郡山総合車両センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯37度23分10秒 東経140度23分5秒 / 北緯37.38611度 東経140.38472度 / 37.38611; 140.38472

郡山総合車両センター
基本情報
鉄道事業者 東日本旅客鉄道
帰属組織 仙台支社
所属略号 仙コリ、郡
整備済み車両略号 郡山総合車セ、KY
配置両数
機関車 5両
気動車 31両
客車 1両
合計 37両
備考 2017年4月現在のデータ[1]
テンプレートを表示

郡山総合車両センター(こおりやまそうごうしゃりょうセンター)は、福島県郡山市菱田町にある東日本旅客鉄道(JR東日本)仙台支社の工場および車両基地である。「磐越東線営業所」由来で関連のある「郡山運輸区」についても当記事で記載する。

組織体系[編集]

本所[編集]

東北本線郡山駅南側に位置する。旧称は郡山工場。業務は、主に車両の全般検査・要部検査・改造工事・廃車解体であるが、車両も配置されている。

  • 配置車両は、実際には郡山派出所および会津若松派出所に常駐している。

郡山派出所[編集]

郡山総合車両センター郡山派出所(こおりやまそうごうしゃりょうセンターこおりやまはしゅつしょ)は福島県郡山市字向河原にある東日本旅客鉄道(JR東日本)の車両基地である。郡山駅東側に位置する。

  • 磐越東線営業所の郡山派出所であったが、営業所の閉所に伴い郡山総合車セの管轄下に移管。
    • 磐越東線営業所の配置車両は郡山本所に転属したが、従来同様郡山派出所に常駐する。

磐越東線営業所(閉所)[編集]

磐越東線営業所(ばんえつとうせんえいぎょうしょ)は福島県田村郡三春町にあった東日本旅客鉄道(JR東日本)仙台支社の組織である。その名のごとく、磐越東線の総合的運営を行った組織で、同線内(起終点駅を除く)の全駅を統括し、管下に車両基地と乗務員(車掌運転士)基地、保線基地等を有していたが、組織再編により2005年(平成17年)に廃止された。

当営業所の業務については、営業関係が三春駅、乗務員関係が郡山運輸区、車両関係が当記事の「郡山総合車両センター」郡山派出所、保線関係が郡山保線技術センターに引き継がれている。

  • 管轄 - 磐越東線全線
所属車両の車体に記されていた略号
仙ハト」 - 仙台支社を示す「仙」と、磐越東線を示す「ハト」から。
」 - 磐越を示す「磐」から。

会津若松派出所[編集]

郡山総合車両センター会津若松派出所(こおりやまそうごうしゃりょうセンターあいづわかまつはしゅつしょ)は、福島県会津若松市にある東日本旅客鉄道(JR東日本)仙台支社郡山総合車両センター管轄の車両基地である。

郡山運輸区[編集]

郡山運輸区(こおりやまうんゆく)は福島県郡山市にある東日本旅客鉄道(JR東日本)仙台支社運転士車掌が所属する組織である。詰所は郡山駅構内にある。1993年12月1日に一旦廃止されたが、組織の再編により2005年12月10日を再発足した。

整備済み車両の車体に記される略号[編集]

「郡山総合車セ」または「KY」。

配置車両の車体に記される略号[編集]

  • 旅客車 - 「仙コリ」…仙台支社を意味する「仙」と、郡山を意味する電報略号の「コリ」から構成される。
  • 機関車 - 「」…郡山を意味する「郡」から構成される。

配置車両[編集]

2017年4月1日現在の配置車両は以下の通り[1]で、全て本所に配置されている。

電車 気動車 機関車 客車 貨車 合計
0両 31両 5両 1両 0両 37両

気動車[編集]

  • キハ110系気動車(18両)
    • 運転台のキハ110形100番台2両、片運転台のキハ111形・キハ112形2両編成8本(16両)が配置されている。
    • 郡山派出所に常駐し、磐越東線で運用される。
    • 2016年11月15日付でキハ110形100番台1両が小牛田運輸区に転出した[2]
  • キハ40系気動車(13両)
    • キハ40形500番台8両、2000番台5両が配置されている。
    • 会津若松派出所に常駐し、只見線および磐越西線会津若松 - 野沢間で運用される。

機関車[編集]

客車[編集]

過去の配置車両[編集]

歴史[編集]

  • 1887年明治20年)12月15日 - 日本鉄道郡山機関庫として設置。[3]
  • 1906年明治39年)11月1日 - 日本鉄道国有化
  • 1936年昭和11年)9月1日 - 郡山機関区に改称。
  • 1985年(昭和60年)
    • 3月1日 - 郡山客貨車区廃止に伴い、DC検修業務を引き継ぐ。
    • 3月14日 - 郡山車掌区廃止、福島車掌区郡山支所を設置。
  • 1987年(昭和62年)
  • 1990年平成2年)12月1日 - 福島車掌区郡山支所を統合して郡山運輸区が発足。
  • 1993年(平成5年)12月1日 - 郡山運輸区廃止。検修部門は磐越東線営業所郡山車両派出所へ改称され、船引管理駅・郡山運輸区の一部(磐越東線行路、検修部門)・小野新町保線区を統合により三春駅構内に発足。また、東北線行路を福島運輸区、磐越西線行路を会津若松運輸区に移管する。
  • 1999年(平成11年)10月29日 - ISO 9001認証取得。
  • 2005年(平成17年)12月10日 - 仙台支社組織改正で磐越東線営業所廃止に伴い、磐越東線営業所郡山車両派出所を郡山総合車両センターに移管し、郡山総合車両センター郡山派出所発足。会津若松運輸区検修部門を郡山総合車両センターに移管。新たに検修を行う郡山総合車両センター会津若松派出所が発足。磐越東線営業所の乗務員を統合し郡山運輸区を設置[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 鉄道ファン編集部、2017、「JR旅客会社の車両配置表」、『鉄道ファン』57巻(通巻675号(2017年7月号))、交友社 pp. 4,15,16(東日本旅客鉄道・所属分、別冊付録)
  2. ^ 鉄道ファン編集部、2017、「JR旅客会社の車両配置表」、『鉄道ファン』57巻(通巻675号(2017年7月号))、交友社 p. 35(東日本旅客鉄道・転属分、別冊付録)
  3. ^ 『「SL甲組」の肖像』 第2巻 127頁 ネコ・パブリッシング
  4. ^ 鉄道ジャーナル』第21巻第8号、鉄道ジャーナル社、1987年7月、 84頁。
  5. ^ ジェー・アール・アル編 (2016) (日本語). JR気動車客車編成表2016 . 交通新聞社. p. 222. ISBN 978-4330690162. http://shop.kotsu.co.jp/shopdetail/000000001876/005/004/X/page1/order. (JR現業機関一覧表、東日本旅客鉄道 仙台支社分)

関連項目[編集]