照明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

照明(しょうめい)は、各種光源を利用して、何らかの目的をもって特定の場所を明るくする行為や機能のこと。夜間や暗所での視環境を良くしたり、光を利用して空間のイメージに変化を加えるために用いられる事が多い。舞台や映画撮影、写真撮影ではライティングと呼ばれることが多い。そのために、照明をデザインする職業を照明デザイナーまたはライティングデザイナー撮影監督と呼ぶことも多い。

広義には自然光(太陽光月光)の利用も含めて照明と呼ぶが、より一般的には白熱電球蛍光灯ランプLEDなど、多種多様な照明器具が発する光(人工光)によるものを指す。カーテンブラインドによって外光を遮ったり、照明器具によって発せられる光の強さや方向を調節することを調光(ちょうこう)という。

照明方式[編集]

光源と作業面との関係で、次の3つに分類される。

直接照明
光源からの直接光で作業面を照らすもの。一番効率が良いが、照度が不均一になりやすく、まぶしさを感じて目が疲れやすい場合がある。
間接照明
光源からの直接光を使用せず、壁面・天井面などで反射させてから作業面を照らすもの。効率は悪くなるが、照度を均一にしやすく、雰囲気のある照明が可能である。
半間接照明
直接光と反射光を組み合わせて作業面を照らすもの。

また、作業面と室内の他の部分との関係で次の3つに分類される。

全般照明
室内全体を均一の照度になるように、一定の間隔で照明器具を配置するもの。
局部照明
作業に必要な部分のみ照明を行うもの。省エネルギーの効果があるが、照度が不均一になるため目が疲れやすくなる。
全般局部併用照明
全般照明と局部照明を併用するもの。

他に「バックライト」と呼び、透過式のメーター液晶ディスプレイのように、空間を明るくするのではない使い方もある。

器具の種類[編集]

日本の伝統的な照明の光と夜桜のイルミネーション。(三重県伊勢市おはらい町
旧乾邸のシャンデリアとステンドグラス
灯台(とうだい)
室内を照らす照明器具で、支柱の上に皿を乗せ、灯油を満たして紐状の灯心に火をつける。
灯籠(とうろう)
外部を明るくする為の照明。内部に蝋燭を入れ障子紙で火が消えないように工夫している。蝋燭の光が障子を通して外を照らす。昔の外灯。材質は木又は石
行灯(あんどん)
灯明の周囲を枠で囲み、障子紙を貼ったもの。主に室内で使用されるが看板として店の軒先に掛けたものもある。
提灯(ちょうちん)
竹ひごを筒状に組みその周囲に障子紙を張ったもの中に蝋燭が入っている。蝋燭の明かりが障子を通し外を照らす。夜にこれを持ちながら歩くと道中の明かり取りになる。家の前にかけておくと外灯にもなる。また使用しない時は上下から折り畳む事が出来る。周りに障子紙が貼られているので風で火が消えることはほとんどない。また上下に穴が空いて空気が通るため酸素不足で火が消えることもない。昔の懐中電灯で、現在実用として使われることはほとんどない。発展形として龕灯(木などで作られ背後に握りの付いた桶状の胴部を持ち、中の蝋燭立が常に正立する様仕組まれた、云わばサーチライト)がある。
国民ソケット
電球を直接取り付けるためのソケット。
ペンダントライト
部屋の天井からぶら下げるタイプの照明。
ブラケットライト
壁面に取り付けるタイプの照明。
ダウンライト
天井へ埋め込んで真下を照らす照明。天井面から壁面を斜めに照らすウォールウォッシャー型のタイプもある。
シーリングライト
天井面に直接付けるタイプの照明。
スポットライト
一部分を集中して照らす照明。
映像照明
映像業界で主に使われる照明。
サーチライト
特定の物を追いかけながら集中して照らす照明。
舞台用照明
ホリゾントライトなど詳しくは舞台照明の項を参照。
レーザー
発振源を高速で動かして、スクリーンやスモーク中にパターンを描く。
懐中電灯

など

近年の動向[編集]

  • 近年は白熱電球及び蛍光灯より消費電力が少なく、かつ長寿命でランプ交換も不要なLED照明が急速に普及している。こうした事から照明器具メーカー各社は(白熱電球及び蛍光灯を用いる)従来型照明器具の生産を大幅縮小してLED器具への移行を進めており、中でも照明器具国内シェアトップのパナソニックは業界の先陣を切って「蛍光灯及び白熱電球を用いる一般住宅向け従来型照明器具生産は2015年度限りで終了し、今後はLEDへ完全移行する」旨を公式発表した(卓上型の電球及び蛍光灯器具については2011年限りで生産を終了しLEDへの移行完了。なお蛍光ランプ・電球型蛍光ランプ・ミニクリプトン球・特殊用途電球などの一部白熱球については今後も交換用途に絞って生産を継続。2014年3月4日付の朝日新聞及び日経新聞経済面記事にて報道)。こうした「脱蛍光灯」の動きは今後国内他社にも広がる可能性がある。なお白熱電球生産は(一部特殊用途を除き)2012年度を以て国内メーカー全社が完全終了した。

器具の設置場所[編集]

スポーツ施設のナイター照明(写真左)
家庭用室内照明
浴室用照明
湯気にさらされても大丈夫なように防湿設計になっている。
外部用照明
雨に濡れても大丈夫なように防雨設計になっている。庭園灯や外灯など。
店舗用照明
店舗の空間を演出する器具の意匠や配光になっている。
工場用照明
高天井やランプ交換しにくい天井などに取りつける照明で、ランニングコストを重視し演色性は重視されない事が多い。ランプは寿命の長い高圧放電灯を使うことが多い。
道路用照明
車道や歩道を明るくするための照明。ランニングコスト重視で演色性はあまり重視されない。意匠は環境にマッチしたものを使うことが多い。ランプは寿命の長い高圧放電灯を使うことが多い。
舞台用照明
舞台などで使用する照明でホリゾントライトライトなどカラーフィルムを使用した特殊器具などがある。
スポーツ施設用照明
あらゆる球技場で使用される屋外照明。意匠は施設にマッチしたものを使うことが多い。ランプは寿命の長い高輝度放電灯(主にメタルハライドランプ)を使うことが多く、演色性もある程度考慮される。競技中まぶしくなりにくいよう設置される。
手術室用照明
一般の照明の場合、施術時に施術者の手、器具類が、患者の患部などに影を落とし、施術の障害となる。そこで、設備の整った病院の手術場では、「手術用照明灯」(無影灯)が用いられる。

など

特殊用途の一般的呼称[編集]

  • 作業照明
  • ムード照明
  • 防犯照明
  • 景観照明

場所による分類[編集]

  • 屋内照明
  • 屋外照明
  • 水中照明

歴史[編集]

石灯籠
2010年代に急激に普及しているLED照明
石器時代
たき火などで夜行性の肉食獣等の外敵から身を守った。
中世
かがり火松明ろうそく灯明行灯など)による照明が主流。提灯(ちょうちん)
近代化時代
ランプ(鯨油・石油)、ガス灯などに移行。
1870年代以降
電気が利用できるようになり、白熱電球など電気を利用した光源(電灯)の使用が始まる。
  • アーク灯:初期に利用されていたが寿命が短く、1880年代以降は使用されなくなった。
  • 蛍光灯1938年に実用化された。はじめは、高価だったため軍用のみに使用された。1950年代以降は一般家庭でも使用されるようになった。
1980年代以降
蛍光灯の他、施設や店舗用では発光効率の高いHIDランプなどが使用されるようになった。
2010年代以降
新たな照明として、施設や家庭などで白熱電球に比べて環境負荷が少なく発光効率の高い、LED照明が使用されるようになってきている[1]。また、将来的には有機EL照明の普及も予想される。

主な照明器具メーカー[編集]

下記分類は主に取り扱っている分野をもとに分けたものである。

一般照明[編集]

店舗・住宅用[編集]

特殊用途向[編集]

日本国外の主なメーカー[編集]

ギャラリー[編集]

照明に関する短編映画[編集]

照明に関する短編映画が、1960年代及び1970年代に1本ずつ製作されている。

このうち、1960年代に製作されたのは『光の技術』と題された約18分間の短編映画で、松下電器産業(現・パナソニック)の企画の下、東京シネマ(現・東京シネマ新社)により1961年に製作されている。

当映画作品では、光源となる白熱電球蛍光灯の製造過程を克明に追うと共に、蝋燭から電球そして蛍光灯に至る光源自体の進化のステップを追いかけ、更に新たな光源を追求すべく研究開発の歩みを進める姿もとらえている。

なお、当映画作品を企画した松下、つまり現在のパナソニックは、去る2012年10月末日を以て白熱電球の製造を終了している[2]

他方、1970年代に製作されたのは『あかり』と題された約30分間の短編映画で、科学技術庁(現・文部科学省ほか)の企画の下、ヨネ・プロダクションにより1976年に製作されている。

この映画では日本に於ける照明の歴史を辿ることにほぼ終始した内容となっているが、弥生時代に発祥したとされる錐揉み式発火法(木と木の摩擦から火を得る手法)や『古事記』にも記録として残る火打石を使った発火法について実演を交えて紹介したり、飛鳥時代の仏教伝来と共にもたらされた灯籠から始まり室内用灯台、行灯石油ランプ───というふうに現代に至るまでに進化していった照明具の紹介も実物などを交えて為されたりしている。

以上、照明に関連した2本の短編映画は、現在、何れも科学映像館(NPO法人・科学映像館を支える会)Webサイト内に於いて無料公開されている。

注釈[編集]

  1. ^ 2000年代以降、地球温暖化防止の観点から環境負荷の低減が求められるようになり、照明においては白熱電球の使用制限などが各国で取り決められている。そのため白熱電球に変わる照明手法として蛍光灯の他、LED照明が注目を集めている。
  2. ^ パナソニック、白熱電球の生産を10月31日に前倒しして終了』(2012年7月12日付け)・『ついに白熱電球の生産が終了、パナソニックの白熱電球76年の歴史を振り返る』(2012年12月27日付け)── 何れも『家電Watch』(インプレス)より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]