森ノ宮駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森ノ宮駅
もりのみや
Morinomiya
所在地 大阪市中央区森ノ宮中央一丁目
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本・駅詳細
大阪市交通局駅詳細
テンプレートを表示

森ノ宮駅(もりのみやえき)は、大阪府大阪市中央区森ノ宮中央一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・大阪市交通局大阪市営地下鉄)のである。

JR西日本の大阪環状線と、大阪市営地下鉄の中央線長堀鶴見緑地線の合計2社局3路線が乗り入れている。JRの駅は特定都区市内制度における「大阪市内」に属する。また地下鉄の駅には駅番号が設定されており、中央線が「C19」、長堀鶴見緑地線が「N20」となっている。

歴史[編集]

JR西日本[編集]

  • 4月20日 - 貨物の取り扱いを廃止。
  • 4月25日 - 城東線が大阪環状線の一部となり、当駅もその所属駅となる[1]

大阪市営地下鉄[編集]

  • 1967年(昭和42年)9月30日 - 大阪市営地下鉄4号線(現在の中央線)谷町四丁目駅 - 森ノ宮駅間開通により同線の駅が開業。当初は終着駅だった。
  • 1968年(昭和43年)7月29日 - 大阪市営地下鉄4号線が当駅から深江橋まで延伸、途中駅となる。
  • 1996年(平成8年)12月11日 - 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の心斎橋駅 - 京橋駅間延伸により、同線への乗換駅となる。
  • 2010年(平成22年)11月8日 - 長堀鶴見緑地線ホームの可動式ホーム柵の使用を開始。
  • 2011年(平成23年)2月12日 - 不発弾処理のため、西改札やそれにつながる出口を閉鎖する。

駅構造[編集]

JR西日本[編集]

JR 森ノ宮駅
北口(玉造筋側)
北口(玉造筋側)
もりのみや
Morinomiya
玉造 (0.9km)
(0.9km) 大阪城公園
大阪市中央区森ノ宮中央一丁目1-45
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 O 大阪環状線
キロ程 天王寺駅経由:15.8km
京橋駅経由:6.8km(大阪起点)
電報略号 モリ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
25,422人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1932年昭和7年)4月21日
備考 直営駅
みどりの窓口
阪 大阪市内
テンプレートを表示

相対式ホーム2面2線を有する高架駅。ホーム有効長は8両編成。1階に改札コンコース、2階にホームがある。開業以来、京橋寄りの北口のみに改札口があったが、2013年3月1日のビエラ森ノ宮の開業と共に南口が玉造寄りに新設された[6]

当駅自体は分岐器絶対信号機がない停留所に分類されるが、北隣の大阪城公園駅に隣接して吹田総合車両所森ノ宮支所があるため、この駅を終着とする内回り列車も設定されている(入区のため、当駅 - 京橋駅間は回送扱いで運転されている。)。

鶴橋駅が管理している直営駅である。ICカード乗車券「ICOCA」を利用することができる(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

のりば[編集]

のりば 方向 路線 行先
1 O 大阪環状線 内回り 京橋大阪方面
2 外回り 鶴橋天王寺方面

長らくのりば番号が存在しなかったが、2006年9月中にのりば番号が付与された。


発車メロディ[編集]

大阪環状線改造プロジェクトの一環として、2014年3月15日から発車メロディに、駅名の「森」にちなんで童謡『森のくまさん』を導入している[7]

また、同プロジェクトの一環として、駅改良工事を行った。ホームの空きスペースをコミュニケーションスペースとして有効活用、北口の外壁緑化、床の一部木目化、ホームから大阪城を眺望できる「城見エリア」の導入など、発車メロディと同様に「森」を空間構成として行っている[8]。これらの工事は、2015年5月29日にすべて完成した。

大阪市営地下鉄[編集]

大阪市営地下鉄 森ノ宮駅
3-B号出入口
3-B号出入口
もりのみや
Morinomiya
大阪市中央区森ノ宮中央一丁目1-43
所属事業者 大阪市交通局Osaka Metro Logo.svg大阪市営地下鉄
駅構造 地下駅
ホーム 2面3線(中央線)
1面2線(長堀鶴見緑地線)
乗車人員
-統計年度-
16,099人/日(降車客含まず)
-2015年-
乗降人員
-統計年度-
32,088人/日
-2015年-
開業年月日 1967年昭和42年)9月30日
乗入路線 2 路線
所属路線 C 中央線
駅番号  C19 
キロ程 12.4km(コスモスクエア起点)
C18 谷町四丁目 (1.3km)
(1.2km) 緑橋 C20
所属路線 N 長堀鶴見緑地線
駅番号  N20 
キロ程 7.9km(大正起点)
N19 玉造 (1.0km)
テンプレートを表示

中央線用に島式・単式の複合型2面3線のホーム、長堀鶴見緑地線用に島式1面2線ホームを持つ地下駅。改札口は本町寄りの西改札と長田寄りの東改札の2ヶ所。長堀鶴見緑地線ホームへは東改札のコンコースからのみつながっているため、西改札から同線ホームに向かうには中央線ホームを経由する必要がある。

当駅の所属は、阿波座管区駅で同副管区駅長が当駅と谷町四丁目駅を管轄する。

PiTaPaスルッとKANSAI対応各種カードの利用が可能である(相互利用が可能なIC乗車券はPiTaPaの項を参照)。

長堀鶴見緑地線のコンコースは地上からの光が入るように設計されている。中央線の車庫である森之宮検車場が近接しているため、この駅を始発・終着とする中央線列車がラッシュ時を中心に設定されている。

長堀鶴見緑地線の当駅のデザインテーマは「大阪城と公園」。

のりば[編集]

番線 路線 行先 備考
中央線ホーム
1 C 中央線 長田生駒学研奈良登美ヶ丘方面 森ノ宮止・森ノ宮始発列車用
2 長田・生駒・学研奈良登美ヶ丘方面 コスモスクエア始発列車用 
3 本町阿波座弁天町大阪港コスモスクエア方面
長堀鶴見緑地線ホーム
1 N 長堀鶴見緑地線 京橋門真南方面
2 心斎橋大正方面

中央線の1番線ホームは日中使われないため、その間1編成が留置されている。

利用状況[編集]

  • JR西日本 - 2015年(平成27年)度の1日平均乗車人員25,422人である。
  • 大阪市営地下鉄 - 2015年11月17日の1日乗降人員は32,088人(乗車人員:16,099人、降車人員:15,989人)である[9]

各年度の1日平均乗車・乗降人員数は下表の通り。

年度 JR西日本 大阪市営地下鉄 出典
1日平均
乗車人員
特定日
調査日 乗降人員 乗車人員
1995年 38,983 02月15日 37,392 18,133 [10]
1996年 38,711 - [11]
1997年 33,953 - [12]
1998年 32,222 11月10日 32,940 16,585 [13]
1999年 30,792 - [14]
2000年 29,756 - [15]
2001年 29,224 - [16]
2002年 28,451 - [17]
2003年 28,265 - [18]
2004年 27,971 - [19]
2005年 27,824 - [20]
2006年 28,318 - [21]
2007年 27,827 11月13日 30,324 15,456 [22]
2008年 25,940 11月11日 28,385 14,425 [23]
2009年 24,078 11月10日 26,529 13,505 [24]
2010年 23,582 11月09日 26,176 13,396 [25]
2011年 23,299 11月08日 27,432 13,832 [26]
2012年 23,293 11月13日 26,455 13,317 [27]
2013年 23,695 11月13日 28,125 13,988 [28]
2014年 23,742 11月11日 28,732 14,533 [29]
2015年 25,422 11月17日 32,088 16,099

駅周辺[編集]

駅西側はオフィスや公共施設が多く、東側は医療機関が集積し大規模団地もある。

大阪環状線以西[編集]

大阪環状線以東[編集]

大阪環状線駅南[編集]

バス路線[編集]

かつて、大阪市営バスの森之宮東停留所が駅から約400m、東側を通る市道上新庄生野線疎開道路)上にあった。赤バス東成環状)の停留所だったが、2009年8月31日をもって廃止された。

その他[編集]

2016年3月23日から、JR西日本、大阪市営地下鉄それぞれの改札内に、相手方の運行情報を表示するディスプレイが設置された。JR西日本設置のものは大阪市営地下鉄、大阪市営地下鉄設置のものはJR西日本、それぞれの内容が表示されている[30]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
O 大阪環状線
大和路快速・区間快速・関空快速・紀州路快速・快速・直通快速・普通
玉造駅 - 森ノ宮駅 - 大阪城公園駅
Osaka Metro Logo.svg大阪市営地下鉄
C 中央線
谷町四丁目駅 (C18) - 森ノ宮駅 (C19) - 緑橋駅 (C20)
N 長堀鶴見緑地線
玉造駅 (N19) - 森ノ宮駅 (N20) - 大阪ビジネスパーク駅 (N21)
  • ( )内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 原田勝正「大阪市街と環状線の建設」、『鉄道ジャーナル』第20巻第6号、鉄道ジャーナル社、1986年6月、 50-57頁。
  2. ^ 文献によっては4月10日としているものもある[1]
  3. ^ 「ICOCA」いよいよデビュー! 〜 平成15年11月1日(土)よりサービス開始いたします 〜インターネット・アーカイブ) - 西日本旅客鉄道プレスリリース、2003年8月30日。
  4. ^ a b c 戸上文恵(2015年5月30日)“JR森ノ宮駅:リニューアル 外壁を緑化” 毎日新聞(毎日新聞社)
  5. ^ 「大阪環状線改造プロジェクト」進行中 大阪環状線 森ノ宮駅リニューアルオープン!! - 西日本旅客鉄道プレスリリース、2015年3月19日。
  6. ^ JR森ノ宮駅に「ビエラ森ノ宮」開業 - JR西日本プレスリリース
  7. ^ 「大阪環状線改造プロジェクト」進行中! 平成26年3月15日(土曜日)ダイヤ改正に合わせて森ノ宮駅・京橋駅・西九条駅に発車メロディを導入し、賑わいを創出します! - 西日本旅客鉄道プレスリリース、2014年3月7日。
  8. ^ 「大阪環状線改造プロジェクト」進行中! 大阪環状線 森ノ宮駅改良 ホーム上の「コミュニケーションスペース」完成・駅舎外観イメージ決定 - 西日本旅客鉄道プレスリリース、2014年7月28日。
  9. ^ 路線別駅別乗降人員(2015年11月17日) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(平成8年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(平成9年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(平成10年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(平成12年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(平成14年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  19. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  20. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  21. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  22. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  23. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  24. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  25. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  26. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  27. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  28. ^ 大阪府統計年鑑(平成26年) (PDF)
  29. ^ 大阪府統計年鑑(平成27年) (PDF)
  30. ^ JR森ノ宮駅、市営地下鉄森ノ宮駅において、相互の運行情報を表示するディスプレイを設置します! - 2016年3月16日、西日本旅客鉄道。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]