美濃電気軌道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
美濃電気軌道
Minoden logomark.svg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
岐阜県岐阜市長住町2丁目[1]
設立 1909年(明治42年)11月[1]
業種 鉄軌道業
事業内容 旅客鉄道事業、バス事業、電気事業 他[2]
代表者 社長 松久正博[1]
資本金 3,975,000円(払込額)[1]
従業員数 544名[2]
特記事項:上記データは合併直前の状況で、『日本全国諸会社役員録 第38回』[1]および『名古屋鉄道社史』[2]による。
テンプレートを表示

美濃電気軌道(みのでんききどう)は、かつて岐阜県一帯に鉄道路線路面電車(軌道)路線を有していた会社。通称は美濃電

後の名鉄名古屋本線笠松駅以北(現存)と、岐阜市内線揖斐線高富線鏡島線美濃町線(いずれも、昭和30年代から2005年(平成17年)までに廃止)を運営したが、1930年(昭和5年)に岐阜進出を図る(旧)名古屋鉄道と合併し、名岐鉄道となった(その後更に名岐鉄道と愛知電気鉄道との合併を経て現在の名古屋鉄道となる)。

概要[編集]

岐阜市の箕浦宗吉などといった52名の資本家によって創設され、1911年(明治44年)に岐阜停車場前(柳ヶ瀬、後の岐阜駅前駅) - 今小町間で後の岐阜市内線に当たる路線を開業させたのを皮切りにして、順次路線を延伸する。1914年(大正3年)には、初の郊外路線でもある笠松線(後の名古屋本線)を部分開業させた。

1915年(大正4年)には後の高富線である長良軽便鉄道の路線と接続し、連絡運輸を行うようになったが、1920年(大正9年)には同社を合併、本格的に直通運転を行うようにした。なお、後の揖斐線を経営していた岐北軽便鉄道も1921年(大正10年)には合併しているが、こちらとの直通運転は美濃電が名鉄に合併された後の1967年(昭和42年)まで実現しなかった。

その頃、(旧)名古屋鉄道はそれまでの本業であった市内線名古屋市へ譲渡)を失い、一宮線(廃線)・犬山線津島線などといった郊外路線のみの営業となっていたため、新たな活路を見出そうと、名古屋岐阜という2つの県庁所在都市を結ぶ路線(今の名古屋本線)を敷設することを目論んだ。

その過程において、新岐阜駅[注釈 1] - 笠松駅[注釈 2]に笠松線を有していた美濃電を買収し、新線建設に際して同社の保有路線を用いるのが効率的であったことと、中部圏における自主的な私鉄統合の流れによって、1930年(昭和5年)に名古屋鉄道へ美濃電は買収された。その直後、名古屋鉄道は社名を名岐鉄道と改称し、1935年(昭和10年)には木曽川橋梁を完成させ、名岐間の直通路線を実現した(実現まもなく、名岐鉄道と愛知電気鉄道の合併があった)。

保有路線[編集]

美濃電気軌道路線図

1930年買収時

未成線[編集]

  • 瀬尻村小瀬 - 太田町東町 11.6km : 1918年7月出願、1919年9月却下[3][4]
  • 琴塚 - 鵜沼 13.9km : 1921年1月出願、1921年5月返付[3][4]
  • 岐阜 - 今伊勢町 - 名古屋市堀内町 29.4km : 1921年1月出願、その後却下。名古屋電鉄東海道電鉄愛知電鉄らによる名岐間鉄道計画に対する対抗策[5][6]
  • 今伊勢町 - 草井村 9.4km : 1921年4月出願、1924年8月却下。名岐間計画線の支線[5][6]
  • 各務線・芥見線
    • 金園町 - 那加 - 芥見 9.8km
    • 那加 - 各務 6.0km
    • 1922年4月出願、1922年9月取得。後のルート変更で各務線は事実上中止[3][4]
  • 芥見線 (ルート変更案)
    • 岩戸前 - 芥見 8.6km : 1925年8月失効[3][4]
    • 長住町 - 岩戸前 2.5km : 1928年6月失効[3][4]
  • 芥見線 (上記2案とは別案)
    • 長住町 - 芥見 13.1km : 1928年5月出願、1928年6月取得、1932年11月失効[3][4]

年表[編集]

岐阜付近の路線変遷
笠松付近の路線変遷

路線ごとの詳細は、各路線の項目を参照のこと

  • 1907年(明治40年)9月5日 軌道線敷設特許状下付[7]
  • 1909年(明治42年)11月20日 創立[8]初代社長は才賀藤吉[9]
  • 1911年(明治44年)
    • 2月11日 初の路線である、駅前 - 今小町間、神田町-上有知間開業
    • 10月7日 今小町 - 本町間が開業[7]
  • 1912年(明治45年)2月23日 軽便鉄道免許状下付(岐阜市神田町八丁目-羽島郡笠松町間)[10]
  • 1912年(大正元年)8月28日 本町 - 長良橋間が開業[7]
  • 1913年(大正2年)8月21日 岐阜駅移転に伴い駅前を移転。
  • 1914年(大正3年)
    • 6月2日 初の郊外路線として、笠松線の広江(廃駅) - 笠松口間開業[11]
    • 7月15日 才賀藤吉社長辞任[12]
    • 12月26日 新岐阜-広江間開業[13]
  • 1915年(大正4年)
    • 10月20日 福田継治郎が社長に就任[注釈 3]
    • 11月20日 長良北町延伸により、長良北町 - 高富間の長良軽便鉄道と接続[7]
  • 1918年(大正7年)
    • 4月3日 電燈事業開始[14]
    • 10月 車庫を長住町付近に移転
  • 1920年(大正9年)9月10日 長良軽便鉄道を買収、高富線とする
  • 1921年(大正10年)
    • 6月13日 初の四軸ボギー車である、BD500形を笠松線に投入
    • 9月6日 鉄道免許状下付(岐阜市神室町-稲葉郡鏡島村間)[15]
    • 9月21日 - 竹鼻鉄道との接続のため、笠松駅 (2代)を笠松駅 (3代)へ移転し、笠松駅 (2代)および旧線区間廃止[16]
    • 11月10日 忠節 - 北方町(美濃北方)間の路線と本巣郡席田村-揖斐郡大野村間の鉄道敷設免許[17]を有した岐北軽便鉄道を合併、北方線とする
  • 1922年(大正11年)
    • 1月13日 鉄道免許状下付(揖斐郡大野村-同郡揖斐町)[18]
    • 4月 上遠野富之助、跡田直一が取締役に就任し名古屋鉄道の傘下に入る[19]
    • 9月14日 鉄道免許状下付(岐阜市金園町-稲葉郡芥見村、同郡那加村-同郡各務村間)[20]
  • 1923年(大正12年)12月21日 BD505形を、笠松線と美濃町線に投入
  • 1924年(大正13年)
    • 4月21日千手堂-鏡島間開業[21]
    • 11月4日 軌道特許状下付(岐阜市神田町-同市神室町)[22]
  • 1925年(大正14年)
    • 2月21日 1922年9月14日に免許した区間の変更(岐阜市長住町-稲葉郡芥見村間)[23]
    • 6月1日 神田町五丁目-神室町四丁目間開業[24]
    • 8月15日 1922年9月14日に免許した区間の短縮認可(稲葉郡北長森村-同郡芥見村間) [25]
    • 12月11日 神室町四丁目-忠節四丁目間開業[24]
  • 1926年(大正15年)
  • 1927年(昭和2年)7月5日 納涼電車運転届出[27]
  • 1928年(昭和3年)
    • 6月8日 鉄道免許状下付(岐阜市長住町-稲葉郡芥見村間)[28]
    • 6月9日 鉄道起業廃止許可(岐阜市長住町-稲葉郡北長森村間)[29]
    • 9月18日 市内乗合自動車営業免許不許可[30]
    • 12月20日黒野-本揖斐間開業[31]
  • 1930年(昭和5年)8月20日 名古屋鉄道に合併、解散
  • 1930年(昭和5年)9月5日 名古屋鉄道が名岐鉄道に改変
  • 1935年(昭和10年)8月1日 名岐鉄道が愛知電気鉄道と合併、再び名古屋鉄道に改称
  • 1944年(昭和19年)3月1日 谷汲鉄道を名鉄が合併、谷汲線とする

女性車掌[編集]

列車乗務員への女性採用は、明治時代においては男尊女卑の風潮の中でなかなか開始されないでいたが、1902年(明治35年)に讃岐鉄道1906年(明治39年)には南海鉄道でそれぞれ列車給仕(食堂接客員)に女性が採用されるようになり、1903年(明治38年)には鉄道作業局(官営鉄道)でも、比較的業務が簡単な閑散期における新橋駅での乗車券販売に女性が登用された。

美濃電気軌道では、それを一歩推し進めて車掌に初めて女性を登用した。1918年(大正7年)4月18日のことであるが、第一次世界大戦の影響で好景気となり、乗務員が集まらなくなったことが導入の契機であった。当初は昼間時間帯のみの乗務であったが、後には始発から終電までのほぼ全時間帯で勤務させるようにした。

国鉄(管轄は、内閣鉄道院鉄道省運輸通信省運輸省日本国有鉄道と変遷)の運営する省線電車(国電)で女性車掌が登場したのは、太平洋戦争下で多くの男子職員が兵に取られて人員不足となった1944年(昭和19年)のことであり、美濃電での登用は先進的な試みであった。

輸送・収支実績[編集]

軌道線[編集]

年度 輸送人員(人) 貨物量(トン) 営業収入(円) 営業費(円) 営業益金(円) その他益金(円) その他損金(円) 支払利子(円) 距離(哩)
1910 208,598 11,810 4,873 6,937 利子82開業前預金利子567 繰越損金補填367 2,093 17.84
1911 2,348,218 117,916 67,573 50,343 17.14
1912 2,642,498 960 144,435 70,488 73,947 利子793 18,534 17.84
1913 2,907,631 15,110 166,746 81,452 85,294 利子894 21,521 18.12
1914 2,757,973 13,658 154,348 89,638 64,710 軽便鉄道16,541利子1,150 軽便鉄道7,991 23,022 18.09
1915 3,024,499 4,697 170,792 100,546 70,246 軽便鉄道24,700利子491 軽便鉄道21,806 26,831 18.54
1916 3,340,247 26,505 192,617 107,781 84,836 28,954 19,536 26,501 18.54
1917 3,841,692 32,827 234,399 136,880 97,519 軽便鉄道32,112 13,761 26,114 18.54
1918 4,262,149 40,109 315,448 195,035 120,413 47,736 26,029 16,461 18.54
1919 5,347,940 55,391 427,176 275,571 151,605 78,021 46,528 14,209 18.54
1920 5,933,547 59,359 504,735 348,164 156,571 176,578不用財産処分益金20,560 104,761 13,974 18.54
1921 7,941,230 53,313 578,225 353,482 224,743 18.54
1922 8,478,452 52,375 603,456 345,677 257,779 18.54
1923 9,300,289 41,449 635,080 377,017 258,063 373,616 203,520 23,094 18.54
1924 9,089,447 16,240 597,443 279,412 318,031 397,882 267,296 30,389 18.57
1925 9,969,897 15,738 637,294 301,904 335,390 418,486 282,353 65,633 19.73
1926 10,961,823 16,222 684,951 341,359 343,592 148,649 87,875 19.73
1927 11,237,835 12,726 697,808 357,273 340,535 175,512 71,892 32.05
1928 11,825,583 10,131 718,568 365,758 352,810 地方鉄道電燈電力119,157 62,185 32.05
1929 11,192,639 7,815 642,247 334,202 308,045 地方鉄道電燈電力178,536 償却金雑損16,733 145,431 32.05
1930 4,166,123 1,171 224,537 122,576 101,961 地方鉄道電燈電力105,995 社債差損金6,330 89,833 32.05

鉄道線[編集]

年度 輸送人員(人) 貨物量(トン) 営業収入(円) 営業費(円) 営業益金(円) その他益金(円) その他損金(円) 支払利子(円) 政府補助金(円) 距離(哩)
1914 280,626 325 16,542 7,953 8,589 3.12
1915 445,940 1,174 23,942 14,858 9,084 6,948 757 3.18
1916 502,583 2,034 26,547 12,912 13,635 6,625 2,407 3.18
1917 582,268 2,594 32,113 13,700 18,413 補助金返納61 5,223 3.18
1918 635,796 3,190 37,053 17,871 19,182 3,833 3.18
1919 850,168 2,014 54,860 31,680 23,180 軌道及電燈電力148,647 2,939 3.18
1920 1,251,867 2,167 110,151 65,971 44,180 電燈及軌道192,052 1,258 6.4
1921 2,070,594 3,045 214,224 115,178 99,046 10.7
1922 2,580,628 7,329 229,078 108,674 120,404 10.7
1923 2,839,542 8,391 258,498 122,789 135,709 軌道部その他750,197 軌道部その他466,718 14,124 10.47
1924 3,139,312 6,984 272,042 155,210 116,832 軌道及電燈342,208 40,812 13.06
1925 3,397,065 7,265 289,866 165,301 124,565 電燈軌道業322,999 14,706 13.06
1926 4,371,360 9,911 385,993 214,190 171,803 軌道並電燈319,492 86,928 17.13
1927 4,694,102 9,899 448,278 247,021 201,257 電燈軌道330,809 87,990 27.62
1928 5,006,423 9,633 419,558 246,025 173,533 電燈軌道342,733 雑損10,000 96,484 33.13
1929 5,028,737 7,424 415,692 236,253 179,439 電燈軌道339,774 償却金5,140 189,656 33.13
1930 1,850,490 1,507 150,348 79,138 71,210 軌道電燈136,747 雑損6,331 89,833 33.13
  • 鉄道院年報、鉄道院鉄道統計資料、鉄道省鉄道統計資料、鉄道統計資料各年度版
  • その他益金、その他損金で重複あり
  • 1927年以降の距離はKm

車両[編集]

自社で注文した車両(電車、附随客車、電動貨車、貨車)と合併した長良軽便鉄道と岐北軽便鉄道の電車がある。

車両数の変遷[編集]

年度 鉄道線 軌道線
電車 有蓋貨車 無蓋貨車 電車 客車 有蓋貨車 無蓋貨車
1910 17 2
1911 19 2 2
1912 26 2 2 3
1913 28 2 5
1914 6 33 3 5
1915 6 2 33 3 6
1916 6 33 3 9
1917 6 33 3 12
1918 6 2 37 4 14
1919 6 37 14
1920 10 42 3 14
1921 20 52 3 17
1922 20 52 8 17
1923 30 38 8 17
1924 24 2 40 8 15
1925 19 48 8 17
1926 22 1 2 53 6 19
1927 32 1 2 49 4 6 17
1928 29 1 2 52 4 6 17
1929 29 1 2 52 4 6 17
  • 鉄道院年報、鉄道院鉄道統計資料、鉄道省鉄道統計資料、鉄道統計資料

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 後の新岐阜駅(現・名鉄岐阜駅)は当初長住町駅と呼ばれていた2代目で、美濃電気軌道が開業した初代新岐阜駅は鉄道省東海道本線岐阜駅に併設する位置に存在した。
  2. ^ 現在の笠松駅は1935年(昭和10年)に開業した4代目で、初代笠松駅(開業当初は笠松口駅)は現在地より南寄りの旧線に位置した。
  3. ^ 本巣郡真桑村の人。北方銀行頭取、濃飛農工銀行監査役、大垣銀行取締役『帝国銀行会社要録 大正5年』社長に永く留まり1929年名古屋鉄道との合併交渉中に急死する『岐阜のチンチン電車』、223頁

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『日本全国諸会社役員録. 第38回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b c 『名古屋鉄道社史』 名古屋鉄道、名古屋鉄道、1961年、271-277頁。ASIN B000JAMKU4
  3. ^ a b c d e f 井戸田弘 『東海地方の鉄道敷設史』2、2006年、103頁。
  4. ^ a b c d e f 井戸田弘 『東海地方の鉄道敷設史』3、2008年、169-170頁。
  5. ^ a b 井戸田弘 『東海地方の鉄道敷設史』2、2006年、118頁。
  6. ^ a b 井戸田弘 『東海地方の鉄道敷設史』3、2008年、186頁。
  7. ^ a b c d 「美濃町線・岐阜市内線の昨日、今日」119頁
  8. ^ 『日本全国諸会社役員録. 明治43年』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ 中部エネルギーを築いた人々 電力界の風雲児 才賀藤吉 日本電気協会 中部支部
  10. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1912年2月26日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  11. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1914年6月11日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  12. ^ 『岐阜のチンチン電車』、223頁
  13. ^ 「軽便鉄道運輸開始及哩程異動」『官報』1915年1月11日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  14. ^ 『電気事業要覧. 第12回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  15. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1921年9月8日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  16. ^ 鉄道院監督局・鉄道省監督局『鉄道免許・竹鼻鉄道(名古屋鉄道)2・大正10年~昭和4年』 「14. 共同使用停車場竣功の件」
  17. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1915年4月8日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  18. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1922年1月14日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  19. ^ 『名古屋鉄道百年史』125頁、『日本全国諸会社役員録. 第31回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  20. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1922年9月16日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  21. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1924年4月26日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  22. ^ 「軌道特許状下付」『官報』1924年11月8日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  23. ^ 「鉄道起業目論見変更」『官報』1925年2月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  24. ^ a b 『鉄道省鉄道統計資料. 大正14年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  25. ^ 「鉄道線路短縮」『官報』1925年8月19日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  26. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1926年4月13日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  27. ^ 夏季限定で車体側面腰板部に網を張り通風をよくした『岐阜のチンチン電車』、64頁(写真)、225頁
  28. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1928年6月12日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  29. ^ 「鉄道起業廃止」『官報』1928年6月12日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  30. ^ 『岐阜のチンチン電車』、225頁
  31. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1928年12月27日(国立国会図書館デジタル化コレクション)
  32. ^ 和久田康雄『日本の市内電車』成山堂書店、2009年、112-114頁

参考文献[編集]

  • 『岐阜のチンチン電車』郷土出版社、1997年
  • 清水武 『名鉄岐阜線の電車(上)』 ネコ・パブリッシング、2010年
  • 藤井建「美濃町線・岐阜市内線の昨日、今日」『鉄道ピクトリアル』No.624 1996年7月臨時増刊号

関連項目[編集]