阪急電鉄正雀工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
正雀工場内での阪急レールウェイフェスティバルの様子
新京阪デロ10

阪急電鉄正雀工場(はんきゅうでんてつしょうじゃくこうじょう)は、大阪府摂津市にある阪急電鉄(阪急)の車両工場。敷地内に隣接して阪急京都本線車両基地、正雀車庫がある(正雀工場への入出場に際しては、一時的に正雀車庫に入庫する場合がある)。

所在地は「摂津市阪急正雀」と、阪急の社名が付く唯一の地名であり、国土地理院発行の地形図にも記載されている。阪急京都本線正雀駅の北西側一帯に広がる。

阪急電鉄および能勢電鉄の全営業用車両の検査・修理を行っている。阪急電鉄の全車両と大阪市高速電気軌道堺筋線の新車搬入もここで行われる。

元は京都線所属車両のみの整備を担当していたが、正雀車庫の北側にあった工場敷地を購入して工場新築・拡張し、1968年に西宮工場と旧正雀工場を統合した。建築当時は東洋一とも呼ばれた工場であった。

2004年には兵庫県尼崎市にあったアルナ工機の清算・分割によってできたアルナ車両の工場も正雀工場内にできた。

なお、工場内の業務の一部は、連結子会社であるアルナ車両と2社の協力会社(株式会社関西交通工業社、興国車輌株式会社)に委託されており、阪急電鉄と共に各社がISO14001の認証を取得している。

年2回、春と秋に家族連れを対象にした阪急レールウェイフェスティバルが開催されている。 1形電車10形電車100形電車600形900形2300系(2301+2352)が保存されており[1]、阪急レールウェイフェスティバルで公開される。

1980年代までは当工場まで日本国有鉄道(国鉄)の引き込み線が延びており、車両の甲種輸送も行われていたが、1984年新造の6300系の6330F8両編成の搬入を最後に終了、以後はトレーラー輸送に変更された。当時の阪急用の標準軌と旧国鉄用の狭軌の三線軌条が現在でも工場内の一部(おもに廃車解体場など)に残っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 近畿地区では貴重な旧型車両の現車が保存されているため、テレビなどの撮影にも使われている。(例、NHKテレビ「てるてる家族」「カーネーション」「経世済民の男 小林一三」など)

関連項目[編集]

座標: 北緯34度46分41.2秒 東経135度32分42.3秒