サロンエクスプレス東京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サロンエクスプレス東京
Wikipedia blueribbon W.PNG
第27回(1984年

サロンエクスプレス東京(サロンエクスプレスとうきょう)は、日本国有鉄道(国鉄)が1983年(昭和58年)に改造製作した、団体臨時列車用の欧風客車で、ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種である。1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化にあたっては東日本旅客鉄道(JR東日本)に引き継がれ、1997年(平成9年)の和式客車「ゆとり」への再改造を経て、2008年(平成20年)まで使用された。

新しい鉄道旅行を創る車両として評価され、ブルーリボン賞(第27回・1984年)を鉄道友の会から授与された。

サロンエクスプレス東京[編集]

概要[編集]

国鉄東京南鉄道管理局(南局)では、1981年よりスロ62形・スロフ62形客車を改造した和式客車であるスロ81形・スロフ81形客車の6両編成を運用していた。他の鉄道管理局においても、和式客車は団体輸送に好評を博していたが、どちらかといえば若年者層からの人気は今ひとつであった。

このため、若年者層を主なターゲットとし、ゆったりとした新しい鉄道旅行の演出をテーマとした欧風客車を登場させることになり、登場したのが本車両である。従来の「お座敷列車」とは一線を画する存在で、この車両の出現をきっかけに「ジョイフルトレイン」というカテゴリと呼び名が定着した。

車両[編集]

本節では、登場当時の車両仕様について記述する。

いずれの車両も14系座席車より改造されており、両端の車両はスロフ14形700番台、中間の車両はオロ14形700番台である。改造はロビーカーや和式客車などの改造で実績のある大宮工場(現・大宮総合車両センター)が担当した。同時期に大阪鉄道管理局で改造製作された「サロンカーなにわ」がオープン座席主体(開放室形)であるのに対し、こちらはコンパートメント席主体(区分室形)となった。

展望室の設置にあたっては、車両の向きを反転させることにより、展望室内に発電用エンジンの排気管が露出するのを避けた。同時期に大阪鉄道管理局で改造された「サロンカーなにわ」においても同様の措置がとられており、以後、展望室を設ける際には、この方法が主流になった。

全車両がグリーン車扱いである。

  • 1号車 スロフ14 701(旧スハフ14 53) - パノラマコンパートメント車(定員23人。展望室(定員外)7人)
  • 2号車 オロ14 701(旧オハ14 133) - コンパートメント車(定員30人)
  • 3号車 オロ14 702(旧オハ14 137) - コンパートメント車(定員30人)
  • 4号車 オロ14 703(旧オハ14 171) - コンパートメント車(定員30人)
  • 5号車 オロ14 704(旧オハ14 172) - コンパートメント車(定員30人)
  • 6号車 オロ14 705(旧オハ14 175) - コンパートメント車(定員30人)
  • 7号車 スロフ14 702(旧スハフ14 57) - パノラマラウンジ車(定員外10人)

デザイン[編集]

上品な色で、それまで車体外部色としては使用されていない色を使用すべく検討の結果、ベースカラーには赤7号が採用された。窓上には黄6号[1]、窓下には朱色3号の細帯を配した。

パノラマコンパートメント車[編集]

1号車が該当する。

スハフ14形の乗務員室を編成内側に向け、便所洗面所を撤去した上で車端部を展望室とした。展望室はフリースペースのサロンとしても用いられるため、ソファーを8脚設置した。

客室は側廊下式で6人用個室3室と5人用個室が1室設けられており、6人個室ではL字型4人がけソファーと2人がけソファーを配している。内装色についてはえんじ色系統で構成されている。

コンパートメント車[編集]

2号車から6号車までが該当する。

客室は側廊下式で6人用個室5室が設けられているが、このうち1室はややスペースが狭くなっており、3人がけソファーが向かい合わせで設置されている。内装色については奇数号車がえんじ色系統、偶数号車はライトグリーン系統で構成されている。ラウンジ側にトイレ・洗面所を向けるため6号車のみ方向が逆向きであるが、側廊下は同じ側に設置されている。

パノラマラウンジ車[編集]

7号車が該当する。

1号車とは異なり、展望室と客室全体が一体化したラウンジとしてソファーとテーブルが並べられ、乗務員室寄りにはビュフェカウンターが設置された。ラウンジの照明はコンピューター制御により、さまざまな雰囲気を演出できるようにした。

また、イベント用として、ビデオカメラカラオケおよびオーディオ機器を装備した準備室が設置されており、ここから全車両の各個室へ音声や映像を配信できる。ビデオデッキはVHS、オーディオはカセットで、どちらも音声はモノラルであった。

指定機関車[編集]

EF58 61牽引によるサロンエクスプレス東京 サロンエクスプレス東京
EF58 61牽引によるサロンエクスプレス東京
サロンエクスプレス東京

正式な専用指定機はないが、特に直流区間においては、JR東日本が所有していた2両のEF58形(特に61号機)が牽引機に指定されることが多かった。これは、ぶどう色2号に塗られ重厚感のあるEF58形と本車両のカラーリングがマッチしていたことと、お召し専用機であるEF58 61号の機能維持を兼ねる目的とがあった。

沿革[編集]

1983年8月17日に一般公開され、同年8月20日より運転を開始した。当初は一部車両の改造スケジュールの都合により、2両欠車となった5両編成での運行となったが、同年10月には全車両の改造が終了し、7両編成で運行されるようになった。当初は品川運転所(現・東京総合車両センター田町センター)の配置だったが、後に同所の無配置化に伴い尾久客車区(現・尾久車両センター)に転属した。

団体専用列車のほか、「サロンエクスプレス踊り子」をはじめとする臨時特急にも使用された。特徴的な運用としては、1983年9月23日鉄道ジャーナル200号記念のミステリー列車に起用され、大井川鉄道(当時)大井川本線へ乗り入れ、C11 227に牽引された。大井川鉄道への欧風客車の乗り入れ実績はこの1回だけである。

しかし、全室がコンパートメント(個室)という構造から、1990年代中盤になると稼働率が低下した。このため、1997年1月4日限りで欧風客車としての運用を終了することになった[2]

ゆとり[編集]

ゆとり

欧風客車としての運用を終了した後、大宮工場において和式(お座敷)客車へ改造された。これは、中・高年代層の団体輸送の需要が高い和式客車への改造を行なうことで、旅客サービスの向上により増収策の強化を図ったものである。

和式客車では6両編成が適正な輸送規模と判断されたことから、オロ14 702は編成から外されて新潟支社に転出し、同支社の12系お座敷列車編成にロビーカーとして組み込まれた。車内は個室パーティション・ソファー・ラウンジも含めて全て撤去され、全車両が掘り炬燵仕様となった。そのほか、内装化粧板の更新や、荷物置き場の設置などが行なわれた。なお、両端の展望室については回転式ソファー7脚を設置したほか、中間の各車両にも談話室が設けられ、サロンエクスプレス東京でも使用されていた3人がけのソファーが設置された。

車内 3人がけのソファー
車内
3人がけのソファー

この改造に伴う改番は行われていない。また、外部塗色も従来どおりであるが、編成愛称は「ゆとり」と改められた。編成の内容は次の通り。

  • 1号車 スロフ14 701 - 展望車・定員24人
  • 2号車 オロ14 701 - 定員28人
  • 3号車 オロ14 703 - 定員28人
  • 4号車 オロ14 704 - 定員28人
  • 5号車 オロ14 705 - 定員28人
  • 6号車 スロフ14 702 - 展望車・定員24人

老朽化に加え、客車列車のため機関車の付け替えなどに手間がかかる上、速度面でダイヤ設定が難しくなったことなどから、2008年(平成20年)3月9日限りで運用を終了した。本編成の運用離脱により、これ以降、JR東日本の客車のジョイフルトレインは「SLばんえつ物語」で使用される12系客車のみとなった。

両端の特徴的な展望車スロフ14 701・702の2両は、しばらく解体されず尾久車両センター内に保留車として留置されていたが、2015年(平成27年)7月7日長野総合車両センターに廃車回送された。

注記[編集]

  1. ^ 国鉄慣用色名称「薄卵色」、マンセル記号「5Y 9/4.7」。
  2. ^ 鉄道ジャーナル』第31巻第3号、鉄道ジャーナル社1997年3月、 101頁。

参考文献[編集]