三木鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三木鉄道株式会社
Miki Railway Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
673-0433
兵庫県三木市福井二丁目12番43号
設立 1984年10月18日
業種 陸運業
事業内容 旅客鉄道事業 他
代表者 代表取締役社長 薮本吉秀(三木市長)
資本金 2億5,000万円
主要株主 三木市 51.66%
兵庫県 14.33%
加古川市 5.00%
神姫バス 5.00%
三井住友銀行 4.80%
他(2006年3月31日時点)
特記事項:2008年4月1日解散。2010年11月30日清算終了。
テンプレートを表示
沿線風景

三木鉄道株式会社(みきてつどう)は、兵庫県で旧国鉄特定地方交通線の鉄道路線三木線2008年3月まで運営していた三木市・兵庫県などが出資の第三セクター方式の鉄道会社である。本社は兵庫県三木市福井二丁目12番43号。三木線廃止後、解散した。

歴史[編集]

第一次特定地方交通線に指定された国鉄三木線を運営するため、1984年10月18日に三木鉄道株式会社が設立され、1985年4月1日に国鉄から三木線を継承して営業を開始した。三木線は、2002年芝山鉄道が開業するまで、広義の第三セクター鉄道の中では、営業距離が日本で最も短い鉄道であった。

三木市から神戸市内へ向かう旅客は神戸電鉄粟生線を利用し、市西側の加古川線に接続している三木線は旅客の動きに合っておらず、沿線に目立った集客施設もないことから、第三セクター転換後も乗客の減少が続き慢性的な赤字に陥っていた。第三セクター転換時に国鉄から受給した転換交付金で赤字を穴埋めしていたが、転換交付金は1996年に底をつき、以後三木市の予算から赤字を補填していた。効果的な収支改善策も全く取れないまま、2006年には営業係数が313.4となった。社長の加古房夫・三木市長は「市の歴史的遺産である」として引き続き路線を存続させる意向を表明し、経営改善のため約800m離れている三木鉄道の三木駅神戸電鉄三木駅を連絡し利用客の増加を図ることを構想。当時JR北海道が開発中であった線路と道路の両方を走行可能なデュアル・モード・ビークル (DMV) の導入を検討事項の一つに挙げた[1]。しかし経営支援を行ってきた三木市の財政状況が悪く、2006年1月に行われた市長選挙において財政問題が争点となり、市の財政再建のため「三木鉄道の廃止」を公約の一つに掲げた薮本吉秀が加古房夫市長を大差で破って新市長に当選し、社長に就任した。その後9月から10月にかけて行われた市民アンケートでも廃止賛成が70%に対して、存続が11%の結果が出た[2]。また外部監査の結果でも経営の継続は困難であり、今後20年間の存続に必要な支援額が20億円に上るとの試算が11月29日に出された。これらを受け対策協議会が最終会合で「廃止してバスで代替すべき」との結論を確認。オブザーバーとして参加した県や加古川市は12月21日、「結論はやむを得ない。」とコメントしている。なお、2006年度には5,400万円の経常赤字を出している。

2007年3月1日の市議会および4月26日の三木鉄道の取締役会で三木線全線の廃止を正式に決定。7月23日、市長が廃止届けを提出し、2008年4月1日に全線が廃止された[3]。最終日には多くの人々が詰め掛けた[4]

年表[編集]

三木駅に到着する営業最終列車(三木駅22:52着、9分延着[5]

三木線の歴史については「三木鉄道三木線」を参照。

  • 1984年(昭和59年)10月18日 三木鉄道株式会社が設立。
  • 1985年(昭和60年)4月1日 国鉄から承継し三木線が開業。
  • 2007年(平成19年)7月23日 三木市長が三木線を翌年4月1日をもって廃止することを表明。
  • 2008年(平成20年)4月1日 三木線が廃止。会社を解散し清算会社に移行。
  • 2010年(平成22年)11月30日 最後の株主総会が開催され、清算業務を結了[6]

路線[編集]

車両[編集]

ミキ180形
転換時に導入された、富士重工業製のLE-Car IIシリーズの二軸車で、101, 102の2両が在籍した。北条鉄道フラワ1985形と側面窓以外は同型の車両で、フラワ1985形の観光バスタイプに対し、本形式は路線バスタイプのアルミサッシの上段固定下段上昇窓であった。ミキ300形に代替され、102が1999年に、101が2002年に廃車された。廃車体のうち1両は加西市の飲食店跡に設置されている。
ミキ300形
富士重工業製のLE-DCシリーズのボギー車で、103, 104, 105の3両が在籍した。車両増備およびミキ180形の置換え用として、1998年に103、1999年に104、2002年に105を導入した。三木市では三木鉄道廃止後、2両を競売に付し、2008年に105を樽見鉄道が、104を北条鉄道が落札した。保存前提で保管されていた103は、2009年6月にひたちなか海浜鉄道へ譲渡された[7]

清算業務[編集]

廃線後も清算業務のため存続していた三木鉄道であったが、2012年11月30日、最後の株主総会が行われ、残余資産の分配が行われた。三木市には47,200平方メートル(評価額1,900万円)、加古川市には6,100平方メートル(同200万円)の土地が配分された。土地を含む残余資産は、三木市に5,300万円、加古川市に500万円、兵庫県に1,500万円など分配された[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “三木のあした〜市長選を前に〜 4.鉄路の行方 止まらぬ乗客減/再生なるか三木鉄道”. 神戸新聞 (兵庫県神戸市: 神戸新聞社). (2006年1月6日). オリジナル2007年6月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070616152409/http://www.kobe-np.co.jp/chiiki/rensai/200601miki/04.html 2013年5月29日閲覧。 
  2. ^ 堀内重人『鉄道・路線廃止と代替バス』(東京堂出版、2010年4月、ISBN 9784490206968)では、三木鉄道の廃止が前提であるため、そのような結果が出るようにアンケートは沿線から離れた地域で実施された、と指摘している。
  3. ^ 鉄道事業法では廃止予定日1年前までに届け出ることになっているため、2007年7月23日に提出された廃止届けも廃止予定日は2008年8月1日となっていたが、関係自治体などへの意見聴取で反対がなければ廃止予定日を繰り上げてもよいことになっており、三木鉄道でも廃止日が2008年4月1日に繰り上げられた。
    • 「三木鉄道株式会社の鉄道事業(三木線)の廃止について」国土交通省近畿運輸局 2007年7月23日
    • 「三木鉄道株式会社の鉄道事業の廃止予定日の繰上げについて」国土交通省近畿運輸局 2007年10月31日
  4. ^ “三木鉄道の乗客数29%増 廃止前の3月に集中”. 神戸新聞 (兵庫県神戸市: 神戸新聞社). (2008年4月12日). オリジナル2008年4月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080413232142/http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/0000935514.shtml 2013年5月29日閲覧。 
  5. ^ 神戸新聞(2008年4月1日付)・毎日新聞(2008年4月1日付)・朝日新聞(2008年4月1日付)
  6. ^ a b “三木鉄道、最後の株主総会 預金など財産分配へ”. 神戸新聞 (兵庫県神戸市: 神戸新聞社). (2010年12月1日). オリジナル2010年12月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101206033711/http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/0003645239.shtml 2013年5月29日閲覧。 
  7. ^ 旧三木鉄道の最後の車両、今日「再就職」 - asahi.com (2009年6月11日付)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]