大阪市交通局30000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大阪市交通局30000系電車
御堂筋線用30000系(2011年11月)
御堂筋線用30000系(2011年11月)
編成 御堂筋線:10両編成
谷町線:6両編成
営業最高速度 70 km/h
起動加速度 御堂筋線:3.0km/h/s
谷町線:2.5 km/h/s
減速度 3.5 km/h/s(常用最大)
4.0 km/h/s(非常)
車両定員 先頭車130人
中間車140人
全長 先頭車18,900mm
中間車18,700 mm
全幅 先頭車2,890mm
中間車2,880 mm
全高 先頭車3,745mm
中間車3,735 mm
車両質量 25.5t(T'・T)
27.0t(Te)
33.0t(Tec1・Tec2)
36.0t(Mb1'・Ma2・Mb2)
軌間 1435 mm
電気方式 直流750V(第三軌条方式
主電動機 かご形三相誘導電動機
主電動機出力 140kW/基
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御(ベクトル制御)
台車 モノリンク式インダイレクトマウント空気ばね台車
DS-300
制動方式 回生ブレーキ併用電気指令式電磁直通ブレーキ
OEC-4M
保安装置 WS-ATC
製造メーカー 川崎重工業[1]近畿車輛

大阪市交通局30000系電車(おおさかしこうつうきょく30000けいでんしゃ)は、2009年平成21年)3月18日大阪市交通局の高速電気軌道(大阪市営地下鉄谷町線2011年(平成23年)12月10日御堂筋線で営業運転を開始した通勤形電車である。

概要[編集]

車両の開発企画は大阪オリンピックの誘致計画の頃に持ち上がり、2006年に開発許可が降りた。車体は軽量ステンレス構体で、レーザー溶接組み立てのビードレス外板となっている。前頭形状は従来の切り妻形から丸みを帯びた形状に改められている。台車はインダイレクトマウント・モノリンク式台車であり、23系23613Fで試験的に用いられたものをベースとしたDS-300形台車[2] が採用されている。冷房装置20系の冷房装置[3]よりもさらに薄型化され、冷房能力が強化されたもの[4]が1両につき2基搭載され、中央へ少し寄せられている。座席下部に取り付けられている暖房装置も80系以前の車両と比較すると薄型化され、座席下部の機器を移設したことによって床面積を拡大することができ、冷房装置の薄型化によって新20系以前の車両で発生していた冷房装置下部と非搭載部で発生していた客室内の天井の段差が解消されるとともに、天井高さが引き上げられてフラットな見付となり、暖房装置の薄型化と座席下の機器を移設したことで床面を広げ、さらに谷町線向け第1編成では大阪市交通局の車両として初めて台車点検蓋を床材で隠し、フラットな床面にしたことも相まって車内の解放感が増した。全般的には新20系をベースに、80系などで採用された最新技術を取り入れ、さらに発展させたものとなっている。

谷町線においての新型車両の投入は22系の投入以来19年ぶりで、2009年から2013年にかけて13編成が導入され、抵抗制御で回生ブレーキを備えておらず、10系・20系と比較して電力消費量が多く、老朽化が進んでいた30系を順次置き換えていき[5]、全13編成の導入が完了し、30系が全廃された2013年10月の時点で、大阪市営地下鉄の営業車両はすべて電機子チョッパ制御VVVFインバータ制御回生ブレーキ装備となり、省エネ車両率100%を達成している。また、御堂筋線においての新型車の投入は21系の投入以来20年ぶりで、3編成製造する。

  • 補助電源装置は第3軌条方式5路線では初めてとなるSIVを搭載している。
  • 行先表示器は、80系まで前面・側面とも70系の側面(これはLED式)を除き幕式であったが、本系列ではLED式を本格採用した。谷町線向け第1編成では前面・側面ともに3色LEDを採用したが、その後に増備された谷町線向け第2編成以降の前面の行先表示器に大阪市営地下鉄初となるフルカラーLEDを採用している[6]。なお、側面の行先表示器は全て3色LEDである。
  • 車体には号車番号が大きく表記されている[7]
  • 大阪市交通局の車両としては初[8]液晶ディスプレイ (LCD) による車内案内表示装置を設置し、次駅案内や4カ国語(日本語英語中国語ハングル)の運行案内などを知らせる。
  • 価格は6両1編成で約8億9千万円(1両あたり約1億4,830万円)である[9]が、その後は入札のたびに価格が下落している。
  • 御堂筋線用30000系は2011年5月に第1編成が近畿車輛で完成し報道公開されている。なお近畿車輛のホームページ上では、御堂筋線用30000系を31系電車と表記している[10]

路線ごとの相違点[編集]

谷町線用30000系
谷町線用30000系
集電靴付きDS-300形台車
集電靴付きDS-300形台車

谷町線・御堂筋線とも車体構造などは基本的に同一であるが、以下の点で異なっている。

  • 前面下部の形状・カラーリング
谷町線では直線状だが、御堂筋線では曲線状になっている。
  • 車体側面上部
御堂筋線では赤色のラインが太くなり、上部のラインの下部に新しく白色のラインがデザインされた。
谷町線向けは単純な白系の柄入りの内装パネルであるが、御堂筋線向けでは御堂筋をイメージするイチョウと銀杏の柄を内装パネルなどに採用することで、親しみやすい車内空間を演出している。
御堂筋線では当時、可動式ホーム柵の設置を予定していたことから、可動式ホーム柵対応機器を搭載した。それにより、運転台背後の窓が小さくなっている。
2016年1月現在では、天王寺駅心斎橋駅に可動式ホーム柵が設置されている。
その他の御堂筋線仕様独自の特徴
  • 座席の配置を工夫することで、一部の乗降口横のスペースを拡大(1両に4か所)し、大きな荷物を持つ利用客にも利用しやすくしている。
  • 座席の形状を工夫し、着席状態から立ち上がりやすくしている。また、座席モケットの色は赤色となり、素材やクッションの量も変更されている(優先座席は他路線と同様に青色)。
  • 荷棚高さを40ミリメートル下げている。
  • 地上区間を長時間走行することから、フリーストップ式カーテンが取り付けられた(谷町線仕様は準備工事でカーテンレールのみ設置)。
  • 扉上部の車内案内表示装置は両線とも液晶式だが、谷町線は交通電業社製の4:3の画面幅のもので、他の事業者では見られない独自のデザインなのに対し、御堂筋線では三菱製の16:9の画面幅のものとなり、東京メトロ16000系8000系更新車とほぼ同じデザインである(なお、市営交通のお知らせは谷町線と同様に画面下部でスクロールされる)。右側のディスプレイの駅名表示は、漢字→ひらがな→ローマ字→漢字…を回転させながらアニメーションのような表示をする。ホーム案内も、進行方向から向かうような感じで表示している。これは、三菱電機が開発したIPコア「セサミクロ」によって実現したものである。

車両増備に伴う仕様変更点[編集]

本形式では谷町線向け・御堂筋線向けを問わず、度重なる増備に合わせて年度ごとに細部の仕様変更点が多岐に及んだ。谷町線向けと御堂筋線向けに分けて記述する。

谷町線向け編成および量産化改造[編集]

2009年度~2010年度投入分(32602F~32604F)

試作車であった32601Fで得られたデータを反映し、一部仕様を変更した谷町線向けの量産車。2009年度末に32602Fが、2010年度に32603F、32604Fの計6両3編成18両が投入された。

  • 前面行先表示器のフルカラーLED化
  • 床材で隠されていた台車点検蓋の露出化
  • 扉開閉予告灯を左上部から中央上部へ移設
  • 開扉時の盲動鈴鳴動機能追加(32604Fのみ。7秒間隔)
谷町線向け量産車の投入に伴う32601Fの量産化改造

量産車の投入に伴い、試作車であった32601Fについても、量産車と仕様を合わせるための改造が行われた。

  • 前面行先表示器を3色LEDからフルカラーLEDに変更
  • 第1編成の登場時、台車点検蓋は床材で隠されていたが、第2編成以降および従来車と同様に露出化
2011年度投入分(32605F~32607F)

32605F~32607Fの計6両3編成18両が投入された。同時期に投入された御堂筋線向けの編成は谷町線向けの編成と比べて前面デザインや側面のカラーリング、座席配置、内装パネルの柄、扉上部の車内案内表示装置のモニターなどが異なっているが、それらについては谷町線向けの編成については従来の編成と仕様を合わせ、内装、盲動鈴などに改良が施された。

  • 運転席日よけを変更(透明アクリル板→FRP)・大型化し、中央寄りに移設
  • 袖仕切の横棒の着色部分を灰色から茶色に変更
  • 扉横の手すりを下方向へ拡大し、小さな子供が手すりを握ることができるようにした。
  • 準備工事で取り付けられていたカーテンレールは2010年度製造の第4編成までは従来の窪みに金具を引っ掛けて止めるタイプであったが、フリーストップ式カーテンが取り付けられるよう、フリーストップタイプに変更。
  • 内装パネルの貼り付け面積を拡大し、新たに扉上部にも貼り付けた。
  • 盲動鈴の鳴動間隔を開扉後最初の1回は3秒後に、その後は4秒間隔になるよう変更(32604Fも32605F以降の増備後に鳴動間隔を変更し、32601F~32603Fにも盲動鈴鳴動機能を追加)

なお、これらの変更点は同時期に御堂筋線向けとして増備された31601Fにも反映されているが、特記を除き2011年度以前に製造された編成には反映されていない。

2012年度・2013年度投入分(32608F~32613F)
32610号車の車内

2012年度に32608F~32610Fが、2013年度に谷町線向け最終増備車として32611F~32613Fの計6両6編成36両が投入された。御堂筋線向けの31601Fにおける仕様変更点の一部を反映したうえで、車内の安全設備面の改良が施された。

  • 扉付近の枕木方向へつり革を新設し、つり革の本数を増加
  • 袖仕切の横棒を御堂筋線向け31601Fと同様に2段化。(32607Fまでは1段)

扉付近の枕木方向へつり革を新設した点については2013年度に御堂筋線に投入された量産車にも反映されたが、2012年度以前に製造された編成には反映されていない。

御堂筋線向け編成および量産化改造[編集]

LED照明の色が異なる女性専用車の車内
2013年度・2014年度御堂筋線投入分(31602F、31603F)

2013年度に31602Fが、2014年度に31603Fが投入された。2012年度・2013年度に谷町線向けに投入された編成で変更された変更点を反映し、さらに改良が施された。

  • 扉窓ガラスの車外の周囲の段差の部分を黒色に塗装
  • 2013年11月から営業運転を開始した新20系の更新車で運客仕切戸ガラス(運転室と客室の間の扉の窓ガラス)を下方向に拡大したが、御堂筋線向け量産車でも運客仕切戸ガラスを下方向へ拡大。
  • 第1編成では座席の配置を工夫したことで一部の乗降口横のスペースを拡大(1両に4か所)したが、拡大箇所に「少しスベースを広げております」と書かれ、立席利用や荷物やベビーカーなどを置いて利用できるようにイラストも描かれた案内ステッカーを貼り付けて明確化した。
  • 車内照明をLED化(谷町線用は未交換。女性専用車の照明の色は異なる)
  • プラズマクラスター発生装置を設置(31603・31403号車・31604Fのみ)
御堂筋線向け量産車の投入に伴う第1編成の量産化改造

御堂筋線向け第1編成についても、量産車の投入に伴い、車内設備を量産車と合わせるための改良が行われた。

  • 運客仕切戸ガラスを下方向へ拡大されたものに交換
  • 一部の乗降口横のスペースの拡大箇所に何もステッカーが貼り付けられていなかったが、「少しスベースを広げております」と書かれ、立席利用や荷物やベビーカーなどを置いて利用できるようにイラストも描かれた案内ステッカーを貼り付けて明確化。
  • 車内照明をLED化(女性専用車の照明の色は異なる)

2016年に既存の御堂筋線用30000系の前照灯がLEDに更新された。

また、2016年10月に第3次車の31604Fが導入される予定で、現在試運転を行っている。

編成[編集]

大阪市交通局30000系電車 谷町線編成表
 
形式 32600形 32100形 32800形 32300形 32200形 32900形
区分 Tec1 Ma1' T' Mb2 Ma2 Tec2
自重 33.0t 36.0t 25.5t 36.0t 36.0t 33.0t
定員
130 140 140 140 140 130


大阪市交通局30000系電車 御堂筋線編成表
 
形式 31600形 31000形 31100形 31700形 31400形 31800形 31500形 31300形 31200形 31900形
区分 Tec1 Ma1 Mb1 Te Ma1' T' T Mb2 Ma2 Tec2
自重 33.0t 36.0t 36.0t 27.0t 36.0t 25.5t 25.5t 36.0t 36.0t 33.0t
定員
130 140 140 140 140 140 140 140 140 130

運用[編集]

谷町線仕様は2008年10月に導入が発表され、2008年11月からの約5か月間、試運転が行われた。試運転は谷町線のほか、中央線でも行われた[11]。2009年3月15日に開催された試乗会では同線の森ノ宮駅からコスモスクエア駅までを走行し、その後は営業開始日に関する詳細な事前予告もなく、3月18日から谷町線で営業運転を開始した。

御堂筋線仕様は2011年4月25日に導入が発表され、6月からの約半年間に及ぶ御堂筋線・四つ橋線での試運転[12][13]のほか、乗り入れ先の北大阪急行に貸し出されての試運転[14]も行われた。なお、北大阪急行への貸し出しの際、普段は大阪市交車が入線しない桃山台車庫にも入線している[15]。営業運転開始日と初日の運用については12月6日に事前の告知がなされ、12月10日より御堂筋線・北大阪急行線で営業運転を開始した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪市交通局30000系が川崎重工から出場 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2013年11月20日
  2. ^ メーカー形式FS578M(電動車用)・FS578T(付随車用)。
  3. ^ 三菱電機CU-74Cおよび東芝RPU-4410。冷凍能力はいずれも1基あたり20,000kcal/h(23.2kW)。
  4. ^ 冷凍能力はいずれも1基あたり22,000kcal/h(25.6kW)
  5. ^ 【大阪市】谷町線用30000系第13編成が中央線で試運転 - (2013年10月5日閲覧)
  6. ^ 新型車両(30000系)が2列車になりました - 大阪市交通局 2010年4月8日(2010年4月12日時点のアーカイブ
  7. ^ 後に、新20系・66系・70系の更新車でも同様の処理が施されている。
  8. ^ 大阪市営地下鉄に乗り入れる車両としては阪急7300系のリニューアル編成も搭載している。
  9. ^ 新型車両「30000系」導入へ 大阪市営地下鉄谷町線 - 大阪日日新聞(2008年10月25日時点のアーカイブ
  10. ^ 編集長敬白: 地下鉄御堂筋線用30000系登場。 - ネコ・パブリッシング 2011年5月19日
  11. ^ 大阪市交通局30000系 中央線で試運転 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2009年2月25日
  12. ^ 大阪市交通局30000系が御堂筋線で試運転 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2011年8月19日
  13. ^ 大阪市交 御堂筋線用30000系が,四つ橋線で試運転 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2011年11月16日
  14. ^ 大阪市交通局30000系,北大阪急行線内で試運転 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2011年9月30日
  15. ^ 大阪市交通局30000系が桃山台車庫へ - 交友社『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース 2011年9月30日

参考文献[編集]

  • 『KS World 2009-近畿車輌技報 vol.16-』新製品紹介/30000系地下鉄電車

外部リンク[編集]