京王重機整備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京王重機整備株式会社
Keio Juuki Seibi Co., Ltd.
笹塚-13d.JPG
メルクマール京王笹塚(本社所在地)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
151-0073
東京都渋谷区笹塚1丁目47-1
メルクマール京王笹塚4階[1]
設立 1943年(昭和18年)10月6日[1]
業種 輸送用機器
法人番号 1011001007206 ウィキデータを編集
事業内容 鉄道車両の保守整備
自動車特殊車両の製造販売
不動産業
代表者 代表取締役社長 越水陽太郎[2]
資本金 2億円[1]
売上高 55億1,400万円(2011年度実績)
純利益 13億8300万円(2020年03月31日時点)[3]
純資産 137億2700万円(2020年03月31日時点)[3]
総資産 157億2100万円(2020年03月31日時点)[3]
従業員数 276名(2020年4月末日現在)[1]
主要株主 京王電鉄
主要子会社 東京特殊車体
外部リンク https://www.keiojuuki.co.jp/
テンプレートを表示

京王重機整備株式会社(けいおうじゅうきせいび)は、鉄道車両の保守整備・改造・修理、鉄道部品の販売、特殊車両の製造・販売、事務所等の賃貸を行う株式会社京王グループに属する。本社は東京都渋谷区笹塚[1]

概要[編集]

京王電鉄などで廃車となった鉄道車両を、全国の地方鉄道に販売する際の車両改造等を行うことで知られる。また京王電鉄や東京都交通局都営地下鉄新宿線)などの鉄道車両の更新・改造工事や定期保守も行う。

自動車特装車も手掛け、消防で使われる救助工作車や小型輸送車、移動採血車なども、同じ京王グループで関連会社の東京特殊車体と共に架装を行っている[4]

他に笹塚駅前の本社ビル「メルクマール京王笹塚」などで不動産事業を行っている。

1943年(昭和18年)設立[1]。元々は京王グループとは無関係の企業「笹塚自動車工業」として設立されたが、戦後の1948年大東急を離脱して発足したばかりの京王帝都電鉄に翌年買収され、京王グループ入りして現社名に変更した[1]

事業所[編集]

北野事業所

本社・事業所[編集]

現存しない事業所

  • 桜上水事業所:桜上水検車区内。若葉台検車区への移転に伴い、若葉台事業所へ移転[1]

沿革[編集]

車両整備・保守[編集]

車両改造・リニューアル工事[編集]

京王グループの車両[編集]

京王電鉄からの譲渡車[編集]

他社局の車両[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 会社概要|会社情報” (日本語). 京王重機整備株式会社. 2020年11月1日閲覧。
  2. ^ 企業理念と社長からのご挨拶 京王重機整備株式会社、2020年11月1日閲覧。
  3. ^ a b c 京王重機整備株式会社 第99期決算公告
  4. ^ a b c d 会社概要”. 東京特殊車体株式会社. 2020年11月2日閲覧。
  5. ^ a b 京王ハンドブック2020|年表”. 京王電鉄 (2020年8月). 2020年11月1日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 車両ギャラリー|京王重機整備が手掛けた車両たち” (日本語). 京王重機整備株式会社. 2020年11月1日閲覧。
  7. ^ 京王ハンドブック2008”. 京王電鉄. p. 79 (2008年8月). 2020年11月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g 車両の改造・リニューアル” (日本語). 京王重機整備株式会社. 2020年11月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]