JR東日本E257系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JR東日本E257系電車
(共通事項)
JR East E257 Limited Express Azusa.jpg
E257系0番台による特急「あずさ
(2008年1月 相模湖駅 - 高尾駅間)
基本情報
運用者 東日本旅客鉄道
製造所 日立製作所笠戸事業所
近畿車輛
東急車輛製造
製造年 2001年 - 2005年
製造数 249両
運用開始 2001年12月1日
主要諸元
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V
最高運転速度 130 km/h
設計最高速度 140 km/h
起動加速度 2.0km/h/s[1][2]
減速度(常用) 5.2km/h/s
減速度(非常) 5.2km/h/s
全長 先頭車 21,000 mm
中間車 20,500 mm
全幅 2,946 mm
全高 3,980 mm(パンタグラフ折り畳み高さ)
車体 アルミニウム合金A-train
主電動機 かご形三相誘導電動機
駆動方式 TD平行カルダン駆動方式
歯車比 5.65(17:96)
制御方式 VVVFインバータ制御IGBT素子
制動装置 回生発電併用電気指令式空気ブレーキ
抑速ブレーキ・耐雪ブレーキ
テンプレートを表示

E257系電車(E257けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流特急形電車である。

概要[編集]

日本国有鉄道(国鉄)から引き継いだ183系・189系や、波動輸送用に転用されていた直流用急行形電車165系)の置き換えのために2001年より投入した「新世代の特急形電車[3]」である。

最初に登場した0番台の開発コンセプトは「シンプルさの中のくつろぎ」であり、車体傾斜などによる速達性の向上よりは特急列車に求められる基本的な快適性の向上に主眼が置かれている[4]。車両デザインはGKインダストリアルデザインが担当した。

JRが独自に設計・製造した特急形車両として初めて製造両数が200両を越え、249両に達した。2022年4月1日現在、239両が残存し、JRグループの特急型では単独系列として最大数となっている[5]

2002年に第45回鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞した[6]

車両概説[編集]

本項では落成時点および共通部分を中心に記述し、各番台固有の構造は後述する。

車体[編集]

貫通構造の0番台先頭車
(2008年1月 相模湖駅 - 高尾駅間)

車体はE653系E751系を基本としたアルミ合金ダブルスキン構造を採用している。0番台は大糸線での運転を、500番台は臨時列車での降雪線区の運転[注 1] をそれぞれ考慮して耐寒耐雪構造としている。

前面形状は、高運転台非貫通構造のE653系やE751系と異なりE231系に似た切妻に近い形で、衝撃吸収構造となっている。0番台には非貫通構造、貫通構造、簡易構造の3種類があり、簡易運転台を装備した付属編成のクモハE257形0番台はワンタッチ装置を備える。500番台は分割・併合運転を行うため先頭車は貫通構造のみで、クハE257形500番台にワンタッチ幌装置を備える。

前照灯はシールドビームとプロジェクター式ディスチャージヘッドランプ (HID) を併用している。上部に補助灯も装備している。尾灯LED式である。

前面にLED式の種別・愛称表示器を備えている。形状は非貫通構造の先頭車は横長、貫通先頭車ではほぼ正方形となる。側面行先表示器もLED式である。

乗降用のドアはクハE257形は片側2か所、そのほかは片側1か所であり、このうちサロハE257形のみ中央寄りに設置されている。客室側窓は座席2列分[注 2] で、E653系やE751系と共通である。窓ガラス紫外線カット機能付きの複層ガラスである。

低重心化のために空調装置はすべて床下に搭載し[3]、屋根上はパンタグラフ以外の重量物は搭載していないため、平坦である。

後に0番台の全編成と500番台ともに改良型のスカートの取り付けが実施されている[7]

車内[編集]

普通車の座席は前後間隔(シートピッチ)960mmの座面スライド機構付きリクライニングシートで、座席の回転は手動式である。座席背面にテーブル、カップホルダー、網ポケットのマガジンラックを装備する。車椅子対応座席は車椅子からの移乗に配慮して通路側回転としている。

0番台には、基本編成の8号車であるサロハE257形の下り方の半室にグリーン車(グリーン室)が設定されている。座席はシートピッチ1,160mm・横4列配置のリクライニングシートで、フットレスト、可動式枕、座席背面にテーブルを装備する。E351系で設置されていたシートヒーターは装備されていない。

車内はFRPやカラーパネルシートを多用し、デッキ・客室間の仕切り扉はタッチスイッチ式を採用した。E351系にあった大型の荷物置き場は本系列では当初設置されなかった。

LED式車内案内表示器を客室前後端部に備え、床材はゴム製のシートを挟んで振動を軽減している[8]照明はグリーン車・普通車ともに間接式である。

トイレの処理方式は洋式・男性用小便器ともに真空式で臭気を軽減しており、サハE257形・モハE257形1500番台は車椅子に対応する。車椅子対応トイレは入口幅や室内寸法を拡大し、入口扉は押ボタン式の自動ドアとなっている。

活性炭方式の脱臭機能空気清浄機付き空調装置のエアダクトは荷物棚と一体化し、荷物棚の先端と下部から吹き出す[8]

乗降用ドアは特急形で初めて徐々に強く閉まる方式を採用し、手を挟んだ場合の安全性を向上している。視覚障害者対応として開閉時に「ドアが開きます」「ドアが閉まります」と女性の音声で告知する。

運転台の主幹制御器は左手操作のワンハンドル式を採用する。運転台は通常のTIMS用のモニタのほか、運転時刻表のみを表示する小型モニタを併設する。E217系やE231系近郊タイプに準じて踏切事故対策として前後の空間を広く確保する。貫通・非貫通構造車ともに運転席とデッキはガラスで仕切られ、デッキから前方の眺望が開ける。助士席部は運転席よりも若干低く造作され、児童らの踏み台として運転室背面にパイプを設置している[8]。運転室の背面仕切カーテンは電動式だが助士席側小窓はカーテンが無く、夜間やトンネル内でもデッキから前方が見通せる。

機器類[編集]

制御伝送システムは、E231系で採用されたTIMSを特急型車両として初めて搭載している。

0番台の主回路は日立製作所IGBT素子VVVFインバータ装置を搭載し、500番台はモハE257形1500番台が三菱電機IPMを、モハE257形500番台が日立製作所製IGBT素子VVVFインバータ装置をそれぞれ搭載して、磁励音の低減が図られている。モハE257形0・100・500番台はインバータ装置2群を搭載してモハE256形と合わせて8台の主電動機を、クモハE257形・モハE257形1000・1500番台はインバータ装置1群を搭載して自車のみ4台の主電動機を制御する。主電動機は出力145kWのかご形三相誘導電動機MT72A形(0番台)・MT72B形(500番台)を搭載する。起動加速度は0番台・500番台とも2.0km/h/sとなっている。

ブレーキシステムは回生発電ブレンディングブレーキ併用電気指令式空気ブレーキを装備する。付随車の基礎ブレーキ装置はディスクブレーキを装備する。TIMSによって適切なブレーキ力を与える。発電ブレーキの搭載は、列車密度の低い路線では回生失効の頻度が高く、空気ブレーキが動作するケースが多いことによる。発電ブレーキシステムにブレーキチョッパを搭載しており、環境への配慮が図られている。

台車ボルスタレスヨーダンパ・軸バネオイルダンパ付きで、車輪径は860mm。E653系やE751系と基本的に同じもの[9](電動台車DT64系・付随台車TR249系)である。

パンタグラフは低断面トンネル対応のシングルアーム式PS36形(0番台)・PS37形(500番台)を採用する。PS36形とPS37形は取り付け互換性を有している。

警笛はAW2形空気笛とミュージックホーン・電子ホーンを併用する。

番台別解説[編集]

0番台[編集]

0番台
JR East E257 series EMU 021.JPG
スカート更新後の0番台による特急「かいじ
(2017年5月)
基本情報
製造年 2001年 - 2002年
製造数 154両
運用開始 2001年12月1日
運用終了 2019年3月15日(定期)
2021年6月20日(臨時)
投入先 中央本線篠ノ井線ほか
主要諸元
編成 基本編成9両(5M4T
付属編成2両(1M1T)
最高運転速度 130km/h
編成定員 9両558名(普通車530名・グリーン車28名)
2両120名(全車普通車)
編成重量 9両 306.1 t
2両 70.9 t
編成出力 11両145kW×24=3,480kW
9両145kW×20=2,900kW
保安装置 ATS-P,ATS-Ps
※クモハE257-0はATS-SNのみ装備
Wikipedia blueribbon W.PNG
第45回(2002年
テンプレートを表示

中央本線で使われていた183・189系の老朽化による置き換えを目的として、日立製作所近畿車輛東急車輛製造の3社で製造された。2001年(平成13年)12月1日ダイヤ改正より基本・付属各3編成が中央本線の特急あずさ」3往復で運用を開始、翌2002年(平成14年)3月23日に基本編成5本が投入され新たに特急「かいじ」5往復を[10]7月1日に基本編成5本、付属編成1本が投入され、残る4往復を[11]、12月1日のダイヤ改正で基本編成3本、付属編成1本が投入され、残った特急「あずさ」を置き換え、1年間で183系・189系を置き換えた[注 3]。同年7月1日より「中央ライナー」「青梅ライナー」にも充当されるようになった。

2018年10月1日時点では、松本車両センターに基本編成9両編成16本(144両)と付属編成2両編成5本(10両)の計154両が在籍していた[12]

E353系の増備に伴い徐々に運用を減らしていき、2019年3月15日をもって中央本線の定期特急列車運用から離脱した。その後余剰となった編成は、順次「踊り子」用2000番台へのリニューアル工事が行われ[13]、基本編成16本のうち13本[注 4]が2000番台へ改造され、大宮総合車両センター東大宮センターへ移籍。185系を置き換えた[14](詳細は後述)。

付属編成2両編成5本(10両)に関しては、定期運用離脱後も長野総合車両センターにて留置されていたが、2020年6月15日付で本系列初の廃車となり[15]、同年9月までに全編成が解体された。基本編成のような改造・転用はなされなかった。

残った3編成は2000番台への改造や付属編成の廃車が行われた後も松本車両センターに残留していたが、2021年より順次波動用5000番台へ改造され、M-111編成の改造を最後に本番台は消滅した[16]

構成[編集]

編成は基本編成がMT比5M4Tの9両編成、増結用の付属編成がMT比1M1Tの2両編成であった。松本駅における増・解結作業の関係上付属編成が新宿東京方に連結されており、号車番号は付属編成が1・2号車、基本編成が3 - 11号車となっていた。基本編成のみの9両編成で運転する場合でも号車番号の表示は変更されず、3 - 11号車の9両による運転として案内・表示された。これは編成両数にかかわらず自由席車両とグリーン車の号車番号を統一するための措置であった。グリーン車は基本編成の8号車に連結され、普通車との半室構造となっていた。

外観[編集]

「ふるさとのぬくもり」・「めぐりゆくふるさとの四季」をデザインコンセプトとしていた[4]。外観はアルプスの山々や林檎の花をイメージさせる白を基調としており、車体側面に四季の彩りを表す、武田菱を模した大きな菱形模様が描かれた[3]。菱形模様は桃色(春の花)、碧色(夏の木の葉)、黄色(秋の紅葉)、青紫(冬の山々)、銀色(八ヶ岳やアルプスの嶺)、からなり、その配色は似ているものもあったが号車ごとに異なっていた(左右のサイドでは向きが逆転しているので8号車を除き全て東京、新宿側へ傾いていた)。客用ドア横の号車番号表示は沿線の風物のイラストが号車ごとに描かれていた。

室内[編集]

室内においてもデザインコンセプトに基づき、普通席・グリーン席共に座席の柄に武田菱を模したひし形のパターンが用いられていた。

普通車は明るく軽快なイメージで、「カジュアルで楽しい雰囲気」を指向していた。荷棚上の小天井部は奇数号車がピンク、偶数号車がエメラルドグリーンとされた[4]

グリーン車は木目調の内装材や、カーペットを用いることで、落ち着いた雰囲気が指向されていた[4]

モハE257形100番台(9号車)の新宿方車端部に喫煙用フリースペースを設けていた[3]が、JR東日本の特急列車完全禁煙化により、2007年3月18日からは禁煙のフリースペースとして開放されていた。

形式(0番台)[編集]

基本編成(M101 - M116編成)[編集]
クハE256形(1 - 16)
基本編成の11号車に連結。CPを搭載する非貫通型制御車。定員64名。号車表示のイラストは「白馬村スキー場」。
クハE257形100番台(101 - 116)
基本編成の3号車に連結。CPを搭載する貫通型制御車。定員52名。松本方車端部にトイレと洗面所を備える。号車表示のイラストは「富士山」。
モハE256形(1 - 16)
基本編成の5号車に連結。補助電源用210kVA静止形インバータ(SIV)を搭載する中間電動車。定員64名。松本方車端部にトイレ洗面所カード公衆電話清涼飲料水自動販売機を備える[注 6]。モハE257形0番台とユニットを構成し、号車表示のイラストは「甲府市」。
モハE257形(1 - 16)
基本編成の4号車に連結。VVVFインバータ装置とパンタグラフを搭載する中間電動車。定員72名。モハE256形0番台とユニットを構成し、号車表示のイラストは「甲州市ぶどう」。
モハE256形100番台(101 - 116)
基本編成の10号車に連結。基本的にモハE256形0番台と同様。モハE257形100番台とユニットを構成し、号車表示のイラストは「道祖神」。
モハE257形100番台(101 - 116)
基本編成の9号車に連結。VVVFインバータ装置とパンタグラフを搭載する中間電動車。定員64名。新宿方にフリースペースを備える。モハE256形100番台とユニットを構成し、号車表示のイラストは「信州りんご」。
モハE257形1000番台(1001 - 1016)
基本編成の6号車に連結。基本的にモハE257形0番台と同様。本形式とクモハE257形は1C4M方式の単独電動車である。号車表示のイラストは「諏訪湖祭湖上花火大会」。
サハE257形(1 - 16)
基本編成の7号車に連結。CPを搭載する付随車。定員54名。出入台側に車椅子対応座席2席と松本方車端部に車椅子対応トイレと洗面所、車販準備室、多目的室を備える。号車表示のイラストはなく、その部分に車椅子マークを表示している。
サロハE257形(1 - 16)
基本編成の8号車に連結。グリーン車・普通車合造の付随車で、定員はグリーン室28名・普通室24名。出入台に車掌室と業務用室、松本方車端部にトイレと洗面所を備える。号車表示ステッカーは2箇所あり、東京寄り(普通車側)のイラストは「松本城」、松本寄り(グリーン車側)はイラストの代わりにグリーン車マークが表示されている。
付属編成(M201 - M205編成)[編集]
クハE257形(1 - 5)
付属編成の1号車に連結。補助電源用110kVA SIVとスクリュー式電動空気圧縮機(CP)を搭載する非貫通型制御車。定員52名。松本方車端部にトイレと洗面所を備える。号車表示のイラストは「新宿高層ビル」。
クモハE257形(1 - 5)
付属編成の2号車に連結。VVVFインバータ装置とパンタグラフを搭載する制御電動車定員68名。松本方に簡易運転台を備える[3]。連結時のワンタッチ幌装置を備えている。長距離の運転は想定していないが、スイッチと計器類は本設運転台とほぼ同じものが取り付けられ、電気笛を搭載している。号車表示のイラストは「高尾山紅葉」。

編成(0番台)[編集]

← 甲府・松本・南小谷
新宿・東京・千葉 →
基本編成 付属編成
号車 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
形式 クハ
E256
-0
モハ
E256
-100
モハ
E257
-100
サロハ
E257
-0
サハ
E257
-0
モハ
E257
-1000
モハ
E256
-0
モハ
E257
-0
クハ
E257
-100
クモハ
E257
-0
クハ
E257
-0

編成一覧表(0番台)[編集]

基本編成名 付属編成名 落成日 製造会社 改造後編成名 備考
M-101 M-201 2001年5月29日 日立製作所 NA-01 2020年6月15日 付属編成廃車
M-102 M-202 2001年6月6日 近畿車輛 NA-02 2020年6月15日 付属編成廃車
M-103 M-203 2001年6月22日 東急車輛 NA-03 2020年6月15日 付属編成廃車
M-104 2001年12月5日 日立製作所 NA-04
M-105 2002年1月10日 日立製作所 OM-91
M-106 2001年12月26日 近畿車輛 NA-05
M-107 2001年12月7日 東急車輛 OM-92
M-108 2002年2月6日 近畿車輛 NA-06
M-109 M-204 2002年4月8日 日立製作所 NA-07 2020年6月15日 付属編成廃車
M-110 2002年4月9日 東急車輛 NA-08
M-111 2002年5月10日 東急車輛 OM-93
M-112 2002年5月30日 日立製作所 NA-09
M-113 2002年6月10日 東急車輛 NA-10
M-114 M-205 2002年7月18日 日立製作所 NA-11 2020年6月15日 付属編成廃車
M-115 2002年8月7日 近畿車輛 NA-12
M-116 2002年9月4日 近畿車輛 NA-13
  • 前述のとおり、付属編成は新宿・東京方に連結される。号車番号は付属編成が1・2号車、基本編成が3 - 11号車となっていた。基本編成のみの9両編成で運転する場合でも、号車番号の表示は変更されず、3 - 11号車の9両による運転として案内・表示されていた。

500番台[編集]

500番台
Series-E257-500-NB18.jpg
500番台による特急「わかしお
(2021年3月 新習志野駅
基本情報
製造年 2004年 - 2005年
製造数 95両
運用開始 2004年10月16日
投入先 総武本線成田線鹿島線京葉線外房線内房線ほか
主要諸元
編成 5両(3M2T
最高運転速度 130km/h
編成定員 5両306名(全車普通車)
編成重量 5両 180.6 t
編成出力 5両 145kW×12=1,740kW
保安装置 ATS-P,ATS-SN
テンプレートを表示

房総地区各線の特急列車に運用されていた183系・189系の老朽化による置き換えを目的として、幕張電車区(現・幕張車両センター)に配置され、2004年10月16日のダイヤ改正から営業運転を開始した。「Boso Express」の愛称がある。0番台と同様に日立製作所・近畿車輛・東急車輛製造の3社で製造された。

車両の構造は0番台を基本としているが、一部の車内設備と搭載機器に相違があるために車両番号を500番台として区分している。MT比は地下トンネル内の勾配区間の走行を考慮して3M2Tとしている。分割・併合での運転を考慮して、東京方および銚子安房鴨川方の先頭車の双方とも前面貫通構造を採用している。

車内は普通車のみの5両編成であり、グリーン車は連結されていない。インテリアは座席の柄が青を基調としたものとなっている。

0番台とはVVVFインバータ装置の差異から磁励音が異なる[要出典]が、純電気ブレーキ(全電気ブレーキ)は採用していない。

車体色は、255系と同様の房総特急のイメージカラーであるホワイト□(ビーチ)をベースに、側下にブルー(深みのある太平洋)・客用ドアと正面にイエロー(明るい陽光と房総に咲く菜の花)を基調にデザインされている。客用扉横に「boso」の「b」と、幕張新都心の直線的で近代的な建築物を模したデザインのロゴマークが配置されている。

2004年(平成16年)10月16日のダイヤ改正より「さざなみ」「わかしお」に投入され、さらに翌2005年(平成17年)12月10日のダイヤ改正からは「しおさい」「あやめ」にも投入され、房総地区で運用されていた183系・189系をすべて置き換えた。

2015年(平成27年)3月14日ダイヤ改正で千葉、房総地区の特急列車が削減された[17]ことに伴い、9編成(45両)の余剰車が発生した[17]。余剰車のうち2編成はホームライナーに使用され、3編成は富士急線直通列車に使用されることになり、後者は幕張車両センター所属のまま豊田車両センター常駐となった。

豊田車両センター常駐の3編成は2019年ダイヤ改正を前に車体デザインが小変更され、側窓周りに黒塗装が追加されたほか、客用扉横と正面のロゴが「SERIES E257」に変更され、NB-10編成が赤、NB-11編成がグレー、NB-12編成が緑のアクセントカラーがそれぞれ入れられていた。

その後2019年3月16日のダイヤ改正で「ホームライナー千葉」が廃止されたため、同列車に使われていた2編成が余剰となり、余剰車は計6編成となった。うち4編成は2500番台へ改造され、2編成は豊田車両センター常駐の3編成とともに5500番台に改造された。

2022年4月1日現在、幕張車両センターに5両編成11本(NB01 - 05,12,15 - 19,55両)が配置されている[18]

形式(500番台)[編集]

クハE256形500番台(501 - 519)
補助電源用210kVA SIVとCPを搭載する制御車。定員64名。1(6)号車に連結する。
クハE257形500番台(501 - 519)
CPを搭載する制御車。定員52名。東京方車端部にトイレと洗面所を備える。1次車(501 - 510)は当初喫煙車で天井に空気清浄機オゾン脱臭装置を備えていた[3] が、2005年12月10日のダイヤ改正で禁煙車となったため撤去された。2次車は当初から禁煙車のため準備工事のみとなっている。連結時のワンタッチ幌装置を備えている。5 (10) 号車に連結する。
モハE257形1500番台(1501 - 1519)
VVVFインバータ装置とパンタグラフを搭載する中間電動車。定員54名。客室端に車椅子対応座席2席と東京側車端部に車椅子対応トイレと洗面所、車内販売準備室、多目的室を備える。2(7)号車に連結する。
モハE256形500番台(501 - 519)
補助電源用210kVA SIVを搭載する中間電動車。定員64名。東京方車端部にトイレ・洗面所、カード式公衆電話を備える。モハE257形500番台とユニットを構成し、3(8)号車に連結する。
モハE257形500番台(501 - 519)
VVVFインバータ装置とパンタグラフを搭載する中間電動車。定員72名。モハE256形500番台とユニットを構成し、4(9)号車に連結する。

編成(500番台)[編集]

← 安房鴨川・君津・銚子
東京・新宿 →
号車 5
(10)
4
(9)
3
(8)
2
(7)
1
(6)
形式 クハE257
-500
モハE257
-500
モハE256
-500
モハE257
-1500
クハE256
-500

編成一覧表(500番台)[編集]

編成名 落成日 製造会社 改造後編成名 備考
NB-01 2004年7月16日 日立製作所
NB-02
NB-03 2004年8月5日 日立製作所
NB-04
NB-05 2004年8月26日 日立製作所
NB-06 NC-31
NB-07 2004年9月8日 近畿車輛 NC-32
NB-08 OM-51
NB-09 2004年9月16日 日立製作所 OM-52
NB-10 OM-53 改造前は豊田常駐(赤)
NB-11 2005年7月22日 東急車輛 OM-54 改造前は豊田常駐(灰)
NB-12 OM-55 改造前は豊田常駐(緑)
NB-13 2005年8月26日 東急車輛 NC-33
NB-14 NC-34
NB-15 2005年9月2日 日立製作所
NB-16
NB-17 2005年10月7日 日立製作所
NB-18
NB-19 2005年10月28日 日立製作所

2000番台・2500番台[編集]

2000番台
2500番台
Series-E257-2000 NA05 Odoriko-EXP.jpg
2000番台による特急「踊り子
(2022年2月 新子安駅
基本情報
運用者 東日本旅客鉄道
種車 2000番台:0番台
2500番台:500番台
改造所 長野総合車両センター
秋田総合車両センター
総合車両製作所横浜事業所
改造年 2019年 - 2021年
改造数 137両
(2000番台:117両、2500番台:20両)
運用開始 2000番台:2020年3月14日
2500番台:2021年3月13日
投入先 東海道本線伊東線伊豆急行線伊豆箱根鉄道駿豆線ほか
主要諸元
編成 2000番台:9両(5M4T
2500番台:5両(3M2T)
最高運転速度 130km/h
編成定員 2000番台:9両546名(普通車498名・グリーン車48名)
2500番台:5両298名(全車普通車)
テンプレートを表示
2500番台による特急「湘南
(2022年4月 二宮駅 - 大磯駅間)

東海道線の特急「踊り子」やライナー列車に使用されていた185系215系を置き換えることを目的に、0番台および500番台に転用改造と機器更新が施されて誕生した番台区分[19]。0番台のM-112編成が長野総合車両センターにおいて改造され、2019年2月27日付で2000番台NA-09編成として大宮総合車両センター東大宮センターに配置された。その後、同センターに加えて秋田総合車両センターおよび総合車両製作所横浜事業所において順次改造が実施されている。500番台NB-07編成が秋田総合車両センターにおいて改造され、2020年7月に2500番台NC-32編成として出場した。

2022年4月1日現在、基本編成2000番台(NA-01 - 13編成)9両編成13本(117両)と付属編成2500番台(NC-31 - 34編成)5両編成4本(20両)の合計137両が大宮総合車両センターに配置されている[14]

車番は0番台の車番+2000となっているため、基本的にNA-01=M-101、NA-02=M-102という順で改番されている。

0番台では普通席との半室構造となっていた半室グリーン車は、2000番台では全室グリーン車となっている。

リニューアルにあたり、車体塗装はE261系に準ずる伊豆の空と海の色をイメージしたペニンシュラブルーを基調としたものに変更され、ヘッド・テールライトがHIDからLEDのものへと交換された。前面の3色LED電光表示板は交換されずに転用された。

内装面は、座席のモケットが交換され、窓側座席に電源コンセント、各座席上方にE657系と同様の指定席発売状況確認ランプ、各先頭車に荷物置き場が設置された[20]。グリーン車は床板と肘掛けが更新されたが、旧普通席部分で座席と窓枠の位置が合わない席が生じている。

普通車は「スタンダードでありながら奥行き感のある現代的な空間」、グリーン車は「リッチで高品質感のある現代的な空間」をデザインコンセプトとしている[19]

基本編成(2000番台)[編集]

← 伊豆急下田
東京 →
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9
形式 クハ
E256
-2000
モハ
E256
-2100
モハ
E257
-2100
サロ
E257
-2000
サハ
E257
-2000
モハ
E257
-3000
モハ
E256
-2000
モハ
E257
-2000
クハ
E257
-2100

編成一覧表(2000番台)[編集]

編成名 竣工 改造施工 旧編成 備考
NA-01 2020年7月28日 長野総合車両センター M-101
NA-02 2021年1月22日 M-102
NA-03 2019年4月4日 秋田総合車両センター M-103
NA-04 2019年10月1日 長野総合車両センター M-104
NA-05 2020年4月24日 秋田総合車両センター M-106
NA-06 2019年10月15日 総合車両製作所横浜事業所(内装)
秋田総合車両センター(外装)
M-108
NA-07 2019年12月6日 秋田総合車両センター M-109
NA-08 2019年8月28日 M-110
NA-09 2019年2月27日 長野総合車両センター M-112
NA-10 2019年6月25日 M-113
NA-11 2020年4月14日 M-114
NA-12 2020年10月26日 M-115
NA-13 2020年1月10日 M-116

付属編成(2500番台)[編集]

← 修善寺
東京 →
号車 10 11 12 13 14
形式 クハ
E256
-2500
モハ
E257
-3500
モハ
E256
-2500
モハ
E257
-2500
クハ
E257
-2500

編成一覧表(2500番台)[編集]

編成名 竣工 改造施工 旧編成 備考
NC-31 2020年9月29日 秋田総合車両センター NB-06
NC-32 2020年7月6日 NB-07
NC-33 2021年1月25日 NB-13
NC-34 2021年3月4日 NB-14
  • 前述のとおり、付属編成は東京方に連結される。号車番号は基本編成が1 - 9号車、付属編成が10 - 14号車となっている。基本編成のみの9両編成で運転する場合でも、号車番号の表示は変更されず、1 - 9号車の9両による運転として案内・表示される。

5000番台・5500番台 [編集]

5000番台
5500番台
E257-5000.jpg
E257系5000番台
(2021年10月)
基本情報
運用者 東日本旅客鉄道
種車 5000番台:0番台
5500番台:500番台
改造所 長野総合車両センター
秋田総合車両センター
改造年 2021年 -
改造数 42両(5000番台:27両、5500番台:25両)
運用開始 5000番台:2021年8月12日
5500番台:2021年10月2日
主要諸元
編成 5000番台:9両(5M4T
5500番台:5両(3M2T)
最高運転速度 130km/h
編成定員 5000番台:9両550名(普通車522名・グリーン車28名)
5500番台:5両298名(全車普通車)
テンプレートを表示
E257系5500番台
(2022年1月 猿橋駅 - 鳥沢駅間)

直流区間内の波動用輸送に使用されていた185系の置き換えを目的として、0番台と500番台に転用改造及び機器更新が施されて誕生した番台区分。0番台のM-105編成が長野総合車両センターにおいて改造され、2021年5月24日付で5000番台OM-91編成として大宮総合車両センター東大宮センターに配置[21][22]、500番台NB-09編成が秋田総合車両センターにおいて改造され、2021年5月18日付で5500番台OM-52編成として同センターに配置された[21][22]

リニューアルにあたり、基本的な設備は2000番台・2500番台をベースに、塗装は爽やかさ、エネルギッシュ、環境、抑揚、流れをイメージした緑色を基調としたものに変更された[23][24]。5000番台のクハE257-5100は自動幌があった場所に塞ぎ板が設置され、非貫通となった[23]

車内は1号車、9号車の荷物置き場や各客室の防犯カメラ設置、カーテンや普通車の側小天井パネルの交換などが行われた。それ以外は種車と同仕様となっている[23][24]

編成(5000番台)[編集]

号車表記は便宜上のものであり、中央本線特急など一部列車では号車が逆転することがある。

← 松本・熱海
黒磯 →
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9
形式 クハ
E256
-5000
モハ
E256
-5100
モハ
E257
-5100
サロハ
E257
-5000
サハ
E257
-5000
モハ
E257
-6000
モハ
E256
-5000
モハ
E257
-5000
クハ
E257
-5100

編成一覧表(5000番台)[編集]

編成名 竣工 改造施工 旧編成 備考
OM-91 2021年5月24日[23] 長野総合車両センター[23] M-105
OM-92 2021年8月20日[23] M-107
OM-93 2021年12月17日[16] M-111

編成(5500番台)[編集]

← 松本・熱海
黒磯 →
号車 1 2 3 4 5
形式 クハ
E256
-5500
モハ
E257
-6500
モハ
E256
-5500
モハ
E257
-5500
クハ
E257
-5500

編成一覧表(5500番台)[編集]

編成名 竣工 改造施工 旧編成 備考
OM-51 2021年8月16日[23] 秋田総合車両センター[23] NB-08
OM-52 2021年5月18日[23] NB-09
OM-53 2021年10月7日[16] NB-10
OM-54 2022年1月12日[14] NB-11
OM-55 2022年4月2日 NB-12

運用[編集]

0番台[編集]

篠ノ井線の快速として運用に就く0番台
(2019年1月30日)

導入から定期運用終了まで「あずさ」「かいじ」「中央ライナー」「青梅ライナー」などの中央東線の特急列車・ライナーを中心に運用されていた。

間合い運用では、篠ノ井線松本 - 信越本線長野間を結ぶ快速列車にも1日1往復充当されていたほか、東海道線「湘南ライナー」「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」に充当されていた時期もあった[注 7]

ダイヤの乱れや車両故障などの理由によりE351系の代走として「スーパーあずさ」の運用に入ったほか、修学旅行等の団体専用列車として運用されることもあり、日光線や信越本線黒姫駅まで入線した実績があった。

2018年(平成30年)7月1日に「あずさ」「かいじ」の一部[注 8]に9両編成のE353系7本(63両)が投入されたことにより運用を減らし、2019年3月16日のダイヤ改正で中央東線の特急[注 9]用車両が一部の臨時列車を除き全てE353系に統一された[25]ことにより、定期運用を終了した。

500番台[編集]

Series E257-500 NB-10 Red Stripe in Shinjuku Station.jpg
E257 NB-11 2020.jpg
豊田常駐時代の3編成
3種類の塗装が存在していた。
(いずれも5500番台に改造されて消滅)

房総地区の特急列車のほか、以前は間合い運用で早朝の鹿島線の一部普通列車や横須賀線の「おはようライナー逗子」「ホームライナー逗子」「ホームライナー千葉」にも使用されていた。

房総特急の縮小に伴って余剰が発生し、関東地方を中心とした多くの臨時列車で使用されるようになった。2018年(平成30年)3月17日のダイヤ改正以降は、5両編成のまま「あずさ」「かいじ」の臨時列車や、「ホリデー快速富士山」(後に「富士回遊」に変更)、「ホリデー快速鎌倉」などでも運用されるようになった。なお、「ホリデー快速鎌倉」では2021年9月を最後に運用されなくなった。

2000・2500番台[編集]

2020年(令和2年)3月14日ダイヤ改正で、2000番台(基本編成)が185系で運用される特急「踊り子」のうち、東京 - 伊豆急下田間1.5往復と伊豆急下田→池袋間1本、土休日はそれに加え、新宿→伊豆急下田間1本と伊豆急下田→東京間1本に投入された。2021年(令和3年)3月13日ダイヤ改正では2500番台(付属編成)が修善寺駅発着の「踊り子」に投入され、JR東海管内及び伊豆箱根鉄道線への乗り入れを開始した。これにより「踊り子」運用を当系列で統一するのに加え、「湘南ライナー」に代わって新たに運転される特急「湘南」にも投入された[26][20]

5000番台・5500番台[編集]

定期運用は元々なく、臨時列車・団体専用列車で運用されている。

5000番台は2021年(令和3年)8月12日に特急「さざなみ」91号で営業運転を開始した[27]。同年からは新宿発着の臨時特急あずさとして、休日を中心に小淵沢、上諏訪まで運転されている。

5500番台は2021年(令和3年)10月2日・3日に両国駅にて開催の「ちばトレインフェスティバル」にて、185系と日付を分けてOM-52編成が展示され[28]、同日から快速「武蔵野・青梅奥多摩号」でOM-51編成が営業運転を開始した。

車体装飾[編集]

  • NHK大河ドラマ風林火山
    • 2007年に放映された『風林火山』に合わせて一部編成(M-116編成)の正面と側面に風林火山をイメージしたイラストのラッピングが施されており、臨時特急列車「風林火山」号に優先的に運用していた。
  • デスティネーションキャンペーン「未知を歩こう。信州」
    • 2010年10月から12月まで長野県内で実施されていたデスティネーションキャンペーン「未知を歩こう。信州」のキャラクター・アルクマなどのラッピングを施した9両編成2本(M-101・111編成)が同年9月9日から12月中旬まで運行されていた[29]
  • あずさ号運行開始50周年
    • 2016年10月15日から12月31日頃まで、9両1編成(M-102編成)に50周年を記念したエンブレムとロゴをラッピングし運転された[30]
    • このほか、0番台の全車の車内の座席テーブルにもエンブレムとロゴを施している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 置き換え対象となった幕張車両センターの183・189系車両が、かつて冬場に上越線方面のスキー列車(新雪シュプール号など)に使われたことがあった。
  2. ^ 183系グレードアップ改造車より上下寸法を90ミリメートル (mm) 拡大している。
  3. ^ 捻出された183系・189系の一部は団体・臨時用として使用されていた165系の置き換えに転用されている。
  4. ^ M-105・M-107・ M-111編成以外
  5. ^ 2007年3月17日までは喫煙スペースとして使用。
  6. ^ 自動販売機は2008年4月1日から使用停止となっている。
  7. ^ 2003年(平成15年)春から2008年3月改正まで充当。
  8. ^ あずさ10往復中3往復、かいじ12往復中9往復
  9. ^ 「あずさ」「かいじ」および新設の「富士回遊」「はちおうじ」「おうめ

出典[編集]

  1. ^ 日本鉄道サイバネティクス協議会「鉄道サイバネ・シンポジウム論文集」第38回(2001年)「JR東日本E257系電車用主回路システム」論文番号504。
  2. ^ 日本鉄道車両工業会「車両技術」229号「JR東日本 E257系500代特急形直流電車の概要」記事。
  3. ^ a b c d e f 吉田行廣(東日本旅客鉄道 鉄道事業本部運輸車両部車両課副課長基本計画グループリーダー)「新車訪問【65】東日本旅客鉄道 E257系電車」『RAIL FAN』第49巻第2号、鉄道友の会、2002年2月1日、 2-5頁。
  4. ^ a b c d 東日本旅客鉄道(株)運輸車両部企画課車両開発プロジェクト (2001-08-01). “E257系特急型直流電車”. 鉄道ファン (交友社) Vol.41 (通巻484号): pp129-136. 
  5. ^ ジェー・アール・アール 編 『JR電車編成表 2022夏』交通新聞社、2022年、407頁。ISBN 9784330028224 
  6. ^ 『読売新聞』2002年6月14日朝刊山梨2面33頁「[短信]6月14日=山梨」(読売新聞東京本社)
  7. ^ 交通新聞社「JR電車編成表2015夏」記事。
  8. ^ a b c 吉田行廣(東日本旅客鉄道 鉄道事業本部運輸車両部車両課副課長基本計画グループリーダー)「新車訪問【65】東日本旅客鉄道 E257系電車」『RAIL FAN』第49巻第2号、鉄道友の会、2002年2月1日、 2-5頁。
  9. ^ 吉田行廣(東日本旅客鉄道 鉄道事業本部運輸車両部車両課副課長基本計画グループリーダー)「新車訪問【65】東日本旅客鉄道 E257系電車」『RAIL FAN』第49巻第2号、鉄道友の会、2002年2月1日、 2-5頁。
  10. ^ 『RAIL FAN』第49巻第5号、鉄道友の会、2002年5月1日、 19頁。
  11. ^ 「鉄道記録帳」『RAIL FAN』第49巻第10号、鉄道友の会、2002年10月号、 22頁。
  12. ^ ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2019冬 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2018年、p.101。ISBN 9784330932187
  13. ^ 中央線特急列車「あずさ」「かいじ」E353系置き換えについて - JR東日本長野支社 2018年5月16日
  14. ^ a b c ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2022夏 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2022年、p.58-59。ISBN 9784330028224
  15. ^ ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2021冬 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2020年、p.358。ISBN 9784330082202
  16. ^ a b c ジェー・アール・アール「JR車両の動き」『鉄道ダイヤ情報 №454 2022 3月号』第51巻3号(通巻454号)、交通新聞社、2022年2月15日、 103頁。
  17. ^ a b 交友社「鉄道ファン」2015年5月号「平成27年3月14日ダイヤ改正にともなうJR東日本車両の動き」記事。
  18. ^ ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2022夏 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2022年、p.50。ISBN 9784330028224
  19. ^ a b “JR東日本ニュース『特急「踊り子」にリニューアル車両を順次投入します』” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道株式会社 横浜支社, (2019年11月28日), https://www.jreast.co.jp/press/2019/yokohama/20191128_y01.pdf 2021年9月11日閲覧。 
  20. ^ a b 東海道線特急「湘南」「踊り子」のご案内”. 東日本旅客鉄道公式HP 首都圏発着在来特急のご案内. 東日本旅客鉄道. 2020年11月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年12月19日閲覧。
  21. ^ a b ジェー・アール・アール「JR車両の動き」『鉄道ダイヤ情報 №448 2021 9月号』第50巻9号(通巻472号)、交通新聞社、2021年8月16日、 107頁。
  22. ^ a b 新井正「JR東日本車両詳報 車両追跡 第24回」『j train 2021Autumn 特集 多客臨がいた時代』Vol.83、イカロス出版、2021年10月1日、 108 - 109頁。
  23. ^ a b c d e f g h i 吉田勝博(東日本旅客鉄道鉄道事業本部運輸車両部車両技術センター)「E257系5000・5500番台特急形直流電車」『鉄道ファン』第61巻第12号(通巻728号)、交友社、2021年12月1日、 42 - 48頁、 OCLC 61102288
  24. ^ a b 吉田勝博(東日本旅客鉄道鉄道事業本部運輸車両部車両技術センター)「JR東日本E257系 転用改造・機器更新の概要」『鉄道ピクトリアル』第71巻第11号(通巻第992号)、電気車研究会、2021年9月1日、 96 - 102頁、 ISSN 0040-4047
  25. ^ “2019年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2018年12月14日), https://www.jreast.co.jp/press/2018/20181213.pdf 2018年12月19日閲覧。 
  26. ^ “東海道線特急が新しく生まれ変わります” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年11月12日), https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201112_ho02.pdf 2020年11月13日閲覧。 
  27. ^ 波動用E257系が房総に”. ちばとぴ!タウン. ちばとぴ!鉄道部. 千葉日報社 (2021年8月14日). 2021年8月14日閲覧。
  28. ^ “~鉄道の安全・安心と地域の魅力を発信!~「ちばトレインフェスティバル」を開催します!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道千葉支社, (2021年9月13日), https://www.jreast.co.jp/press/2021/chiba/20210913_c01.pdf 2021年9月13日閲覧。 
  29. ^ “長野新幹線あさま号・中央東線特急あずさ号「信州デスティネーションキャンペーン」ラッピング車両を運転します!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道・同八王子支社・同長野支社, (2010年9月3日), http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/100906_2.pdf 2010年9月7日閲覧。 
  30. ^ “特急「あずさ」号運行開始 50 周年を記念したイベントの実施と旅行商品の発売について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道・同八王子支社・同長野支社, (2016年10月13日), http://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20161013/20161013_info1.pdf 2016年10月17日閲覧。 

外部リンク[編集]