第28回ブルーリボン賞 (鉄道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第28回ブルーリボン賞
名鉄8800系
第25回ローレル賞
営団01系
第25回ローレル賞
樽見鉄道ハイモ180形

第28回ブルーリボン賞(だい28かいブルーリボンしょう)は、1985年鉄道友の会が選定したブルーリボン賞である。本稿では、第25回ローレル賞(だい25かいローレルしょう)についても併せて記す。

概要[編集]

日本国内で使用する鉄道軌道車両のうち、1984年1月1日から12月31日までの間に日本国内で営業運転に就いた新形式車両またはそれとみなせる車両[1]で、候補車両決定の時点で現に営業をしていることを概ねの要件とする選定候補車両25車種のなかから、ブルーリボン賞1形式、ローレル賞2形式が選定された。

選定車両[編集]

ブルーリボン賞[編集]

名古屋鉄道 8800系電車 
全投票数3,962票(一人2票投票可能なため、総票数は7,924票[2])中、2,658票を得票[3]。日本初のハイデッカー形前面展望室、2・4・6人用コンパートメントを配した構成。旅客誘致のための新たな設備・スタイル・デザインが評価された[4]

ローレル賞[編集]

帝都高速度交通営団 01系電車
得票数は名鉄8800系に次ぎ2位。斬新なデザインにより銀座線のイメージを明るくしたとされたことと、乗りやすくなったアコモデーション(接客設備)で授賞対象に選定された[3]
樽見鉄道 ハイモ180形気動車
1984年に各地で多数開業した第三セクター鉄道向け車両の一つであるが、経済性の高いレールバスであることと、冷房装置を装備していることなどが評価された[3]

候補車両[編集]

鉄道友の会ブルーリボン賞・ローレル賞選定委員会が候補車両とした25車種。

会社名 車両形式
日本国有鉄道 713系900番台電車
715系電車
オハネ14形700番台客車
三陸鉄道 36-100形・36-200形気動車
住宅・都市整備公団 2000形電車
京王帝都電鉄 7000系電車
帝都高速度交通営団 01系電車
東京都交通局 7500形電車
横浜市交通局 2000形電車
伊豆箱根鉄道 5000系電車
名古屋鉄道 6500系電車
8800系電車
キハ10形気動車
樽見鉄道 ハイモ180形気動車
TDE10形ディーゼル機関車
神岡鉄道 KM-100形・KM-150形気動車
京福電気鉄道 モボ501形電車
近畿日本鉄道 1250系電車
京阪電気鉄道 600形電車
阪急電鉄 6330系電車
阪神電気鉄道 8000系電車
大阪市交通局 20系電車
岡山電気軌道 7400形電車
広島電鉄 800形電車
高松琴平電気鉄道 1070形電車

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 従来からある形式であっても設計変更を行い新規に製造された車両は、選考委員会の判断によって選定候補車両となるか否かが決定される。また、改造車両についても、選考委員会が選定候補とするか否かを決定する。
  2. ^ a b 『ブルーリボン賞'88』 p.149
  3. ^ a b c 交友社鉄道ファン』1985年8月号(通巻292号)pp.143
  4. ^ 『ブルーリボン賞'88』 pp.16-17

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


前回:
第27回(1984年)
ブルーリボン賞
第28回(1985年)
次回:
第29回(1986年)