営団2000形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
営団2000形電車
2046(のち銚子電気鉄道デハ1001)以下6連(1977年6月25日 渋谷駅)
2046(のち銚子電気鉄道デハ1001)以下6連
(1977年6月25日 渋谷駅)
基本情報
製造所 東急車輛製造日本車輌製造
川崎車輛近畿車輛
帝國車輛工業富士重工業日立製作所
主要諸元
編成 銀座線: 6両編成
丸ノ内線方南分岐線: 3両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 直流600V(第三軌条方式
最高運転速度 銀座線: 55km/h
丸ノ内線方南分岐線: 65 km/h
起動加速度 5M1T編成時: 2.8 km/h/s
減速度(常用) 4.0 km/h/s
減速度(非常) 5.0 km/h/s
車両定員 100(座席40)人
車両重量 29.5t
全長 16,000 mm
全幅 2,580 mm
全高 3,495 mm
台車 住友金属工業FS-323・FS-331
主電動機 直流直巻電動機
主電動機出力 55kW×4
駆動方式 WN駆動方式
歯車比 17:123 (7.235)
制御装置 抵抗制御方式
制動装置 AMME-R形 自動空気ブレーキ
保安装置 打子式ATS
テンプレートを表示

営団2000形電車(えいだん2000がたでんしゃ)は帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄銀座線および丸ノ内線方南町支線(中野坂上 - 方南町間)で運転されていた通勤形電車である。

本項ではその試作車的存在である両運転台車の営団1900形電車についても記載する。

2000形[編集]

銀座線用の標準型車両として1959年昭和34年)から1963年(昭和38年)までの間に104両 (2029 - 2132) が製造された。最初に登場したのは2031 - 2040の10両であり、2029・2030は2次車である。なお、先頭(最後尾)の車両番号奇数の場合は「渋谷駅側」、番号が偶数の場合は「浅草駅側」となっていた。また、運転台は後述する1900形と異なり、銀座線として初の片運転台構造となった。

性能的には1900形のWN駆動方式を継承したが、銀座線における「高性能車」という部類の電車は01系からであり、相変わらず2000形は主ブレーキ方式が三動弁による自動空気ブレーキのみ、補助電源は電動発電機 (MG) を持たず蓄電池(電動空気圧縮機の作動でダイナモ発電)に頼っていたこともあって、第三軌条セクションや力行時は瞬間停電しながら運転されていたため、旧態依然としていた。台車は2029 - 2042は住友金属工業製FS323形コイルばね台車、2043号以降は同社製FS331形空気バネ台車とした(当初は2029・2030(初代)が空気バネ台車の試作車として登場、後に2043・2044(初代)と車号の交換を行った)。

ただし、車両の近代化は盛り込まれており、営団で初めてすべての座席の上部に網棚と、座席端部にスタンション(握り棒)が設置された。その後の1500N形も含め車内はライトグリーンの化粧板、茶色の座席モケットといった寒色系の色調である。また、運転台側の貫通扉は当初から引戸式で戸袋があり、正面窓のHゴム化は全車ともされなかった。

その後、前照灯は白熱球からシールドビーム(外枠利用)、シールドビーム2灯(外枠交換)に、前面方向幕を大形化、客用ドアを交換して窓を小形化、屋根部の塗装をオレンジに統一といった改良が施行されている。

1983年(昭和58年)に01系が導入された際に、号車番号ステッカーが貼付された。当形式を含む旧型車すべての車両にも号車番号ステッカーが貼付されたが、車体外部の貼付位置は車端部ではなく、中央のの脇の戸袋上だった。これは丸ノ内線の旧型車も同様であった。

1968年(昭和43年)以降は両端先頭を2000形、中間に1500N形2両、付随車化した1200形または1300形1400形 - 1800形を1両組み込んだ5M1T編成が標準の編成となっていた。

丸ノ内線方南町支線用[編集]

方南町支線用車
(1977年6月25日 中野坂上駅)

2031 - 2040は1968年(昭和43年)5月に丸ノ内線方南町支線で使用されていた100形の置き換えのために同線へ移籍した。その際に塗装は赤色として側窓下部に白色の帯が入れられた(500形のようにサインウェーブはない)。さらに内装を淡緑色から肌色に塗り替えた。編成は2両×5本とされ、車両とホームとの隙間を解消するためにステップが付けられた。

その後1981年(昭和56年)11月には方南町支線の3両編成化に伴いさらに8両(2101-2057-2082の1本と中間組み込みとなる2062・2070・2073・2092・2129)が移籍し、3両編成6本に組み替えられた。なお、移籍した車両のうち2両は最後まで扉窓が大窓の状態を保っていたほか、3両編成の中間車として組み込まれた車両は前述の前頭部の更新が施工されなかったため、2000形の原形を最後まで留めた車群といえる。ただし銀座線時代に内装更新された車両に関しては、化粧板が淡緑色のままである。

01系導入による置き換え[編集]

1984年(昭和59年)以降、01系の増備に伴い、1986年(昭和61年)より本形式も順次廃車が開始された。01系1次車の投入が一段落した1988年(昭和63年)4月には2000形と中間に1500N形の組み込まれた編成だけとなった。この時点で01系が23編成、2000形・1500N形は17編成となった。その後1990年(平成2年)より01系の投入が再開され、1993年(平成5年)初めの時点では6両編成4本にまで減少した。この時点での編成は以下の通り。

渋谷
浅草
2095 1523 1524 1551 1552 2096
2071 1501 1502 1513 1514 2046
2063 1563 1564 1565 1566 2076
2061 1561 1562 1567 1568 2074

1993年7月24日には上野検車区から中野検車区まで2061編成を使用したさよなら運転が実施された。同編成には車体側面にイラストが描かれたほか、先頭車には「ぼくにのってくれてありがとう さようなら2000形」のヘッドマークが掲出されたほか、中野検車区では撮影会等のイベントも行われた。翌日以降も同編成ともう1編成の2本が運用に入り、7月30日の営業運転終了まで運用された。

また、同じ7月に01系の旧形車置換用最終増備車である第37編成が竣工する。最後の2000形4本はこの01系1本に置き換えられた。これは本形式引退後、銀座線は01系統一による車両性能向上と保安装置を打子式ATSからCS-ATC化によるスピードアップにより、所要本数が3本削減されたためである。

また方南町支線用のものは02系の増備の進捗により1993年5月より500形・300形が転用されたため、同年7月6日をもって銀座線に先立つ形で運転を終了した。こちらは装飾等もなく静かな運用終了となった。

地方私鉄への譲渡[編集]

一部車両は京王重機整備にて改軌・パンタグラフ取付を中心とした改造工事のうえ、日立電鉄銚子電気鉄道に譲渡された。

日立電鉄では2000形・3000形として、2005年の同社線廃線まで使用された。

銚子電気鉄道ではデハ1000形とされ、2046の車体に2033の運転台を組み合わせたものがデハ1001、2040の車体に2039の運転台を組み合わせたものがデハ1002となった。

老朽化のためデハ1002は2015年1月10日、デハ1001は2016年2月28日をもって営業運転を終了した。詳しくは、銚子電気鉄道線#車両も参照。

なお、当初は銚子電気鉄道に所属する車両を含め、全車が日立電鉄に譲渡される予定だったという。

1900形[編集]

1958年(昭和33年)に製造された銀座線初のカルダン駆動車である。製造は帝國車輛工業。車両設計的には1800形と同一であるが、丸ノ内線と同じWN駆動に進化した車両である。ただし、加速性能やブレーキ方式は混結する従来車に合わせており、主電動機出力は55kW×4と低い(2000形も同じ。従来の吊り掛け車は90kW×2)。歯車比は丸ノ内線の300形などと同じ7.235である。両運転台構造で2両(1927・1928)のみ製造された。銀座線最後の両運転台構造の車両である。

1800形までの両運転台構造の車両と異なり、01系が投入される1985年頃まで編成の両端に組成されていたが、両端先頭車の後端部に設定されていた優先席(当時、営団では「シルバーシート」と呼称していた)が設定できないことから2両とも中間に組み込まれた後、01系の増備の進捗により1987年(昭和62年)2月に廃車された。