JR東日本E491系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
East i > JR東日本E491系電車
JR東日本E491系電車
E491系電車(2007年9月19日撮影)
E491系電車(2007年9月19日撮影)
基本情報
製造所 日立製作所
近畿車輛
主要諸元
編成 3両編成 (2M1T)
軌間 1,067 mm
最高速度 130 km/h
車両定員 非営業車両(事業用
車両重量 45.4t(Mzc車)
46.7t(Mz車)
43.2t(Tzc車)
全長 20,000 mm
全幅 2,900 mm
全高 4,051 mm
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御
制動装置 回生発電ブレンディングブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ抑速ブレーキ、耐雪ブレーキ、直通予備ブレーキ
保安装置 ATS-Ps, ATS-P, D-ATC, ATC-10
テンプレートを表示
East i-Eのロゴ

E491系電車(E491けいでんしゃ)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)の交直流両用事業用電車East i-E(イーストアイ・ダッシュイー)の愛称を持つ。

概要[編集]

老朽化した193系、443系及びマヤ34形の置き換えとして、2002年(平成14年)に日立製作所近畿車輛で製造された[1]。3両編成1本(3両)が勝田車両センターに配置されている。

主に電化路線の軌道架線信号の検測で運用されている。既に標準軌改軌された奥羽本線福島 - 新庄[2]大曲 - 秋田間(秋田新幹線部分)と田沢湖線・電化区間の飛地である仙石線[3]以外の電化区間であればどこでも運転・検測が可能である。

クヤE490とモヤE490の間に建築限界測定車マヤ50 5001(旧スヤ50 5001)を連結して4両で走ることも可能。

またJR東日本の各電化路線以外に、JR東日本と直通運転を行っている伊豆急行青い森鉄道IGRいわて銀河鉄道仙台空港鉄道阿武隈急行富士急行北越急行しなの鉄道えちごトキめき鉄道東京臨海高速鉄道でも検測を行うことがある。

East i-Dの脱線事故の影響により、2017年8月18日から翌19日に掛けて、本来はEast i-Dで行う奥羽本線・秋田 - 青森間での代走での検測が行われたこともある[4]

2017年9月16日に同車は常磐線の南千住にて人身事故を起こし、フロントガラスが破損した。

車両形式および検測内容[編集]

クモヤE491-1(Mzc・製造:日立製作所)
信号・通信関係
  • 地上信号機器・通信機器の測定装置を有するほか、測定用の下枠交差式PS96A形パンタグラフを備える。また検測等必要に応じて1台車の主電動機カットを行うことができる。
モヤE490-1(Mz・製造:近畿車輛)
電力関係
  • 架線測定用の装置を有する。パンタグラフは集電用のシングルアーム式PS32A形を2基備え、編成の進行方向に応じて使い分ける。
クヤE490-1(Tzc・製造:日立製作所)
軌道関係
  • 軌道状態測定用の装置を有するほか、測定用の下枠交差式PS96A形パンタグラフを備える。

諸元[編集]

ブレーキ[編集]

付随車(本系列の場合はTzc)遅れ込め制御が可能な回生発電ブレンディングブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ装置を有するほか、抑速、直通予備、耐雪の各ブレーキを装備している。

故障時は他の自動ブレーキ車・電気指令式車と非常ブレーキの読替が可能なように救援ブレーキ装置を有する。

台車[編集]

ボルスタレス式の空気バネ台車で、動台車は2軸駆動のDT68(Mzc車 前側)・DT68A(Mzc車 後側)・DT65(Mz車)、従台車はTR253(Tzc車 前側)・TR253A(Tzc車 後側)となっている。軸距は2,100mm。

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 「在来線新型検測車E491系」

脚注[編集]

  1. ^ 『RAIL FAN』第49巻第5号、鉄道友の会、2002年5月1日、 19頁。
  2. ^ 仙山線が乗り入れる山形 - 羽前千歳間の狭軌部分は運転・検測が可能。
  3. ^ 直に接続しているレールが非電化の仙石東北ライン接続線や石巻線のみで自走して行くことができないため、East i-Dが運転・検測を担当。
  4. ^ 「East i-E」が奥羽本線を検測”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2017年8月23日). 2017年9月7日閲覧。

関連項目[編集]