ581・583形に8基、モハネ580・582形に4基、その他の形式に9基搭載した。ただし、パンタグラフを2基搭載するモハネ580・582形はAU15形のみでは容量が不足するため床置形のAU41形も3基搭載する。

車両形式[ソースを編集]

581系[ソースを編集]

1967年・1968年に京阪神地区発着の九州直通特急列車用に製造されたグループで、電動車ユニットが交流60Hz対応。第11回(1968年)鉄道友の会ブルーリボン賞受賞。

日立製作所日本車輌製造川崎車両 / 川崎重工業近畿車輛が製造を担当した。

モハネ581-1 - 12
Mn:座席定員60人(4人掛ボックス×15)・寝台定員45人(3段×15)
主制御器:CS15C形
主抵抗器:MR52B形
モハネ580-1 - 12
M'n:座席定員56人(4人掛ボックス×14)・寝台定員36人(3段×8・2段×6)
主変圧器:TM10形
主整流器:RS22A形
クハネ581-1 - 9
Tnc1:座席定員44人(4人掛ボックス×11)・寝台定員33人(3段×11)
サハネ581-1 - 12
Tn:座席定員60人(4人掛ボックス×15)・寝台定員45人(3段×15)
サシ581-1 - 5
Td:食堂40席(4人掛テーブル×10)
  • このうち1968年(昭和43年)製造分のモハネ581・580-12・クハネ581-9・サハネ581-11 - 12・サシ581-5は、車内蛍光灯交換時の作業手順統一と屋根上点検時の通路確保の要請から、通風器の配列が冷房機を挟んで交互に配置する千鳥式から片側一列に変更され、空いたもう一列には滑り止めを設置するなどの設計変更が行われた。

583系[ソースを編集]

1968年(昭和43年)10月の東北本線青森電化ならびに山陽本線・九州地区の増発にあわせたダイヤ改正に際して開発されたグループ。製造は1972年まで前述の4社に加え汽車製造東急車輛製造も担当した。581系での使用実績の反映も含めて以下の設計変更や改良が実施された。

モハネ583-106
モハネ583-106
モハネ582-100
モハネ582-100
主要機器
設備
  • モハネ581形では専務車掌室が後位海側に設置されており、山側のホーム看視や車掌スイッチの取り扱いに不都合が生じていたことから、モハネ580形の後位側車端部に中央の通路を挟んで左右に配置されていた床上冷房装置室(山側)と乗務員室(海側)をモハネ582形では反対に配置して山側ホームの看視と車掌スイッチ操作をこの乗務員室で実施可能に変更。
  • 各車の一方の車端部に2カ所設置されているトイレのうち、車体中央寄りの方の出入り口を客室出入り口戸との干渉を避けての移設と向きを反転。
  • 寝台の使用時の騒音減少を目的として、各部へのパッキン類の追加や構成部材の材質変更が行われ、さらに組立解体時の仕切り折り畳みや荷棚固定操作が容易となるよう寝台そのものの構造修正を実施。
モハネ583-1 - 106
Mn:座席・寝台定員ともモハネ581形に同じ。
モハネ582-1 - 106
M'n:座席・寝台定員ともモハネ580形に同じ。

また、増備途中で主要機器の設計変更が行われた。以下の表に示す。

形式 車両番号 主制御器 主抵抗器 主整流器
モハネ583形 1 - 87 CS15E形 MR52B形  
88 - 106 CS15F形 MR52D形
モハネ582形 1 - 90   RS22A形
91 - 106   RS40A形


備考
  • CS15E形:CS15C形の耐雪強化形で応荷重装置を搭載。
  • CS15F形:CF15E形を無接点化。
  • RS40A形:大容量素子による小型化。

主変圧器の対応周波数に関係しない先頭車他の付随車は、581系から継続となった。

  • クハネ581-10 - 41
  • サハネ581-13 - 57
  • サシ581-6 - 35

また583系登場と同時にサロ581形が、1970年にはクハネ583形が新たに製造された。

サロ581-25
サロ581-25
サロ581形 室内
サロ581形 室内
サロ581-1 - 35
Ts:座席定員48人(4列×12)

581系登場当初用意されなかった1等車(現・グリーン車)については、国鉄部内でも東北線昼行特急には不可欠[37]と考えられ、583系の開発と並行して座席専用車両のサロ581形が設計・製造された。

  • 系列内他形式車両と車体断面を揃えたため、同様に寝台設備をもたないサシ581形ともども天井が高いという特徴のほか、日よけも他形式と同じく回転式ブラインドを採用。
  • 車内設備はサロ481形に準じた通常のリクライニングシートであるが、以下の点でサロ481形と異なる。
    • トイレは両車端に各1カ所ずつ設置したサロ481とは異なり、2等寝台車に準じて一方の車端に2カ所とし、一方を和式、一方を洋式として設置。
    • 洗面台は平面鏡付きで3組設置とした一般車とは異なり、鏡を三面鏡として2組を設置する設計を採用。

当初はA寝台車と1等車との設計も考慮されたが、国鉄職員として両系列の設計に中心として関わった星晃は、後年雑誌のインタビューで「寝台からリクライニング座席への転換方法についてアイデアはまとまった[38]ものの、モックアップを作っていては時間切れになる恐れが出てきたため採用を断念した」と語っている。

クハネ583-1 - 30
Tnc3:座席定員52人(4人掛ボックス×13)・寝台定員39人(3段×13)
クハネ583-8MGは床下 CPは助手席下搭載乗務員室扉直後に客室扉を設置 クハネ581-33MG・CPは運転室後部の機器室に搭載そのため乗務員室扉と客室扉の設置間隔が広い
クハネ583-8
MGは床下
CPは助手席下搭載
乗務員室扉直後に客室扉を設置
クハネ581-33
MG・CPは運転室後部の機器室に搭載
そのため乗務員室扉と客室扉の設置間隔が広い

1968年の3電源方式電動車の583系移行後も制御車はクハネ581形で増備されており、寒冷地である東北地区使用車は、警笛用シャッターや凍結防止用ヒーター回路が追加される等の対策が施工されていた。さらに東北地区では寝台特急の人気により編成を15両化することが検討された。しかし、15両編成にした場合クハネ581形の150kVAMGでは編成全体の電力容量を確保できないことから、1970年10月のダイヤ改正以降に増備される制御車は通勤形電車の冷房電源用として開発された210kVA MGを搭載する設計変更が行われ、新たに登場したのが本形式である[11]

資料によってはクハネ581形が581系、クハネ583形が583系の制御車として製造されたように記述されているものがあるが、これは誤りである。

クハネ581形からの変更点は以下の通り。

  • 運転台後位の機器室を廃止し、小型・大容量の210kVA・MGは床下搭載とし、CPを助士席下の床上に移設[39]
  • 機器室区画は、座席8名・寝台6名の客室2区画となり定員を増加。

本形式は優先的に青森配置とされたため南福岡新製配置車は、最終増備となる27 - 30の4両のみである[40]

改造形式・区分番台[ソースを編集]

サロネ581-1 公式側方向幕左下が喫煙席 サロネ581-6 非公式側
サロネ581-1 公式側
方向幕左下が喫煙席
サロネ581-6 非公式側
サロネ581 車内
サロネ581 車内
サロネ581形

1985年3月、急行「きたぐに」に本系列を充当することになった際、同列車はA寝台の需要が高いことから[41]、同年2月から3月にかけてサハネ581形6両をA寝台車化する以下の改造が施工された[42]

  • 元々のプルマン式3段寝台の上段および中段を撤去し、新たに上段を新設して2段寝台化。これにより寝台定員28人(Tns:2段×14)となった。
  • 寝台使用時の明かり窓も2段化のため中段分の1列を撤去。
  • モケットをA寝台用の緑系色に変更(オリジナルは青)。
  • 後位側の乗務員室前の1ボックスを喫煙席に変更。
  • 座席背もたれの上部に備わる仕切を完全に固定化。

昼間使用時[43]は、普通座席車として使用される。

2007年に2、2010年に3・6が廃車。残存した車両も「きたぐに」臨時列車化による編成変更により、2012年までに全車廃車・廃形式となった。

サロネ581形改造一覧
車両番号 種車 改造施工[42] 落成日
1 サハネ581-25 広島工場 1985.03.20
2 サハネ581-48 幡生工場 1985.02.26
3 サハネ581-49 1985.03.30
4 サハネ581-50 1985.02.20
5 サハネ581-55 広島工場
6 サハネ581-56 幡生工場 1985.03.30


サロ581形100番台 車内
サロ581形100番台 車内
サロ581形100番台

1989年平成元年)にJR西日本が「シュプール号」用として、サロ581形に以下の改造を施工した区分番台である。

  • 車端部の座席を前後3列撤去してサロンとテーブルを設置。
  • トイレ・洗面所を撤去して車販準備室とリネン室を新設。
  • 座席定員は24人(Ts1:4列×6)に半減。

「シュプール号」のみならず「きたぐに」でも運用されたが、2010年までに全車廃車・廃区分番台となった。

サロ581形100番台改造一覧
車両番号 種車 改造施工 落成日 廃車日
101 サロ581-12 吹田工場 1989.12.20 2010.08.20
102 サロ581-27 1989.10.15 2007.06.06
103 サロ581-34 1989.12.20 2010.03.31


他系列への改造[ソースを編集]

1983年(昭和58年)から、等時隔頻発ダイヤを地方線区に波及させるため、余剰となった本系列153両が近郊形に改造された。寝台電車の基本構造を踏襲したまま、扉の増設、運転台取り付け等による短編成化を行ったもので、非常に奇異な外観を呈した。

製造年・製造メーカー別一覧[ソースを編集]

本系列は以下の7回にわけて製造が実施された。

1967年「月光」「みどり」投入
配置 形式 日本車輌 近畿車輌 川崎車輌 日立製作所
南福岡 モハネ581
モハネ580
1 - 3 4 - 6 7 - 9 10・11
クハネ581 1・2・7・8 3・4 5・6  
サハネ581 1 - 3 4 - 6 7 - 9 10
サシ581 1 2 3 4


1968年3月 南福岡電車区配置予備車増強
配置 形式 近畿車輌
南福岡 モハネ581
モハネ580
12
クハネ581 9
サハネ581 11・12
サシ581 5


1968年 10月ダイヤ改正 東北地区投入ならびに西日本地区増発
配置 形式 日本車輌 汽車会社 川崎車輌 近畿車輌 日立製作所
青森 モハネ583
モハネ582
1 - 4・23 - 27 5 - 8・28 - 31 9 - 16  
クハネ581 10・11・22 - 24 12・13・25・26 14 - 17  
サハネ581 13・14 15・16 17 - 20  
サロ581 1 - 4 5 - 7  
サシ581 6・12・13 7・14 8・9  
南福岡 モハネ583
モハネ582
  32 - 38 17 - 19
39 - 45
20 - 22
46 - 48
クハネ581   27 - 30 18・19
31 - 34
20・21
35 - 37
サハネ581   27・28 21 - 23・29 24 - 26・30
サロ581   8 - 12 13 - 16 17 -19
サシ581   15・16 10・17・18 11・19


1970年 3月ダイヤ改正 大阪万博開催による西日本地区増発
配置 形式 川崎重工業 日立製作所
南福岡 モハネ583
モハネ582
49 - 52 53 -55
クハネ581 38・39 40・41
サハネ581 31 - 33 34・35
サロ581 20 21
サシ581 20 21


1970年 10月ダイヤ改正 東北地区ならびに鹿児島本線西鹿児島電化による増発
配置 形式 日本車輌 東急車輌 汽車会社 川崎重工業 近畿車輌 日立製作所
青森 モハネ583
モハネ582
56 - 59 60 - 65
79・80
  81 - 84
クハネ583 1・2 3 - 5 6・7 8 - 11
18 - 20
12・13 14 - 17
サハネ581 36 37   46
サロ581 22 23   28
サシ581 22 23   28
南福岡 モハネ583
モハネ582
  66 - 68 69 - 72
85 - 87
73 - 75 76 - 78
サハネ581   38・39 40・41
47・48
42・43 44・45
サロ581   24 25・29 26 27
サシ581   24 25・29 26 27


1971年 札幌オリンピック臨時列車対応ならびに西日本地区予備車増強
配置 形式 川崎重工業
青森 モハネ583
モハネ582
97 - 100
クハネ583 25・26
サハネ581 53
サロ581 33
サシ581 33
南福岡 モハネ583
モハネ582
88 - 90
サハネ581 49・50
サロ581 30
サシ581 30


1972年 3月ダイヤ改正による列車増発
配置 形式 汽車会社 日本車輌 川崎重工業
青森 モハネ583
モハネ582
91 - 93 94 - 96  
クハネ583 21・22 23・24
サハネ581 51 52
サロ581 31 32
サシ581 31 32
南福岡 モハネ583
モハネ582
  101 - 103 104 - 106
クハネ583 27・28 29・30
サハネ581 54・55 56・57
サロ581 34 35
サシ581 34 35


事故廃車[ソースを編集]

モハネ583+582-59・95・サハネ581-53
1990年2月11日午前2時頃に「ゆうづる1号」で運用中仙台駅構内で結線ミスから発生したポイント誤動作による脱線転覆事故被災車。同年7月23日付けで廃車[44]

問題点[ソースを編集]

本系列は1967年から1972年の間に434両が製造され、輸送需要の激増に大きく貢献した。しかしながら、以下のような問題点が生じてきた。

  • 当初はそのゆとりを歓迎された昼間の4人掛ボックスシートも個人主義の広がりにより、他の同時代特急形普通車と異なる「向かい合わせ固定座席」自体が敬遠され、普通車座席を簡易リクライニングシートとした183系電車の製造開始された1972年以降は急速に陳腐化した。
  • 座席・寝台転換時に極めて複雑な工程を要し人的コストが多大に掛かり、寝台運用時には上・中段寝台の空間の狭さと出入りが窮屈な点。1974年の幅広二段式B寝台24系25形で当初懸念された寝台定員減はそれほど問題とはならず[45]、むしろ本系列のマイナス面が指摘された。
  • 座席運用時に乗客が勝手に座席を引き出して下段寝台を組み立ててしまうケースが発生した[46]ことから、一部車両に引き出し防止の観点からロック機構の追加改造が施工された。
  • 1975年山陽新幹線1982年東北新幹線開業で並走する在来線昼行特急が廃止されると夜行のみの運用が主体となり、本系列のメリットを喪失する結果となった。
  • 東北本線での運用は厳寒地域を昼夜で最高120km/h運転かつ1日あたり1,500km近い距離を走る極めて過酷な条件下にあり、車両へのダメージが大きく老朽化を早める一因となった。

運用の変遷[ソースを編集]

本系列は青森から西鹿児島(現・鹿児島中央)までを包含する広範囲の地域において、昼夜兼用で広汎に使用された。

国鉄時代[ソースを編集]

国鉄時代は、南福岡電車区(現・南福岡車両区)→向日町運転所(現・吹田総合車両所京都支所)・青森運転所(現・盛岡車両センター青森派出所)に配置された。本項では配置車両区別に解説するものとする。

南福岡電車区(門ミフ)[ソースを編集]

1967年(昭和42年)に581系44両(12両編成3本・予備車8両)が新製配置され、10月のダイヤ改正より以下の列車で運用が開始された。

運用は以下の形で設定された。

  • 博多(上り「月光」)新大阪(下り「みどり」)大分(上り「みどり」)新大阪(下り「月光」)博多

本来ならば夜行2編成・昼行2編成の計4編成必要なところ本系列では3編成で済み、昼夜兼行とする経済的メリットを証明した。

  • 関西側における昼夜設備の転換作業は野洲電車区で行った。

翌1968年(昭和43年)3月には予備車増強を名目に6両の追加製造が行われ配置50両(12両編成4本・予備車2両)となっている。

1968年10月1日ダイヤ改正

大量増備が行われ141両(12両編成11本・予備車9両)配置となった。

  • 3号車にサロ581形が組み込まれた。

運用面では「みどり」が485系化されたために日豊本線運用は消滅。以下の列車に充当された。

特急「明星」
  • 夜行
    • 「月光」2往復(うち1往復は季節列車)
      • 新大阪 - 博多
    • 「明星」
    • 「金星」
  • 昼行
    • 「つばめ」
      • 名古屋 - 熊本
    • 「はと」2往復(うち1往復は季節列車)
      • 新大阪 - 博多
1970年3月1日ダイヤ改正

大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会に対応するため、配置168両(12両編成14本)となる。

  • この増備でクハネ581形の製造が終了。

充当列車は「はと」の季節列車が定期列車化、新たに「明星」1往復が追加されたが、検修能力の関係から「明星」追加分は下り木曜日・上り水曜日運休という変則運用が採られた。

  • 夜行
    • 「月光」2往復(うち1往復は季節列車)
      • 新大阪 - 博多
    • 「明星」2往復
    • 「金星」
      • 名古屋 - 博多
  • 昼行
    • 「つばめ」
      • 名古屋 - 熊本
    • 「はと」2往復
      • 新大阪 - 博多
1970年10月1日ダイヤ改正
特急「有明」

鹿児島本線西鹿児島(現・鹿児島中央)電化により、新たに「きりしま」のほかに九州島内の「有明」、本州内の「しおじ」にも充当されることになった。配置は232両(12両編成19本・予備車4両)。

  • 青森運転所にクハネ583形を優先配置したために当区へは捻出されたクハネ581形が転属する形となった[47]
  • 夜行
    • 「月光」2往復(うち1往復は季節列車)
      • 新大阪 - 博多
    • 「明星」2往復
      • 新大阪 - 熊本
    • 「きりしま」
      • 京都 - 西鹿児島
    • 「金星」
      • 名古屋 - 博多
  • 昼行
    • 「つばめ」
      • 名古屋 - 熊本
    • 「はと」2往復
      • 新大阪 - 博多
    • 「しおじ」
    • 「有明」2往復

翌1971年には1編成分の製造が行われたために243両(12両編成20本・予備車3両)。

  • 10月1日から増備編成を投入して毎日運転の季節列車扱いで「しおじ」1往復に充当。
1972年3月15日ダイヤ改正

山陽新幹線岡山暫定開業より、運用列車が大幅に変更となった。

  • 夜行
    • 「月光」2往復(うち博多発着の1往復は季節列車)
      • 岡山 - 博多・西鹿児島
    • 「明星」4往復
      • 京都・新大阪 - 博多・熊本
    • 「きりしま」
      • 京都 - 西鹿児島
    • 「金星」
      • 名古屋 - 博多
  • 昼行
    • 「つばめ」4往復
      • 岡山 - 熊本
    • 「しおじ」
      • 新大阪 - 下関
    • 「有明」3往復
      • 門司港・博多 - 西鹿児島
    • 「しらさぎ」

新たに「しらさぎ」で北陸本線での運用が開始されたが、冬期は降雪区間を走行することから一部車両に耐寒耐雪工事を行なって限定分離運用とされた[48]

日本車輌製造と川崎重工業で12両編成1本ずつ計2本新造され配置は267両(12両編成22本・予備車3両)。

  • 本系列最終製造分で、制御車も青森のクハネ581形置換えが終了したためにクハネ583形が南福岡区に初めて配置された。

以後のダイヤ改正では、運用に以下の小変更が発生している。

1973年10月1日ダイヤ改正
  • 「月光」の季節列車を定期列車化。
  • 「きりしま」を下り京都発、上り新大阪着に変更。
  • 「つばめ」充当を1往復減の3往復とし、うち1往復を西鹿児島まで延長。
  • 「しおじ」充当を1往復増の2往復とする。
1974年4月25日ダイヤ改正
  • 「明星」1往復を季節列車に格下げ。

1975年(昭和50年)3月10日の山陽新幹線博多開業に伴うダイヤ改正により、山陽本線から九州各線へ連絡する特急列車のうち、昼行列車が全廃された。南福岡区所属の本系列はすべて転出となった。

  • 向日町運転所に254両(12両編成21本・予備車2両)。
  • 東北地区の予備車増強用として青森運転所に13両。

こうして、本系列誕生以来の車両基地であった南福岡電車区の配置は0となった。

南福岡電車区配置車編成
← 西鹿児島・博多・大分
新大阪・名古屋・富山 →
1967年10月1日 - 1968年9月30日
クハネ
581
サハネ
581
サハネ
581
モハネ
580
モハネ
581
サシ
581
モハネ
580
モハネ
581
サハネ
581
モハネ
580
モハネ
581
クハネ
581
1968年10月1日 - 1975年3月9日
クハネ
581
サハネ
581
サロ
581
モハネ
582
モハネ
583
サシ
581
モハネ
582
モハネ
583
サハネ
581
モハネ
582
モハネ
583
クハネ
581
備考
  • 表左側より1号車・2号車…12号車
  • 1968年10月以降のモハネ583+モハネ582はモハネ581+モハネ580の場合あり
  • 1972年3月以降のクハネ581はクハネ583の場合あり

向日町運転所(大ムコ)[ソースを編集]

特急「なは」

1975年(昭和50年)3月10日のダイヤ改正で南福岡電車区から254両が転入し本系列の車両基地となった。また転入に際し、検修設備の関係からサロ581形を3号車から5号車へ、サハネ581形を2号車から4号車へ、4・5号車のモハネユニットを2・3号車へ組み替える編成変更を実施。当初は次の列車に充当された。

  • 夜行
    • 「明星」3往復
      • 京都・新大阪 - 博多・西鹿児島
    • 「なは」
      • 新大阪 - 西鹿児島
    • 「彗星」2往復
    • 「金星」
      • 名古屋 - 博多
  • 昼行
    • 「有明」3往復
      • 門司港・小倉・博多 - 西鹿児島
    • 「しらさぎ」
      • 名古屋 - 富山
  • 「彗星」運用で6年半ぶりに日豊本線運用が再開。
  • 運用に余裕が発生したために臨時「雷鳥」にも投入。
  • 食堂車は全列車営業休止。
  • 寝台組立要員の不足と末端利用者への配慮から「明星」「彗星」の一部車両を普通座席指定車として運用。
    • 本改正では「明星」下り1・上り7号「彗星」下り1・上り3号に4両、「明星」下り7・上り1号「彗星」下り3・上り1号に1両設定したが、利用率は芳しくなく1980年10月の改正で指定席運用は廃止。
1978年10月2日ダイヤ改正
特急「雷鳥」
  • 夜行
    • 「明星」2往復
      • 新大阪 - 博多・西鹿児島
    • 「なは」
      • 京都 - 西鹿児島
    • 「彗星」
      • 新大阪 - 宮崎
    • 「金星」
      • 名古屋 - 博多
  • 昼行
    • 「有明」3往復
      • 門司港・小倉・博多 - 西鹿児島
    • 「雷鳥」4往復
  • 九州方夜行運用が2往復減。
  • 「しらさぎ」運用の終了。
    • 北陸本線冬期降雪による遅延のため、共通運用となる「金星」への転換作業時間が確保できずに度々遅れや運休が発生し問題化[49]
  • 「雷鳥」4往復に投入され、サシ581形の営業再開。
    • 従来冬期限定で「金星」「しらさぎ」運用に投入されていた耐寒耐雪装備車を含め87両が強化工事[50]を施し充当されることになるが、工期の関係から翌1979年2月28日までは、週末のみ1往復運転とされた。
1980年10月1日ダイヤ改正

国鉄再建計画の一環として、オイルショック以降の鉄道輸送退潮に伴い、夜行列車の供給自体を調整した。この結果、在来の20系を置換えた新型客車のみでの運行で輸送需要がまかなえるようになり、居住性・メンテナンスなどに難のある寝台電車の必要性が薄れており、向日町配置車は夜行定期運用が減少した。

  • 夜行
    • 「明星」
      • 新大阪 - 西鹿児島
    • 「なは」
      • 新大阪 - 西鹿児島
    • 「彗星」
      • 新大阪 - 宮崎
    • 「金星」
      • 名古屋 - 博多
  • 昼行
    • 「有明」2往復
      • 小倉・博多 - 西鹿児島
    • 「にちりん」2往復
      • 小倉・博多 - 宮崎
    • 「雷鳥」4往復
      • 大阪 - 金沢・富山
1982年11月15日ダイヤ改正
  • 夜行
    • 「なは」
      • 新大阪 - 西鹿児島
    • 「彗星」
      • 新大阪 - 宮崎
  • 昼行
    • 「有明」
      • 博多 - 西鹿児島
    • 「にちりん」2往復
      • 小倉・博多 - 宮崎
    • 「雷鳥」2往復
      • 大阪 - 金沢
二条駅留置の余剰車クハネ581-7(右)
二条駅留置の余剰車
クハネ581-7(右)
急行「立山」
急行「立山」

夜行では「金星」「明星」が終了。「雷鳥」も2往復に減少など大幅な運用減により、12両編成5本と19両の計79両が余剰となりモハネ581・580形など初期製造の車両が定期運用から外れた。

  • 余剰車のうち48両が715系0番台に改造された(詳細は次項で記述)。

このため編成組成も大幅に変更となり、従来の12両編成7本・10両編成9本・予備車のクハネ581形1両の計175両配置となった。

北陸本線系統の昼行急行列車は全廃となったが、夜行「立山」1往復は季節列車として残存。試験的に余剰車を投入し、本系列の格下げ運用が開始された。

1984年2月1日ダイヤ改正

山陽本線 - 九州地区での運用が終了となり、定期運用は「雷鳥」2往復と季節列車の急行「立山」のみとなった。

余剰休車が121両まで増加し、稼動車として残存する車両は85両(12両編成7本・予備車1両)まで減少した。

  • 1983年以降、これらの余剰車を中心に一部が419・715系近郊形電車に改造された[51]
  • 改造までは長期処分保留車として通常の車両基地に収容されたが、あまりにも大量だったために収容し切れない一部車両は電動車ユニットを中心に遊休化しつつあった車両基地近傍の貨物側線に留置された[52]
    • 交直流両用の419系は北陸本線に、交流専用の715系は0番台が長崎本線佐世保線に、1000番台は東北本線に投入された。また、モハネ581・580形は全車が改造され廃形式となった。
1985年3月14日ダイヤ改正

「雷鳥」「立山」の定期運用が終了し、新たに次の定期運用に投入された。

  • 急行「きたぐに」

「立山」の大阪 - 富山間では運転時間が短く、12両中3両を寝台としても利用率は低かったため廃止。しかし、余剰車両の活用には有効であった結果から「きたぐに」に充当となり、編成もサロネ581形を組み込んだ12両編成となった。

  • 波動輸送対応を含め上記編成6本を組成し稼動車は72両。
    • サハネ・サシ581形が編成から外され、モハネユニットを1組追加しているために従来と同じ12両編成であるが、6M6Tから8M4Tに変更。
    • 余剰のサシ581-5・19が2月28日付けで廃車となった。これは本系列初の廃車である。

この改正以後は「きたぐに」の新潟での間合い運用となる急行「庄内」や臨時「日本海」・「雷鳥」などの波動運用が増加した。

1986年11月1日ダイヤ改正

新潟寄のモハネユニット1組が減車され10両編成6本の計60両配置。419系・715系改造車両以外の余剰車はすべて廃車となった。

向日町運転所配置車編成
← 西鹿児島・博多・大分
新大阪・名古屋・富山・新潟 →
1975年3月10日 - 1985年3月13日(12両編成)
クハネ
581
モハネ
582
モハネ
583
サハネ
581
サロ
581
サシ
581
モハネ
582
モハネ
583
サハネ
581
モハネ
582
モハネ
583
クハネ
581
1982年11月15日 - 1985年3月13日(10両編成)
クハネ
581
モハネ
582
モハネ
583
サロ
581
サシ
581
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
クハネ
581
 
1985年3月14日 - 1986年10月30日
クハネ
581
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
サロ
581
サロネ
581
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
クハネ
581
1986年11月1日 -
クハネ
581
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
サロ
581
サロネ
581
モハネ
582
モハネ
583
クハネ
581
 
備考
  • 表左側より1号車・2号車…12号車
  • 1982年11月14日までモハネ583+モハネ582はモハネ581+モハネ580の場合あり
  • クハネ581はクハネ583の場合あり

青森運転所(盛アオ)[ソースを編集]

1968年の東北本線全線電化完成により青森運転所に84両(13両編成6本・予備車8両)が新製配置された。編成あたりの出力は勾配区間を考慮して西日本地区の6M6Tから8M5Tに強化された。 10月1日のダイヤ改正を前に6月から配置が始まり、9月9日からは「はつかり」に使用されていたキハ81系の改正に伴う転配と改造日程などの関係により、常磐線経由のまま前倒しで置き換えられた[53]。そして、ダイヤ改正からは以下の列車に充当された。

特急「はつかり」
特急「はつかり」
特急「ゆうづる」
特急「ゆうづる」
特急「はくつる」
特急「はくつる」
  • 夜行
    • 「はくつる」
      • 上野 - 青森(東北本線経由)
    • 「ゆうづる」
      • 上野 - 青森(常磐線経由)
  • 昼行
    • 「はつかり」2往復
      • 上野 - 青森(東北本線経由)
1970年10月1日ダイヤ改正

配置が132両(13両編成10本・予備車2両)となり増発が行われた。

  • 夜行
    • 「はくつる」
      • 上野 - 青森(東北本線経由)
    • 「ゆうづる」2往復
      • 上野 - 青森(常磐線経由)
  • 昼行
    • 「はつかり」3往復
      • 上野 - 青森(東北本線経由)

この増備車から、制御車が将来の15両編成化を見越したクハネ583形となり、従来車も差し換え対象となったためにクハネ581形は南福岡区に転属となった。

  • 早期落成車はこの年の8月に仙台 - 青森の臨時特急「とうほく」や常磐線経由で運転された「はつかり51号[54]」に充当された。
  • ユニークな臨時列車への充当では、1972年北海道札幌市で開催された札幌オリンピックの輸送対象となった「オリンピア1号」がある。青函連絡船を挟んで連絡する函館 - 札幌のキハ82系による「オリンピア2号」と姉妹列車であったが、運転時間の関係で下りは夜行寝台、上りは昼行座席列車として運転された。
1972年3月15日ダイヤ改正

配置が167両(13両編成12本・予備車11両)となり、大幅に運用増となった。

特急「みちのく」
特急「みちのく」
特急「ひばり」2002年 リバイバル運転
特急「ひばり」
2002年 リバイバル運転
  • 夜行
    • 「はくつる」
      • 上野 - 青森(東北本線経由)
    • 「ゆうづる」3往復
      • 上野 - 青森(常磐線経由)
  • 昼行
    • 「はつかり」3往復
      • 東京・上野 - 青森(東北本線経由)
    • 「みちのく」
      • 上野 - 青森(常磐線経由)
    • 「ひばり」
      • 上野 - 仙台(東北本線経由)

「みちのく」は「常磐はつかり」を定期化する形で「はつかり」の補完列車的存在であった。また、上野口の間合い運用で「ひばり」1往復にも充当。「はつかり」は1往復が東京駅発着となったが、翌1973年3月31日をもって東海道新幹線ホーム増設工事のため、再び上野発着に戻されている[55]

1975年3月10日ダイヤ改正

南福岡区より13両編成1本が転入[56]し総配置が180両となったが、予備車増強用のため定期運用に変化はない。寝台組立要員の不足から「ゆうづる」1往復が全車指定席の座席列車での運転に変更となったが、翌1976年の3月に再び寝台列車に戻された。

1978年10月2日ダイヤ改正
  • 夜行
    • 「はくつる」
      • 上野 - 青森(東北本線経由)
    • 「ゆうづる」3往復
      • 上野 - 青森(常磐線経由)
  • 昼行
    • 「はつかり」3往復
      • 上野 - 青森(東北本線経由)
    • 「みちのく」
      • 上野 - 青森(常磐線経由)

上野口間合い運用の「ひばり」が485系に変更され消滅。また、翌1979年(昭和54年)10月1日のダイヤ改正でグリーン車の連結位置を183・189・485系と統一するために6号車に変更となった。

1980年10月1日ダイヤ改正

夜行列車の需給見直しが行われ「ゆうづる」1往復が季節列車に格下げ。

  • 夜行
    • 「はくつる」
      • 上野 - 青森(東北本線経由)
    • 「ゆうづる」3往復(うち1往復は季節列車)
      • 上野 - 青森(常磐線経由)
  • 昼行
    • 「はつかり」3往復
      • 上野 - 青森(東北本線経由)
    • 「みちのく」
      • 上野 - 青森(常磐線経由)
1982年11月15日ダイヤ改正

東北上越新幹線開業により、東北本線の昼行特急列車は軒並み廃止となり、「はつかり」は盛岡 - 青森の新幹線連絡列車となった。

  • 夜行
    • 「はくつる」2往復
      • 上野 - 青森(東北本線経由)
    • 「ゆうづる」3往復(うち1往復は季節列車)
      • 上野 - 青森(常磐線経由)
  • 昼行
    • 「はつかり」2往復
      • 盛岡 - 青森
1985年3月14日ダイヤ改正
  • 夜行
    • 「はくつる」2往復(うち季節列車1往復)
      • 上野 - 青森(東北本線経由)
    • 「ゆうづる」
      • 上野 - 青森(常磐線経由)
  • 昼行
    • 「はつかり」5往復
      • 盛岡 - 青森

この改正では、次の車両移動が発生した。

  • 向日町所との間でモハネユニット3組転出とサロ1両転入の車両交換を行った。
  • 編成から外されたサシ581形2両が2次利用目的のために仙台運転所に転属し同年10月までに廃車となったが、他の12両は余剰休車となった。
  • サハネ581-51が盛岡工場でクハ418-1に改造され、金沢運転所(現・金沢総合車両所)に転出。

この結果、青森運転所の583系は配置174両・稼動車160両(12両編成13本・予備車4両)まで減少した。

「エキスポドリーム」
「エキスポドリーム」

改正直前に485系転配措置の関係から「鳥海」にも一時的に投入されたほか、同年茨城県で開催された国際科学技術博覧会(通称:つくば博・科学万博)の臨時輸送に投入され、臨時快速「エキスポライナー」や列車ホテルとした「エキスポドリーム」に充当された。

1986年11月1日ダイヤ改正

定期運用列車に関しては変更はなかったものの基本編成が9両編成となり、多客期には青森方にモハネユニット+サハネの3両を組み込み対応する組成に変更となった。

またサハネ581形7両が札幌運転所に転出したほか、サシ581形全車と状態の悪い余剰車12両が廃車となった。この結果、配置両数が141両まで減少した。

青森運転所配置車編成
上野
青森
1968年9月9日 - 1979年9月30日
クハネ
583
サロ
581
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
サシ
581
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
サハネ
581
クハネ
583
1979年10月1日 - 1986年10月31日
クハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
サロ
581
サシ
581
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
サハネ
581
クハネ
583
1986年11月1日 - (9両基本編成)
クハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
サロ
581
モハネ
582
モハネ
583
クハネ
583
 
1986年11月1日 - (12両多客期増結編成)
クハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
サロ
581
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
サハネ
581
クハネ
583
 
備考
  • 表左側より1号車・2号車…13号車
  • クハネ583は1970年以前はクハネ581の場合あり

転属[ソースを編集]

本系列では、東日本地区運用車両は青森運転所、西日本地区運用車両は南福岡電車区に配置されたが、国鉄時代には1975年の南福岡配置車両の向日町転属を除くと以下の転属経歴がある。

サハネ581-13
当初は1968年6月25日付で青森新製配置となったが、同年10月のダイヤ改正で南福岡配置のサハネ581形が予備車なしとなったため同年11月20日付で南福岡電車区に転属。
クハネ581-10 - 17・22 - 26
1968年に青森運転所へ新製配置された制御車。しかし東北地区では寝台特急の人気により編成を15両化することが検討されたことから、1970年以降はクハネ583形に移行することが決定し、従来からの配置車も南福岡区へ転出することになった。
車両需給の関係上、1970年10月ダイヤ改正ならびに1971年の予備車増強用として製造された南福岡向け車両には同一製造ロットであってもクハネ583形のみ青森、中間車は南福岡配置とすることで対応した。このため、該当編成ではメーカーで落成後一旦青森に立ち寄りクハネ583形とクハネ581形の車両交換実施後に南福岡へ配給する措置が採られた。
モハネ583・582-103 - 106・クハネ583-29・30・サハネ581-57・サロ581-35・サシ581-35[57]
1975年3月ダイヤ改正で西日本地区で運用される車両の配置が、南福岡電車区→向日町運転所に移管・転属となったが、その際に東北地区予備車増強のため上述13両は青森運転所に転属した。
モハネ583・582-1 - 3・サロ581-24
1985年3月14日ダイヤ改正で「きたぐに」編成が6M6Tから8M4Tに変更されることになり、青森から向日町へモハネユニット3組が、需給調整の点からサロ581-24が向日町から青森に転属した。
なおモハネユニット3組は翌1986年11月1日ダイヤ改正で「きたぐに」編成が6M4Tに減車されたことから分割民営化前に廃車。一方、青森所属となったサロ581-24はJR東日本に承継され2000年2月26日付で廃車となった。
サシ581-6・8
1985年3月14日ダイヤ改正で青森運転所編成からサシ581形が編成から外されたが、当該2両は仙台市内で2次利用が決定したため同年8月18日付で仙台運転所に転出。10月4日付で廃車となった。
サハネ581-14 - 19・36
分割民営化直前の1987年3月にJR北海道承継を目的に青森運転所から札幌運転所に転属。

分割民営化後[ソースを編集]

1987年国鉄分割民営化では、以下の旅客3社に承継された。

サシ581形はJR移行直前までに全車廃車となったほか、サロ581形も35両中20両が承継されたのみである。

JR北海道[ソースを編集]

JR北海道ではサハネ581形7両を承継したが、経年による傷みや改造計画自体の見直しから苗穂駅周辺で留置されたまま営業運転に就くことはなく、1990年(平成2年)に全車廃車された。なお、台車のみがクリスタルエクスプレス トマム & サホロのキサロハ182-5101に流用された。

JR東日本[ソースを編集]

JR化後も485系と共に運用1994年 青森
JR化後も485系と共に運用
1994年 青森

国鉄時代から引き続き青森運転所に所属し、夜行では「はくつる」「ゆうづる」、昼行では「はつかり」に充当された。その後の改正で若干の変化が発生した。

東北新幹線八戸開業(2002年)まで[ソースを編集]
1988年3月13日ダイヤ改正
青函トンネル開通によるダイヤ改正で「はつかり」の一部は函館駅まで延長されたが、これには485系のATC-L搭載車が充当され、本系列は従来からの青森までの列車のみに充当された。
このほか、間合い運用津軽線青森駅 - 蟹田駅間の普通列車に充当された。これは、2011年まで本系列を使用した唯一の定期普通列車運用[58]であった。また、ダイヤ改正後は臨時列車として「あけぼの」にも投入された。
1990年3月10日ダイヤ改正
津軽線での運用が終了。なお、同年8月31日からは新たに急行「津軽」に充当された。
1990年9月1日より山形新幹線の第一期工事が始まったことで仙山線経由に変更され、それに伴う電気機関車付替えの省力化が目的である[59]
1992年7月 - 1993年9月の間は485系に車種変更されたものの1993年12月1日の定期運転終了まで運用された。
1993年12月1日ダイヤ改正
前述の「津軽」のほか、長年充当されていた「ゆうづる」「はつかり」の定期運用から離脱。一方で、1988年以降1往復のみ充当されていた「はくつる」は2往復となり、東日本最後の本系列定期運用となった。
1994年12月3日をもって1往復減、さらに24系客車へ変更となり青森所属車による定期列車運用は消滅した。
残存車両のうち9両編成×3本について、1992 - 1993年度に下記更新工事を受け波動用車両として臨時列車や団体列車に充当された。
  • ドアエンジンを交換。
  • 客室窓の2重窓構造を1枚窓とし、ブラインド方式からプリーツ式カーテンに交換。
  • 洗面所は従来の3箇所から2箇所としスペースを拡大。湯水混合栓・自動センサー付き蛇口を取付けたユニット洗面台とし、照明器具等も交換。
  • サロ581形は以下のリフレッシュ工事を施工。
    • 座席を無段階リクライニング機構内蔵のバケットタイプシートに交換。
    • 天井を吊り構造とし、間接照明を採用。
    • 荷物棚に読書灯を設置。

2000年以降は以下の理由で急速に廃車が進行した。

  • 車両そのものの老朽化。
  • E751系新製により臨時「はつかり」での運用削減。

2002年の東北新幹線八戸駅開業時点では9両編成2本と増結用中間車6両の計24両のみとなったが、後述する15両が転出したほか残存したモハネ583・582-83・94・98・サハネ581-46・52・サロ581-32の9両も翌2003年に廃車となり、青森運転所は1968年以来35年にわたる本系列の車両基地としての歴史を閉じた。

東北新幹線八戸開業後[ソースを編集]

定期運用はないもののATS-Pが搭載されており首都圏各線への乗入れが可能なことや波動運用では広域での運行かつ高稼働率が期待できることから、秋田支社仙台支社の要望もあり同年度中に以下の転配が行われた。

  • クハネ583-5・20・モハネ583・582-6・12・79・サロ581-33の9両は南秋田運転所(現・秋田車両センター)に転出。
  • クハネ583-6・17・モハネ583・582-100・106の6両は仙台電車区(現・仙台車両センター)に貸出扱いとし、書類上は2003年2月23日に一旦青森運転所へ返却。翌24日付けで仙台電車区に転出。
Yamagata Shinkansen 400 and JNR 583 20060716.jpg
JNR 583 Moonlight Sendai-Tokyo 20050910.jpg
仙台転属車(後の秋田転属車)による各列車仙山線電化50周年記念臨時列車(上)ムーンライト(中)快速「あいづライナー」(下)
仙台転属車(後の秋田転属車)による各列車
仙山線電化50周年記念臨時列車(上)
ムーンライト(中)
快速「あいづライナー」(下)
秋田転属車「わくわくドリーム」
秋田転属車
「わくわくドリーム」

仙台所属車はN-1+N-2編成となった。正式転入後には郡山工場(現・郡山総合車両センター)で徹底的な修繕工事が施工され、国鉄時代の状態が再現された。以後の検査も引き続き郡山総合車両センターが担当となったため床下機器・台車はグレーに塗装される。また2007年には首都圏でのデジタル列車無線整備にあわせてデジタル列車無線車上装置が取付けられた。

秋田所属車は転入当初は保留車扱いながら波動用車として運用される珍しい形態が採られた[60]。また冬期の大雪塩害など厳しい気候条件にある日本海側の奥羽本線羽越本線での運用から、外観は雨樋の歪みをはじめ補修跡や所々に錆が目立ち、前灯レンズ部分が黒ずむなど傷みが激しかった。そのためサロ581-33[61]・モハネ583・582-79は廃車され、残存した6両は2006年4月より秋田総合車両センターに入場し、1年かけて仙台所属車と同様に検査と車体全体の再塗装を含めた徹底的な修繕を施して2007年4月16日に出場し、同月20日から「わくわくドリーム号」で運用を再開した。

特急「かもしか」に投入されることもあったほか、当初よりすべて国鉄特急色のため2001年に運転された「リバイバル月光」(新大阪駅 - 下関駅間)・2004年に運転された「リバイバルつばめ」(品川駅 - 名古屋駅間)などJR他社に貸出されるケースもある。

2011年6月、東武鉄道直通列車に使用されてきた小山車両センターの485系6両編成が253系1000番台の落成・運用開始により用途廃止となったため仙台車両センターへ転属することとなった。これにより仙台所属の波動用485系は6両編成2本となることから、老朽化の進行していた秋田所属車を比較的車齢の若い仙台所属車で置換えることとし、8月20日付で転配が行われた。

これによりJR東日本配置車は6両編成1本のみとなった。

秋田車両センター(秋アキ)[ソースを編集]

上述のように仙台車両センターから2011年8月20日付けで転入してきた編成[66]であり、編成番号も仙台時代から引き続きN1+N2とされる。

  • 運用はこれまでの編成と同様、主に秋田地区発着の臨時列車や団体列車「わくわくドリーム号」に投入される。
  • 転属後に愛称表示機ならびに行先表示機幕・第2パンタグラフの交換(PS16H → PS16H改)が施工された。これらは旧所属編成からの廃車発生品である[66]
JR東日本所属583系編成
 
← 東京
青森 →
編成番号 クハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
クハネ
583
N-1+N-2 8 106 100 17

JR西日本[ソースを編集]

分割民営化時には10両編成(B編成)6本60両が承継され、引き続き向日町運転所に配置された。

分割民営化時の編成表
 
← 大阪
新潟 →
編成
番号
クハネ
581
モハネ
582
モハネ
583
モハネ
582
モハネ
583
サロ
581
サロネ
581
モハネ
582
モハネ
583
クハネ
581
B01 24 71 18 27 2 85 25
B02 28 74 73 34 6 78 35
B03 30 50 53 12 3 45 29
B04 22 75 68 29 4 87 37
B05 3-28 89 66 16 5 102 33
B06 36 88 70 25 1 101 3-27
備考
  • 3- は、クハネ583形
吹田総合車両所京都支所(近キト)[ソースを編集]
「金光臨」 「ナインドリーム甲子園」
「金光臨」
「ナインドリーム甲子園」

国鉄時代からの急行「きたぐに」定期運用のほか、かつては「雷鳥」をはじめ「シュプール」・「シャレー軽井沢」・「東北夏祭り」・「あおもり」・金光教参拝団体列車(通称『金光』)・奥羽羽越沿線⇔京阪神修学旅行列車・寝台設備を活かした「ナインドリーム甲子園[67]」「エキスポトレインわしゅう」にみる列車ホテルなどの波動臨時列車運用にも投入された。

「きたぐに」では繁忙期に別編成の電動車ユニットを組み込み増結。「シュプール」では485系との併結運転も行うなど編成変更も行われた。

「シュプール」廃止ならびに交換部品確保の点から2007年にB01編成が、2010年にB02・B03編成が廃車され3編成30両の配置となったが、その際に車両組み換えが行われ先頭車両はクハネ581形に統一された。

2012年3月17日のダイヤ改正で「きたぐに」臨時列車化ならびに短編成化(10両編成→7両編成)を実施。余剰となった電動車ユニット6両とサロネ581形3両[68]が同年8月までに廃車となり[69]、本系列による定期運用は終了した。

「きたぐに」は2013年1月7日の上り運転を最後に同月31日、JR西日本から廃止が発表された[70]。そして、京都鉄道博物館で保存されるクハネ581-35を除き同年7月までにすべて廃車された[71]。しかしクハネ581-35も2015年2月17日付で廃車となり本系列のJR西日本在籍車は全廃となった[72]

なお分割民営化後は以下の改造が施工された。

「シュプール」
「シュプール」
スキー臨時列車シュプール号」対応用改造工事

1989年にB01 - B03編成へ施工。

  • サロ581形は100番台に改造(施工内容は前述)。
  • 一部のモハネ583形・582形の乗務員室を撤去し、スキー板荷物置場・更衣室を新設(ATS-P装備のB04編成にも「シュプール野沢・苗場」に充当される関係から追加改造)。
  • 洗面所は従来の3箇所を2箇所としスペースを拡大。
    • 大理石風カウンター・温度調節機能付き自動水栓とした他に通路との仕切りカーテンを設置。
  • 客室化粧板を従来のクリーム9号からやや明るい柄に変更。
  • 寝台灯を常夜灯付き9w蛍光灯に変更。
旧・JR西日本色急行「きたぐに」 現・JR西日本色急行「きたぐに」
旧・JR西日本色
急行「きたぐに」
現・JR西日本色
急行「きたぐに」
延命N40工事

1991年12月から1993年1月にかけて順次施工。

  • 淡いブルーをベースに紺と緑の帯をあしらった塗装に変更。
    • 1997年12月から1998年9月にかけて順次、グレーを基調とした塗装に再変更。
  • 腐食した外板の取替。
  • 乗務員室の外開式非常口ならびに窓の埋込み。
  • 屋根の塗り塗装化。
  • 床下配管の再整備。
  • 座席使用時に乗客が勝手に寝台を組立てしまうことを防止するロック装置を一部車両に取付。
  • 座席モケットの張替ならびにデザインの変更。
  • ブラインドのカーテン化。
  • トイレ・洗面所の床下地SUS化ならびに壁面にタイル調の壁材を貼付。
    • B04 - B06編成の洗面所はシュプール編成に合わせた構造に変更。
  • B02・B03編成の1 - 3・8 - 10号車は臨時夜行急行「シャレー軽井沢」寝台使用時2段使用が可能な仕様に簡易改造。上段寝台を格納状態のまま固定し、網棚を外すことで中段⇔上段の空間をつなげた構造であるが、この運用は同列車のみに留まった。
  • 同区画の寝台料金は上段・下段とも同額とされた[73]

また各形式ごとに施工された改造を以下に示す。

  • モハネ582形
    • パンタグラフをPS21形に交換。
  • サロ581形
    • 16・25・29・101が2003年に、102・103が2004年に新型座席へ交換。
  • クハネ581形
    • 1997年の再塗装変更と同時に22・29・30・37がATS-P搭載[74]
      • 残りの24・25・28・33・35・36ならびにクハネ583-27・28は2004年に搭載。
    • 29・30・36が2004年にMGを210kVAに換装[75]
    • 28 - 30・33・35・36が2010年にATS-Ps搭載[76]

使用列車[ソースを編集]

以下は2012年3月17日改正までの定期列車での使用例である。一部列車の愛称は2012年現在でも存在するが、運行経路は本系列充当時と異なる。

中部・関西 - 中国・九州方面直通列車[ソースを編集]

昼行列車は1975年(昭和50年)の山陽新幹線博多開業時まで、夜行列車は1984年(昭和59年)2月までに廃止もしくは運用から離脱した。山陽本線優等列車沿革も参照。

夜行

  • 「月光」
  • 「きりしま」
  • なは
  • 「明星」
  • 「金星」
  • 彗星

昼行

  • みどり
  • 「つばめ」
  • 「はと」
  • 「しおじ」

九州内昼行列車[ソースを編集]

いずれも1984年(昭和59年)2月に運用から離脱し485系に統一。

北陸本線運行列車[ソースを編集]

  • 「しらさぎ」
    • 「金星」の間合い運用[79]。南福岡所属時より充当。
  • 「雷鳥」
    • 向日町転属後充当。JR化以降も季節・臨時列車として運転されていた。
  • 急行「きたぐに」
    • 定期列車としては最後の運用。2012年3月のダイヤ改正以降は臨時列車のみ。

東北本線・常磐線運行列車[ソースを編集]

東北本線優等列車沿革も参照。

特急

  • 「はつかり」・「みちのく」・「はくつる」・「ゆうづる」・「ひばり」・「鳥海」・「かもしか[80]

急行

快速

普通

  • 津軽線・青森 - 蟹田間

保存車[ソースを編集]

クハネ581-8 外観
クハネ581-8 外観
クハネ581-8 車内
クハネ581-8 車内
583系の廃車両を利用した休憩室。 (2016年現在は撤去)
583系の廃車両を利用した休憩室。
(2016年現在は撤去)

静態保存車[ソースを編集]

クハネ581-8
福岡県北九州市門司区九州鉄道記念館で展示保存。
  • 近郊化改造後のクハ715-1として1998年(平成10年)に廃車され、その後も解体を免れて九州旅客鉄道(JR九州)小倉工場(現・小倉総合車両センター)に留置されていたが、2000年(平成12年)の小倉工場まつりのために修復工事が行われた。[82]。ただし、内装および窓・扉配置はクハ715-1のままであり、後位側扉・ロングシート・中吊り広告受の残置などがある。2003年(平成15年)の同館開館により移設されている。
クハネ581-35
JR西日本吹田総合車両所京都支所に所属していた新潟側先頭車。
京都鉄道博物館京都市下京区観喜寺町)に保存展示されることとなり、国鉄色に復元およびJNRロゴマークを復活させるなどの整備の上、2015年2月14日に吹田総合車両所から搬出された[83]。上述のように同月17日付で車籍抹消となり廃車[72]。2016年4月29日の博物館オープンに伴い、一般公開されている。
サロ581-15
JR九州鹿児島車両センターで静態保存。
サシ581-31
青森県八戸市の個人が購入し保存。

なお保存車ではないが、片町線(学研都市線)同志社前駅では駅の開業当初から本系列の廃車両を2次利用した喫茶店(後に休憩室に改造)が設置されたが、2005年(平成17年)の駅舎全面改修工事の実施により撤去された。

民間譲渡車[ソースを編集]

国鉄末期に余剰車両が大量に発生し、民間・個人などに譲渡された車両も多く、飲食店などの店舗に転用判明している車両と設置先を以下に示す。

サロ581-20・サシ581-17
大阪府貝塚市
サロ581-26
京都府京田辺市
サシ581-3・15
兵庫県神戸市垂水区
サシ581-6・8
宮城県仙台市青葉区
サシ581-10・30
大阪府大阪市住之江区
サシ581-24
愛媛県松山市
サシ581-25
兵庫県加古川市
サシ581-32
千葉県市原市
サシ581-34
岡山県加賀郡吉備中央町

これらの車両も譲渡から20年以上を経過しており、2008年(平成20年)時点で現存するものは数箇所のみで、保存状態が良いものはほぼ皆無と見られている。

JR化後も民間譲渡車両は発生しており、JR北海道へ承継された7両中5両が1990年(平成2年)の廃車後に道内の民間に転用されている。

サハネ581-19
中川郡美深町の旧国鉄美幸線仁宇布駅跡地にあるトロッコ王国美深の宿泊場所として使用。
サハネ581-14・36
勇払郡むかわ町字汐見にあるドライブインに転用され、サロ481-41と共にこの場所に移設された。閉店後は現場に放置され、横転するなどして状態も非常に悪く、2005年頃に解体された。
サハネ581-15・18
登別市にあるゴルフ練習場売店に転用された。

前述の仙台駅構内脱線転覆事故廃車車両が譲渡されたケースもある。

モハネ583・582-95
1990年(平成2年)キハ58 92・キユニ28 20・サシ481-27・サロ455-31と共に宮城県大崎市の「たかともワンダーファーム」が購入し、館内施設として使用されていた。しかし、2008年(平成20年)9月に車体腐食のため解体された。

脚注・出典[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本の鉄道は、幹線でも軌道が弱い区間やカーブが少なくなく、機関車牽引による高速運転は難しかった。そこで速度向上を図れる電車方式の方が有利だった。
  2. ^ 車両の保守や留置を行うための検修設備や留置線が不足しており、できるだけ無駄な時間を省き回転効率を上げる必要があった。
  3. ^ 昼行用電車と夜行用客車の保有は、製造・メンテナンスコストの点からも不利で共通化が可能なら採用が検討された。
  4. ^ 当初の設計案ではナハネ10形を基本とし、昼行列車運用を考慮して座席に肘掛けを設けるなどの改良をする方向で検討されていた。
  5. ^ プルマン式開放形1等寝台(現・開放形A寝台)。当時の1等寝台は3等級時代の流れからA・B・Cの3クラスに区分されており、プルマン式開放形は1等寝台Bクラスに該当していたため「Bロネ」と通称されていた。
  6. ^ 設計検討時の定員は45名。当時の特急用寝台車ナハネ20の定員は54名。
  7. ^ 2等寝台を基本にしたものと、中段の収納方式が異なる2種類のプルマン式開放形1等寝台を3段化した、計3種類のモックアップにより比較検討が行われた。
  8. ^ 1968年10月1日ダイヤ改正以前は110km/h。
  9. ^ 他の特急形電車は側構上半が内傾する裾絞り構造。
  10. ^ 181系・485系に搭載されたC3000形に対して容量が少ないことからサシ581形床下にもC2000型CPを搭載し編成全体での容量を同一としたため昼夜食堂営業休止後も短編成化される1985年頃までサシ581形を組成せざるを得なかった。
  11. ^ a b c d e f 『鉄道ファン』2003年12月号 No.512「特集:月光形 その顔の世界」
  12. ^ 原則として昼行列車は黄緑色で夜行列車は黄色の文字で表示。ローマ字表記は昼行・夜行ともに赤文字である。
  13. ^ 自動巻取式方向幕の採用は本系列が初めてではないが、実際に使用を開始したのは本系列が初めてである。
  14. ^ 183系381系は当初より、また485・489系では1972年(昭和47年)度のマイナーチェンジ形(クハ481形200番台・クハ489形200・600番台)より本系列をベースにした貫通型先頭車が登場した。
  15. ^ この非貫通型先頭車のデザインはアレンジを加え、781系キハ183系さらには事業用車443系193系など)にまで波及した。
  16. ^ 9両からMM'ユニット+サロ481形を抜いた編成。
  17. ^ 10両からサロネ・サロ581形を抜いた編成。
  18. ^ 1993年度 - 1996年度に運転
  19. ^ 9両からMM'ユニットを抜いた編成。
  20. ^ 10両からサロネ581とMnM'nユニットを抜いた編成。
  21. ^ 1997年度に運転
  22. ^ 1999年度 - 2003年度に運転
  23. ^ 寝台急行「あおもり」走行中の寝台解体作業 - YouTube
  24. ^ 大阪発の臨時「日本海」では酒田付近で寝台から座席に組替えるために係員が乗車し乗客の目の前で作業を行ったが、慣れない作業ということもあり非常に効率が悪く予定していた秋田到着までに全座席の転換ができないケースも多発した。
  25. ^ 本系列を充当する定期夜行列車については、22時頃出発して翌朝8時頃到着する列車、やむを得ず薄暮出発とする場合には早朝に終着駅に到着する列車、反対に朝遅く終着となる場合には深夜に出発する列車に優先的な充当を行った。同一愛称で走行中の寝台セットまたは解体が必要な列車には20系などの客車を投入した。
  26. ^ 末端区間で立席特急券を発売していた下り「金星」では、走行中に一部車両の寝台を座席に転換していた。
  27. ^ このため、客車2等寝台とは料金に格差が付けられ(設定当初の料金は電車2等寝台上中段1100円・下段1300円。客車2等寝台上段800円・中段900円・下段1000円)、その引き換えの形で2等寝台としては初めて浴衣がサービスされることとなった。ただし提供されるリネンは中上段と同一の70cm幅のものである。
  28. ^ ちなみに80系の1等車(並ロ)のボックスシートのシートピッチは1,910mmであり、単純に数値だけ見れば普通席はこれを凌いでいる。
  29. ^ 食堂車での採用は1966年・サシ181形100番台→1967年・キシ80 37→581系の順である。
  30. ^ 後年一般的なカーテンに交換された車両も存在する。
  31. ^ サロ581形のみは、旅客が座ったままで操作できるように、ハンドルが窓下に移されている。
  32. ^ 他車とのイメージ統一およびカーテンが食卓に支障するのを防ぐため、食堂車のサシ581形も回転式ブラインドとしている。
  33. ^ 絶縁油にPCB(ポリ塩化ビフェニル)を使用していたため1972年以降製造中止となり、代替絶縁油にシリコン油を使用した互換性のあるTM20形が開発され、1977年(昭和52年)度より交換された。
  34. ^ 『ガイドブック 最盛期の国鉄車両5』浅原信彦、ネコ・パブリッシング、p.185、ISBN 9784777006458
  35. ^ その後同区間においては、定期列車に比べて居住性が劣ることも考慮して、最繁忙期に運賃・料金の合計が比較的低廉となる急行として運転されるのみである。
  36. ^ 黒磯駅は全列車に停車を要求する地上切換方式を採用していたが、新たに同駅通過列車が設定されたために構内配線を一部変更し車上切換方式とし、信号と電源切換が連動している関係上搭載が必要になった。詳細は列車選別装置#黒磯駅通過列車用も参照
  37. ^ 当時は青函連絡船を介して鉄道利用の渡道客も多く、その中で富裕層を中心に1等車需要も強かった。
  38. ^ 「(下段は)リクライニングシートを改造して水平になるようにし、側壁から仕切を引き出して個室になるようにして、上段は天井に格納したものを降ろす方法だったと思う」[1]
  39. ^ クハネ583形では第1エンドの点検蓋は空気圧縮機点検用である。
  40. ^ この4両は、東北地区用各種装備ならびに耐雪耐寒構造(後に全車に施工)は準備工事としたためタイフォンの耐雪シャッターがなくスリット形状で落成。
  41. ^ 『名列車列伝シリーズ3 特急はつかり&形式583系』、イカロス出版、1998年、p.106、ISBN 4-87149-134-X
  42. ^ a b 『名列車列伝シリーズ3 特急はつかり&形式583系』、イカロス出版、1998年、p.117、ISBN 4-87149-134-X
  43. ^ 使用例は臨時の「雷鳥」での運用がある程度。
  44. ^ 『名列車列伝シリーズ3 特急はつかり&形式583系』 イカロス出版 1998年 pp.113 - 116 ISBN 4-87149-134-X
  45. ^ モハネ581・583が各45名。オハネ25が34名。二段化改造後のオハネ24が32名。
  46. ^ 『鉄道ジャーナル』1990年11月号では急行「津軽」の追跡レポートで本問題が掲載された。
  47. ^ これが後にJR東日本に継承されたクハネ583形が先に廃車となってしまうのに対し、JR西日本に継承されたクハネ581形の方が後まで多く残るという所謂“逆転現象”の要因である。
  48. ^ このような「同一区所・同系列および編成内容での編成分離運用」は、現在でも885系783系・681系などで行われている。なお、耐寒耐雪装備の必要がない夏期については限定が解除された。
  49. ^ 当時の本系列運用には余裕があったため「金星」充当編成は、昼間は名古屋滞留となった。
  50. ^ 後に耐寒耐雪工事は限定運用をなくすため、徐々に他の車両にも体質強化も兼ねて行なわれるようになった。
  51. ^ 既電化区間でありながら、多数残存していた客車や気動車による普通列車を置き換える目的があった。
  52. ^ 具体例としては向日町運転所近くの山陰本線二条駅などで、これは後年に同時代の山陰本線をゲーム化した電車でGO!でも再現された
  53. ^ そのため列車番号は9001M・9002Mとされた。
  54. ^ 日暮里 - 岩沼で東北本線経由を前提した利用客の誤乗が相次いだため、後に「常磐はつかり」の列車名に変更された。
  55. ^ この東北本線の東京駅乗り入れは、42年後の2015年3月に上野東京ラインとして復活することになる。
  56. ^ 耐寒耐雪構造準備工事のままであった事から、同年末までに編成全車に耐寒耐雪工事が施工された。
  57. ^ 1972年川崎重工製造の最終ロット12両編成からサハネ581-56を日本車輌製造の最終ロットであるモハネ583・582-103と差し換え、東北地区用13両編成を組成した。このうちモハネ583・582-106(本系列のラストナンバーでもある)は2013年現在もJR東日本秋田車両センターに在籍する。
  58. ^ 急行列車の末端部分で普通列車もしくは快速列車になる運用は存在したが、全区間普通列車での運用はこれのみである。
  59. ^ 「津軽」は交流区間だけでもED75形0・1000番台ED78形もしくはEF71形・ED75形700番台と3種の牽引機を必要とし、これを奥羽本線経由から仙山線経由に変更すると途中で進行方向を変える手間も生じたためである。
  60. ^ これは保留車(廃車前の車両はこう呼ばれている)扱いすることで全般検査までの使用期間を最大限延長するための処置であった。
  61. ^ これにより旧国鉄特急色のサロ581形は消滅。
  62. ^ 秋田〜ディズニー間の寝台列車が一時運休 今秋に再開 - 朝日新聞 asahi.com アサヒ・コム鉄道 2011年1月27日
  63. ^ 大館鳳鳴高校応援列車運転 - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp 鉄道ニュース 2011年3月25日
  64. ^ 秋田車両センターの583系が長野へ - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp 鉄道ニュース 2011年9月22日
  65. ^ 交通新聞社「JR電車編成表 2012冬」
  66. ^ a b c イカロス出版 季刊「j train」2011年冬(vol.44)
  67. ^ 甲子園口駅が7両編成までの対応のためにサロネ581形とモハネ1ユニットが抜かれた7両編成で運転された。
  68. ^ このうちB05編成に組成されていたサロ581-16は1等車時代に製造されたグリーン車で現存する最後の1両でもある。
  69. ^ ジェー・アール・アール編『JR電車編成表2013冬』交通新聞社、2012年、p.354、ISBN 9784330331126
  70. ^ 夜行急行「きたぐに」完全引退 ブルトレ「日本海」は検討中 - MSN産経West、2013年1月31日
  71. ^ ジェー・アール・アール編『JR電車編成表2014冬』交通新聞社、2013年、p.247・358、ISBN 9784330424132
  72. ^ a b 『JR電車編成表2015夏』ISBN 9784330569154 p.358。
  73. ^ モハネ582形パンタグラフ下2段区画の中段は本来と同様に下段より安価である。
  74. ^ 1998 - 1999年に「シュプール野沢・苗場」で北越急行ほくほく線乗入れするため。
  75. ^ クハ481形100番台の廃車発生品を流用
  76. ^ 乗入れ先のJR東日本信越本線宮内 - 新潟間対応のため
  77. ^ 後の787系「つばめ」と同区間。
  78. ^ 一部は現在の「にちりんシーガイア」に相当。
  79. ^ 運転開始時の「金星」は名古屋 - 熊本間運転の「つばめ」と共通運用であった。後に「つばめ」が岡山発着となり名古屋までの運転がなくなると、代わりに富山までの「しらさぎ」1往復に充当されることになった。その際に必要車両数について耐寒耐雪工事を施工している。
  80. ^ 定期運用ではない。
  81. ^ 485系の代走。
  82. ^ 同時に修復工事が行われたクハ481-603(←クロ481-5)や、同じ日立製作所製である885系などとともに公開された。
  83. ^ クハネ581-35が回送される - 鉄道ファン 交友社 2015年2月15日

参考文献[ソースを編集]

  • 福原俊一・佐藤哲也・中村剛『寝台・座席両用581・583系特急形交直流電車』(車両史編さん会、2001年)
  • 『季刊j train Vol.7 特集:有終へ「583系」の旅路』(イカロス出版、2002年)
  • イカロスMOOK『国鉄型車両の系譜シリーズ02 形式583系』(イカロス出版、2005年)
  • 『季刊j train Vol.26 特集:今を走る583系』(イカロス出版、2007年)
  • 『季刊j train Vol.44 特集:国鉄色583系今昔』(イカロス出版、2011年)
  • 電気車研究会『鉄道ピクトリアル
    • 1983年8月号 No.420「特集:581・583系寝台電車」
    • 1993年6月号 No.576「特集:JR583系電車の現状」
    • 2012年1月号 No.858「寝台特急電車583系とその一族」
  • 交友社『鉄道ファン
    • 1967年10月号 No.76「新車インタビュー : 581系特急電車」
    • 1979年10月号 No.222「特集:寝台電車581・583系」
    • 2003年12月号 No.512「特集:月光形 その顔の世界」
    • 2007年8月号 No.556「特集:ラストスパート485・583系」
  • 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル
    • ^1980年7月号 No.161 「寝台電車の12年」
    • 1982年7月号 No.185 「車両と共に30年 - 大井工場OBの思い出ばなし・37」田邊幸夫
    • 1984年5月号 No.207 「特集 : 581・583系電車の旅路」
  • ネコ・パブリッシングレイルマガジン
    • 浅原信彦『ガイドブック最盛期の国鉄車輌』581・583系篇 2007年11月号 No.290 - 2008年1月号 No.292
    • 2011年1月号 No.328「特集:ラストチャンス!583系」
  • 交通新聞社 『鉄道ダイヤ情報
    • 2009年2月号 No.298「特集:波動輸送用車両2009」
    • 2010年10月号 No.318「特集:世界初の寝台電車 581系・583系」
    • 国鉄型車両ラストガイド03 583系(2012年12月)
  • JTBパブリッシング 『JTBキャンブックス』
    • No.108「581・583系物語 月光・みどりからきたぐにまで」福原俊一 ISBN 9784533081569

関連項目[ソースを編集]