鉄道の車両番号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国鉄蒸気機関車のナンバープレート
国鉄からJRへ継承されてきた書体
103系
JR西日本が導入した
モリサワ新ゴ書体
115系リニューアル改造車
阪神の車番書体
8000系
神戸市営地下鉄の車番書体
1000形
南海の車番書体
6100系、現6300系)
名鉄の車番書体
モ590形、現在廃車譲渡)
青い森鉄道の車番書体
(元JR東日本701系 漢字と平仮名が含まれている)

鉄道の車両番号(てつどうのしゃりょうばんごう)は、鉄道車両1両ごとに付与される、固有の記号番号のこと。略して車番(しゃばん)とも。

形式称号(○○形、○○型、○○系などの○○の部分)を含んでいる場合が多いが、絶対ではない。

○○形、○○型とは、デザイン・性能などが同じ制御車・付随車・動力車に与えられる番号のこと。○○系とは、一連の○○形、○○型の車両群のこと[1]

概要[編集]

同じ鉄道事業者に在籍する他の車両との区別のため、車両の管理上の必要から付されるもので、ほとんどの国家では、同じ記号番号を持つ車両が同時に同じ鉄道事業者に在籍することは通常ないが、かつての日本国鉄をはじめ、まれに2両以上の記号番号が同時に在籍することがある(→二車現存)。

なお、かつての殖民軌道では、車両番号が付されないこともあった。

日本においては、多くの場合はアラビア数字のみ、または片仮名との併記で表される。数字のみならずアルファベット平仮名ローマ数字漢字などを用いることもある。番号は形式に関連付けられていることが多いが、形式と番号を完全に分離して併記するケース、逆に形式と番号に全く関連性のないケース[2]も見られる。

具体的画像は、Category:鉄道車輌番号画像も参照。

車両への表示[編集]

車両番号は車体正面や側面、また車内などに表示される。表示方法はさまざまで、鉄板にカット活字を載せたナンバープレート、車体にカット活字を貼り付けたもの、車体に直接ペンキで書いたりなどがある。

車両番号に片仮名を含む場合、日本国有鉄道(国鉄) - JR各社では「クモヤ145-1007」のように片仮名も表記するが、四国旅客鉄道(JR四国)の新形式車両や私鉄の多くでは通常、車体に車種片仮名を表記せず数字部分のみとする。なお、京成電鉄3700形以降正式な形式名は番号のみで区別している)や西武鉄道6000系以降正式な形式名は番号のみで区別している)の一部旧型車両では片仮名も併記されている。

車番表示の書体は概ね標準的なゴシック体だが、各鉄道営業体に特有の書体を用いる場合もある(阪神電気鉄道南海電気鉄道神戸市営地下鉄名古屋鉄道東京メトロなど)。細かく見れば、同じゴシック体のようでも各営業体で微妙に異なるのが分かる。またJR各社も、車種片仮名や数字の書式については旧国鉄時代のものを引き継いできたが、21世紀初頭になって西日本旅客鉄道(JR西日本)(207系以降の新型車両、221系は車内ナンバープレートのみ、87系気動車および35系客車を除く[3])でのゴナ(および683系・改造諸系列(103・113・201系30/40N更新車含む)などのモリサワ新ゴ)体、東日本旅客鉄道(JR東日本)・近畿日本鉄道21000系以降の特急形および30000系「ビスタEX」シリーズ21以降の通勤形)、北総鉄道7300形にまで採用されていたヘルベチカ、など、新型車両での別書体採用、従来型車両での書体変更も見られるようになった。 また、九州旅客鉄道(JR九州)の一部車両で見られる、ゴシック体で文字の周りを1文字ずつ四角で囲む『水戸岡デザイン』のような特殊な書体も見られる。

鉄道のナンバープレートは、廃車された蒸気機関車のものなどについてコレクションの対象となっており、プレミアムが付いて取引されたりする。各鉄道事業者が車庫見学会などの折、他の鉄道廃材と並べ即売会を行うこともある。一方でコレクションが昂じて、あまり厳重に管理されていない公園に静態保存されている車両、更には現役の車両から窃盗する事件も発生している。

具体的車両番号[編集]

以下を参照。

特徴的な例[編集]

  • 機関車では、運転整備重量を形式の一部として付与するケースが見られる。機関車の大きさを把握するのに最適であることから、産業用を中心に私鉄臨海鉄道用の機関車に採用例が多い。国鉄の機関車としては、B20形蒸気機関車が唯一例である。
  • 富山地方鉄道では鉄道線車両のほとんどに数字5桁の大きな車番 (xxxyy) が付いているが、これは上3桁 (xxx) で電動機出力をPS(馬力)で表しているためである(電動車の場合)。下2桁 (yy) は形式番号。同社の軌道線車両でも、4桁 (xxyy) ある車番の上2桁 (xx) を電動機出力としている。かつては鉄道線にも4桁車番があった。以前の南海電気鉄道でも、電動機出力を車番(形式)に用いていた。
  • 異なる形式同士でも、番号の下1-2桁が重複しないように付番した例がある。この場合、基本的には末尾1-2桁を導入した順に付与していたが、廃車などにより末尾1-2桁に空きができた場合、新たに導入された車両にその空き番号を付ける場合もある。
    • 営団地下鉄(現・東京メトロ銀座線では1000形に1001 - 1021、1100形に1122 - 1130、1200形に1231 - 1254、1300形に1355 - 1369、…、の導入順番号を付与した。1700形で下2桁を01に戻して再び導入順に付与していき、2000形までこの方式が続けられた。
    • 横浜市営地下鉄ブルーラインでは編成番号を表す2桁目・3桁目の数字が導入順となっている。1000形に101x - 114x(xは号車を表す数字で6両編成各号車に1 - 6の数字が付く)、2000形に215x - 223xの番号が付与され、3000形には324x - の番号が付与されている。
    • 神戸市営地下鉄西神・山手線では編成番号を表す下2桁の数字が導入順となっている。1000形は末尾01 - 18、2000形は末尾19 - 22、3000形は末尾23 - 28の番号が付与されている。
    • 福島交通では7000系以前に導入した車両については、車両番号の末尾1-2桁は形式にかかわらず、導入した順に付与していた。モハ1201 - 1211、デハ5012・5013、モハ5114、クハ5215、サハ3016・3017、モハ5318・5319、デハ5020 - 5023という番号になっていた。その後、空き番号になっていた番号を付したデハ3304 - 3306もあった。
    • 神戸新交通ポートアイランド線では、神戸空港への乗り入れに当たって2000型を導入した際には当時存在していた8000型(01 - 12)の続番で13 - 15が付与された。その後、8000型を置き換える際には01に戻って01 - 12・16・17が付与され(16・17は輸送力増強用)、2016年に導入された輸送力増強用車両には20・21(仕様が大きく変更されたため、18・19が飛ばされた)が付与されている。
    • 帝都高速度交通営団(現:東京地下鉄半蔵門線において、8000系では、かつては最終的に01 - 11が8両編成、12 - 22が10両編成で製造し、総計22編成・198両の陣容となる計画があったため09の次は12 - 14が付与された。その後15 - 19が10両編成で製造された後[4]、計画は変更され、初期車も10両編成化を行うことに伴い、製造された編成は11と10の順に付与され、01 - 09も10両編成化された。
  • 十和田観光電鉄では自社発注の電車は木造車には1400番台を、鋼製車には2400番から新造順に1000番刻みで付番。譲受車は前所属鉄道会社での形式を使用(一部例外あり)。機関車(Exyy)は動輪数(x)・自重(yy)で形式を規定する「仙鉄式」を採用。さらに電車・機関車で末尾を連番としていた。
  • 営団地下鉄が1984年から東京メトロ発足直前までに製造した車両は一部を除き「0x系」と最初に0がついていた。形式番号は「0x」の後にハイフンと3桁の数字が入る。
  • 都営地下鉄新宿線大江戸線りんかい線の車両は「xx-yyy」と、3桁目の前にハイフンが入る。
  • 富士急行では3100形から5700形まで(7000形キハ58形を除く)、形式の上位2桁は導入初年度を採用していた。
  • 高松琴平電気鉄道の初期の車両には、形式をn桁、現車の番号は (n-1) 桁として、実質的にそのうちの何桁かのみを使用して車番を表すというケースがあった(具体的には、形式は1000形で、番号は100、110、120、130…といった具合)。事実上2桁で必要十分な形式番号を4桁にまで拡張した事例である。
  • 大阪市交通局新20系では、届け出上の形式は4桁だが現車の番号は5桁で、使用する路線の番号 (1 - 5) が千の位に入っている。30000系では届け出上の形式も5桁だが(千の位を「0」として届け出た)、千の位に路線番号を入れるルールは踏襲された。
  • 東武鉄道10000系以降の通勤型電車および西武30000系電車では、編成の長さを表す数字が入っている(東武では百の位、西武では千の位)。
  • 2017年現在、日本の現役である旅客用車両で最も大きな数字を持つ形式は、東武鉄道70000系である(呼称のみに注目する場合、公式呼称が「ななまんがた」である東京臨海高速鉄道70-000形も含まれる)。また、小田急電鉄でも2018年3月に70000形が導入される予定である[5]
  • 語呂合わせ四の字)の点から、特に4000番台の形式・番号が割り振られる車両は少ない。大手私鉄では西武鉄道、小田急電鉄、東京急行電鉄、名古屋鉄道の他、電動貨車のみではあるが阪急電鉄のみでしか採用されず、また中小私鉄では個々の車両番号の末尾の4・9を欠番にしていた例もある[6]。40000番台の車両に至っては、西武40000系電車が存在するのみである。
  • 大部分の事業者では製造番号を1から振ることが多いが、阪急電鉄山陽電気鉄道ではトップナンバーを0としている。

アラビア数字以外を含む車両形式の例[編集]

機関車については各鉄道事業者とも、動力方式・動力軸数を示すアルファベットを冠するケースがほとんどである。私鉄の旅客用車両には、動力方式を片仮名で形式名に含む例が多い。デ・モ(電車)、キ・ケ・ジ(ディーゼルカー)など。

過去に存在した車両[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ちばの鉄道一世紀』(p12)より。
  2. ^ 所有車両数の少ない私鉄では構造などの相違に関わらず一括りにした形式付番が行なわれてきた。近年、公的書類作成の際には構造及び装置が異なる車両はそれらが識別できる様記載する、との関係省庁からの通達により形式名を実車にあわせたケースや、書類上での正式な形式名が実車には反映されないケースが見られる。
  3. ^ 87系気動車は車内ナンバープレートを含め従来とは異なる特殊な書体を用いているが、35系客車は1920年代から30年代の雰囲気を重視するため国鉄時代からのスミ丸ゴシックとなっている。
  4. ^ 中間増備車2両を製造してから残りの8両を製造して10両編成化を行った。
  5. ^ “新型特急ロマンスカー「70000形」の製造を決定” (PDF) (プレスリリース), 小田急電鉄, (2016年10月20日), http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/8500_1656600_.pdf 2017年7月9日閲覧。 
  6. ^ 特に、富士急行では1971年に脱線転覆事故を起こした車両の番号の末尾が「4」であったため、これ以降に導入された車輛では末尾「4」を飛ばしている。
  7. ^ 三木鉄道の廃止後に1両がひたちなか海浜鉄道に譲渡され、ミキ300形のまま現在も使用されている。

関連項目[編集]