阪急4050形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
正雀車庫に配置される4052

阪急4050形電車(はんきゅう4050がたでんしゃ)は、阪急電鉄に在籍している救援用の制御車である。

本項ではブレーキシステムを改造した4250形電車車両番号変更なし)についても記述する。

概要[編集]

1982年に、老朽化した救援用電動貨車の4200形及び4500形を置き換えるため、920系の969 - 972を改造して、4050 - 4053の4両が登場した。両運転台式の制御貨車で、妻面の開き戸の中にはリフトが格納されており、橋梁上などでの作業率向上に貢献している。ただし、本形式はすべて前述のように制御貨車であるため、単体では動くことはできず、動力を持つ車両と連結しないと動くことができない。

配置[編集]

4050形は4052が正雀車庫に配置され、4250形は4050が西宮車庫、4051が平井車庫、4053は桂車庫にそれぞれ配置されている。

改造[編集]

種車は付随車だったため、運転台が新たに設置された。屋根上機器は全て撤去され、廃車発生品の前照灯パトライトが設置された。また、種車の雨樋は撤去され、新たに設置された乗務員扉の上に水切りが設置されたが、のちに側面扉部にも水切りが取り付けられた。

製造当初は黒一色の塗装だったが、各車庫への配属前に、黄色の警戒帯が追加塗装された。

台車は種車のH50を装着していたが、のちに1010系などが使用していたFS324へ換装した。また方向幕も当初はなく、後に設置されたものである。

連結器は、3000系などと同じ自動連結器を装着していたが、西宮車庫常駐の4050と平井車庫常駐の4051、そして桂車庫常駐の4053は、出動時の牽引車として両車庫に配置されている6000系7300系を使用することになったため、密着連結器へ換装するとともに、ブレーキ方式も電気指令式に改造された。この3両の形式は書類上では4250形に改番されているが、車両番号は4050番台のままである。

また4052は、3300系と連結することから、非常ブレーキは電気指令式に改造されている。